1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-27 02:03:42

5月26日

テーマ:ブログ
{439FD204-4BE5-40D1-B6E4-6293F3B74D5A}





ここ数日は気がつくと高野寛さんの

「see you again」という歌を口ずさんでいる。

明後日、アンチモンのステージで

この歌をカバーして演奏する。

高野さんには4年前、

「グリーンダカラちゃんの歌」を書いた時

歌唱をお願いして以来お世話になっている。

録音のスタジオやライブにお邪魔した時に

お話をさせてもらったりするんだけれど、

そのたびに発見があって

僕は勝手に先生のように思っている。

ある時、「いくつになっても新しいことは始められる」と

言われたことがずっと心に残っていて、

それはこれからを生きる自分にとって小さな光になった。

その高野さんが、ごごしまのプールで一緒に歌ってくれる。

アンチモンのトリビュート版「seey you again」も

聴いてもらうことができる。

いつかそんなことが起きたらいいなあと思っていたことが

本当のことになった。

叶わない夢もある。それは僕もよく知っている。

でも叶う夢だってあるのだ。

「ごごしま音楽プール」まであと2日。






アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」
いいね!(1)  |  リブログ(0)
2016-05-26 01:09:53

5月25日

テーマ:ブログ
{029F0CC4-8701-4A62-8E51-F0084332E36D}




一昨日、スタッフからのメールで

初めてそのニュースを知った時、

PCの前でえええ!?と声が出た。

ごごしまへ渡るフェリーが故障したと言う。

詳しく聞けば、代替の高速艇がすでに運行になっていて

人は問題なく渡れる、ただ車両が無理なので

音響機材その他の運搬をどうするか、とのこと。

天気の心配がなくなればまずはなんとかなる

と思っていた自分としては、

なんだか後ろから膝をカクっとやられる、

あの感じに近い短い脱力感の後、いきなり心配になった。

フェスのこともあるし、

いつも船を使っている島の人たちにも

だいぶ不便が出るんじゃないかと思ったり。

とはいえ、僕らに出来ることは待つことだけだ。

だから待った。

待っている間に「ごごしま音楽プールのうた」という曲を作った。

そして今日、フェリー復旧の連絡が無事に来た。

これで車両が運べる。

それにしてもいろんなことが起きるものだ。

けれど、船は動き、歌もできた。

僕らは運がいい。

「ごごしま音楽プール」まで、あと3日。





アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」
いいね!(3)  |  リブログ(0)
2016-05-24 22:03:25

5月24日

テーマ:ブログ
{3B95EC7B-7066-4F59-BE3B-D30EC914612F}




「ごごしま音楽プール」の缶バッジができていた。

フェス会場で販売するとのこと。なんとも可愛らしい。

松山のスタッフに、この手のことにセンスのいい女子が1人いて、

今回の企画を進める中で、僕が必要以上に口を出さないことが

いちばん現場がうまく回るのではないかと思い、

余程のことが無い限り「いいよ!」と言ってみることにした。

すると本当にうまくいく。

他のメンバーたちの得意なこと、

それぞれの持ち味も見えてきた。

そのどれもが僕が持ち合わせていないものだ。

だから「いいよ!」を連発する。

こいつ本当に考えて返事をしているのか、

と思われているかもしれないが、

もちろん大真面目に考えてのことだ。

ふだん自分は広告の仕事で、

CMプランナーとクリエーティブディレクターを兼ねているが

今回のことは、今後にとても役立つ経験になっている。

思い切って任せることで生じる良い循環。

「いいよ!」はきっとフェス当日まで続く。

「ごごしま音楽プール」まであと4日。








アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」
いいね!(6)  |  リブログ(0)
2016-05-24 14:25:05

5月23日

テーマ:ブログ
{1B3FDB76-5177-435D-9625-55A39815AA0D}



プールにいる。

先日、仲間たちと掃除をしたばかりの

ごごしまのプールだ。

人が誰もいない。

スピーカーと椅子の並べられた

がらんとしたプールの飛び込み台のところに

僕はひとりで座っている。

来るのが少し早かったか、

もう少しこのまま待っていようと思う。

けれど、いつまで待っても誰も来ないことが

すでに僕には分かっている。

曇っている空から雨が落ちてくる。

帰ろう、そう思って飛び込み台から

プールへと飛び降りたところで

身体がびくんとして目が覚める。

また今日もライブ前に必ず見る

お客さんが誰もこない夢を見た。

コンタクトレンズを入れていない眼で

ベッド横に置いたiphoneを手に取り、

松山の天気予報を検索する。

5月28日(土) いまのところ曇り時々晴れ。

こっちが現実。運はまだ逃げていない。

時計を見ると午前5時。

二度寝するとバチが当たりそうに思えて

そのまま起きて仕事をした。

「ごごしま音楽プール」まであと5日。







アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」
いいね!(2)  |  リブログ(0)
2016-05-22 14:45:02

5月22日

テーマ:ブログ
{09E54BB7-7628-4E62-B619-2D79D5226B89}




たとえば作ったばかりの曲を歌っている時や、

誰かのカバー曲を演奏するために練習している時

どうしてもその箇所だけ覚えられないという歌詞があって、

それはまるでエアポケットのように

毎回必ず空虚なスペースとしてそこに現れる。

繰り返しているうちにそのエアポケットが

むしろ自然であるかのようになってきて

いつまでたっても歌詞が覚えられないままで

わりと困ったことになる。

同じことが駅でも起きるのだと最近知った。

何故だかわからないが僕は必ず

日比谷線の茅場町駅を乗り過ごす。

そこに電車が着いた時だけは、

どういうわけかいつも意識が虚ろで

東西線に乗り換えるために降りることを忘れる。

そしてひと駅先の人形町がアナウンスされたところで

ハッ、茅場町! と気づく。

今日もまた降りるのを忘れてしまった、と

工事中のホームにベタベタと貼られた

黄色と黒のテープを見ては、

今年のタイガースは強いのかなと思う。

阪神ファンでもないのに。



アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」
いいね!(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>