1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-26 10:31:26

6月25日

テーマ:ブログ
{2FD63B97-64F1-4840-809B-5829C7D6066E}




間違えた方向に蛇口をひねっては

びしゃあと冷たい水をかぶっていたシャワーも

うまく使えるようになり、

キッチンのどこに何があるかも覚え

最寄りのスーパーマーケットもできた。

フロントの男性ともつたない英語で冗談を言ってみたり。

そうやっていい具合に

ここの暮らしに馴染んできたと思える頃には

だいたい帰国の前日だ。

今回はなるべく時間を見つけて走った。

アパートを出てカンヌ駅周辺の喧噪を抜け、

4キロほど東へのラン。

十字架の記念碑のところで深呼吸、

美味い潮風を思いっきり肺に入れて

戻ってくる8キロのコース。

カンヌ駅を抜けて階段を上がり

国道を渡って最初の角を左に曲がると

アパートまであと100メートル。

ラストスパーとの坂道を全力で駆け上がって

入り口の門柱にタッチしてゴール。

この最後の坂道がなかなかにキツかった。

そして必ず猫がいた。

今回の滞在でいちばん思い出すのは

この坂道の風景なんじゃないかと思う。




アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」



2016-06-26 02:19:53

6月24日

テーマ:ブログ
{75897E05-C978-4E5C-88AD-6927D6C898C4}



何がそうさせるのかわからないんだけれど、

日本にいる時には考えられないくらい

たくさんのビスケットを買って食べている。

パッケージから出る誘惑のオーラに抗うことができない。

どこのスーパーにも普通に売っている

1ユーロくらいのガレットの箱。

買ってきてコーヒーや抹茶と一緒に、

メールなどしながらぱくぱく食べて気がついたら箱の奥、

最後の一列しか残っておらず慌てたりする。

これはいかん、一箱全部食べ切るなどそりゃもう罪である。

一度はしまい込んでテーブルの端、

手の届かないところに置くんだけれど

10分とたたないうちに開けて食べてしまう。

脳がじゅわあと喜ぶこの感じ、

日本に持ち帰ったらとんでもないことになりそうだ。

この勢いで食べてたらさすがの自分も確実に太る。

こっちにいる間に断ち切らなければならない。

そのためにも思い残すことなく食べておいた方がいい。

ああ、こうして人はお菓子の誘惑に負けるのか。

なるほど。







アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」



2016-06-24 08:58:36

6月23日

テーマ:ブログ
{E83B058A-D447-4F05-AD53-3D98129CBFCE}





今回もスーツケースの中に茶碗と茶筅、

抹茶をもぐり込ませて来た。

ホテルについて荷ほどきをして

部屋のどこかに茶碗と茶筅の置き場所を確保すると

みょうに安心したりする。

今回はそのあとすぐに蕎麦を茹でた。

ずいぶん変化したものだなあと思う。

40歳くらいまでは海外に到着すると

荷ほどきもそこそこにすぐ街へ出て、

ひとりぶらぶら歩きながら弱い英語力も顧みず

目についたカフェレストランに入り

現地のものを食べたりして

ぐるんとモードを切り替えていたんだだれど、

最近はまず日本と変わらない部分をキープするようになった。

僕には性格的に周囲に影響されやすいところがあって

その分環境への適応もある程度早い分、

体内の軸のようなものがぶれたりもする。

見よう見まねの下手な手前でも静かな気持ちで湯を沸かし、

抹茶をたててゆっくり飲むと、

身の回りに緩やかな結界のようなものができる。

その内側で、いったん自分の体勢を整える。



アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」



いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-23 02:19:49

6月22日

テーマ:ブログ
{3F5D39D6-D4BF-4791-A053-5089B109E603}



いま泊まっている部屋は窓が大きい。

仕事や食事に使っている机の前に座ると

ちょうど目の前の窓が、横長ビスタサイズの

映画スクリーンのように見える。

カーテンを開けるとそこは紺碧の地中海、

というのは嘘で、道を挟んだ向かいのアパート。

クリーム色の古びた壁がどーんとあるだけだ。

いちばん安いレートで、料理ができる台所さえあれば

あとは何もいらないと思って押さえた部屋だから

たいした家具もなくただ広い。

到着して2日めくらいまでは

少しカビ臭い空気が淀んでいて換気にも苦労した。

けれどこの部屋にだんだん愛着が沸きつつある。

とくにこの窓に。

夕方、机でPCに向かって仕事をしていると

斜めから差す西陽がバックライトのように

スクリーンを浮かび上がらせる。

カーテン越しに透けて見えていた

アパートの古壁も姿を隠す。

眩く光るスクリーンに

通りを横切って飛ぶ鳥たちのシルエットが

影絵のように映し出される。

それはとても気まぐれで美しい。





アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」


いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-22 09:54:17

6月21日

テーマ:ブログ
{D9A9B5F0-B508-4C91-A63C-38554175F0C6}




また靴下が片方消えた。

泊まっているアパートの地下1階に共用の洗濯機があって

フロントでコインをもらって使うんだけれど、

使い勝手が分からずちゃんと洗えているか不安で

結局、洗濯が終わるまでそこで見守るという

間の抜けた展開になったのだが、

無事に終えて部屋まで戻り干そうとしたら

ランニングの時に履いていた靴下の片方がない。

これは明らかに、あの洗濯機の中である。

急いで地下へ戻ると、別の誰かが洗濯を始めていた。

このままでは僕の靴下は誰かの洗濯ものと一緒に

異国の地へ旅立つ可能性もある。

30分後、洗濯機が止まるのを見計らって再び地下へ。

持ち主がまだ来ておらず、洗い終わった洗濯物はそのまま。

勝手に物色したら自由の国フランスでもそれは変態である。

諦めて一夜明け、念のためもう一度地下へ。

あった。ブルーの5本指ソックス。

いらんわ、というニュアンスたっぷりに

乾燥機の上に置かれてあった。

思わずよく戻ってきたなあ、と声に出してしまった。

何をやっているんだろう、カンヌまで来て。




アンチモン 「 恋の歌 」~日本語Ver.~



アンチモン 「 今 」


アンチモン 「 セイタカアワダチソウ 」


アンチモン 「 ハッピーアイスクリーム 」


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>