Arcus ~ つ な ぐ ~

「ARCUS」ラテン語で「橋」という意味です。私の生き方の良きも悪きも誰かの架け橋になれたら・・・と願いを込めて、日々を綴っています。

「つなぐ」 私とあなたとの縁の橋がここにかかりますように・・・。


テーマ:



Bioを切り盛りしてくれてるmai さんと、
滅多に出てこない隠れオーナーの私(笑)

実は私達、中学校の同級生です。

彼女が、私を見かねて仕事を手伝ってくれるようになってから、早数年。

宮崎県三股町で、こっそりこっそりHolistic salon & school  ARCUS  という
自然療法のサロンスクールを立ち上げ5年以上立ちました。

(社)日本ティーコンシェルジュ協会の認定校も兼ねて、「薬に頼らない身体づくり」を目指して、皆様にお伝えしてきました。

食事やティー教室、ハーブやアロマ、テルミーなどのナチュラルセラピーの講座やサロン運営をしながら、それをもっと沢山の人に伝えたいという、私のわがままに、
二年前にまた引きずりこまれた、maiさん(笑)

私のパートナーでありながら、しっかり者で、マネージャー的存在です。


そんな二人でオーガニックな暮らしをご提案している、「衣(癒)食住」のトータルサロンショップ、「Bio works」が、4月20日をもちまして、二周年を迎えました!

いつも支えて頂いている、皆様に心より感謝申し上げます。

来月28日まで、週変わりで、様々な割引感謝キャンペーンや、イベントをしております。

ぜひ、この際に足をお運びくださいウインク

本日4/28は、午前中のみ。
4/29は、お休みで、4/30は、ご来店ご予約のみお受け致します。

G,W以降は、通常どおりです。

これからもよろしくお願いします赤薔薇



三股町稗田のお花屋さん「彩の葉」さんの
様々な癒しの展示販売してます。




同じく、三股町の若き陶芸家 「陶工房こころ」さんの展示販売もしてます。

三股の女子でコラボ企画中です‼(笑)
来月は、こころさんによる陶芸教室もあります。

暮らしは自分を良くするもの。

一輪の花が、
ひとつの器が、
一杯のお茶が、

あなたの心を満たします。

永年、住環境に携わってきた、建築士でもある私がしたかった事。

「暮らしを楽しんでもらうこと」
「自分を慈しんでもらうこと」

家じゃなくて、間取りじゃなくて、
「暮らし」そのものをデザインしたかった。

お金をかけることより
手間暇をかけることで満たされることも
いっぱいありますよね。

自分らしくいる為には、住まいや生活は
ナチュラルな方がいい気がします。

毎日毎日、皆さん、頑張ってるからこそ
本来の「ワタシ」を取り戻す環境やツールを知ってほしいと願うんです。

それもまた、私の様々な経験や失敗から。

ビオは、皆さんの癒しの場所を目指していますコーヒー

今日は雨も上がりそうです。
AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あ~、、、4月が終わっちゃいます笑い泣き
新年度は、色々忙しいですね。

こんばんは。
相変わらず、気まぐれで
更新もままならない、blogですが…

遊びに来て下さる方、いつもありがとうございますドキドキ

「衣(癒)食住」に亘って、ナチュラルライフをご提案している、ライフスタイルコンシェルジュ SACHIYO です。

我が家も、双子ちゃんは3年生になりましたよ。
皆さんも、家庭訪問やら、参観日やらで忙しい日々と思います。

うちも、クラスは別々なんですね。
家庭訪問も2回です(笑)

先生が違うので、同じ事に対しての内容の学級通信も、それぞれの先生の性格が表れて面白いですよウシシ


さてさて。
今日はね、嬉しい事がありましたラブラブ

知り合いの方から連絡を頂き、来月の出張講座が決まりました‼

ありがたや~、ありがたやクローバー

都城市内の幼稚園で役員をされてるT子さんから、お母さま向けの家庭学級の食育講座を依頼されました。

T子さんは、都城で「ほっとサロン」という子育てサークルも運営されていて、
私も、もう何度も、あちこちで呼んで頂いているのです。

何が嬉しかったって、
依頼が来たことじゃなくて、
「食育」ってキーワードで、私を思い出してくれた事。

「私、幸代さん大好きなので、ぜひ皆さんにも幸代さんの話を聞いて欲しい!」
と、言って下さった事。

そんな事言われたら、行かないわけにはいかないじゃないですかー!笑い泣きキラキラ


幼稚園は嬉しいですね!
しかも、姪っ子が行ってる幼稚園に行かせてもらいますルンルン

幼児期は、食生活で子供達の精神状態も大きく変わります。

子供が落ち着きないのも、頑固なのも、「性格」ではなくて、「食べ物」なんですよ。

「全くうちの子、言うこと聞かなくて~!」

じゃなくて、子供に与えてる食べ物を変えたら、小さな子供はストンと変わります。

「鼻水がいつも止まらないんです。」
「咳がしょっちゅう出ます」

小さな子供は、容量が小さいので、すぐに排毒します。

そう。
食べ物に原因もあります。
(もちろん、他にもありますが)

時には、咳は、心に溜まってる彼らの声でもあります。

咳や鼻水の原因となる食べ物も、また、お手当て法も、もちろん逆にそれを解消する食べ物もあります。

「You are what you eat」

あなたを作るのは食べ物。

それを知ってから、私は子育てが楽になりました。

私の子育ては残念ながら全然大したことない!
双子ちゃんでしたので、子育てマニュアルなんかあてになりませんでしたし!(笑)


でも、そんなコツを知ってるの知らないのでは、子育てに対する気持ちがだいぶ違うと思いました。

そんな話を、沢山のママ達にまたお伝えしに行かせてもらえると思うと、ワクワクしますラブ


そして、今日はもうひとつ。

来月、また地元ラジオに呼んで頂けることになりましたヘッドフォン

「また幸代さんにお話をして欲しくて~」

いやいや、またそれを言う!(笑)
も~、皆さんウマイな!
私が「イエス」と言わざるを得ない、ツボを知ってますねアセアセ


でも、好きと言われて嫌な人はいないよね。

誰かの胸の中に、私が生きてる事、ほんとに嬉しく思います。

今日も沢山の方に感謝。
ありがとうございますラブラブ



写真は、息子達とかわゆい姪っ子デス



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は雨が降ります。 寒さがまた少し戻ってきましたね。

こんにちは。 ナチュラルライフをご提案しているSACHIYOです音譜


自分の病気や子供たちのアレルギーを機に、出会ってきた自然療法や自然食をこよなく愛し、


皆様にお伝えしています。




今日は、「ティーコンシェルジュ3級資格講座」がありました!


何度もお話ししてますが、九州では唯一のティーコンシェルジュ協会の認定校として


細々~と、もう何年かやっています( ´艸`)


ティーコンシェルジュって、世界のあらゆるお茶の勉強をするんですが、単にお茶の淹れ方とか


だけではなくて、お茶を使った自然療法が学べます。


「薬に頼らない身体づくり」っていうのが、コンセプトなんですよ!


飲み物や食べ物は、ダイレクトに自分をつくるもの。


どんなものをどんな風に口にするかで、身体は変えられるのです。




さ、そんなこんなで、今年度最後の3級講座が今日で終了しました。


今年度もたくさんの方が資格講座を学んでいかれましたよ!


今日は、最後の学びであるブレンドティーの作り方、お料理との合わせ方などを学びました。

(セラピーだけでなく、ちゃんとこんな勉強もします)



そして、毎回、「お疲れさま~💛」の意味も込めて、私が実際にテーマに沿ってお料理を


作って、食べ合わせて(飲み合わせて)みました!




「麻婆豆腐に合うお茶は?タイカレーに合うお茶は?」


単純にウーロン茶とかじゃないんです。 それぞれの料理の特徴を見ながら、


味や効能などを様々なお茶をブレンドして一つのお茶にするんです。


辛さが苦手な方は辛みを抑えるようなお茶かも! 消化を促すようなお茶かもしれませんよね?



さー、あなたならどんなお茶を合わせてみる?



料理やスイーツを引き立てるのも、またお茶の魅力❤


味や効能を生かして、様々なお茶を組み合わせてブレンドをしていきます。




4月からまた来年度の3級資格講座が始めますよー。



ご興味ある方はご連絡下さい音譜


一緒に元気に美しく生きる楽しみを学びませんか?




Holistic salon & school ARCUS (社)日本ティーコンシェルジュ協会 宮崎校


宮崎県北諸県郡三股町樺山3605


山元 幸代


090-1922-4598   tearcus@gmail.com

AD
いいね!(7)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。