自動車免許合宿

テーマ:



皆さまこんばんは!
帰国して一週間ほどが経ちました。
写真は、大好きな友達が私の誕生日にくれたお花です!
(トランクに詰むわけにいかなかったので、世話をその子に託してきました。笑)


現在、実家から遠く離れたところに、自動車免許合宿に来ています。まあまあ苦戦しています。汗
やっと右車線に慣れてきたところだったのに!笑

自分の性格上、やや自信家、そしてかなりせっかちなので、そもそも自動車を運転しないほうがいいのではとすら思えてきました。
いいんだ、国際免許が欲しいだけだから…。
頑張ります。


まだ4日目なのですが、自分の日本語能力が鈍っているのをひしひしと感じます。勉強していても、学科の問題が説明してることの意味がとれなかったりだとか。

また、英語だと、「はい、いいえ」の返答が日本語と逆になることがよくあるのですが、(例えばあなたが魚が嫌いだとして、魚は好きではないのですか?と聞かれた場合、英語ではNoと答えます)
問題を解いていても、それにひっぱられるせいて逆の事を答えたりするのでよく「ああああ!」となります。


教習所で、大学のことを聞かれ、夏休みですと答えると、若い方からは不審に思われます。その場合に、アメリカの大学なんです、と伝えると、すごいと言われつつ、たまーに少しだけ私に対する倦厭のようなものも感じる時があります。相手によりますが。

あと、こんな田舎にきてくれて有難うという発言からたまに感じる、誇りと卑屈の入り混じったような気持ち。
ハノーバーや私の地元の栄え具合は、この街と大して変わらないのだけどな…。


不意にすごく、英語で話したくなります。
アメリカでは、自分が相手の顔色を見ながら、迎合するように意見を合わせなくても、会話が円滑に進むことが多いです。自分の意見が他の人の意見と違うのが当たり前だから。

少なくともキャンパスでは、私は正直な考えや気持ちを言えるから、自分の返答が、相手の意見に反対しているように聞こえやしないか、自分はjudgeされないかとびくびくすることが少ない。
だから私は英語で会話しているときの方が伸び伸びしています。心が楽です。

最低ラインとして、周りの害にならなければいいのであって。
他人からどう思われても気にしないから(そもそも大して何とも思われてないだろうし)
気楽にやります。

鈍感でいいや。


なんだかネガティブに聞こえたら、すみません!
でもどこか穏やかな気持ちなんです。





アメリカ留学ランキングへ

よければクリックお願いします!(*^^*)
AD