twelve・12

『12』という数字は不思議な数字

時の単位
1時から12時、1月から12月、12支

私とtakaさんの年の差は12歳

知り合って、お別れするまで約12年

出会いは12月、付き合いだしたのは翌年の12月

12年前の今頃、
翌月誕生日の知り合いのプレゼントを選ぶために
まだ今ほどきらびやかじゃなかった
丸の内へ買い物に行ったっけ

すっごく寒い日だったね

自分の手袋、私に貸してくれたね


あなたが旅立った時の私の年齢は
二人が出会ったときのあなたの年齢

デジタル体重計には私達二人の身長と年齢が登録されていて
すでに年の差はひとつ縮まってるよ

生まれ変わったあなたが12歳になったら
私はこの世でのあなたと同い年・・

どんな私になってると思う?


どん底でもがいてる私をすくい上げてくれたtakaさん

takaさんと暮らし初めて、銀座の店閉めて
二十歳からの夜型生活から
一般的な昼型生活に変わって

幼なじみ達との恒例新年会をした時
友人の一人が私に言いました

『銀座の頃はもう夢の世界って感じ?』って

私は即答でこう言いました

『今が夢の世界だよ、銀座は現実そのものだったからね』って


今、改めて思うよ・・takaさん

夢のような12年だった・・
キラキラした12年だった・・


言葉や文字では言い表せないほど・・

あなたはいつだって私に誠実だった


あなたと知り合えなかったら
幸せな12年どころか今の私があったかどうかもわからない

今も、これからも
生きていけるのはあなたのお陰です


いつかあなたと再会したときは
たくさん、たくさん、お話しよう

取り敢えず、あなたと同い年になることが目標

takaさんが生きた最後の12年を
想いながら、私も立派に生きるんだ


二人の12年、ありがとう。






AD