2010年07月05日(月)

子どもは知ってるよ:【ヨミアト】『ケチャップの謎 世界を変えた”ちょっとした発送”』

テーマ:┣書評:ヨミアト


どうもです。
本好き同士のつながりをひたすら追い求め中の村林です。


7月31日(土)開催の大田正文さん講演会+勉強会のご案内はこちら!!


おとなって、人は他人とは違うものの見方・感じ方をするって知ってるのに…。


マルコム・グラッドウェル THE NEW YORKER 傑作選1 ケチャップの謎 世界を変えた.../マルコム・グラッドウェル

¥1,470
Amazon.co.jp


こちらはゲラをレビュープラス様より献本頂きました。ありがとうございます。


今回頂いた内容は全体の中の一部なのですが、続きを読みたくて仕方がないと思わせるには十分な内容でした。


僕が読んだところまでを簡単に整理しておきますね。


この本の全体の構成として、まずテーマとして取り上げているのは「他我問題」について。これは、つまり「人間は、他者の心や関心をいかにして知ることができたのか」という問題です。う~ん、この時点で魅力的。


そして、ここに収められているのは著者が『ニューヨーカー』誌で発表した記事。3部構成にして、それぞれにテーマを設定して記事を選別しているようです。


実際に「他我問題」についてダイレクトに論じられていくのは第2部以降のようであり、僕が今回読んだのは第1部の途中まで。つまりはまだ深くその世界に入る前という状態なのです。


そういう点では、僕が「はじめに」の欄で考えたいろいろなことに結論を得るまでには至っていないというのが本音。だからこそさらに先を読みたいわけですし、そう思わせるだけの魅力が第1部にも十二分にあるわけなんですけどね。


僕にはふたりの子どもがいます。上は4歳、下は1歳。どうも心理学で言うと、下の子は、自分が例えば犬に感じていることと、僕が犬に感じていることは違うという感覚がないそうです。だから、下の子が犬が好きなんだったら、パパもママもお兄ちゃんもみんな犬が好きなんだと思っているらしい。


そして、それが2歳くらいになると実は違うということがわかり始めるそうで、そこから親だったら誰でも「そうだったなぁ」と苦笑いと共に思い浮かべるような、小さな怪獣の大実験の日々が始まるわけです。そうやって子どもは成長していくんですね。


でもね~、おとなになると、わかってるはずのそんなことが結構わかってないんですよね。子どもの面倒を見ることひとつ取ってもそう。子どもは子どもなりに何か考えていて一生懸命何かをやろうとしていたり、伝えようとしているんです。でも親が感じ取れない。わからない。「なんでパパの言うことがわかんないの!」なんて言っちゃう。だからさぁ、と自己嫌悪になってしまうわけです。


おとなにとって、感じ方や捉え方が人それぞれってあたりまえなことになり過ぎてしまっているんでしょうね。あたりまえ過ぎるから見落としてしまう。一度決まった(ように見える)法則(っぽいもの)を信じ切ってしまって、大事なものを見失ってしまう。


今回献本頂いた内容でそれがよくわかりました。個人的には特に第3章ですね。投資の話が出てくるのですが、ここが一番よくそのことを理解できました。僕はそれほど積極的に投資をするわけではないですが、一見あたりまえっぽいことが全然でたらめだったなんていうことが一番目に見えてわかりやすいと思うんですよね。人の感情が多分に作用することに法則なんて作れるか!みたいなね。そこらへんはジョージ・ソロスの本を読んで思った次第ですが、ここでも感じました。


僕たちはまず、今一度僕とあなたとの感じ方や捉え方は違うんですよってことをよく理解しないといけない。でね、小さな怪獣がやるみたいな大実験をね、やっちゃったらいいと思うんですよね。かっこつけてる暇があるならね。子どもの方がよっぽどいろんなこと知ってます。


最後までお読み頂きありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村林 暁(むらばやし あきら)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。