• 09 Dec
    • 新北市貢寮區-宜蘭縣頭城鎮 舊草嶺隧道自行車道

      「臺鐵宜蘭線大溪車站」の続きです。區間車で福隆車站に戻り、駅前のレンタサイクル店で自転車を借りました。ママチャリが100元でした。サイクリングロードとして整備されている臺鐵宜蘭線舊草嶺隧道へと向かいます。福隆車站から舊草嶺隧道入口までは2km程です。舊草嶺隧道の入口に着きました。すぐ横には(新)草嶺隧道の入口もあります。舊草嶺隧道は1924年(大正13年)に完成したトンネルで、1986年に複線の新しいトンネルが完成するまで使われていました。長さは2,167mで完成当時は台湾で一番長いトンネルでした。 舊草嶺隧道の開放時間は季節によって変わり、6月1日から9月30日までは8:30~17:00、10月1日から5月31日までは8:30~16:30となっています。また、休日は歩行者進入禁止です。 万が一トンネルの開放時間を過ぎてしまうと、海沿いの省道台2線などを経由し、15km程大回りして福隆車站へと戻らなければならなくなるので大変なことになります。トンネルの内部にはレンガ積みのままで維持されている場所もあります。平日だったので行き交う自転車の数は少なかったのですが休日はかなり賑わうようです。トンネル内を自転車で走るのに飽きてきたころ、白いアーチ型の照明が見えてきました。ここが新北市貢寮區と宜蘭縣頭城鎮の境になります。やっと出口に着きました。近くにある石城漁港まで足を延ばしてみました。もうちょっと天気がよければなあ… まだ時間に余裕があったので省道台2線にある新北市貢寮區と宜蘭縣頭城鎮の境まで行ってみました。省道台2線の海側には縁石で車道と区切られた自転車専用レーンがあるので海を眺めながら安全に走ることが出来ます。堺には新北市が設置したと思われる巨大なモニュメントがあるだけで宜蘭縣との境であることを示すようなものは何もありませんでした。 再び舊草嶺隧道を経由して福隆車站へと戻りましたが、トンネル内は福隆車站に向かって若干の上り勾配になっているようでペダルが重く感じました。この日は家から統聯客運(Ubus)台中車站への移動にもiBikeを使ったのでいい運動になりました。

      NEW!

      テーマ:
  • 08 Dec
    • 臺鐵宜蘭線大溪車站

      「臺鐵宜蘭線福隆車站 發記福隆月台便當」の続きです。福隆車站のホームで便當を食べた後、蘇澳行きの區間車に乗って3駅隣の大溪車站へと向かいます。福隆車站を発車した列車はしばらくすると草嶺隧道に入りますが、このトンネルが新北市貢寮區と宜蘭縣頭城鎮の境になっています。大溪車站に到着しました。両隣の龜山車站と大里車站が日台同名駅ですね。太平洋に面しているのでホームからは龜山島の姿を望むことが出来ます。 大溪車站の出札窓口では珍しい名片式車票(硬券)の乗車券を販売しています。日付はダッチングマシンではなくスタンプで入れられます。 小さな駅ですがスマートフォン充電用のコンセントが設置されています。台湾では至る所に充電用のコンセントが設置されているので日本も見習ってほしいですね。

      7
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 臺鐵宜蘭線福隆車站 發記福隆月台便當

      「R018基隆客運791路 望海巷⇒福隆」の続きです。 バスを降りて臺鐵福隆車站へと向かいます。  福隆車站ではホームで便當の立ち売りが行われていましたが、業者が臺鐵に支払わなければならない多額の権利金やコスト上昇、販売数量減少などの理由から11月30日を最後に取りやめになってしまいました。 列車が到着する度に便當を買い求めようとする乗客がホームのおばちゃんに声を掛けます。 おばちゃんから便當を買いました。ご飯の上におかずがたっぷり載っています。很好吃~  ホームで便當を食べる家族連れの姿もありました。 ホームでの立ち売りは無くなってしまいましたが、今後も福隆車站の近くにある發記福隆月台便當の店頭で同じ便當を買うことが出来ます。 發記福隆月台便當住所:新北市貢寮區興隆街17號営業時間:6:00~19:00 lightwind@a_lightwind 11月30日で最後となった臺鐵福隆車站の便當立ち売りの様子です。ドアが手動の莒光號だと発車直前までおばちゃんがホームを走って便當を売っていました。 https://t.co/zzqUVHbhgk2016年12月02日 09:37  

      11
      テーマ:
  • 06 Dec
    • R018基隆客運791路 望海巷⇒福隆

      「R017基隆市公車處103路 基隆火車站⇒望海巷」の続きです。臺鐵深澳線八斗子車站の見学をしてから再び路線バスの旅を続けます。次に乗車するのは基隆客運791路です。この路線は基隆市内の國家新城と新北市貢寮區の福隆を省道台2線(北部濱海公路)経由で結んでいます。やって来たバスの座席はかなり埋まっていました。基隆と福隆の間で臺鐵は山間部を通過しているので、路線バスは海沿いの町に住む人々の大切な足となっているようです。しばらく走ったところで山側に巨大な廃墟とほとんど樹木が生えていない山肌が見えてきました。1933年に建てられた精錬所の建物で十三層構造の遺跡が特徴的です。このあたりは水湳洞と呼ばれており、著名な観光地である九份と金瓜石の北側にあるエリアで、黃金瀑布や海と山の両方を眺めることが出来る展望台などがあります。臺鐵瑞芳車站から九份、金瓜石、水湳洞を経由して福隆まで山を越える基隆客運856路・台灣好行黃金福隆線のバスも運行されているので足を延ばしてみるのもよいかもしれません。大部分の区間で太平洋を眺めることが出来るので、この区間を通過するときには進行方向に向かって左側の座席に座ることをお勧めします。 40分程で終点の福隆に到着しました。基隆火車站からだと福隆まで70分程掛かるようです。臺鐵福隆車站から少し離れた場所にある駐車場でバスを降ろされました。

      9
      テーマ:
  • 05 Dec
  • 04 Dec
    • 臺南市安平區 安平樹屋・德記洋行

      「臺南市安平區 夕遊日式宿舍」の続きです。続いて安平樹屋へと向かいます。安平樹屋はイギリスの貿易会社である德記洋行や日本の大日本鹽業株式會社の倉庫として使われていた建物が廃墟となり、大きく成長した榕樹(ガジュマル)の木に飲み込まれて今では臺南市を代表する観光名所の一つになっています。 階段が設置されているので様々な角度から榕樹の様子を観察することが出来ます。それにしても残った建物の維持管理が大変そうです。 安平樹屋の裏にある展望台からは緑の中を流れる鹽水溪と臺南市街地を眺めることが出来ます。 安平樹屋の隣には1867年に完成した德記洋行の洋館があり、こちらも公開されています。 安平樹屋・德記洋行住所:臺南市安平區古堡街108號営業時間:8:30~17:30入場料:大人50元/小人25元

      8
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 臺南市安平區 夕遊日式宿舍

      「府城客運台灣好行99台江線 七股鹽山⇒德記洋行/安平樹屋」の続きです。臺南市安平區には安平古堡など名所旧跡が数多く残されています。その中の一つである「夕遊日式宿舍」へ行ってみました。夕遊日式宿舍は1917年(大正6年)に当時の裕仁皇太子(後の昭和天皇)が臺南を視察に訪れた際に宿泊した場所と言い伝えられています。第二次大戦後は臺灣製鹽の従業員用宿舎として使われていたようです。 敷地内には防空壕も残されてました。綺麗に修復された木造家屋の中には無料で入ることが出来ます。玄関には正しい出入りの仕方が掲示されていたのでちゃんと掲示の通りに出入りしました。 建物の中は涼しく落ち着いた気分になります。 大きく成長した庭の榕樹(ガジュマル)が歴史を感じさせます。夕遊日式宿舍住所:臺南市安平區安北路233巷1弄12號

      10
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 丹丹漢堡西子灣店

      「臺鐵西部幹線最後一斑紅眼莒光號 莒光531次 七堵⇒高雄」の続きです。前から行ってみたかった台湾南部の高雄市、台南市、屏東市にだけ店舗があるハンバーガーチェーン「丹丹漢堡」へ行ってみました。まずは高雄車站から高雄捷運で西子灣站へと向かいます。 1番出口を出てすぐのところに丹丹漢堡西子灣店があります。7時少し前に到着したのですがシャッターが開いておらず、営業している気配が無いので休みなのかな…と思ったら7時ちょうどにシャッターが開き営業が始まりました。シャッターが開くと同時にお客さんがどんどん店内に入って行きます。 丹丹漢堡はハンバーガーチェーンですが雞肉(チキン)と豬肉(ポーク)がメニューの中心となっています。サイドメニューには麵線や廣東粥などもあり、台湾らしいメニューの構成です。開店から10:30まではモーニングセットも販売しています。鮮脆雞腿堡(チキンバーガー)+玉米濃湯(コーンスープ)+20元の飲料(アイスレモンティー)のセットを注文しました。味は原味と辣味(スパイシー)のどちらかを選ぶことが出来ます。値段は79元でした(現在は値上げされて83元になっているようです)。他の有名ハンバーガーチェーンに比べると大分安いですね。チキンは外側はカリカリ、中はプリプリでジューシー、適度な辛さが食欲を増します。できたての商品が提供されるので注文してから少し待たされますが、熱々でおいしいです。丹丹漢堡西子灣店住所:高雄市鼓山區臨海二路24號営業時間:7:00~21:00定休日:木曜日

      10
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 臺鐵西部幹線最後一斑紅眼莒光號 莒光531次 七堵⇒高雄

      「臺鐵七堵車站」の続きです。莒光531次の発車時刻が近づいてきたのでホームへと向かいます。既に列車が入線していたので開いていたドアから乗ろうとするとホームとは反対側のドアも開いていました。 西部幹線最後の夜行列車なので見送りに来る鉄道ファンが多いのかと思っていましたが始発の七堵車站ではその姿をあまり見掛けませんでした。22:56に莒光531次は静かに動き出します。乗車した7号車は七堵車站発車時点で乗客は自分1人だけでした。臺北市内の駅から乗客が増えるのではないかとも思いましたが7号車は終点の高雄までガラガラでした。途中で車内を見て回りましたが前寄りの車両はかなり席が埋まっていたようです。臺鐵の列車では車両によって混雑に偏りが見られることが多いですね。松山車站や臺北車站ではホームで写真の撮影をするファンの姿を見掛けました。乗客が少ないので静かな車内です。皆思い思いの姿勢で休んでいます。 莒光531次は停車駅が多く、海線の小さな駅でもぱらぱらと乗降があります。台湾の主要都市間では高速バスが深夜でも運行されていますが、高速バスの恩恵を受けられない小さな街に暮らす人々にとって夜行の莒光號は週末深夜の大切な足だったのではないでしょうか。北上する夜行莒光號の最終列車である高雄発七堵行きの532次とは彰化車站の手前ですれ違うはずでしたが532次が5分程遅れていたようで、こちらが彰化車站のホームに滑り込むと同時に532次は発車して行きました。ホームに飛び出してなんとか去り行く532次の姿を撮影することが出来ました。最後のすれ違いを見てから少し休みます。 車両の調子が悪かったのか、時々車内灯が消えることがあり、それが一晩中ずっと続いていました。終点の高雄車站に向けてラストスパートです。およそ7時間の長旅を終えて莒光531次は定刻より少し遅れて高雄車站に到着しました。 西部幹線の夜行列車が廃止されたことで臺鐵に残る夜行列車は東部幹線の樹林発臺東行き莒光616次(金曜日のみ運転)と臺東発樹林行き莒光655次(日曜日のみ運転)の2本だけになってしまいました。

      12
      1
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 臺鐵深澳線八斗子車站

      間もなく開業が予定されている臺鐵深澳線八斗子車站を見に行きました。まずは早起きして統聯客運(Ubus)1619路で臺北へと向かいます。台中車站5:30発の便には促銷票の運賃が適用されて170元でした。乗車したバスはまたまた車椅子用のリフト付きバスでした。 途中渋滞があり所要時間2時間50分で8:20に終点の臺北轉運站に到着しました。バスを降りた後、臺鐵臺北車站から基隆車站まで區間車に乗車しました。ホームに行くとやって来たのは最近営業運転を開始したばかりのEMU800型増備車でした。増備車は座席がロングシートの配置になっており、正面の塗装が従来車とは反対の塗り分けになっています。 基隆車站から基隆市公車處103路のバスに乗車します。途中に國立臺灣海洋大學があるので通学の学生が大勢乗車していました。基隆港に浮かぶ船や埠頭に積み上げられたコンテナなどを眺めながら30分程で終点の望海巷停留所に到着です。望海巷停留所から歩いてすぐのところに臺鐵深澳線八斗子車站があります。 まだ開業前なのですがホームに入ることが出来ます。構内ではまだ若干の電気設備工事などが続けられているようでした。なぜか線路を挟んで2面のホームがありますが山側のホームは立ち入り禁止となっています。 ホームからは太平洋を眺めることが出来ます。 八斗子車站は基隆市中正區と新北市瑞芳區の境に位置していますが駅の所在地は新北市になるようです。 線路の先には車止めが設置され、その先には廃線跡が続いています。 ちょうど海科館車站で折り返す列車がやって来ましたが、ホームには入らずトンネルとホームの間で停車しました。海科館~八斗子間は500メートルしか離れておらず、トンネルを抜けるとすぐ海科館車站です。 開業が待ち遠しいですね。いつも臺鐵からの発表は開業直前ですが、12月中には開業するのではないかと思います。

      12
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 國光客運台中轉運站開業了

      11月29日に國光客運台中轉運站が開業しました。ちょうど統聯客運(Ubus)の早朝便で出かける用事があったので乗車前に少しだけ新しい高速バスターミナルを見学してきました。構内はこれまでの國光客運台中車站に比べてかなり広く、明るいです。早速、國光客運と台中客運のバスが顔を合わせていました。まだ、併設される商業施設の部分は工事中のようです。

      12
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 國光客運和台中客運台中車站最後一天

      11月29日から國光客運と台中客運が運行する高速バスの乗り場が「國光客運台中轉運站」に変わります。今日は両社の台中車站の最終営業日でした。國光客運の方では引っ越し作業も行われていました。 新しい國光客運台中轉運站には乗り場が8つあり、1~3番乗り場を台中客運と共同運行会社が使用し、4~8番乗り場を國光客運が使用するようです。

      13
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 臺中市 潭雅神自行車道 潭子⇒社口

      先日、臺鐵神岡線の廃線跡を転用した自転車専用道路の「潭雅神自行車道」を歩いてみました。1999年に廃止された臺鐵神岡線は潭子車站と油庫を結んでいた貨物線で主に軍関係の輸送を担っていました。現在はほぼ全線の約12キロメートルが自転車専用道路として整備されています。一度に全区間を歩くことはさすがに出来ないので、まずは潭子車站から社口號誌站(信号場)跡までの区間を歩いてみました。臺鐵潭子車站から少し離れた場所にある潭雅神自行車道の起点です。中山路(省道臺3線)の中央分離帯に構造の異なる部分がありますが、恐らく線路と交差していた箇所を後から塞いだのではないでしょうか? 標識によると馬車や牛車は通行禁止のようです。 標識の支柱には古レールが使われていました。大通りとは立体交差になっていますが平面交差の箇所も多いので注意が必要です。 緑のトンネルになっている区間が多いので気持ちよくサイクリングが出来そうです。沿道には休憩場所や公衆トイレも設置されているので安心です。歩いていたら1匹の犬が寄ってきました。 國道1號(中山高速公路)の下をくぐると社口號誌站跡はもうすぐです。 今度は放し飼いの鶏が現れました。起点から1時間程で社口號誌站跡に到着しました。 近くにある昌平路との交差点には警報機が設置されていました。 鉄道の遺構がほとんど見当たらなかったので少し残念でしたが、天気が良かったので気持ちよく歩くことが出来ました。途中にはレンタサイクル店もあるので今度は自転車で走ってみたいです。

      14
      テーマ:
  • 26 Nov
  • 25 Nov
    • 台湾のレシート(統一發票)宝くじ 2016年(民國105年)9-10月分の当選番号発表

      2か月に1度のお楽しみである台湾のレシート(統一發票)宝くじ。本日、2016年(民國105年)9-10月分の当選番号が発表されました。当選番号と当選金の受け取り方法について・外国人でもパスポート若しくは居留証があれば当選金を受け取ることができます。・特別獎、特獎、頭獎については発表された8桁の番号がそのまま当選番号となります。・二獎~六獎については頭獎の当選番号の下7桁~3桁が当選番号となります。・増開六獎については発表された3桁の当選番号が下3桁と一致していた場合当選となります。・当選金の受け取り期間は12月6日から来年3月5日までです。・特別獎、特獎、頭獎の当選金は指定された大きな郵局(郵便局)で受け取ることができます。・二獎~六獎までと増開六獎の当選金はどの郵局でも受け取ることができます。・当選金には印花稅(印紙税)0.4%と所得稅20%が掛かるので、実際の受取金額は下表のようになります。次回の当選番号発表(11月分と12月分)は来年1月25日です。

      12
      1
      3
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 臺鐵七堵車站

      10月20日に行われた臺鐵の時刻改正に先だって七堵~高雄間を海線経由で結んでいた夜行の莒光號が8月28日発の列車を最後に廃止されてしまいました。南下最後の列車となった莒光531次に七堵車站から高雄車站まで乗車しました。まずは臺中から莒光531次の始発駅である七堵車站へと向かわなければなりませんが、8月28日は臺中で大規模な音楽イベントが開催されていた影響からか臺中から臺北へと向かう臺鐵自強號と高速バスが軒並み満席で、唯一乗車券を買えたのが和欣客運7511路(台中港~臺北轉運站)でした。当初は7511路に乗るつもりで準備をしていましたが、ぎりぎりになって自強288次(普悠瑪號)の乗車券をインターネットで予約することが出来たので急きょ予定を変更することになりました。自強288次で七堵車站へと向かいますが、インターネットで予約した区間が臺北車站までだったので臺北車站で一旦列車を降りて別の車両へと移動します。臺北⇒七堵間の乗車券は臺中車站の指定席券売機で買うことが出来ました。 七堵車站には車両基地が併設されているので構内が広く、北部と南部を結ぶ西部幹線の多くの列車がこの駅を起終点としています。 高架下の駅舎も広いのですが夜遅い時間帯ということもあり構内はがらんとしていました。比較的大きな駅なのですが周囲は薄暗かったです。駅名表示も明かりに照らされることなく真っ暗でした。 改札口の発車案内表示機には台湾の歩行者用信号機でお馴染みの「小綠人」の姿があります。列車が出発すると赤に変わり、駆け込み乗車をしないように注意を促す存在のようです。

      9
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 臺中快捷巴士公司雙節低地板公車

      わずか1年程で姿を消してしまった臺中BRTですが、BRT専用車両として64台が導入された連接バスの内、32台は統聯客運(Ubus)、台中客運、巨業交通が300路用の車両として現在も使用しています。残りの32台は臺中快捷巴士の所属でしたが、会社が精算されてしまったので現在は臺中市内某所にナンバープレートを外された状態で置かれています。何だかもったいないですね…他の路線で使うことは出来ないのでしょうか?

      7
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 復興592次 彰化⇒沙鹿

      10月20日に実施された臺鐵の時刻改正で日曜日のみ七堵~彰化間に海線経由の復興號(591次と592次)が運転されるようになりました。久しぶりに西部幹線で復興號が運転されるということで運行開始初日には多くの鉄道ファンが彰化車站に集まっていました。 同じ客車列車である莒光號のほとんどが8両編成で運転される中、長い12両編成での運転です。客車の扉は手動の折り戸なので乗降時には自分でレバーを捻って扉を開ける必要があります。彰化車站から沙鹿車站まで復興592次に乗ってみました。車内には緑色のリクライニングシートが並んでいますが座席の間隔は自強號や莒光號よりも狭く、座席のカバーも取り付けられていません。また、窓の配置と座席の間隔が合っていないので所々に眺めの悪い席があります。復興號の運賃は區間車と同額で座席は指定席です。編成が長いからか沙鹿車站では電気機関車がホームの一番端に停車したので正面からの写真が撮影できませんでした。

      10
      テーマ:
  • 21 Nov
    • 復興航空(トランスアジア航空)停飛

      突如復興航空が11月22日の国内線・国際線の全便運航停止を発表しました。2014年7月と2015年2月に墜落事故を起こしたり、設立したLCCの威航(Vエア)が運航休止になるなどトラブルが相次いでいたので心配していましたが、とうとう運航停止に追い込まれてしまいました。復興航空は台湾と日本を結ぶ路線にも参入していましたがかなり苦戦していたようで、思い切った運賃のディスカウントも行われていましたが、今年5月に台湾桃園国際空港⇔関西国際空港間を往復で利用したときも乗客は少なかったです。明日の便を予約していて空港に行って初めて運航停止を知らされるという人もいるのではないでしょうか。

      10
      2
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 近鉄特急「アーバンライナー・プラス」 近鉄名古屋⇒大阪難波

      今年5月に日本へ一時帰国した時の話です。日本から台湾へと戻る日、まずはJR長野駅から特急しなの2号に乗り名古屋へと向かいました。 名古屋で友人に会って食事をした後、近鉄名古屋駅から大阪難波駅まで特急「アーバンライナー・プラス」に乗りました。 JR名古屋駅近くの金券ショップで「名阪まる得きっぷ10DX」のばら売りを買い、デラックスカーを利用してみました。デラックスカーの座席は横3列で各座席が独立しており、名古屋から大阪までの約2時間をゆったりと過ごすことが出来ます。 これまで、あちこちへ旅行をしていて大きな失敗をしたことはあまりなかったのですが、今回やってしまいました。終点の大阪難波駅に到着してホームで写真を撮影している時に車内の一番後ろの座席と壁との間に置いておいたスーツケースを降ろしていないことに気が付きました。気が付いた時には既に列車は扉を閉めて阪神なんば線桜川駅の方へと動き出すところでした。ホームの駅員に相談したところ、手持ちの業務用時刻表をめくって「(乗って来た列車は)7分後に隣のホームに折り返しで入ってくるので、そちらにいる駅員にも同じことを伝えて下さい」とのこと。隣のホームに行って待っていると列車が折り返してきました。ホームに到着した列車の運転席からスーツケースが降ろされて事なきを得ました。 後は南海なんば駅へと移動し、特急ラピートβに乗って関西空港駅へと向かいました。

      17
      4
      テーマ:
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー このエントリーをはてなブックマークに追加
AD

プロフィール

lightwind

性別:
男性
血液型:
O型
お住まいの地域:
海外

読者になる

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
次の台湾レシート(統一發票)宝くじ民國105年(2016年)9-10月分の当選番号発表は11月25日です。

ランキング

総合ランキング
21397 位
総合月間
10793 位
気まぐれブログ
292 位
日々のできごと
1038 位

ランキングトップへ

最近のコメント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。