25日、山陽町体育館で岡山シーガルズ、山口、宮下、丸山3選手がリオに向けての共同記者会見がありました。

{CFBFC7EF-B329-4053-B116-F6B461938544}

{79F65901-C837-4E2E-82BC-B03803992FB8}

{A32B1227-E77E-4757-8F96-863B2133D4FD}


地元デレビでも放送されました。

NHKもぎたて    ←ココをクリック


OHKみんなのニュース   ←ココをクリック

3人は今日東京に向かうそうです。


また、科学者の武田邦彦先生が虎の門ニュースでバレーの話を取り上げられましたよ。

先生は73歳ですが、硬式テニスやキックボクシングをされていて、月曜日の番組では、現在開催中の全仏オープンの錦織圭の話もされてました。

女子バレー、タイ戦を乗り切ったことで顔つきが変わったとコメントされてます。


動画はいづれも2分程です。

また、今回の世界最終予選の総括を色々な方がされてますが、相変わらずハルカのトスワーク、ハンドリングを批判する記事も目立ちます。

確かに、ハルカよりハンドリングやトスワークが上手いセッターはいるかもしれません。

しかし、サーブ、ブロック、特にレシーブはリベロ並みです。

私が初めてハルカを見たとき、随分前ですが、あの反応な速さに痺れました。
バレーの技術的なことは私は素人ですが、野球、武道をやってきた人間にとってあの反応の速さは鳥肌が立つくらいのインパクトがあったの覚えています。

でも、バレーの解説を聞いていても、川合さんも竹下さんも大林さんも、反応の速さを褒めた解説は聞いたことがありません。

でも、こんな記事を見つけましたよ。
ともに戦ったリベロの佐藤ありささんのコメント。

一つのボールに同じように反応するハルカ。
リベロだからわかるハルカの凄さ。

ともに控えにまわったオランダ戦、手を繋いで応援していたようです。

こんな記事を見ると嬉しいですね。



AD
先週月曜日、DHCシアターの現代のコペルニクスという生放送中に、地震発生。

{E7E49026-10F5-4832-9352-4F01864C5208}

武田邦彦先生は、揺れの種類、強さ、長さなどから気象庁の発表前に震源地を的中されました。

その時の映像です。

生放送中に地震     ←ココをクリック


今週の虎の門ニュースで、たまたまその放送を見ていた半井さんがそのことを紹介しました。

{C6FD83A2-1D67-4209-9FE0-28AA0A50572A}

上の動画に続いてあります。


○アメリカで人工芝に発がん性物質という話題になってます。



{B1F61996-3A88-4AEC-826B-D7AFD6EC6B6A}

その記事の深入りから、本当の科学者ということを語られています。

武田邦彦先生は、数少ない?人間のことを第一に考えられる科学者です。
約1年間ずっと放送を聞いてきて実感します。

日本は残念ながら、高度に発達した社会主義国と言われるように、事実を語ると時につぶされます。

本当のことを勇気を持って言える一人だと思います。


本当の科学者とは     ←ココをクリック



AD

幸せを知らせる花、燕水仙

テーマ:
今年も咲きました。

{289D93DA-4796-4AD6-AA97-A63F51BD98E7}

{8E327DC2-22E4-4655-B5C4-36DB41E99A50}

水仙とありますが、ヒガンバナ科です。

飛んでいる燕の姿に似ているとのことからつけられた名前。

周りのシロツメクサからわかるように、背は低いのですが、とてもインパクトのある真っ赤な花です。

花言葉は「幸せを知らせる」「素朴な人」「賛美される花」


花に触れていると、心も素直に素朴になれるような気がします。
皆さんの周りにも幸せは一杯あるはず。
気がついていないだけ。

見下すことなく、お互いを賛美できれば幸せは集まってくるのではないでしょうか。



AD