セリーヌ・ディオン嫌いを克服

テーマ:

かねてから、セリーヌ・ディオンがダメだった。

(ファンの方々、ごめんなさい。。。)



①流行ったからキライ


どうも、爆発的に流行ってしまったものに対して、

斜めに構えてしまう傾向があるようで。



ほら、流行ったじゃないですか。

「タイタニック」。

彼女はあれの主題歌やって、全世界的にベストセラーになったでしょう。その前から、カナダ(?)では国民的な歌手だったようだけど?



レオナルド・ディカプリオは、「ギルバート・グレイプ」に出てたときに、お、若いのにやるじゃん、なんて感想を持っていたりした位だからキライじゃなかったのに、「タイタニック」はどうしても見たくなくて。

結局、テレビかなんかで、一世を風靡してから10年以上もたって、やっと観たという始末。




その、タイタニックの主題歌イメージで、

芋づる式に、セリーヌ・ディオンも、なんか敬遠しちゃってました。




②顔がキライ


なんでだろう。苦手なタイプ。

実力派歌手なので、別にビジュアルで勝負しなくてもいいとは思うのだが、どうしても、なんだか、彼女の鼻と目のバランスが苦手で。


話は飛ぶが、同じような理由で、オードリー・ヘップバーンも長年キライだった。

特に鼻の形。

しかし後年、かの有名な「ローマの休日」を見たとき。

そう、動きを見たとき、印象がまるで変わったという。

この人は、動くとかわいいんだなぁ、と。



変なところで苦手になってしまうワタクシであるが。



先日、某CDショップにて、試聴盤のところに、彼女のアルバムが並んでいた。


その中の1曲、オリジナル(?)はHEARTの、「ALONE」という曲が入っていた。 

HEARTのこの曲はとっても好きで、LP(!!)を大昔購入。

ワタクシの持っていたLP再生用の機器は馬鹿でかいコンポだった為、だいぶ昔に処分してしまったので、もう15年位、聞いていないのだが。


なんとなく聞きたくなって、なにげにヘッドフォンに手を伸ばす。


HEARTのオリジナルの方は、ロックバラード。

途中、シャウト調でもあったりするのであるが。

(姉の声量がすごかった記憶)



若干アレンジで趣は違うような気がするが、なかなかに懐かしく。

セリーヌ・ディオンも途中、シャウト、頑張ってますなぁ。

でも、絞りだすというよりは、「楽々シャウト」っていう感じで浅いけど。



なぜか。

あんなに嫌っていたセリーヌ・ディオンのCDをお買い上げ。


HEARTのおかげ、だろうか。

(記憶があいまいだが、声の低さが、少々類似していたのだろうか。)





懐かしついでに、HEARTのALONE、オリジナルを検索してみたら、

一発で簡単に、ひっかかってくれました。


http://my.opera.com/aida4str/blog/2008/01/11/heart-alone




どうも、訳詞について語られているページのようです。

あら、懐かしい。

セリーヌ・ディオンと、声、やっぱり少し似ているような。




そして、メインボーカルのお姉さんの方(アン・ウィルソンだっけ?)は、太りすぎちゃった叶恭子さま、みたいな感じか。




AD