最近見ている海外ドラマ②

テーマ:

去年になるけれど、少し前までかぶりつきで見ていたのは、


NIP/TUCK マイアミ整形外科医

http://www.foxjapan.com/tv/bangumi/niptuck/main.html



いわゆる病院モノなのであるが、舞台はシリーズ名どおり、マイアミの整形外科。

美容整形の世界を描いた、わりとぶっとんだドラマである。


最初は、主人公ふたりの人生や家庭の問題がメインで話が進んでゆくのだけれど、

シーズン2あたりから、なぜか、連続レイプ犯のお話になってきます。

(多少関連はあるものの、ちょっと話がそれ気味のような? しかし、許す。)


脇役の人物が、一度登場して、またしばらくして別の状況に陥って再登場してくる、

っていうパターンも、長く見せるコツなのかもしれない。




ワタクシ、このドラマのクリスチャン・トロイ役の俳優がお気に入り。

(ジュリアン・マクマホン)



cast_62.jpg



設定では40歳となっているんだけど、渋くて、セクシーでいいわけです。

エロ全開のキャラ設定なのですが、こんないい男なら大歓迎しますぜ、という感じ。

決してマッチョなタイプではなく、ややインテリ系やさ男なんですが、いいです。

海外ドラマで俳優を気に入るということはあんまりないんですが。


この人は、写真うつりが悪いタイプでしょうね。

動いている姿の方が、キレイですから。

なんでも、父親はオーストラリアの元首相らしいッス。

調べてみると、ちょいちょい映画も出てたりしたんですねぇ。

ワタクシ、このドラマで目をとめるまで、全然知りませんでした。



相手役で次々に登場するオネエチャン達も、

美しい女優さんや表情のいい女優さんが多くて、見ていて楽しいッス。



現在、TUTAYAにはシーズン2までしか置いてありません。

ちゃんとそのまま、次シーズンも終わっているようで(?)、一安心。

人気がなくなると(視聴率が落ちると)、急に打ち切られたりするのが常なアメリカドラマ界。

「トゥルー・コーリング」の時は、ぶっつり打ち切りがあり、ええええ。とがっかりしたのが記憶に新しいです。



普通の洋画は吹き替えでは絶対に見ないのだけど、

なぜか海外ドラマだけは、日本語吹き替え版で見てしまいます。


これは多分、ビバリーヒルズ青春白書なんかの頃の習慣なのかもしれませんが、

古くは、「奥様は魔女」(小学生のとき、再放送を見ていた)が遠因なのかと。




こちらは、早くシーズン3が早く店頭に並んでくれないかしら、と、心待ちにしているシリーズです。





AD

最近見ている海外ドラマ①

テーマ:

あまり映画館に映画を見に行かなくなってしばらくたつので、

最近はもっぱら、レンタルばかりである。

一時、安いからとDVDを買っていたのだが、一度見てそれっきりのものが多いことに気がつき、

やはりレンタル派と相成った。

(そういえば、本も大体、そうだった・・・。)


スカパーなんか入れた日にゃあ、廃人と化す位かぶりつきになりそうなので、

ずっと、それだけは避けている。

レンタル店に行って、ふらふらと探しながら見つけて借りてくるのが、いまのところ性に合っているようだ。



このところしばらく見ているのは、CMもやりだした、


「プリズン・ブレイク」。

http://www.foxjapan.com/tv/bangumi/prisonbreak/



なんとなく、出演俳優陣がオッサンくさい人ばかりだし、あまりキレイどころのオネエチャンも出ていないし、密室モノのように、刑務所がメイン舞台、っていう設定に、

しばらくのあいだ、ちょっと手を出しそびれていたのだが・・・。

(だってねぇ。DVDのパッケージ見ると、丸刈りの男ばかり写っているしね・・・。)



あら・・・おもしろいじゃん。




次から次へと、むりくり問題が起こるのは、まぁ、お約束。

アメリカのドラマは、予算もかなりかかっているし、使いまわしっぽいけど空撮もあり、カメラワークが安っぽくないのがいいですなぁ。

味のあるオッサンくさい俳優陣も、(わかりやすいけど)キャラ作りわけがしっかりしているので、見ているほどに愛着もわいて参ります。

珍しく、恋愛ものではないのに流行ったドラマ。

そういえば、エロシーンも、全然出てきません。(笑)



仕事の気分転換にでもなれば、と思ったのもあり、

最初は、年末から旦那と一緒に見始めたのだが、奴が一言。

「これ、おもしろいけど、長いから飽きちゃった」



おいおい。

海外ドラマのいいところは、視聴率さえよければ、それが5年でも10年でも続いちゃうという節操ないくらいに長いところだというのに。。。




お気に入りのシリーズは、本でもドラマでもずっと続いてほしいと思ってしまうものだし、

続きが出るのを待つのも、また楽しい。

(だんだんつまらなくなってゆくのも、ちょっと寂しいけれども、最後まで見届けようという気にさせる。)


某海外ミステリーのシリーズ本なんて、続刊が出るまでに大体2年は待つし、とあるシリーズは20年、とあるシリーズは15年も読んでおります。

きっと、こういうのは、理解できないんだろうなぁ。




最初は、旦那の仕事の都合に合わせ、遠慮しいしい借りてきて見ていたのだが、

「飽きちゃった」発言を聞いてからは、自分のペースで続きを見ようと思っております。




AD

雪の日

テーマ:

どうも外がやけに静かだな、と思ったら、

雪がどかどか降っていた。


ワンコ君の散歩がてら、TUTAYAへダッシュしてきた。

(TUTAYAに行くついでにワンコの散歩、とも言う)


ほぼ毎週火曜日、ワタクシ、レンタル返却期限の10時(開店時間)目指して、

ワンコをひきずるようにして、猛ダッシュなのである。



さて。

散歩から帰ってみると、いつもはソファやこたつで寝そべっている筈のトムの姿がない。

おや?

と思って見てみると、寒いはずなのに、なぜか、出窓のところにじっと座っている。




雪に魅了されているようです。


出窓から撤退したかと思いきや、今度はベランダの方に行き、

またしても外を見て、きょろきょろ、きょろきょろ・・・。







奴にとっては、楽しいはずだよねぇ。。。

上から、白いものが、ちらちらと降ってくるわけで、

右へ左へと顔をふりながら、飽きもせず、ずっとずっと眺めている。


(たまに、雪をつかもうとするかのように、両手をふりまわしている)




いったい、何時間、このまんまなんでしょうか。(笑)





AD

あけました。オホホ。

テーマ:

あけましたね。おめでとうございます。

ワタクシ、今年、年女でございます。オホホ。


オッホッホッホォッーーーーー!!


↑狂ったような笑い。



けっこう長らく、またしても放置してしまいました、このブログ。

自分でも、久しぶりに開いてしまいました。

思わず、ログインIDまでど忘れしておりました。


大昔、まるで飲み歩き日記のように書き殴っていたのが、嘘のように。



去年は、ほんとに、書くことがいっぱいあったはずなのにな。

ムラがある性格なのか。

本来、飽きっぽいしな。

(たいていのブームは、約4ヶ月で終わる人)



空白の期間の内容は、とりあえず割愛。

書きたくなったら、書こうっと♪




年末に、R35のCD(ディスコ編)を購入。

バブルの頃を思い出す、軽薄なラインナップ。

いま、これを聞きながら書いておりました。

これで、気分もアゲアゲ。ッスよ?

(丁度、ストライクゾーンの世代だしねぇ。)



いや、この「軽さ」が、心地よい時もあるのよねぇ。

ジャズなんか聞いちゃったら、

井戸の中にひきずりこまれて しまいそうだし。




と。

そんなことを思う。

年始一発めのブログを書きながら。