昨夜、この記事を途中まで書いて、下書き保存しておいた筈なのに、

どういうわけか、エラーになっていたようで、

今朝、アメブロを開いたら、全然保存されていなかった。



さて。昨夜、ワタクシがリビングのソファの上で、

テレビを見ながら、脚の毛を抜いていたら、旦那が一言。


「そういうのは、俺がいない昼の間にやっといてよ。

(心の声: 時間、たくさんあるでしょ?)


幻滅するから。 」

・・・だそうだ。



ワタクシ、もともと、かなり毛深く剛毛なタイプなんですね。

一方旦那は、腕なんて、全くといっていいほど毛が生えてない。

お互い、ホルモン異常なのかよ?

という位の、コントラスト。


永久脱毛という手もありますが、

脇だけならいざ知らず、両腕、両脚を含む脱毛、かつこの毛量、剛毛っぷりであるならば、

正直、何十万円もかかります。

(多分、余裕で50万位かかりそう)

腕の脱毛というのは、ひじより上、ひじより下、と更に区分されているところが多いですし、

え? という位、まっとうなところでやろうとすると、高かったりしますよ。



まぁ、問題としては、脱毛云々の話というわけではなく、

マナーというか、婦女子のたしなみ というか。

そんな夢のないことを、俺の前でするなよ、そりゃ当然だろ?

・・・といったところなんでしょうけれども。




主婦の友人S絵も、やはり、結婚してからのとある日、

旦那の目の前で腋毛を剃っていたら、

「永久脱毛してこい。」

と言われて、現在、脇はつるつるである。


くだんの友人S絵の旦那は、一人っ子。

やはり、男兄弟はおろか、女兄弟もいないという、純粋培養。




女兄弟がいれば、ある程度、

夢が壊れるような場面や言動 に遭遇していると思うので、


女性に対して、必要以上に夢や幻想を持たなくなる、

と推測される。


くだんの旦那には、男兄弟しかいない・・・。



元々、身だしなみやら掃除やら、

いろんな事に対して几帳面な旦那は

(パンツのたたみ方まで決まっている人でした)、

昔つきあっていた当時も、ワタクシに向かって、

「ひげ、はえてるよ。

ちゃんと産毛とか剃りなよ。」

と、顔剃りをすすめる位でしたから。


まぁ、男としては、

いちいちうるせーなコノヤロウ、 というか。




めんどくさいタイプ だねぇ。(苦笑)





その後、この出来事について、

ささいな反論を試みたワタクシであった。





AD

寝坊

テーマ:

今朝は、思いっきり寝坊した。

目が覚めたのは、隣で電話で話す旦那の声で、である。


どうやら、HS母よりワタクシ宛に電話が入っていたのであるが、

そのとき、もう出勤している筈の旦那が電話に出たので、彼女は「?」と思ったらしい。


そしてそのまま、旦那、ワタクシに電話を代わることもせず、

そのまま電話を切ってしまう。

(後でフォローはしておいたけどよ)



昨夜は旦那の帰りが遅く、それでも、眠る準備はさっさとせっせとして、

さ、明日も早いんだから、はよ寝ろや、と旦那をせかすも、

ぐずぐずぐだぐだとしていて、なかなか眠らない。


ワタクシが先に眠ってしまうと、彼は酒をしこたま飲んで夜更かししてしまうので、

先に眠ることはできない。

(何度か実験的にやったら、えっらい量の空き缶がキッチンに置いてあって、ビビった。)



眠りにつく時間やお風呂に入る時間位、自分の自由にしたいところであるが、

それがままならないのが、現在の生活である。

共同生活なので、これはもう、ワタクシが相手に合わせるほか、ないのであるが、

これが、ことのほか、この数ヶ月、苦痛 となった。


専業主婦となった身であるので、

朝、早起きするのはアタリマエなのであるが、どうにもこうにも、最近、寝起きが悪い。

冬場でもないのに、ちゃんと起きられない。

起きたら起きたで、なんだかなにも、する気になれず。

(軽い鬱? 鬱は、家庭内に一人で充分です・・・。)


食事の時間も、旦那の生活に全て合わせていたので、

体内時計はぐちゃぐちゃになったようで。

おなかがすいている時に食べることができず、

おなかがすいていない時に、無理して食事せねばならない事が多かった。



起きる時間、眠る時間、食事の時間から、お風呂の時間。

全て、まったく、いままでの自分の生活と違うので、

一時、まるで刑務所にいるみたいな生活だな、 と思ったりした。

(彼もそう思っているのかもしれないなぁ。お互い様かね。)



友人との外出も、あまりできない。

なぜなら、夫婦共働きではないので、なんとなく気がひける、という理由に始まり、

最大の原因としては、正直、旦那がワタクシの外出を、いい顔しない、という点である。

(稼ぎがなくなった人間が、忙しく仕事に励んでいる旦那を尻目に、

おいそれと酒を飲みに出られるわけがないよねぇ・・・。)




こんなに自由な時間がたくさんある筈なのに、

なぜか、自由とは、とても遠いところにあるような。

自分で自分に縛りを課しているだけのような。



立ち位置が、まだまだどうしても、ちゃんと決まらない、

なんだか、そんな感覚と結びつけていろいろ連想してしまう、

そんな、重たい「寝坊」であった。





AD

舅の日とハッスル2007

テーマ:

昨日は、全国津々浦々、「父の日」でございましたが、

ワタクシの場合は、「舅の日」でしたか。


うーん、自分の実家には、先日、シェーバーをサクッと郵パックで送りつけて、

はい、おしまい。


昨日・日曜は、旦那の実家詣と相成り、貢物であるノートパソコンを持参することに。

駅前の、彼が高校生の頃から通っていたという中華屋に寄り、

(あれは、ラーメン屋というよりも、中華屋に趣が近いと感じるのはワタクシだけか。)

同じく駅前の、できたばかりのようなケーキ屋さんで手土産を購入して、到着。




旦那がPCのセッティングに手間取っている間に、

なぜか、姑・Sヨ子が、おもむろに差し出すGパンが1本・・・。


なんですか、これ?


どうも、相当、穿きこんだ感じのジーンズ。


姑・Sヨ子 「最近、これ、きつくなっちゃったから、あげる。」


・・・・・・。


いただいたGパンは、たしかにワタクシ、サイズはピッタリでございました。

でも、ワタクシの方が、若干背が高いので、

丈がなんだか、おかしな感じ・・・。

(明らかに、あと5センチは足りないねぇ。)


不思議な人ですねぇ。

股間を共有、ということですか。(違)



さすがに、こんなもん、いらねーよ。」

・・・とは言えないので、もちろんいただいて帰って参りましたが、

多分、カットして、ホットパンツ状態で穿くとは思いますが。

(あんまり、そういうの気にしない方なんで、大丈夫。)


※昔の嫁が忘れていったジーンズでもくれたのかと、一瞬思いましたよ。






さて。夕方から、プロレス観戦(?)の予定だったのであるが、

そんなこんなで、だいぶ時間が押せ押せ。

急遽、チーマーみたいな旦那の弟(旦那がチーマーみたいなんじゃなくて、弟の方がチーマーちっくである)の運転する車にて、

送ってもらうことに。

途中、自転車に乗ってよろよろしていたジジイをひとり撥ね飛ばしそうになり、

さらに、方向転換中の車にヨコから突っ込まれそうになりつつ、某会場着。

この、旦那の弟くん、なんだか、RGにクリソツ。




昔から、そういや、旦那はよく、プロレス観戦していたっけな。


ぶっちゃけワタクシ、まったくと言っていいほど、興味なし。

しかも、ハッスル。

観たいのは、HG(ワタクシと1文字違いだわね。)と、インリン様のM字開脚くらいなレベルだったんですけれども・・・。


いやー。

なんか、おもしろかったッス。

これは、お祭り なんだねぇ。

馬鹿馬鹿しさが、また、楽しいというか。

ストレス解消になるのが、わかったような気がするな。


30代以上の人には嬉しい(?)、

元巨人軍の外国人選手・クロマティが出ておりました。

クロマティですよ、クロマティ。

野球に興味のないワタクシの(日本でプレーしていた)外国人選手は、この、クロマティで知識が止まっているのですが、

その、唯一知っている外国人選手、クロマティ。

テーマソングも、「クーロクロクロ、クロクロクロ・・・」と、人種差別チックなイメージのわく、あの歌です。(笑)



話は飛びますが、HGはハードゲイ、RGはリアルゲイですけれども、

HSは、ハードサドの略ではありません。

ヘビースモーカーの略です。

佐藤寛子(仮名)でも、斉藤ひろみ(仮名)でも、佐野久子(仮名)のイニシャルでもありません。

念のため。



プロレスは、酒片手に観戦できるのがいい。

ついでに、ケンタッキーフライドチキンもむさぼり食う。

これで、煙草が吸えれば、最高なのですが。←ムリ。


先日の映画とおなじで、

途中で眠っちゃったらどうしよう、と本気で心配していたのですが。

だいじょぶだったッス。




興味のない分野にも、

顔を出してみれば、まぁ、また違った意味で、自分に刺さってくれることもあるのだな。と。

元々、あまり人から影響を受けない頑固なタイプなので、

たまにはこんな経験もいいのかも。

と、自分の性格と結びつけて考えたりした、そんな一日であった。




AD

歯科詣

テーマ:

昨日、月曜日は、2件も病院に行っちゃいました・・・。

午前中、産婦人科、お昼から歯医者へ。


3年前、歯医者でナンパされたのが少し自慢でございましたが、

こちらは、先生が3人ほどいるところで、もちろんそんな気配は、まるでございません。(笑)



担当してくださっているDR.I 黒は、

お笑い芸人のデッカちゃんに似ております。




デッカちゃん  ← デッカちゃん。

                    いやぁ、ブログに画像入ると、いいですねぇ。

                      

え?

そんな歯科医、イヤだって?

いえいえ、デッカちゃん には似ておりますが。

もうちょっと痩せさせて、神経質にさせた感じです。

ちなみに、どれくらい神経質かというと、歯の型をとっている際、少しでも狂いがありそうだと思うと、何度でもやり直しをするというオタク体質なようです。

(いやー、いくらなんでも、5回は取り直し、しないよね普通。)




まだまだ、通わねばなりません。



病院づいてるこの頃。

それはやっぱり、歳のせいかしら・・・・・・。







産婦人科詣

テーマ:

金曜の夕方、行って参りました、産婦人科へ。


ええ、いえいえ。

オメデタではございませぬ。

※ちなみに、性病感染でもございませんよ。(笑) ←いらぬ注釈。


ハッキリ言っちゃいますと、

出血大サービス中 なんですよ。 ←文字通り。ヒネリなし。

えげつない内容ですいませんね。


なんですか、ホルモンバランスが、めちゃくちゃになっちゃったようで。

子宮内膜症とかじゃなければいいんですけど、

とりあえず、止まりません。出っ放し。

ジャンジャンバリバリ でございます。




というわけで、慣れない土地にて、産婦人科探し。

産婦人科は、アタリハズレが激しい ので、気を抜いてはいけません。



以前は、御茶ノ水にある、「あゆみクリニック」という病院に行っておりました。

仕事をしていた頃で、こちらは、土曜の診療もあり、

たしか、診療時間も長く、夜は20時か21時までやっていたような。

お昼の時間帯も診ていただくことが可能でした。

元、某テレビ局勤務の女性が、社会人を長くやってから一念発起して医大に入学し、開業したばかりの病院。

非常にパワフルな女性で、薬価のことなどもキッチリ把握してらっしゃったので、わからないことは、先生に聞けば、なんでも答えてもらえるという、

アタリマエのようでいて、それでも他の病院ではなかなか充実していない面が、

それはそれは、キッチリしていた病院です。

(最近は、分業なんですかねぇ・・・)

診療時間も、ひとりひとりに対してわりと長くとっていただけて。

評判がよいのか、開業してわりとすぐ、別のもう少し大きなハコに移転して、

いつもなかなか混んでおり、繁盛なさっているようでした。

サバサバしている女医さんでした。あゆみちゃん。(笑)


病院帰りに、その近くにある「ジロー」という、小さな定食やさんに寄るのが楽しみでした。

病院帰りの楽しみ、というやつですか。

そういえば、話は飛びますが、この「ジロー」の近くに、ものすごくこじゃれたフレンチレストランがあって、その前を毎回通り抜けながら、

いつか、このお店に食事に来たいなぁ、と思ったのを思い出す。

テラスがあって、テーブルの上には、小さなキャンドルライトがあるという、定番チックなお店でしたけど。

丁度、3年位前のこと。

行ってないなぁ、あれから。



さて。

地元駅前の、○○産婦人科医院、という病院を見つけて、レッツラGO。

夜から、かなり久しぶりに女友達Wと飲む予定だったので、サックリ済ますつもりでおりました。



■ ○○産婦人科医院の特徴


①昔は流行っていたのだなと推測される、今じゃ、無駄に大きな作りの病院。

  うーん、古めかしい。

②先生は、オジイちゃん

③受付は、オバアちゃん

④他の患者が、ひとりもいない。 ← 待ち時間ゼロ

⑤院内が、静まりかえっている。



まぁ、臨時でちょっと駆け込むだけのつもりで行った病院なので、特にたいしたリサーチはしていなかったんですね。

ヤバイ空気がプンプン でした。


当然、出血大サービス中なので、

注射打って、止血剤でももらって終わりだろうな。

と、勝手に思い込んでいたのですよ。


・・・と思ったら。



え? 診察するんですか?


(微妙な質問を窓口でして、受付のおばあちゃんに、ちょっとけげんに思われたような。)

いや、婦人科って、ほとんど来たことないので。

(と、変に、状況説明のための言い訳をはじめるワタクシ)


ほんとですか?

え?

だって、出てますよ。

診察・・・するんですか?

え? え?


ワタクシ、固まっておりましたが、とっとと順番はめぐって。

(というか、患者はワタクシ一人しかおらなんだ。)



うひぃ。な一幕でした。

もう、どうにでもしちゃってください。な気分にて。


え?

タンポン入れちゃうんですか?

え?

薬が流れちゃうからですか?

え?

このヒモを、後でひっぱればいいんですか? 



えげつない内容ですいませんね。(苦笑)

タンポンなんて、大昔、 「どうにも入らねぇなぁ。」 という状況があった時以来、

まったく使っておりません。

外国人などにとっては、非常にポピュラーだったりするようですが、

日本ではまだまだ、使う人って、そんなに多くないような気がしているんですけれども。

なにぶん、ワタクシ、座布団派。


異物感がはげしそうなので、コンタクトと同様、多分、一生、使わないと思っていたものだったので。



がん検診も一緒にしていただいたせいか、

予想していた展開と違いすぎて、衝撃的だったせいか、

なんでしょう、

ワタクシ、診察中に貧血おこしまして。

しばらく、ベッドで休ませていただきました。



なんかねぇ。

30も半ばを過ぎて、こんな無知でよかったんでしょうか。

それが一番、恥ずかしかったですねぇ。


いままで女医さんにしか診察してもらってなかったのに、

まさか、爺さまに、股ぐら広げることになるとは、思いもせず。


さらにです。

パイパン途中だったので。 ← このあたりが、かなり微妙。


エロ下着をさがしたついでに、3年ぶりにパイパン中(?)だったんですが、

あまりにも ジャンジャンバリバリ 状態が続いていたもので、

お手入れを、怠りつつあったのですね。


・・・・・・。


もう、ほんとに、どうにでもしちゃってください。

な展開でございました。


また、月曜日に行かなきゃなりません。

結婚してから、どうしてこうも、あちこち体調が悪くなるのか、

よくわかりません。


先月、銀歯がとれて、歯医者に通うことになり。

あやうく、抜歯の危機、インプラントに手を出すかもという覚悟があり。

犬に噛まれて、整形外科にも行き。

おまけに、ちょっと視界がおかしいので、眼科にも行かねばならぬ。

それに加えて、産婦人科ですか。


丈夫なだけがとりえなワタクシだったのですが。



健康、第一、ッスね。




トロイメライ

テーマ:

なぜだか、数日前から、「トロイメライ」のフレーズが頭に浮かび、

晩御飯の支度をしているときなどに、鼻歌でぶっこいてました。


急に、聞きたくなったわけです。



ワタクシの音楽の趣味は支離滅裂で、

ジャズ、フュージョンから、クラシック、ポップス、ヒップホップ(まぁ、このジャンルは、昔はなかったものだけど)、

もちろん日本のものは「昭和歌謡」がなぜかジャストフィット。

あまり今現在はやっている歌というのはよくわからず、気に入ったものがあればずっと聞き続ける人なので、

持っているCDの枚数は、そんなに多くない、という経済的さ。


なにに関しても、浅くなので、全然、大しても詳しくないッス。



今朝、そういえば、「トロイメライ」のはいったCDがあったはず、と、

引っ越してきて以来、あまり整理していない荷物部屋の箱をひっかきまわす。



朝から、「トロイメライ」ッス。

なまけた1枚なので、「夜曲総集編」とかいうのに収録されてるんですけれども。(演奏者別のCDではなく、安いやつ)



そういえば。と思い出す。

たしか、10年近く前に、クラシック曲を無料でDLできる海外サイトがあって、

DLしまくったっけなぁ・・・と。


そのサイトは、ICQの権化のお方のHPから、

リンクで、とんで、とんで、とびまくった末に到着した場所でしたし、

その頃のPCは、ワタクシの弟くんのものだったので、

場所が全然わかんないんですよねぇ。

(調べてもいないけど。)



本日は、よいお天気。

我が家、朝から、ピアノの音が、ピロピロと流れております。



ゆるい、一日のはじまりッス。




家事には向かない女

テーマ:

イカンです。

よろしくないです。


そう。ワタクシの、家事能力。(笑)


一気にばばーっとやってしまえば、

どうということもない筈なんですけれども・・・。


そもそも、家事にかかる時間なんて、ほんの数時間でしょう。



ルーチンならば:


朝、旦那のお弁当作って、ゴミだしして、キッチンを片付けて、

R君(柴犬)の散歩して、植木にお水をあげて、洗濯して干して、

掃除機かけて、リビングまわりをととのえてリビングボードを拭いて、

前日シャワーでないならばお風呂洗って、トム(猫)の世話をして。


夕方になったら、晩御飯の支度して、

R君を再びお散歩に連れてゆき、ご飯をあげる、と。

旦那が帰宅したら、ご飯をだして、後片付けをして、シンクを磨く、と。




プラスαとして:


たまに玄関まわりを掃き掃除して、

気が向いたら、家中の鏡とか窓を拭いて、トイレ掃除して、

家電品の埃をはらったり、ドアを拭いたり、

レンジやシンクまわりを念入りに磨いたり。


週に1度はカバーリングを洗濯して新しいものに変えて、

週に何回かはスーパーや八百屋で買い物して、クリーニング屋に行って、

R君の犬小屋を掃除する。



書き出してみると、こんなもんなんですよねぇ。




どうも、一気にやってしまうと、

旦那が帰ってくるまでの時間が余りまくってしまう ので、休み休み。

ブレイクタイムを入れてしまう。


その、ブレイクタイムが長すぎるんじゃ!!


これが、いけないようですな。。。。




おかげで、

今、必死こいて、晩御飯の下準備にかかったところ。

毎日毎日、土日以外は、このパターン。


旦那は普段、21時より前には、殆ど帰宅せず。

早くて21時、って感じなので、

まぁ、大体、22時目安に、晩御飯を用意するわけです。


食事は、あっため直すと、

ついつい味が濃くなっちゃったり、変に煮詰まったりしてしまうので、

21時過ぎ位にできたて、で作りあがれば、丁度いいかな、

と変に逆から計算してみたり。



結婚して一緒に住み始めてから最初の半月くらいは、

わりと、ちゃちゃっと終わらせていたんですが。

変ですねぇ。


なんでか、動作が緩慢なのか、やる気が起きないのか。

別に、昼寝ぶっこいているわけでもないし、

テレビも一切見てないのに(元々、殆ど見ない)、

夜になると、時間がない。(苦笑)




このパターン、なんとかせねば、と。

低レベル、かつ、志低い、今日この頃。



ま、人生といっしょで、

ツジツマがあっていれば、それでよし、ですかねぇ。




妻と義父、訴えられる。。。

テーマ:
毎朝、6時半過ぎ頃に起きて、旦那のお弁当を作る。
その後、7時頃に旦那、会社に向けて出発。
パソコンのスイッチを入れるのが、大体、朝の7時です。

・・・と。MSNのニュースで、かなり気になる記事が載っていたので、転載しつつ、コメントおば。



以下、転載。


長時間労働自殺:両親が妻や上司を提訴 宇都宮地裁



息子の自殺は長時間労働が原因だとして、

本田技研栃木研究所(栃木県芳賀町)の研究員、西村伸一さん(当時29歳)の両親が6日、

同社や上司、伸一さんの妻らを相手取り総額約3800万円の損害賠償を求める訴訟を宇都宮地裁に起こした。


訴えによると、伸一さんは00年の入社から法定労働時間を超える長時間労働を強いられた。

04年6月にうつ状態となり同月23日、自殺目的で失踪(しっそう)したが、

思いとどまり6日後、東京都日野市内で警察に保護された。


翌日未明、埼玉県大宮市(現さいたま市)内のホテルで投身自殺したが、

迎えに来た妻と義父にののしられて追い詰められたとしている。


会見した父淳さん(61)と母悦子さん(60)は、

「真相を闇に葬りたくなかった」と述べた。

同社は「(自殺は)遺憾だが、訴状が届いておらずコメントできない」と話した。【吉村周平】


毎日新聞 2007年6月6日 22時52分





・・・おや?

妻が、亡くなった旦那さんのご両親から、訴えられている。


失踪した旦那をホテルに迎えに行って、妻と義父がののしる、って、一体、どのような状況だったんでしょうか。

買った女とラブホにでもしけこんでいたのでしょうか。

(普通に失踪するだけじゃぁ、ののしる、なんて展開にはならないような気がするんだけどな。)




まぁ、うちもこうならないように、努力しましょう。


でも、真っ先に訴えられそうな気が、しなくもない、

そんな、今日この頃。。。