HS懺悔室① ビーフシチュー

テーマ:

懺悔をしよう。


昔、「俺たちひょうきん族」というバラエティ番組のコーナー、

「ひょうきん懺悔室」が大好きだったワタクシである。




ごめんよ、S。 ←ひょっとして、旦那になるかもしれない人。


君に作ってあげたビーフシチューだけど。



実は、牛肉の消費期限がきれていたの。。。


※賞味期限じゃないよ、消費期限だよ。おほほ。



金曜の夜、走って買い物に行ったスーパーで、

賢い主婦予備軍のワタクシ、20%割引になっていた、仙台牛(シチュー用)を購入。


たかが1食のシチューの肉にしては、ちょっとお値段がはっていたのである。

しかも、夜の22時を過ぎていたので、売り場に残っていたお肉の種類は少なかった。


その中で、ひときわ輝く、 「レジで20%オフ」の赤いシール。

しばし、売り場で思案。

迷いに迷った挙句、すぐに調理するからと、割引になっていた方のお肉を購入。


すぐに料理すればよかったものを、

日曜のお昼頃になって気がついて、


やっべぇ。期限切れちゃった。


と思って、急いで作った、ビーフシチュー。

もともと、牛肉のせいか、色のくすみと、臭いがヤバイ感じ。

スパイスをしこたま振って、ごまかしました。


日曜の夜、一緒に向かい合って晩御飯。

自分の皿にだけ、肉を入れないのは、かなり不自然だなぁ。と思い、

しかも、肉をメインにしていたシチューでしたので、それはさらに不自然だなぁ。と思い。



食事中の感想:

うーん。やっぱり、肉のクサミが強すぎる。

これ、やっぱ、ヤバかったかもしれないなぁ。(苦笑)

ちょっと変な味だったような気がするのは、消費期限に気持ちが吸い寄せられていたからなのだろうか。


とりあえず完食して、ワタクシは実家へと戻りました。

Sにはなんと、翌日の夜も食べていただかねばなりませんでした。

(作りすぎちゃったよ)



さて。月曜の夜。Sに電話。

なんでも、さきほど、シチューを食べているというではないですか。


おそるおそる聞く。

「お腹の調子は、だいじょうぶ?」


この日は、風邪で調子が悪く、家で一日休んでいたというS。

風邪ではなく、腹痛で休んでいたのなら、ワタクシのせいでありましょう。。。



おいしかったらしいが。


ほんとうか?

本当に、本当に、ホントだろうな?



ま。

一日二日くらいの期限切れなんて、

たいしたことなかったッスね。


次から、気をつけます。。。



AD

ショートカット

テーマ:

宮沢りえのヘアスタイルに、最近、惹かれている。



こんな感じの、ショートカット。





           




いや、ワタクシも、ちょうど1年前は、これくらいの長さだったんだけど、

現在は、妙に、だらだらと長くなっていてねぇ。

おととしの12月、ロング → ショート に変えたのだが、

冬場に髪を短くするのは、かなり寒さがこたえたんだっけな。


もうちょっと痩せてからじゃないと、

ショートは厳しいかなぁ、などと。

試行錯誤しつつ。




きっと結局、そんなには切らないのではないかと。


さ。 I 村 さんの予約、入れないと。








AD

流血

テーマ:

お風呂でムダ毛の処理をしていたら、

案の定、 ざっくり 切った。。。(痛)



ムダ毛、っつうても、アソコの毛ではなく、

足の毛ですけどね。(笑)

※足の毛で、ほんとうによかったです。



先日も一度、右足をちょこっと切っていたが、

今回は、左足をざっくりいった・・・。

5センチくらい、表面の肉をこそげとってしまったらしい。


ムダ毛用かみそりは、いまいち切れ味が悪いので、

HS父が、髭剃り補助として使用予定の、安い、切れ味だけは抜群 の使い捨てT字剃刀を使ったのだが、

それが災いしたか。



足が血まみれになり、少しびびる。

ううむ。


絆創膏を探すも、なぜか見当たらず。

ううむ。



痛いッス。。。。





永久脱毛を考えた、そんな夜であった。



AD

遺跡発掘・番外編

テーマ:

遺跡発掘に先立ち、

お昼前、Sの母、S代子さん(フェミニスト理事長)より、Sの携帯に、メールが届いていたようである。


その内容に「?」と思ったS、さっそく電話をかけていた。


昨日お会いしたときにもちらっと彼女は言っていたのだが、

どうやら、この、呪われた一戸建てを引き払うのはどうだろうか?

との打診を、Sにしていたようである。


過去の遺物が多すぎるから、

というのがその理由だそうである。


S代子、えらいぞ。

女心がよくわかっているねぇ。(感涙)


そうねぇ。

たとえ二度目の嫁になるとしても、

最初と同じ箱の中で生活をスタートするのはいかがなものか、

と気遣いをみせてくれたようなのである。


S代子、えらいぞ。


とても素敵な姑になってくれそうです。

ワタクシ、その気遣いだけで、

ほんとにもう、おなか一杯です。。。


考えてみたら、

最初の嫁とも、韓国人の元彼女とも、

同じベッドを使用しております。(涙)


まぁ、後妻なんてこんなもの。

そんなに気にしてはいなかったりするワタクシです・・・。

しくしく。


しかしこのおうち、

Sの思い入れたっぷりの家でもありますし。

飼い犬R君も、すっかりこの地で育っておりますし。

ワタクシのみならず、Sにも環境の急激な変化を強要するのもためらわれます。



ここは 物分りのよい後妻(候補) を演じきるとしよう。





遺跡発掘

テーマ:

年末よりS宅に駐留しているワタクシであるが、

やはり、人に歴史あり、呪われた一戸建てに歴史あり。


S宅をかぎまわってみると、

いろいろなものが湧き出てくる。。。


それは、元妻T子さんの物ではなく、

韓国人の元彼女(T子さんの後につきあっていた) の物である。


黒のビキニ、ガーターベルト(さすがに、拝んではいないのだが)、

ゆかた、下駄、

コムサのベージュのバックストラップサンダル、下着てんこもり。

下着はどうやら、ビクトリアズ・シークレットの通販がお気に入りだったようである。(しかも、色は、Sの好みで、黒ばっかりだったねぇ。)

ワタクシも、10年くらい前、よく海外通販にて購入しておりました。

(アメリカから)


一度×がついているSであるので、

まぁ、T子さんの物がざっくざく出てくるのは当然であるが、

問題は、元彼女の持ち物である。

※食器類、家具類は仕方ないにしても、

それ以外のものが、ざっくざく・・・である。


ダンボール箱2つでは足りず、3梱包での発送である。


ううむぅ。



30代も半ばになると、お互いマッサラ、とまではいかないのは当然である。

しかし。

しかーし。(怒)



こういうものは、こっそりキレイに片付けておきましょうよ。



年始、いそいそと、二人で、

過去の遺物を、ダンボールに詰めたのでありました。


まぁ、これが、

今年、二人ではじめての、共同作業

ってやつか?

(どんより)










元旦、理事長に会いにゆく

テーマ:

午後になり、かねてからの予定、

フェミニスト理事長に会いに、埼玉まで。

嫁入り前のおとしまえ、相手の両親へのご挨拶、である。


そのダンナ、雷巌男(かみなり・いわお)とも、初対面。

顔がこわい。そして、かねてよりの評判どおり、無口である。



Sの実家につくと、でかいレトリバー君がお出迎え。

なぜか、ワタクシの股間に向かって突進してくる。(笑)

ううむ。腐っても女、そんなかほりがただよっていたのか。


なんだか、拷問部屋みてぇな和室に軟禁。

ワタクシ、S、フェミニスト理事長、雷巌男、

4人、雁首そろえて、名前やら、家族構成やらを話すも、

話のほぼ80%は、犬の話題か。(笑)


共通の話題があるって、すばらしいです。



途中、ワタクシがどんづまった質問といえば、

HS兄が、現在、どこに住んでいるか、である。

(わ・・・わかんねーよ。)

とりあえず、適当に答えておいた。



前評判とは違い、思ったよりも、

フェミニスト理事長(義母)も、雷巌男(義父)も、普通の人に見える。(ひと安心)

そう見えるだけだろうか。

ううむ。



夜、近所の神社に初詣にゆく。

日本酒と、焼き鳥と、広島焼きと、夜店の焼きソバにて、晩御飯。

なんだか、学生時代に、靖国神社で日本酒かっくらっていたお花見を思い出した。


神社には、日本酒がよくにあう。



夜、過去の遺産のことで、Sと少し口論となる。(というか、一方的にワタクシが食いつく)

だってねぇ。

気にしたって仕方ないですが、相手の過去のことっていうのは、

避けては通れない道ですしねぇ。

普段なら見て見ぬふりしちゃうかもしれませんが、

だって、気になるものは気になりますしねぇ。



前だけ見て、

すすんでゆけると

いいのですけれども。



なにはともあれ、

あけまして、おめでとう。