お大事に。

テーマ:

元カレSから、合コンのお誘いがきてから、そろそろ一ヶ月。


事前打ち合わせをしましょう、という段階で、そのまま止まっている・・・。


合コンというよりは、私に紹介したいオトコがいるようで、

願ったりかなったり、どんどんお願いしますよ、な状況なのだが、

いかんせん、Sのウツ病が悪化している時期のようだ。(苦笑)



お大事に・・・。


そして、元気になったら、とっとと男を、さくっと紹介してちょうだいね。


それだけが、いまのワタクシの願いです。←鬼。



AD

焼き肉→ラーメン

テーマ:

昨夜、私が珍しく早く寝入ってしまってから、

Ⅴから電話が入った。


時計を見れば、0時半。

今からこちらに来たい、という。

(そうすっと、到着は何時だ? え?)


ぐだぐだぐだ、と、甘い言葉が続くが、眠すぎた。


あまりにも眠かったのと、部屋がちらかり放題だったので、

気乗り薄なワタクシ、

「明日でいいでしょ?」

と言って、早々に電話を切り上げた。


本日日曜日。

やはり、Ⅴは来なかった。(笑)


自分が来たいときが、来る時。

自分がヤリたいときが、ヤル時。


こんな人には、やっぱり、ついていけません・・・。(苦笑)


昨夜、来たいと言ったとき、私のなげやりな態度が、頭にきたらしい。

持ち上げてあげないと、すぐにすねる、こんなオトコは、しかし、46歳・・・。



夕方、三連休がこーんなしょぼい感じで終わるのが、なんだか微妙だったので、Gくんに電話。

ラーメンでも食べに行こうと思って。←この誘い方もどうよ?

※T嬢は、最近、どうせ平日、多いと週に3回も会ってるので、却下。


Gくん、たまりにたまった洗濯ものと、格闘中。

タイミングがずれて、こんな時間になったので、断念。

(意外と、フットワーク重いな、Gくんよ。)


私から誘うのは、2回まで。


Gくんよ。焼き肉→ラーメン、と来たら、私にはもう、ネタが残っていないぞ。

(え?そうなのか?)

というか君は、酒、弱いからねぇ。

(酒に誘えない・・・。)


外国人男性の、あけすけな誘い方に慣れている私には、

かなり物足りなさを感じてしまって仕方がない。


実は、金曜の夜はニアミス。

もう一押し、ほしいところであった。

(あんな、高校生みたいなアプローチじゃ、ちょっと・・・。)


さぁ。Gくんよ、どう出るか。

(というか、このまま終わる感じが濃厚・・・。)


AD

草食動物系な男

テーマ:

オッサンMは、最近、なぜか、北海道に旅立ったようです。

めいっぱいくっつけて、10連休を作り上げたようで、元鉄道マニア系の方なので、電車でちんたら、北海道をぐるぐるまわっているらしい。


北海道といえば、「白い恋人」が基本なので、所望したところ、

「かさばるから」とあえなく却下されました。

かさばらないお土産なんて、あるんでしょうか。

(キーホルダーなんか、いらねーぞー。)


もしかして、傷心旅行なのだろうか、とも思わなくもないのであるが、

ワタクシの食指が動かないのは、致し方ないので、今後もよき飲み友達決定。(笑)



昨夜は、Gくんとの待ち合わせ、約1時間の遅刻。

というのも、待ち合わせの19時半にかかってきた電話で、目をさましたという・・・。スマン。


私を待っている間に、奴はファーストキッチンでピザを食ってしまったようで、焼き肉消費量は一気に低下。

ワタクシの懐が著しく痛むこともなく、

変な気を遣ってくれたものだ、と複雑な心境。(苦笑)


このGくん、昨年、頭のおかしいヨメと離婚するのに、心身共に疲れ果て、

現在は、超乾燥肌に悩んでいるという。

皮膚科にかかって確認したところ、ストレスによる、自律神経失調→超乾燥肌。となっているらしい。

そんなことが、おこるのか・・・。


叙々苑はかなりこんでいたが、予約を入れていたので、すんなり席へ。

向かいあって、しばし沈黙・・・。


Gくんとは、実は、共通の話題は、「仕事」の話しかなかったのね・・・。


いつもはT嬢がいたので、なんとなくクッションになっていたが、こうやって二人だけで向かいあうと、話がない・・・。

ワタクシ、初対面の人や、どんな方ともたいていは話ができますが、

こんなに話したいことがなかった相手というのも、初めてでした。


しかし、嫌な沈黙というのではなく、ぼーーーーっとしている間に時間が過ぎてゆくような感覚。

彼は、いわば「草食動物系」。

羊やヤギみたいな感じの人。

芸能人でいえば、山崎トオルもしくは、えなりかずき。

(けっこう開きがあるか・・・?)


焼き肉の後、バーを二軒はしご。

一軒目のバーで、とっくに終電がなくなったので、そのまま朝まで飲み続けることになった。



私も歳とったなぁ、と思うとき。それは。

朝まで飲むことになったシチュエーションのとき、

めんどくさいから、ホテルでもどこでも誘ってくれりゃーいいのにな、と思うようになったこと。(爆笑)

※なんかするとは、限りませんが。


一人置いて、タクシーで帰宅することもできるけれど、

それもなんとなく躊躇われるとき。



最後はカラオケに行き、結局、ボックスの中で眠りこけておりました。(笑)


朝方、予想外の雨に降られる。

「思い出のミスタードーナツ」にて、コーヒーを飲みつつ、雨がやむのをまったけれど、ますます本降り。


※「思い出のミスタードーナツ」

歌舞伎町、区役所通りにあるミスド。

かつて、歌舞伎町で飲み歩いていた頃、朝、しょっちゅう寄ったのである。


本降りの雨の中、なぜか手をつないで走って地下街に入る。


誰かと手をつないで歩くのって、

ちょっと久しぶりだったりしたような、しないような。

そんな、やや欲求不満気味な、土曜の朝。


誘ってきそうで、誘ってこない。

そんな、草食動物系のオトコが、少し不思議だった朝。

AD

借りを返す

テーマ:

今夜は、借りを返しに、叙々苑まで行ってくる予定。


そう。先日の、T嬢がらみでお世話をかけた、Gくんである。

T嬢がクラブで、別れた彼氏を思い出して泣き出したとき、しこたま酒を飲ませるために、Gくんをパシリにして、酒購入係にしていたからである。

(二人分払わせていたので、ほんとは、かなりの出費だったと思われ。)


後から札(さすがに諭吉だと多すぎなので、樋口一葉)を差し出しても、受け取らなかったGくん。

一応の礼儀はわきまえている、好男子である。

(金払いのよさで男を判断してしまう、悪い癖)


ワタクシ、可愛げないですが、

借りは、キッチリ返す方です。


そういえば、先週の木曜にも、T嬢と叙々苑に行ったばかり。

いつも行く叙々はこ汚いので、比較的キレイな店舗へ出かけたのだが、女二人の焼き肉消費量なんて、たかがしれている。


叙々苑は、高級焼き肉の代名詞ちっくに使われることが多いが、別にそうは思わない。

普通の焼き肉やさんと、大して値段は違わないと思うんだけどなぁ。

普通のチェーン店じゃんね。


叙々苑サラダと、コムタンクッパが好きだ。

(そういえば、ドレッシングも別売りしてますねぇ。)

コムタンクッパの辛いバージョンも、なかなかいい。



さすがに金曜、祝日でもあるので、念のため、予約をいれておいた。

をいをい。

これじゃ、どっちが男か、わかんねーな。(苦笑)



・・・。と。

ここで気づいた。

Gくん、痩せの大食い であった。


女に焼き肉を食わせるのと、男に食わせるのでは、その量たるや、全然違う。

酒を飲む男であれば、たいていは焼き肉は、つつく程度なのであるが、

このGくん、


酒がよわい。(話になんねーなー。)

ほんとに、よわい。(笑)




かなり、よわい・・・。



彼は、本日、休日出勤だったようなので、ランチでは済ますことができず、本格的に、夜の接待とあいなった。

クッパでおなか一杯にさせてしまおう。


男の焼き肉消費量というのは、ほんとうにおそろしい。

なぜなら、うちには兄と弟がいたので、一緒に出かけたときに、そのおそろしさを目の当たりにしていたからである。


ほんとうは、単にひまこいていたので、どっかに連れてこうかと思っただけだったのだが。

こんなとき、年下のオトコというのは、使いやすい。(笑)



焼き肉の後は、どっかで酒でも、おごってもらおう。

(借り返すはずでは・・・。)



ダーリンは外国人・・・

テーマ:

会社のビルの入っている書店で、平積みになっていた、小栗左多里のシリーズ本。


NGO関係者の語学オタクのやさしいダーリンと、漫画家である彼女との、ほんわかとした日常の笑いのツボを綴った、

れっきとした、漫画。(笑)


何年も前から知っていたけれど、

なぜか、昨日、おとといと、1、2を購入。

電車内で、吹き出しまくりながら読む。

(電車の中で、マンガ読むサラリーマンかよ。)



はあああ。(ため息)

すごく、ほんわかしていて、普通っぽいですね。


そして。小栗よ、意外と、和風美人だな。

(漫画とちがうぞ)



超、えげつない発言になるのだが、

世界の金銀銅のうち、金と銅は制覇しておりますが、

銀はまだである。 (注:もちろん、銀次さんのことではない。)

人種限定で相手を探すT嬢とは異なるワタクシですが、なんとなく、そんなことを思ってみたり。



勤務先ビルには、異様にフランス人が多い。

国内に、英語を母国語とする人種は多かれど、フランス語を母国語とする人は、そんなにはいないので、

貴重といえば、貴重な環境である。



この環境を、

生かすも殺すも、

ワタクシの手腕しだい、というところか。

(果たして、そうだろうか・・・。)



小栗 左多里
ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。

小栗 左多里
ダーリンは外国人(2)

ピンヒールの女

テーマ:

どうも今年は、ラウンド・トゥ、ピンヒールが流行りらしいッスよ。

(ほんとか?)


最近、生活ネタばかりだったので、たまには物欲ネタを。

※画像があると、画面が華やかな錯覚があるでしょう。

 相変わらず、パチりまくりですが。



お手ごろだったので、某通販にて、下記、色違いで購入。

なんでも、気に入ると、色違いで購入のクセがあるワタクシ。

2色しかなくて、ほんと、よかったです。

地味なので、ばり通勤仕様。





どうもね、靴の先がとんがっているのは、

ガンバッチャッテル感じがして、少し苦手なんで、丸いのはありがたいッスね。



靴の基準は、ヒール7cm以上。

ベストは、8cm。

・・・なにを隠そう、ワタクシ、実は、


チビッコなんですよ。(泣)




ヒールが高いのに慣れているので、低いのは、かえって歩きにくいです。

もう、足の一部と化しているからなんでしょうかね。



ついでに、これもセール中なんで、多分、買います。






そして、これも。





ううむぅ・・・見事に、通勤用ですな。

そして、限りなく地味・・・。



素敵な週末

テーマ:

予定というのは、おもしろい。

こちらが予定のない時に限って、誰からも連絡が入らないが、

こちらに予定が入っている時に限って、あちこちから連絡が入る。

なぜだ・・・。

土曜の昼頃、恒例、女友達Wとのブランチ。

前回、前々回、コヤツのドタキャンにより、しばらく間があいて、

今回は、ほぼ、1ヶ月ぶり位になっていたような気がする。

お互いの職場ネタで盛り上がる。

Wの職場で、来月入籍予定のAちゃんの話が延々続く。

続いて、安達祐美のできちゃった結婚に関する毒トーク。

彼女とは、お互い崖っぷち年齢のため、結婚ネタが多い。


Wはまっとうなお嬢さんな為、

ワタクシのⅤ関連の話や、クラブ関係の話はご法度。

友達によって話題を使い分けなければならないのが、痛いところ。



彼女と別れて歩いていると、女友達Yから連絡。

今から、「さんま焼きまくり大会」が、Kちゃん宅であるという。(なんじゃそりゃ。)

Kちゃんは、U田の長年の腐れ縁彼女で、くっついたり離れたりを繰り返しているので、会うときによっては、

「彼女」ではなかったりするので、人間関係が微妙だ。


周囲に気を遣わせる人間関係というものは、いかがなものか。(笑)

この女友達Y、いつも、連絡が直前である。

もっと、早めに連絡しろ。(笑)



キャロリン・ホーガンの「封印」(約640ページ)を片手に、実家へ向かう。

ここは、実家と言っても、ワタクシは一度も住んだことがないので、

実家であって、実家ではない。

駅前からタクシーに乗ったら、ちんたら走られて、

メーターがかしゃかしゃあがった。


実家着:家庭料理を振舞われる。


弟のヨメの愚痴などをおかんから聞くうち、まぶたが重くなる。

→0時前に爆睡

→12時間以上眠りこける


一体なにしに来たのかわからぬまま、約3時間半電車に揺られて、再び戻る。

父がここ最近、異様に優しいのが気になる。

なぜだ、なぜなのだ。


途中、Ⅴから留守電2件。

連絡を入れていないので、2件目の留守電の声がこわい。。。



実家帰り、某所にて、女友達T(くどいが、T嬢ではない。)と、寿司堪能。

飲み屋に移動してTの仕事の愚痴に耳を傾ける。

Tは映画に詳しいので、映画情報を交換し、早めに退散。


帰る途中、Ⅴからさらに連絡。

折り返し電話していなかったので、怒られる。


帰宅してから連絡することを約束し、さらに自宅まで戻る。

帰宅後、やっとⅤに連絡。


今からお風呂に入るから、後でかけなおす、と言う。

案の定、連絡はない。

(最近、ほんとに、行動が読める)


ちっとも休息にはなっていない、週末。


本日、朝9:30

ゆっくり寝ていたら、電話で起こされる。

宅配業者からであった。

→再び眠る。


本日、朝10:00。

インターホンがなり、起こされる。

おそるおそる応答してみると、国政調査。

世帯の人数は、と聞かれたので、「一人です!!」と答える。


もう、起きろ、ということか。

眠い・・・。

連休における格差

テーマ:

同僚の華麗な連休:


金曜の昼過ぎ、同僚が、そのまま香港に旅行にでかけてゆきました。

丁度、上司も海外出張中なので、都合がよかったのかもしれない。

(もちろん、行き先は別々ですが。)


スーツケースを会社に持ってきて、

そのままガラガラと引っ張って、会社から直接、空港に直行だとのことでした。




ワタクシの連休中のしょぼい予定:


【一日め】今から、女友達Wと、恒例の土曜ブランチ。

      午後、実家詣。 ← おかんより緊急要請のため。


【二日め】午後、実家脱出 → 多分、女友達T(T嬢とは別)と、寿司。


【三日目】休養。(ボールペン字練習)



※どっかの合間に、Ⅴ乱入の可能性。



海外旅行、行きたいッス。


美しい基本ボールペン字

テーマ:

水曜の夜、仕事帰り、なぜか、

書店に寄って、

「美しい基本ボールペン字」を買って帰りました。

ううむぅ。どうしてだろう。


大井川 霞南
美しい基本ボールペン字


小さい頃、ぬり絵が好きだったっけ、そういえば。

(関連はあるのか?)

なにかをなぞったり、ぬりぬりするのは、

ぼんやりしながら、考え事しながらできるから、だろうか。


まだお嬢さんだった中学生の頃、油絵を習っていた私に、先生は言った。

「デッサンを見ると、色をたくさん使う人なんだろうと想像していたけど、

君の場合は、パレットの上の方が華やかだね。」と。

パレットに色をたくさんのせて、

そのまま乾燥促進剤でもぶっかけて、

オブジェでも作ってやろうかと思いましたが、やめておいた。

(意外と負けず嫌いな性格?)


私は、デッサンがうまかったらしい。

しかーし。

色をのせると、その秀作が、とたんに平凡以下になる。(苦笑)

素顔がきれいな女が、下手な化粧で格を落とすのと同じなのだろうか。

(いや、きっと、全然、違いますね。)


色をのせて完成させることよりも、

パレットの上で、色を作って、

ぬりぬりぬーり、とやっている方が、好きだったらしい。

※単に、才能なし、とも言う。



明日の夜は、のんびりと、ボールペン字の練習でもしながら、

ぼんやりするとしよう。



母となった女

テーマ:

叙々苑で手を打った今夜のT嬢との会。



【質問】 しかし、なぜかキッチリワリカンだったのは、どうしてでしょう。

【回答】 それは私が、いい人すぎるから。 ←自分で言うな。


いや、別にいいのだが。(笑)


先日、T嬢は、

ダブルブッキングならぬ、トリプルブッキングだったことが判明。(爆笑)

言わなきゃいいのになぁ。

でも言っちゃうんだよね。


【真相】

ファースト(複数形)と食事をしながら、

セカンドの様子をうかがい、

サード(ワタクシ)はバーに放置プレイだったようです。(ひいー)



女友達とつきあいを続けるには、

忍耐が必要というものか。


特に腹がたたない自分も、また、不思議である。


T嬢が言った。

自分の今の本心を話せるのは、私と、彼女のお母さんだけなのだ。と。


・・・。

母、ですか。(はて)

妊娠も出産も経ないうちに、いつのまにかワタクシは、母となっていたようです。(苦笑)



なぜか妙に、部屋をシェアしないか、という話をもちかけられる。

(まぁ、いわば、同居)



中学生の頃、友達に、

「HSさんはなんだか、将来、女の人と一緒に住むような気がする。」

と言われたひとことが、いまだに忘れられません。


それってもしかして、

T嬢のことだったのだろうか。



いや、そんな筈は・・・ないよな。



※少し酔いの残った状態で書いたので、分裂症気味な文章になりましたでしょうか。。。