2008年07月28日(月)

家茂さまに乗り換え♪

テーマ:大河ドラマ『篤姫』
愛しの家定さまが退場しちゃってちょっとテンション下がったのか、

昨夜の放送、最初の20分くらい見逃した~~(TωT)

もぉッ!わたし何やってんの!!ヽ(`Д´)ノ


ハッと気づいてテレビつけたら、家茂さまが「亡き公方様からのご遺言なら、天璋院さまには後見役になって頂かなくては」と言って井伊直弼を黙らせてた☆

おぉ~、頼もしいではありませぬかぁ~(≧∀≦)

家茂さま、この時13歳。
17~8歳に見えるよね^^;

ちなみに、9つ上だったらしい慶喜は22歳ですか。
・・・篤姫より全然年上に見えてたけど。

家茂って「いえもち」って読むんだね。「いえしげ」だと思ってたわ。


家茂

天璋院となった篤姫ともいい雰囲気^^

すごく性格の良い将軍だったようで、新しい王子になりそうな予感

和宮とのラブラブっぷりとか見れるのかしら^^
そう思うと楽しみだわ♪

篤姫のドラマだから、それはないのか。


それより、薩摩が大変な感じ・・・
西郷どんと月照さまがピンチです。

なんとか救おうとがんばる尚五郎・・・いや帯刀くん。

頼りなぁ~いと思ってたけど、だんだん貫禄が出てきましたね^^


月照さまと海へ心中したものの、自分だけ助かった西郷どん。

ぶるぶる震えながら流す涙・・・またもらい泣いたよ・°・(ノД`)・°・

偉大な功績(?)を残した人だけど、自分が目立とうとしたわけじゃなく他人のために命を差し出し続けた結果だったんだなぁ・・・



そして、幾島さんも退場するみたい・・・

この人は、篤姫に仕えていながらも心は斉彬のほうにあったのかしら。

将軍継嗣問題では、ちょっとしつこすぎって思ってたんだよね。
それをまだ根に持ってたとは。

でも・・・篤姫とも心が遠くなっちゃったようで、もう大奥での居場所がなかったのかもしれないねぇ。




↓最近ここの動画を見てます。「HD」って付いてるのだと、かなり良い画質で見れますよ☆

PANDORA.TV

動画がアップされるのが3~4日後なので待ち遠しいです。




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008年07月24日(木)

家定さまラブ♡2

テーマ:大河ドラマ『篤姫』
アクセス解析を見ると、最近『篤姫』で検索して来てくださってる方が多いです。

みんな萌え萌えなんだね~( ´艸`)


篤姫という人も魅力的なんだけど、わたしはフジテレビの大奥(スペシャル版)を観た時から、将軍家定公にときめき続けてるんだよね(笑)

身体が弱く「暗愚」と呼ばれ、混迷する幕末の中でただのお飾り将軍でしかなかったような家定公ですが、

ドラマの中の設定のように、本当はそれなりの知性を備えた人であってほしいなぁ~と思ったりした。

家定

↑家定の肖像画。
なかなかの美男子であったそうな^^


幼い頃の病気のせいで目のあたりに痣があったらしく、それを気にして人前に出るのを嫌ったみたい。カステラなどのお菓子作りを好んだそうで、変わり者ではあったのだなぁと思います。

先々代の11代の頃から将軍後継問題に巻き込まれていた家定は、毒を盛られた(かもしれない)経験のせいで、自分で調理したものしか信じなかったという説もあります。

家定に謁見したハリスの残した記録によると、頭を後ろにそらし足を踏み鳴らすという行動をとったらしい。これは脳性麻痺の典型的な症状らしいけど、この脳性麻痺というのは運動機能の障害は引き起こすけど、知的な障害とは関係ないそうな。

そのあと「よく通る、明るくしっかりした声で」よどみなく口上を述べたとあるので、言語障害はなかったとされています。

「暗愚」というのは、15代慶喜公が言いふらしたデマだという記述も見つけたよ。


また、これもネットで見つけてきた記述だけど、家定公には自筆の書簡などがいっさい残っていないのだそうな。

本来公式文書などには将軍が自署するものだけど、家定の場合は「家定」とハンコを押してあるだけなんだって。ぺたっと投げやりに。
なんかかわいい^^

でも絵は残っていて、これがけっこう上手なのだとか。サラリと上品な感じらしいですよ?
見てみたい~~♪

家定は・・・武家の頭領というよりは、粋人として風流に生きたほうが幸せだっただろうな。



気になる篤姫との関係は・・・

篤姫

↑篤姫の写真
う~ん・・・宮崎あおいちゃんのような可憐さはないかも?

思いっきり政略結婚で、家定にとっては3人目の奥さん。

しかもたった1年半の結婚生活だったけど、実際もドラマのように仲良しだったらしいです。
ほッ :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

「大奥からの情報では家定と篤姫の夫婦仲はよい。世継ぎが生まれるのを待っているほどだ。であるから、こんなときにこちらから継嗣問題であれこれ言って、それで不都合が生じたらよくない…」
島津斉彬の手紙の中にこんな一文があったらしい。


またこれもネットから拾ってきた文ですが、

京都の陽明文庫には篤姫が養父近衛忠煕に出した書状が数通残されている。いずれも一八五八(安政五)年正月から七月にかけてのもので、通商条約を含めた対外交渉や将軍継嗣問題について篤姫の考えを述べており、中には老中の罷免を知らせたものもある。文面より、家定の書状もいっしょに送られていたことがわかる。

「大樹公(家定)よりの御一封、御覧の後は、早く御火中遊ばされいただきたくとの御事に御座候」という一文があることから、極内密なものであったため、忠煕が火中に投じたのであろう。

篤姫が家定と忠煕の書状の仲介をしていたということは、家定と意思の疎通があり政局を論じることもあったことを示している。また、多忙な家定を気遣い無理なことはいえないと忠煕に返事をしている。


うわあぁぁ~~☆
やっぱり家定は聡明な人だったんだよ~
コ-フン!

そして、篤姫と協力し合って政治の難局を乗り越えようとしていたことが窺えますよねッ

井伊直弼も「世上の風説と違い、中々御聡明にわたらせられ候」と言ってたらしいです。



一般的には「ウツケ」で役に立たない将軍とされてた家定だけど、本当はドラマの中の設定のように篤姫と仲睦まじく助け合って生きていたのだとしたら、ロマンチックだね☆

2人は表舞台で堂々と力を揮えるほど強くはなかったかもしれないけど、それでも自分達にできることを必死で考え、なんとか国を守ろうと奔走してたんだよ。


幕末の多くの偉人たちの間に埋もれてあまり目立たなかった2人。

凛と姿勢を正したそのまっすぐな思いは、ちゃんとその後の日本に届いたのだろうな。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年07月21日(月)

まだ少しウルッ(涙)

テーマ:大河ドラマ『篤姫』
最近これだけを楽しみに生きてます。

NHK大河ドラマ「篤姫

何気にレビューを書き始めちゃってるかも( ̄m ̄*)



第29話 『天璋院篤姫』では家定の葬儀が執り行われ、篤姫は落飾して天璋院にとおなりあそばしました。

側室のお志賀も落飾するんだね~。


冒頭、家定さまとの思い出シーンが流される。

「わたくしを上様のところへ連れてゆけ!!」

毎度だけど、宮崎あおいちゃんて良い声出すよね・・・◎
この声が篤姫の知性と強さをうまく表現してると思う。



オープニングの後本編に入ってからは、ただダラダラと涙を流し続ける篤姫。

こんな風に泣くことってあるね・・・(TωT)
生きてく気力なんて微塵も残ってないのがよくわかる。



篤姫から家定の死を知らされたお志賀の悲しみ方も涙を誘った。

「何故お身体の弱い上様を気遣って差し上げなかったのですか!?度々のお渡りがありながら何故お体のご様子に気づいてあげられなかったのですか!?

・・・恐れながらお怨み申し上げます!」

あぁこの人も自分を捨て、全てを家定に捧げていたのだなぁ・・・


本寿院に家定の死を伝えるシーンのほうは、ちょっと微妙。

そりゃそうだよね。病気のことは口止めしてるのに、この嫁ってば何言ってんの?って感じでしょ。

対する篤姫も「わたくしにだけ告げられたのです」って、なんか勝ち誇ってる感が・・・



「亡骸を拝したのか?」には、もうものすごい感情が込められてますよね。

本当に死んだのか?(信じたくない)
自分が知らないでいる間に、この嫁は家定の最期を看取ったのか?
自分は母なのにッ!?
・・・オマエが殺したのだろう!!


篤姫

荒れ狂う本寿院にバシバシ叩かれ、その怒りと悲しみを受け止めながら、

「わたくしは父の死も上様の死も知らされなかった。
その辛さを思えばお知らせせずにはいられなかった…。

誠です。誠の事にございます。」

うーん。ほんと悲しい時代だね・・・(泣)



後日、落飾の儀が執り行われ、篤姫の髪が切り落とされました。
衣装もグッと地味に・・・(つまんないよ)

お志賀も髪を切り、大奥を出て寺で念仏を唱えて過ごすと挨拶に来る。

寂しくなると泣く篤姫に、
「あなたは公方様に愛されたではありませんか」と。

遊び相手でしかなかった自分と違って、あなたは愛されたのだからがんばって、と。

ここも泣けるシーンですね。
同じように家定を慕っていた者としての、私情を捨てたエールですよね。
お志賀・・・実は嫌いだったけど、いい人じゃん。



家定の死とは別だけど、薩摩の島津斉彬を失った西郷ドンの悲しみも胸に刺さるものがありましたね。

僧侶・月照は「斉彬は良い家臣に恵まれて幸せだ」と言ったけど、自分の全てを捧げられるほどの人がいて、西郷ドンも幸せだったんだよ。
そこまで敬愛していたボスを失って、もう生きていけないような気分だよね。

殉死を考えている西郷ドンに「生きなさい」と月照。
西郷ドンが胸から「命」を取り出して月照の手に預けるシーン、泣ける(ノ_・。)

己の私利私欲のためではなく使命のために生きようとする、この時代の人達の心の在り方にいちいち感動します。



しかし・・・井伊直弼めッ!ヽ(`Д´)ノ

篤姫が家定との約束を果たすため呼び出して、慶福の後見人になるという話を持ち出すと、

「初耳にござりますれば・・・」ととぼけて拒否する。

言うと思ったよ!
言うと思ったよ!


嫌だ~!こんなオトナ!!
画面に飛び込んであのホッペを掴んで引きずり倒したい衝動に駆られたのは、わたしだけではありますまい。

篤姫もキッと目を強くして、

「そうか、そういう事か。
わたくしは亡くなられた上様のお気持ち、無下にはせぬ!
いや・・・・出来ぬ!!」

あぁ、またイバラの道が・・・(ノДT)

ネットをうろついて得た情報によると、直弼のXデーは8月10日だとか。

まだあと3回もあるの!?
待てない!今すぐ退治して!!!





いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2008年07月14日(月)

泣いた・・・(TωT)

テーマ:大河ドラマ『篤姫』
前にちょこっと書いたけど、

このところNHK大河ドラマ「篤姫」にガッツリはまりこんでます。

日曜日の放送はもちろん、ネット動画でも1度見て、土曜日の再放送もまた見る(笑)


私情にとらわれず国のために皆のためにと自分を差し出せるのに、でも単に流されていくのではなく自分自身できちんと考えて決めていける。

篤姫の「在り方」がいいんだよね☆
強い人なのだなぁ~と思う。



でもでもッ、昨日の放送で最愛の人、家定サマ薨去・・・

知ってたけど辛かったぁ~~(ノДT)ウワーン


篤姫

篤姫の正直な人柄と賢さとまっすぐな愛情で、固く閉ざされていた上様の心が開き、ラブラブで幸せな時間が訪れた2人なのに、

一緒にいられる時間は短く、病弱だった家定は発作に倒れ、篤姫に看取られることもなくひっそりとお亡くなりに。

斉彬が病気になった時は正室の英姫や篤姫も必死で祈祷したりしてたやん・・・
将軍ともなると、家族にさえ秘密にされるものなのだろうか。



姑の意地悪がなければ、きっとすぐにでも家定の元へ飛んでいっただろうに。主治医から忙しくて会う時間がないなどと嘘を吹き込まれたら、遠慮するしかないよね。


離れ離れでいながらも、お互いを想い続ける篤姫と家定。

病床で「何故いつかのように逢いに来ぬのじゃ…。わしからはもう行けぬ…。行けぬのじゃ…。」と寂しそうに涙を流す家定の姿が辛かったぁ~(泣)


そして、滝山から家定の死を知らされた篤姫の悲しみようったら。

最期の別れも叶わず、棺のみが置かれた部屋で泣き崩れる篤姫。
あぁ、やだなぁ、こういうの。



でもここでも、家定の遺志を継いで頑張らなければいけない篤姫。

地元の薩摩からは篤姫を呼び戻す動きもあったみたいだけど、自分は徳川の人間だからと拒否して、徳川家のために尽力したんだよね。

立派だけど、なんて苦しい人生を生きた人なんだろう。。。




それにしても・・・

夫婦でありながらこんなにもすれ違ってしまう時代って不幸だな。

篤姫が家定の死を知らされたのは1ヵ月後。
そりゃ発狂しちゃうよ・・・(涙)





それに比べると今はケータイで自由に連絡とれるし、会いたい時に会えて幸せだな~っと。


そんなほっこり気分で旦那さまにくっついて寝ようとしたのだけど、昨夜も熱帯夜。

「暑い・・・ッ!」と押しのけられてしまった奥さんなのでした(TωT)あれッ!?

寝室にクーラー買うぞ!ヽ(`Д´)



いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2008年05月26日(月)

家定さまラブ?

テーマ:大河ドラマ『篤姫』
NHK大河ドラマ「篤姫」を、気になりながらも毎回見逃して、

だってテレビを見る習慣がないから忘れちゃうんだもん。

ネット動画で第1話からコツコツと見てきたのですが、


ようやく昨日の放送から、リアルタイムで視聴できることと相成りました(篤姫風)。

elleちゃん、やっと追いついたよぉ~♪


ここに1話からずっとリンクがありますが、
たまに見れない時があるので、こっちもチェックしてます。
(PandoraTVが見やすいよ?)



篤姫

↑この回まではネットで見ました。

んもうッ!家定さま、素敵すぎハート②
昨夜はこのシーンの回想が何度も繰り返されて、うっとりしておりましたラブ

実はウツケを装ってるなんて、萌えポイント高いよね~。
次週はその苦悩する内面が明らかになりそうな気配で、もう目が離せませんッ




この「篤姫」ね。
2003年のフジテレビの「大奥」で菅野美穂ちゃんが演じてるんですよ。

大奥

NHK「篤姫」の放送に先立って、この2003年版「大奥」のスペシャルが放送されて、たまたまこれは見たんだけど、

そもそも、この時の家定(北村一輝)にズキュンLOVEだったわたし。


堺雅人って誰よぉ~!?って感じだったのですが、

20話以降の堺雅人氏に、キュン死です(笑)


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。