うつ病・アルコール依存症父さんの おバカ2姉妹子育てブログ ふく うつお

うつ病・アルコール依存症の父さんが2姉妹の育児奮闘中!
会社クビ。
嫁にしいたげられ、なまいき中3と
あばれんぼう次女小4に振り回される
毎日のおバカ子育て奮闘記。
うつ病・アルコール依存症関連もアップします


テーマ:

ヒートテックにズボン下にチノパンをはき、靴下2枚はいても寒くてたまらない木曜日。



著作権 お部屋探されサイトietty


持病のうつとアルコール依存症の診察と、断酒会、のあいだに2時間ほどもヒマが与えられました。

長袖のヒートテックに長袖のセーターに厚手のジャンパーをはおっても寒い中、外にほっぽりだされてしまいました。

寒くて寒くて仕方がないのですが、建物の中にいれてもらえず、しかもかなりのヒマ

しょうがないので紙屋町のあたりを散策することに。


※広島市内というと、「紙屋町」 と 「八丁堀」 の繁華街、

 そして 「流川(ナガレカワ)」 と 「薬研堀(ヤゲンボリ)」 という飲み屋街

 広島市以上終わり、なのです。

 これらはだいたい東京でいうと、表参道から原宿までちょいと歩くていどの距離ですか。

 大阪でいうと心斎橋から道頓堀くらいでしょうか、合ってますかね。

 とにかくそんなもんです広島、せまいですね。


で、与えられた暇をナニかでつぶそうと、そのナニかを探していますと。


元ダイイチ電器、次デオデオ、今エディオンとなった巨大電器屋さんビルを南下すること約100メートル。

広島県でいちばん売上げが多く、一日100万円も売上げるという本通りローソンの前を通りかかったところ。

ソロカラ 歩いて1分。

との看板が目にとまりました。


ソロカラ、あー、テレビで見たことあるー、アレねー。

あー、「ひとり専用ブースのカラオケ」 おひとり様用のカラオケね。

えー、そんなの東京にしかないー、テレビの中の話しねー、と思っていたのね。

なんと広島にもできたようです。


って、ひとりカラオケ?

ふつうのカラオケ屋さんにひとりで行けばいいじゃん?

ふつうのと何が違うの?

と45歳のオジサンは不思議に思います。


「もしかしたら友達がいないヒト専用カラオケ?」


「彼女彼氏がいないさびしいヒト専用カラオケ?」


「もしかしたら素人歌ウマ選手権出場者用一日8時間練習するヒト専用カラオケ?」


いろいろ考えてみましたが、新しモノ好きのふくは、とりあえず行ってみることにしました。


その看板の矢印の方向、つまり今エディオンとなった電器屋さんへ向けて約100メートル北上したところ。

ありましたありました、茶色いシャレた看板に白で 「ソロカラ」 の文字が。

そこは今ふうの黒茶系のモダンなつくりのマンガ喫茶の建物で、そこの4階部分にソロカラ・ブースがあるそうな。


よし行ってみよう、とは思ったものの。

すんなりと受付に行けず、建物の外でなぜか躊躇(ちゅうちょ)してしまいました。


マンガ喫茶にはよくいくのですが、「ひとり専用カラオケ」 となると、なぜか足が躊躇してしまう。

どうも受付に行きにくい。

「もしかしたらこの人、友達いないんじゃない?」 と思われるのではないだろうか。

はたまた 「もしかしたらこの人、素人歌ウマ選手権に出場しようとしているんじゃない?」 と思われるのではないだろうか。

はたまた 「もしかしたらこの人、警察の追っ手から身をひそめようとしているんじゃない?」 と思われるのではないだろうか。

いろんな 「んじゃない? と思われるのではないだろうか」 を妄想して躊躇していましたが、わりと年のいった受付嬢は事務的に

「何時間コースになされますか?」

と、時間価格表を我が目の前にさし出したのでありました。

その時間価格表には

「1時間コース」 と 「2時間コース」、

それに 「4時間コース」 となんと 「8時間コース」 があり。

本当に8時間も歌うヤツがいるらしいのです。

そしてアルファベットの 「」 から 「」まで部屋があり、ぼくは 「」 らしいのです。

なんだか独房のようです。


とにかく受付を済ませ、黒茶系モダン造りの読書・パソコンコーナーのあいだを抜け、エレベーターに乗って4階で止まり、またも黒茶系を通り抜けたところにありましたありました。





左のドアがそれの入口で、そこから中を見ると





やはり独房のようです。

で、タタミ2畳ほどの広さの、いや狭さの「」 の部屋に入ったところ。





なんとここは、レコーディング・スタジオ?

ふつうのカラオケ屋とまったく違い、機器類がエラいことになっています。




これがソロカラのマイク。

よくプロの歌手がレコーディングに使う 「マイクへのツバ飛散防止ネット」と言うのでしょうか、それがついた立派なアーム付きのマイク。

ヘッドフォンを耳にあて 「マイクへのツバ飛散防止ネット」 付きマイクへ向かって発声すると、もうプロの歌手気分。

そこんとこが雑多な安価マイクと安価スピーカーの大衆向けカラオケ屋とはまったく違うとこでありました。


しかし歌の選曲方法はというと、あいかわらず使い方がよくわからない多機能リモコン。





これだけは、昔の 「ぶ厚いカラオケ選曲用の本から好きな歌手から歌を選び、数字キーのみのリモコンで12-3456と入力するだけ」 方式がよかったなー、と思いました、オジサンとしては。


別の部屋でひとりきりでメチャクチャ大声で盛り上がっている女性の声を耳にしながら、とりあえず発声練習で 「なごり雪」 を選曲。



著作権:ぼくのカメラの師匠がおっしゃるに 「芸能人は『人に見られるのが仕事』だから、肖像権はあまりない」とのことでした。 しかし著作権のところあたりはどうなのか、この画像はDAMが作成したものなのでDAMが著作権を持っているのか、それともイルカさんなのか? とりあえずイルカさんで。


うんうん、ヘッドフォンからの音がプロっぽい。

とても良い音質。

調子にのって、ジョン・レノンの 「イマジン」 を。



同、ジョン・レノン & オノ・ヨーコ


そして大衆カラオケでは禁断の、エー、自分に酔ってるんじゃないの、ナルシストじゃないの、えーイマドキ、と思われるため歌うことがタブーとされている尾崎豊の 「アイ・ラブ・ユー」 もひとりなら存分に歌えてしまいます。



同、尾崎豊


そして値段はというと。





入会金を除くと、1時間あたま637円。

1円パチンコするよりぜんぜん安いです。


そしてぞんぶんに歌い終えたふくは、とても満足して断酒会へ向かったのでありました。


そして断酒会でちょいとしゃべったところ、

「あれ ふくさん、調子が悪そうなねぇ、声がかすれとる。 風邪?」


いえいえまったく風邪などではありませんでして。

ひとりでカラオケ12曲をぶっつづけに歌ったもんで ……













このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログ

子育て村

育児ランク

People

FC2

広島ブログ



スマホかららくてん

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ふく うつおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。