きろく『三宅先生』

テーマ:

6月





舞台をやったり
結婚式に行ったり
新しいことが始まったり
飛行機に乗ったり
誕生したり
働いたり
偶然の再会をしたり
人生を終えたり







小学生の頃通ってた、もうトラウマになりそうな位の(笑)スパルタ塾の恩師、塾長が亡くなった。

ブラックユーモアに富んだ先生たち
全員ヘビースモーカー。
勉強
けむり
人とのつきあい方
独特の視点
良くも悪くも馬鹿にするやり方、
道徳的なこと
いつも真っ当であること。


『頭は悪くない。やればできるはず、何故やらない?』
ボコボコに怒られる事が多かった。
いつもさりげなく味方になってフォローしてくれた塾長、三宅先生。
一番優しかった。




大人になって特別に仲が良いって訳じゃなかった私の代、全員じゃないけど、皆で連絡取り合って揃って先生を見送りに行けた。
不謹慎な言い方かもしれないけど、嬉しかった。
皆相変わらずいい奴だった。





先生たちが常々言ってたのが
『目立ちたがり屋にロクな奴はいないんだよなぁ』でした。
先生、わたし今、人前に出る仕事してますよ。
やらないと出来ないことばかりです。
面白い奴いっぱいいます。
確かにロクな奴いないです。
でもいい奴も同じ位います。










有り難うございました。
さようなら
いってらっしゃい
おめでとう
お久し振り
また、いつか
また、会いましょう
初めまして

今夜からまたひとつ新しいことが始まりました。






6月終わり。


AD