海岸線を湾の置くまで進むころには、山がちな景色に変わっていた。


気まぐれな世界-急流・雪解け水


気まぐれな世界-緑いっぱいの山

海が終わって、しばらくした頃には車窓からBlack bearを見つけることができた。


気まぐれな世界-立ち枯れの樹木


また、それからすぐ、今度は少し離れたところにカリブー(ヘラジカ)の親子がいて、野生生物がありのままそこにいる環境を嬉しく思った。


気まぐれな世界-遠くに見えたカリブー



同じ頃遠くを眺めると、そこには重厚な青白い巨大な壁が!


気まぐれな世界-森の向こうに見えるものは


氷河だ。


気まぐれな世界-押し寄せる氷河


これまでテレビや本で見たことはあったが、本物の氷河があんなに青いのかどうか疑問に思っていた。


ただの氷の塊だし、光の加減で青いように見えるだけじゃないかって。


しかし、そこで実際に目の前にした氷河は疑いようのない青さを僕にまざまざと見せ付けた。


気まぐれな世界-氷河


何故あのような青色になるのかは今になってもわからないが、あの紛れもない青さと今にもこちらに迫ってきそうな迫力は、どちらも何千年、何万年と地球が刻んできた悠久の時の流れが創り出したものなのだろう。


気まぐれな世界-滝

動物を見つけたり、景色に見とれているうちに、列車はスワードの駅へ。


気まぐれな世界-アラスカ鉄道


駅からクルーズ船乗り場までは歩いて5分ほどの距離だったが、列車が定刻より30分ほど遅れていたこともあり、急いで手続きを済ませたのだが、予約していたクルーズ船の最後の乗船客となってしまった。


今回乗船したクルーズは、全行程約6時間のもので、フィヨルドの野生生物や氷河を見ながら徐々に外洋へと進み、ぐるっと一周してキーナイ湾に戻ってくるというものだ。


気まぐれな世界-スワード港


目玉はもちろんクジラ!


見られるかなぁ。


AD