翌日の起床は朝5時。


今回のメインイベントであるアラスカ鉄道~フィヨルドクルーズの日だ。


5時半には宿を出て、歩いてアンカレジ駅に向かった。


夏の朝は緑の匂いが濃い。


駅に着くと、早朝だというのにそこには既に多くの観光客が集まっていた。


気まぐれな世界-アンカレジ駅構内


窓口でバウチャーとチケットを交換し、スタンドでホットココアを飲みながら出発を待った。


外に出ると、朝のひんやりとした空気が気持ちいい。


出発の15分ほど前に列車が入線してきた。


青と黄色の配色が客車によく映えている。


気まぐれな世界-アラスカ鉄道①


列車を前にして自然と心も浮き立つ。


人の流れに乗ってホームへと出て(といっても日本のホームのように電車の乗降口合わせた高さのプラットホームがあるわけではなく、ただ改札を抜けた向こう側をホームと呼ぶだけだが)写真を撮った。


今回乗った車両はGold Classという1等車だった(Gold Classになったのは、普通車両が満席で取れなかっただけだけど)だけあって、その設備や眺望は素晴らしかった。


これについては写真をご覧頂くのが一番早いと思う。


気まぐれな世界-アラスカ鉄道車内


こんな車両初めて!


本当はUSD80も余計に払ってGold Classに乗る価値なんてあるのかなぁと懐疑的だったけれど、結果としてこの選択は大正解だった。


車両は2階建てで、1階にはその車両に乗っている人専用の食堂車があり、2階は客席と展望デッキ、それとフリーのバーカウンターが用意されていた。さすが。



目的地のスワードまではアンカレジから約4時間。


車で行けば2時間半ほどで着くそうだが、これは観光列車なので途中の景観を楽しむために、時間をかけてゆっくりと進む。


旅行に来たんだから慌てずゆっくり行きましょう。


気まぐれな世界-後ろの車両



アンカレジは海に面した港町なのだが、その海岸線の様子は日本とまるで違う。


普通、海岸線というと砂浜や岩の海岸線を思い浮かべるものだが、ここでは海岸線が泥で灰色に覆われている。


気まぐれな世界-泥と苔


海水も岸近くでは溶けた泥炭質で、コンクリートを溶かしたようなねずみ色になっている。


泥に覆われた海岸は、やはり海水浴には不向きなようで、ところどころに「底なし危険」(実際はもっと違っていたけど)の看板が立っていた。



AD