アラスカ州の最大都市、アンカレジに到着したのは昼の11時。


日本から来ると、7月のアンカレジは夏から春に逆戻りしたような気候だ。


「アラスカ」と聞くと日本から遠く離れた最果ての地を思い浮かべてしまうが、実は直行便ではフライト時間6時間程度と、バンコクに行くのとそんなに変わらない。



気まぐれな世界-アンカレジ町並み


あまり知られていないことだが、実はこのアンカレジ、アジアからアメリカ東部へ飛ぶ大型貨物便が必ず寄航する町でもある。


というのも、平面の地図を眺めるだけではなかなか気付けないが、地球儀上で成田とアメリカ東部を結んだ線の上にあるのだ。


しかも普通の飛行機よりも機体重量が重たい貨物便では燃料を満載にしてもアメリカ東部まで直行で飛ぶことができないからだ(実際は直行もできるが、その場合載せられる貨物量が極端に少なくなってしまう)。


というわけで、今でも途中給油をするために北極圏まですぐの飛行機が毎日寄航している。



飛行機を降り、バスを待とうかと思っていたらクルーが「せっかくならdowntownまで行くかい?」と声をかけてくれたので、その言葉に甘えて中心部まで同乗させてもらった。聞くと彼らは翌日の便でシカゴまで飛ぶそうだ。


車の中でシャトルバスのドライバーの話を聞くと、時期によっては空港のすぐ側や町でもカリブー(ヘラジカ)が出没するという。


あんなに大きな動物が町中にいたらびっくりするに違いない。



今回の旅行の一番の目的は、なんといってもクジラを見ること。


前回アラスカに来たときは、何もできず市街地をブラブラするだけで終わってしまったので、今回こそはと日本出発前にクルーズ船の予約をしてきた。


それとクルーズ船が出港する港までは、アラスカ鉄道で往復となっているので、途中の景観もとっても楽しみ。


いろいろな野生生物を見たいなあ。


AD

コメント(9)