セビーリャ観光後は、15時ごろの列車でマドリッドへ向かった。

気まぐれな世界

AVEというスペインの新幹線はとても快適で、走行中の騒音がほとんどなく、ゆっくり走っているときなどはあまりに音が聞こえなくて驚いたほどだった。


気まぐれな世界


途中の停車駅はコルドバ一駅だけで、セビーリャ~マドリッド間500キロ弱の距離を2時間30分で結ぶ。


気まぐれな世界


チケットもスペイン国鉄・RENFEのホームページを通じて事前に購入することが出来て(座席の指定も可能だった)、全体的に去年乗ったイタリアのユーロスターと似た雰囲気だったが、それ以上のいい印象を受けた。


そして、夕方5時過ぎにマドリッド、プエルタ・デ・アトーチャ駅へ。


気まぐれな世界


ここに着くころにはクタクタになっているだろうと思っていたことと、マドリッドのプエルタ・デ・アトーチャ駅周辺は治安が悪いことで有名だったこともあって(2004年のスペイン同時多発テロはの一つがこの駅で起きた)到着後は周囲を警戒しながら早いとこホテルに行こうと考えていた。


気まぐれな世界


しかし、いざ着いてみるとアトーチャの駅舎はヨーロッパで見かける頭端式の(上野駅地下ホームのような)立派な作りで、駅構内には植物園(それも取って付けたようなものでなく本格的な)があり、強盗やテロのことなどすっかり忘れてしまった。


気まぐれな世界


というわけで、ちょっとの間植物園を眺めた後、駅からすぐのところにあるHUSA PASEO DEL ARTEというホテルにチェックイン。


気まぐれな世界


荷物を置いた後は「せっかくマドリッドに来たのだから」ということで、疲れてはいたけど地下鉄に乗り繁華街であるグラン・ビア、プエルタ・デル・ソル方面へ向かった。


気まぐれな世界


どこの国でもそうなのかもしれないけど、地下鉄の雰囲気はあまり良くなく、油断していると危ない目に遭いそうな雰囲気もあった(実際は何も起こらなかったけどね)。


街の中心部をブラブラと散歩して、途中エル・コルテ・イングレスという大きなデパートに入りお土産や食べ物などを物色した。


気まぐれな世界


旅先でマーケットやスーパーを回るのは、ある時期から自覚し始めた旅行中の大きな楽しみの一つで、日本じゃ見かけない食品がたくさん売られていたり、日本では高級なものが安く売られていたり(その逆もあったり)するのを眺めて、いつも一人で喜んでいる。


今回はわりとコンサバティブにイチゴ500グラム(特売らしく、たった€1.8だった)とトロピカルフルーツのスムージーとチョコレートのお土産を買って、8時ごろホテルに帰った。


この時期のヨーロッパはとても日が長く、夜の8時過ぎまで太陽が出ていた(この後行くオランダのアムステルダムでは10時ごろまで明るかった)ので、特に夜道に恐怖を感じることもなく宿に戻ることができた。


気まぐれな世界


さあ、明日は早朝の便でバルセロナを経由して、アムステルダム入りだ。

AD

会社の出張で延べ5日間、スペイン、オランダと回ってきた。


まず、日本からはスペイン・アンダルシア地方の中心都市であるセビーリャへ。


ヘルシンキでの給油を含めると16時間というロングフライトだったが、到着しドアを開けると、早朝の甘い(比喩でなく本当に甘い香りがした)穏やかな空気に包み込まれ、長旅の疲れを忘れてしまった。


スペインに来ること自体初めてだったが、何よりも日本からダイレクトでセビーリャに入るなんて、なかなか出来る経験ではないので(現在日本からスペインへの直行便は運航されていない)、非常に貴重な経験となった。


今回の出張はお客様をお送りすることが目的だったこともあり、到着した時点である意味お役御免だったので、セビーリャ空港到着後は市内に出て少しの間観光ができた。


気まぐれな世界

まず、旧市街にあるカフェに入ってメールをチェック。


気まぐれな世界


それから旧市街をぶらぶらと散歩し、街の中心にあるセビーリャ大聖堂内部を見学。


気まぐれな世界


世界遺産にも登録されているこのカテドラルが圧巻で、ヨーロッパではローマのサンピエトロ寺院、ロンドンのセントポール大聖堂に次いで、3番目に大きなカテドラルだという。


気まぐれな世界


実際、今まで世界各地でいろいろな大聖堂を見てきたが、奥行き、天井の高さ、装飾の数々はこれまで見た中でも最大級のものだった。


気まぐれな世界


また、ほんとかどうかわからないけど、内部にはコロンブスの墓があった。


気まぐれな世界


到着した4月28日はたまたまスペインの3大祭り(ちなみに、3大祭りのうち残りの2つは、バレンシアの火祭りと、パンプローナの牛追い祭りだそうです)の一つ、セビーリャの春祭り(フェリア)の初日だったので、街ではあちらこちらにフラメンコの衣装を着た女性を見かけた。


せっかくだから、ということで、市内観光をある程度終えたらフェリア会場行きのバス乗り場まで行き、フェリアのメイン会場へ。


会場に着くと、数々のカセータ(仮説小屋)が並んでいて通りには華やかな衣装に包まれた女性たちが楽しそうに仲間たちと盛り上がっていた。


気まぐれな世界


ちなみに今回はどちらも見ることができなかったけど、セビーリャはフラメンコと闘牛の本場で、いかにもザ・スペインという雰囲気の街だ。


気まぐれな世界


闘牛は、正直言ってそういう文化の中で育っていないせいか、その残酷さからどうしても芸術として受け止めることができないが、フラメンコはまた別の機会にゆっくり鑑賞できたらいいなと思う。


気まぐれな世界
AD

3月19日から一週間、遅めの夏休みをマレーシアのペルヘンティアン島という小さな島で過ごしてきた。


木曜日の夜に成田を出発し、シンガポール→クアラルンプール→コタバル(マレーシア東海岸の都市)→クアラ・ブスッと移動し、クアラ・ブスッの港からスピードボートに乗り、出発から約24時間でペルヘンティアン島に着いた。


気まぐれな世界-Air Asia.


久しぶりに乗った、エアアジア。


気まぐれな世界-Perhentian Island.


雨季の終わりと聞いていたから天気が不安だったけど、行ってみたら昼間はずっとカンカン照り。


天気なんてそんなもんだ。


気まぐれな世界-coral beach


日本じゃあまり有名じゃないけど、欧米系の人たち(ヨーロッパの人が多かった)は結構見かけた。


ヨーロッパからだととんでもなく遠い距離なのにわざわざやってくるなんて、彼らのバカンスにかける情熱は見習うものがあるね。


気まぐれな世界-kumo

すごい高さの積乱雲。



AD

島には至るところに生き物たちがいて、リスや大型のトカゲはそこら中をウロチョロしてた。


気まぐれな世界-A squirrel and banana

6~70cmはあるトカゲ。


意外と目はかわいかった。


気まぐれな世界-A Huge Lizard

滞在中に通っていたレストラン。


海の眺め(それしか見えないけど)が素晴らしかった。


気まぐれな世界-night view

天気がいいのは何よりです。

気まぐれな世界-restrant


夕暮れ。


時差の関係で、19時ごろまで明るかった。


気まぐれな世界-sunset


3日間のペルヘンティアン島でダイビングを楽しんだ後、コタバル、クアラルンプールを経由してバンコクに向かった。