タイへ

テーマ:

明日の今ごろはタイにいるというのに全く実感がわかない。


まあ、行ってもいないのに実感できるわけないか。


まだ、なんにも準備をしていないし(パスポートさえ!)、ダイビングと友達に会うこと以外にすることも決めていない(レスキューの講習は3日で終わります)。


どうなるのかなぁ。


一人ではしゃいでこようっと!



ちょっとだけ楽しみなのが、タイでクリスマスを過ごせること。


果たして常夏の仏教国タイにクリスマスはあるのでしょうか。



例年のようにケンタッキーのハッピーバーレルが買えないのは残念だけど(タイにあったりして!?)、季節外れの夏の海を求めてプーケットに行ってきます。



アディオ!

AD

EFR

テーマ:

この間、EFR(Emergency First Response)の講習を受けてきた。


これは、緊急時の一般レベルでの応急救護(例えばEMSが来るまで)を学ぶための講習で、レスキューダイバーを取得するために必須の項目となっている。


ただ、EFR自体はダイビング専門の講習というわけではないので(陸上の緊急事態にも対応するもの)、海と全く関係のない場所でも講習を受けることができる。



講習内容は車の免許を取ったときのCPR(心肺蘇生法)に、もう少しだけ知識と実技を加えたものだったが、人工呼吸の方法、心臓マッサージの方法、三角巾の使い方、包帯の巻き方など、緊急事態に役に立つかもしれないものもあった。



また、最近よく目にするAED(自動体外式除細動器)の講習も受けた。


せっかくAEDが設置されていても、それを使える状況がどういうときなのか(呼吸停止時か、脈拍停止時か、それともどちらも停止しているときか)知らないと、救えるはずの命も救えなくなってしまうかもしれない。


知っていると知らないでは大きな違いだ。



0と1との隔たりは、1と2の差よりはるかに大きい。


そういう意味で、受けて損はない講習だったと思う。


AD

次の旅行

テーマ:

年末にプーケットに潜りに行くことにした。


例によって一人で。


延べ10日ほど行く予定だけど、時期が時期だけに周りに驚かれることが多い。


女の人にとってクリスマスは男が思う以上に特別なイベントのようです。



さて、今回の目的はレスキューダイバーの資格を取ること。


プーケット自体を魅力的に感じているというわけではないのだけど(帰ってきたら180度変わっているかも!?)、ベストシーズンだし、信じられないくらいに安い料金で行けるし、まあいいかな。


後半3日くらいはバンコクにいるつもり。


懐かしのカオサンロードにでも行ってみようかな。



カオサンロード・タイ


バンコクでは、昔旅行先でであった友達と再会する予定。


これがけっこう楽しみなんだ。



チャオプラヤ 運河


でも、なぜか刺激が足りないんだなー。


行ったことのある国だからってのもあるのかなぁ。


旅行に行く前のワクワクする感じもないし、反対に不安もない。


宿の予約をしないで行くので、ハイシーズンだけに断られることも多いと思うけど、それでもなんとかなるだろうって思ってしまう。


こういう状態は、おそらく旅をするのには相応しくないんだと思う。


よく「旅慣れていると勘違いした旅行者ほど犯罪に巻き込まれやすい」と聞くけれど、ややもすればそれは自分なのかもしれない。

でも行く。


理由は?


休みがあるから。


やだね。こんな理由。



行く前からちょっと残念。


AD

a day in the park

テーマ:

先日、実家に帰ったので我が家の犬を連れて二人でドライブに行ってきました。


といっても遠出するわけでもなく、歩いてじゃ行けないけれど車なら15分くらいのところにある公園に行くことに。


国道沿いにあるその公園の木々はすっかり色づいていて、場所によっては落ち葉もずいぶんと足元に積もっていました。


もう冬を迎える直前といった感じでしょうか。


一ヶ月もすればほとんどの落葉樹は、幹と枝だけの姿になります。



石の上ではカメが水浴び。



銀杏の葉は美しい黄色に染まっていました。



この日、公園はとても静かでした。


ここの公園は敷地の広さのわりに人がほとんどいないので、ゆっくりと散歩をすることができます。


小春日和の一日をこうして穏やかに過ごすことができるだけでも幸せなのかなぁ、そう思えるような一日でした。



帰りは生協によって頼まれた食材を買って帰宅。


冬にはやっぱり鍋ですね。


肉団子がたくさん入っているのが好き。



ちろ。柴犬。まゆげ付き。


もうおばあちゃんだけど、元気です。