アラスカ州の最大都市、アンカレジに到着したのは昼の11時。


日本から来ると、7月のアンカレジは夏から春に逆戻りしたような気候だ。


「アラスカ」と聞くと日本から遠く離れた最果ての地を思い浮かべてしまうが、実は直行便ではフライト時間6時間程度と、バンコクに行くのとそんなに変わらない。



気まぐれな世界-アンカレジ町並み


あまり知られていないことだが、実はこのアンカレジ、アジアからアメリカ東部へ飛ぶ大型貨物便が必ず寄航する町でもある。


というのも、平面の地図を眺めるだけではなかなか気付けないが、地球儀上で成田とアメリカ東部を結んだ線の上にあるのだ。


しかも普通の飛行機よりも機体重量が重たい貨物便では燃料を満載にしてもアメリカ東部まで直行で飛ぶことができないからだ(実際は直行もできるが、その場合載せられる貨物量が極端に少なくなってしまう)。


というわけで、今でも途中給油をするために北極圏まですぐの飛行機が毎日寄航している。



飛行機を降り、バスを待とうかと思っていたらクルーが「せっかくならdowntownまで行くかい?」と声をかけてくれたので、その言葉に甘えて中心部まで同乗させてもらった。聞くと彼らは翌日の便でシカゴまで飛ぶそうだ。


車の中でシャトルバスのドライバーの話を聞くと、時期によっては空港のすぐ側や町でもカリブー(ヘラジカ)が出没するという。


あんなに大きな動物が町中にいたらびっくりするに違いない。



今回の旅行の一番の目的は、なんといってもクジラを見ること。


前回アラスカに来たときは、何もできず市街地をブラブラするだけで終わってしまったので、今回こそはと日本出発前にクルーズ船の予約をしてきた。


それとクルーズ船が出港する港までは、アラスカ鉄道で往復となっているので、途中の景観もとっても楽しみ。


いろいろな野生生物を見たいなあ。


AD

しばらくして町に着くと、クルーやドライバーにお礼を言って別れ、まず自転車を借りた。


初日は特に予定もなかったので、海沿いに空港までサイクリングをした。


途中、川に架かる橋の上から川面を見下ろすと遡上する鮭の姿を見つけることができた。


気まぐれな世界-鮭の遡上する川


側には釣りをしている人たちもいたが、魚影を確認することができても実際に釣り上げるのはなかなか難しいらしい。


30分ほど眺めていたが、その間に釣り上げられた鮭は一匹だけだった。


気まぐれな世界-鮭


それから鮭たちと別れ、サイクリングロードを進んで行った。


木に止まっている鳥、道端に生えている草、花に集まる虫、そのどれもが日本のものとは違いとても新鮮に感じた。


気まぐれな世界-サイクリングロード沿いの自然


枝葉をいっぱいに伸ばし、短い夏を存分に謳歌している木々の匂いが心地良い。


3時間ほどのんびりと緑の中を走り、帰りがけにスーパーで朝食とお土産を買って町に戻り、宿にチェックインした。


気まぐれな世界-山並み

その日は、以前来たことのある海沿いのレストランで夕食を摂った。


こんなにおいしい料理を出す店がアラスカにあるんだと驚くほどに、どの料理も外れがなく、特にサーモンの味付けは絶品だった。


気まぐれな世界-ナッツとベリーのサラダ

料理だけではなく、ここのモヒートは種類も多く、ミントもふんだんに使われていて見た目にも美しい。


結局2杯のモヒートを飲んだが、後に飲んだアサイーのモヒートが美味しかった。


気まぐれな世界-モヒート

食事後、明るい夜の中歩いて宿に戻り、すぐ寝た。


明日はクジラ&氷河ツアーだ。


AD

翌日の起床は朝5時。


今回のメインイベントであるアラスカ鉄道~フィヨルドクルーズの日だ。


5時半には宿を出て、歩いてアンカレジ駅に向かった。


夏の朝は緑の匂いが濃い。


駅に着くと、早朝だというのにそこには既に多くの観光客が集まっていた。


気まぐれな世界-アンカレジ駅構内


窓口でバウチャーとチケットを交換し、スタンドでホットココアを飲みながら出発を待った。


外に出ると、朝のひんやりとした空気が気持ちいい。


出発の15分ほど前に列車が入線してきた。


青と黄色の配色が客車によく映えている。


気まぐれな世界-アラスカ鉄道①


列車を前にして自然と心も浮き立つ。


人の流れに乗ってホームへと出て(といっても日本のホームのように電車の乗降口合わせた高さのプラットホームがあるわけではなく、ただ改札を抜けた向こう側をホームと呼ぶだけだが)写真を撮った。


今回乗った車両はGold Classという1等車だった(Gold Classになったのは、普通車両が満席で取れなかっただけだけど)だけあって、その設備や眺望は素晴らしかった。


これについては写真をご覧頂くのが一番早いと思う。


気まぐれな世界-アラスカ鉄道車内


こんな車両初めて!


本当はUSD80も余計に払ってGold Classに乗る価値なんてあるのかなぁと懐疑的だったけれど、結果としてこの選択は大正解だった。


車両は2階建てで、1階にはその車両に乗っている人専用の食堂車があり、2階は客席と展望デッキ、それとフリーのバーカウンターが用意されていた。さすが。



目的地のスワードまではアンカレジから約4時間。


車で行けば2時間半ほどで着くそうだが、これは観光列車なので途中の景観を楽しむために、時間をかけてゆっくりと進む。


旅行に来たんだから慌てずゆっくり行きましょう。


気まぐれな世界-後ろの車両



アンカレジは海に面した港町なのだが、その海岸線の様子は日本とまるで違う。


普通、海岸線というと砂浜や岩の海岸線を思い浮かべるものだが、ここでは海岸線が泥で灰色に覆われている。


気まぐれな世界-泥と苔


海水も岸近くでは溶けた泥炭質で、コンクリートを溶かしたようなねずみ色になっている。


泥に覆われた海岸は、やはり海水浴には不向きなようで、ところどころに「底なし危険」(実際はもっと違っていたけど)の看板が立っていた。



AD

海岸線を湾の置くまで進むころには、山がちな景色に変わっていた。


気まぐれな世界-急流・雪解け水


気まぐれな世界-緑いっぱいの山

海が終わって、しばらくした頃には車窓からBlack bearを見つけることができた。


気まぐれな世界-立ち枯れの樹木


また、それからすぐ、今度は少し離れたところにカリブー(ヘラジカ)の親子がいて、野生生物がありのままそこにいる環境を嬉しく思った。


気まぐれな世界-遠くに見えたカリブー



同じ頃遠くを眺めると、そこには重厚な青白い巨大な壁が!


気まぐれな世界-森の向こうに見えるものは


氷河だ。


気まぐれな世界-押し寄せる氷河


これまでテレビや本で見たことはあったが、本物の氷河があんなに青いのかどうか疑問に思っていた。


ただの氷の塊だし、光の加減で青いように見えるだけじゃないかって。


しかし、そこで実際に目の前にした氷河は疑いようのない青さを僕にまざまざと見せ付けた。


気まぐれな世界-氷河


何故あのような青色になるのかは今になってもわからないが、あの紛れもない青さと今にもこちらに迫ってきそうな迫力は、どちらも何千年、何万年と地球が刻んできた悠久の時の流れが創り出したものなのだろう。


気まぐれな世界-滝

動物を見つけたり、景色に見とれているうちに、列車はスワードの駅へ。


気まぐれな世界-アラスカ鉄道


駅からクルーズ船乗り場までは歩いて5分ほどの距離だったが、列車が定刻より30分ほど遅れていたこともあり、急いで手続きを済ませたのだが、予約していたクルーズ船の最後の乗船客となってしまった。


今回乗船したクルーズは、全行程約6時間のもので、フィヨルドの野生生物や氷河を見ながら徐々に外洋へと進み、ぐるっと一周してキーナイ湾に戻ってくるというものだ。


気まぐれな世界-スワード港


目玉はもちろんクジラ!


見られるかなぁ。


スワード港を出港し、湾内を進むと早速ラッコが浮かんでいた。





気まぐれな世界-らっこ


日本の動物園ではわりとメジャーなラッコも、なかなか野生の姿を目にする機会は少ない。


海草みたい。


プカプカ浮いていたけど、なかなかかわいかったな。



次に見つけたのは、アザラシ。


気まぐれな世界-アザラシ


崖の下の岩場のところに群れになって、グダグダしていた。


日向ぼっこしてた。



その次はイルカ。


気まぐれな世界-イルカ

の右側を眺めていたら、同じスピードの水しぶきがあちこちに。


よくよく見てみたら、それはイルカの群れだった。


気まぐれな世界-イルカ


こういう光景って南国で、ダイブスポットに向かう途中に経験したことはあったけど、こんな北の国では暖かい海の似合うイルカに遭遇するとは思わなかった。



次は少し趣向が変わってエトピリカ(英語ではPuffin)。


気まぐれな世界-puffin


日本ではわずかに同等の沿岸に生息しているだけの絶滅危惧種だが、ここアラスカの海にはまだまだたくさんいた。


飾り羽がきれいなこの鳥は海の中で飛ぶことができ(ペンギンのように)、水中を自由に動き回ることができるという。


ただし、その代わりに水中での抵抗を減らすため、その羽は短く、空を飛ぶのにはあまり適していないようだ。


実際にエトピリカの群れに船が近づいてきて海面から飛び立つときも、白鳥が飛び立つときのように水面をしばらく走ってから飛び立っていった。


気まぐれな世界-断崖絶壁

うーん、いろいろ見たけど、なかなかお目当てのクジラは現れてくれないなぁ。


しばらくすると、海面に白い塊のようなものが目立つようになってきた。


気まぐれな世界-流氷


何かなと思って近づいてきたそれを見てみると、氷の塊だった。


崩れた氷河の一部のようだ。


更にフィヨルドの奥に進んでいくと、遠くに見えていた青い壁がどんどん迫ってきた。


気まぐれな世界-氷河


船は、急な崩落が起きても安全が保てるギリギリのところまで氷河に近づいていった。



これはすごい!!!



来る途中で見た氷河よりも更に迫力がある。


気まぐれな世界-氷河


感動して眺めていたら両サイドから歓声が。


何かと思ってみんなが見ている方向を見ると、氷河が崩れ、海へと崩落していくところだった。


氷河は大きな音を立てて海に落ち、そのときの衝撃で起こった波が船まで伝わり、大きく揺れた。


その後も何度か大きな崩落があり、その度に大きな歓声が上がった。


気まぐれな世界-氷河


崩落を見ているうちに、イベントとして崩落を眺めるのは確かに迫力があって楽しいのだけれど、こんなに頻繁にしかも大規模に崩落が起こっているなんて、温暖化のペースはこんなにも速いのかと思い始めた。


世界中で問題になっている地球温暖化のとてもわかりやすい一片を、直にまざまざと見せ付けられ感動と同時に複雑な気持ちになった。



氷河を離れクルーズも終盤に差し掛かってくると、今回はクジラは難しいかもなと考えていたが、外洋を引き返していた頃に突如アナウンスが。


「みんな、2時の方向を!Killer whaleがいるぞっ!!!」


アナウンスと同時に席を立ち、デッキに出て2時の方向(進行方向ななめ右前方)を見ると、そこには確かに特徴的な鋭いシルエットをしたシャチの背びれが見えた。



気まぐれな世界-シャチ

群れのようで、小シャチもいる。


すごい!!


写真にはなかなか収めることができなかったが、ちゃんとパンダのような白い斑紋も見ることができた。


大きい。


あんな大きな生き物が海の中で暮らしているなんて。


わかってはいることだけど、いざ野生のシャチを目の前にするとやはり感動してしまった。



その後しばらくシャチを見ていたが、今回船内アナウンスのわかり易さのおかげで、本当に容易にシャチの姿を捉えることができた。


例えば、正面は12時、右は3時、後ろは6時、左は9時というように、時計の配置に例えて方向を伝えてくれたため、国籍に関係なく誰もが理解できる非常に明快なアナウンスだった。


気まぐれな世界-カモメの親子


やがてフィヨルドの湾奥に船は戻り、再びスワード港に。


気まぐれな世界-Doll sheep


そして、来るときに乗ったアラスカ鉄道に乗り、アンカレジへと戻った。


帰りの列車からもムースを見つけられた。


アンカレジの町に着くと23時ごろになっていたが、高緯度にあるため町はまだ明るい。


気まぐれな世界-アンカレジ駅


とはいっても、次の日の朝のフライトで日本に帰るので、パブで一杯飲んでから宿に戻って、寝た。


気まぐれな世界-アンカレジ・夜中の町並み

氷河といい、シャチといい、今回は本当にいい旅だったな。


もし次来る機会があったら、今度は今回見られなかったザトウクジラを見てみたいな。


セビーリャ観光後は、15時ごろの列車でマドリッドへ向かった。

気まぐれな世界

AVEというスペインの新幹線はとても快適で、走行中の騒音がほとんどなく、ゆっくり走っているときなどはあまりに音が聞こえなくて驚いたほどだった。


気まぐれな世界


途中の停車駅はコルドバ一駅だけで、セビーリャ~マドリッド間500キロ弱の距離を2時間30分で結ぶ。


気まぐれな世界


チケットもスペイン国鉄・RENFEのホームページを通じて事前に購入することが出来て(座席の指定も可能だった)、全体的に去年乗ったイタリアのユーロスターと似た雰囲気だったが、それ以上のいい印象を受けた。


そして、夕方5時過ぎにマドリッド、プエルタ・デ・アトーチャ駅へ。


気まぐれな世界


ここに着くころにはクタクタになっているだろうと思っていたことと、マドリッドのプエルタ・デ・アトーチャ駅周辺は治安が悪いことで有名だったこともあって(2004年のスペイン同時多発テロはの一つがこの駅で起きた)到着後は周囲を警戒しながら早いとこホテルに行こうと考えていた。


気まぐれな世界


しかし、いざ着いてみるとアトーチャの駅舎はヨーロッパで見かける頭端式の(上野駅地下ホームのような)立派な作りで、駅構内には植物園(それも取って付けたようなものでなく本格的な)があり、強盗やテロのことなどすっかり忘れてしまった。


気まぐれな世界


というわけで、ちょっとの間植物園を眺めた後、駅からすぐのところにあるHUSA PASEO DEL ARTEというホテルにチェックイン。


気まぐれな世界


荷物を置いた後は「せっかくマドリッドに来たのだから」ということで、疲れてはいたけど地下鉄に乗り繁華街であるグラン・ビア、プエルタ・デル・ソル方面へ向かった。


気まぐれな世界


どこの国でもそうなのかもしれないけど、地下鉄の雰囲気はあまり良くなく、油断していると危ない目に遭いそうな雰囲気もあった(実際は何も起こらなかったけどね)。


街の中心部をブラブラと散歩して、途中エル・コルテ・イングレスという大きなデパートに入りお土産や食べ物などを物色した。


気まぐれな世界


旅先でマーケットやスーパーを回るのは、ある時期から自覚し始めた旅行中の大きな楽しみの一つで、日本じゃ見かけない食品がたくさん売られていたり、日本では高級なものが安く売られていたり(その逆もあったり)するのを眺めて、いつも一人で喜んでいる。


今回はわりとコンサバティブにイチゴ500グラム(特売らしく、たった€1.8だった)とトロピカルフルーツのスムージーとチョコレートのお土産を買って、8時ごろホテルに帰った。


この時期のヨーロッパはとても日が長く、夜の8時過ぎまで太陽が出ていた(この後行くオランダのアムステルダムでは10時ごろまで明るかった)ので、特に夜道に恐怖を感じることもなく宿に戻ることができた。


気まぐれな世界


さあ、明日は早朝の便でバルセロナを経由して、アムステルダム入りだ。

会社の出張で延べ5日間、スペイン、オランダと回ってきた。


まず、日本からはスペイン・アンダルシア地方の中心都市であるセビーリャへ。


ヘルシンキでの給油を含めると16時間というロングフライトだったが、到着しドアを開けると、早朝の甘い(比喩でなく本当に甘い香りがした)穏やかな空気に包み込まれ、長旅の疲れを忘れてしまった。


スペインに来ること自体初めてだったが、何よりも日本からダイレクトでセビーリャに入るなんて、なかなか出来る経験ではないので(現在日本からスペインへの直行便は運航されていない)、非常に貴重な経験となった。


今回の出張はお客様をお送りすることが目的だったこともあり、到着した時点である意味お役御免だったので、セビーリャ空港到着後は市内に出て少しの間観光ができた。


気まぐれな世界

まず、旧市街にあるカフェに入ってメールをチェック。


気まぐれな世界


それから旧市街をぶらぶらと散歩し、街の中心にあるセビーリャ大聖堂内部を見学。


気まぐれな世界


世界遺産にも登録されているこのカテドラルが圧巻で、ヨーロッパではローマのサンピエトロ寺院、ロンドンのセントポール大聖堂に次いで、3番目に大きなカテドラルだという。


気まぐれな世界


実際、今まで世界各地でいろいろな大聖堂を見てきたが、奥行き、天井の高さ、装飾の数々はこれまで見た中でも最大級のものだった。


気まぐれな世界


また、ほんとかどうかわからないけど、内部にはコロンブスの墓があった。


気まぐれな世界


到着した4月28日はたまたまスペインの3大祭り(ちなみに、3大祭りのうち残りの2つは、バレンシアの火祭りと、パンプローナの牛追い祭りだそうです)の一つ、セビーリャの春祭り(フェリア)の初日だったので、街ではあちらこちらにフラメンコの衣装を着た女性を見かけた。


せっかくだから、ということで、市内観光をある程度終えたらフェリア会場行きのバス乗り場まで行き、フェリアのメイン会場へ。


会場に着くと、数々のカセータ(仮説小屋)が並んでいて通りには華やかな衣装に包まれた女性たちが楽しそうに仲間たちと盛り上がっていた。


気まぐれな世界


ちなみに今回はどちらも見ることができなかったけど、セビーリャはフラメンコと闘牛の本場で、いかにもザ・スペインという雰囲気の街だ。


気まぐれな世界


闘牛は、正直言ってそういう文化の中で育っていないせいか、その残酷さからどうしても芸術として受け止めることができないが、フラメンコはまた別の機会にゆっくり鑑賞できたらいいなと思う。


気まぐれな世界

3月19日から一週間、遅めの夏休みをマレーシアのペルヘンティアン島という小さな島で過ごしてきた。


木曜日の夜に成田を出発し、シンガポール→クアラルンプール→コタバル(マレーシア東海岸の都市)→クアラ・ブスッと移動し、クアラ・ブスッの港からスピードボートに乗り、出発から約24時間でペルヘンティアン島に着いた。


気まぐれな世界-Air Asia.


久しぶりに乗った、エアアジア。


気まぐれな世界-Perhentian Island.


雨季の終わりと聞いていたから天気が不安だったけど、行ってみたら昼間はずっとカンカン照り。


天気なんてそんなもんだ。


気まぐれな世界-coral beach


日本じゃあまり有名じゃないけど、欧米系の人たち(ヨーロッパの人が多かった)は結構見かけた。


ヨーロッパからだととんでもなく遠い距離なのにわざわざやってくるなんて、彼らのバカンスにかける情熱は見習うものがあるね。


気まぐれな世界-kumo

すごい高さの積乱雲。