東洋大学の能登ゼミ(9/13~20)

今年も能登町班をサポートしました。学生の希望テーマ「能登町内における廃線利用の可能性」を調査するべく、地域のいろんな方にお話を聞きに行きました。鉄道を作った方、元車掌さん、廃線を活用して新しい取り組みをされている方、鉄道が縁で結ばれたご夫婦。どの方も、どの場所も、地域の方に繋いで頂きました。その対応の素早さといったら!本当にありがたかったです。。

かつての駅舎を巡ると、ホームの跡や線路があったであろう草むらから、列車が走る姿が想像できました。もし今も繋がっていたら、能登の海、山、素晴らしい風景が見えただろうなと。地域の方からは「もったいない、悔しい。」そんな声が多く聞かれました。能登線が幻になってしまわないように、語り継ぐ手段がありつづけて欲しいと思います。


旧鵜川駅


のと鉄道旧車両(藤波運動公園近く)


旧九十九湾小木駅

学生たちは、自らのバックパッカーの経験から、駅舎をゲストハウスとして活用する提案をしてくれました。楽しげな間取り図も付けて。自ら携わりたい!と熱いコメントをくれた子もいました。また会えるといいな!調査中、移動の車内はスタンドバイミーをひたすら流していたので、この曲で能登を思い出すことでしょう!(笑)
AD
能登町三波にある「ふらっと」さんでランチをいただきました。
こちらは、私のような能登の人でも、能登にいながらにして能登を感じられるところです。ちょっとわかりにくいかもですが、能登っていいなと思い出させてくれます。


日常の風景なのでしょうが、木々の緑が不思議とより濃く感じられます。海の穏やかさにもうっとりしてしまう。スローな時間が流れていました。


お食事は能登の食材をイタリアンにアレンジしたメニュー。
伝承料理もかっこよく変身しています。


魚醤いしる風味のスープ


ふらっとからすぐの「三波簡易郵便局」、ノスタルジー。
平日は当たり前に営業しています。

今回は高校の同級生3人で出かけました。
普段は基本1人行動なので、めちゃくちゃはしゃいでしまう。
久しぶりに女子を感じるひと時でした!

ちなみに、
ふらっとさんの朝食で出されるご飯は、いまい農場のお米ですよ~。
最後に自分のうちの話も^ ^

ぶーぶー能登イタリアンの宿ふらっと
http://flatt.jp/
AD
よく晴れた週末は、久しぶりに赤蔵山へ。
女性3人と森の中であったまる会。ココット鍋にりんごを詰めて、フォンデュ用のチョコに、フルーツ、マシュマロ、ビスケット、おせんべいを食べたいだけ。あとは、紅茶とコーヒー。防寒グッズを持つと荷物はいっぱい。楽しい楽しい!もちろん寒いのですが、甘いものとお茶があれば、明るくいられます(笑)。
ゆきさんありがとう♡


AD
8/23は母校・御祖(みおや)小学校の納涼祭でした。
悲しいことに、来年春の統合により今年度で閉校します。そんな事情で思い出づくりの催しがいろいろと予定されています。





学校の歴史は明治6年の創立、今年で141年だそうです。我が家は父、祖父、親戚の伯父叔母たち(兄妹がやたら多い)。曾祖父もここで学びました。



校内には歴代の卒業写真が飾られた廊下があります。食堂へ続く渡り廊下です。当時は気にしてなかったのですが、給食の度にご先祖さま&大先輩たちの写真の下を通っていたんだな~と。
「御祖(みおや)」は親や祖先を敬う。本当によい学校です。
自宅裏、小田中の雷石(かんなりし)付近から南の方角。
街灯がひとつ切れているおかげですかね、今年はいつもよりもきれいです♪



幼なじみのみなさん、もうすぐお盆だけれども、帰省したらたまには空を見上げてみてね。願い事が言えるといいね!