• 01 Jul
    • わたしが日記を書こうと思ったわけ

      持病である紫斑病性腎炎のことを書こうと思ったのは、平成27年7月1日に指定難病になったからでした。   私が紫斑病になったのは10歳の時。その一ヶ月後に紫斑病性腎炎を引き起こし、10年以上この病気と一緒に生活しています。   難病情報センター 紫斑病性腎炎 http://www.nanbyou.or.jp/entry/4658   紫斑病自体は珍しくもなく、予後もいいとされてます。 そして、その合併症である紫斑病性腎炎も予後良好な病気であるとされていました。   しかし、再発例や腎炎持続例も少なくないことが判明しました。   そして難病指定。   幸なことに薬を飲んでいることを除けば、とても健康体な私😁 そのため、普段はあまり病人であることは感じていないし、不利益を被ることもありません。   でも、10年という長い期間をこの病気と過ごしてきて、この病気になったことで考えさせられたことや経験できたことも沢山あったなぁと思っています。   だから忘れないようにと、今覚えている範囲で書いてみようと思いました。   この体験談が誰かの目に止まったらいいなと思います。

      1
      テーマ:
  • 16 Dec
    • Acid Black Cherry@国立代々木競技場第一体育館2日目

      セトリ1.Maria 2.cord name[JUSTICE] 3.楽園 4.in the Mirror 5.ジグソー 6.優しい嘘 7.1954LOVE/HATE 8.doomsday clock 9.愛してない 10.イエス 11.Bit Stupid 12.チェリーチェリー 13.Murder Licence 14.黒い太陽 15.ピストル 16.少女の祈りⅢ 17.SPELL MAGIC アンコール 18.1/3の純情な感情 19.so…Good night 20.Black Cherryアンコール2 21.Prologue End 22.シャングリラ----------------------遅くなりましたが、Acid Black Cherry 5th Anniversary LIVE "Elect" の代々木2日目のライブレポです。実は、この前(おとといくらいかな?)アンコのとこまで書いたんですよ。それでPCを放置してたら、勝手にインストールのために再起動して記事が消えたっていう。遅くなってすみませんでした。まず、姉さんとかよさんありがとうございました!お二人のおかげでとってもライブが楽しかったです。さてさて。会場の中央に円形のステージがあって、そのまわりに客席があるっていうステージだったんですけど、最初はそのステージに白い幕がかかってて。オープニングは、その幕をスクリーンにして、今までの5年間を振り返るような映像になっていました。ライブ映像やPVの映像、バックステージ、握手会、CDジャケットなど5年間のありとあらゆるABCの映像が流れてました。なんか、この5年間でABCにも色々あったんだなーと思って、なんか涙(;_;)そして、スクリーンの映像がマリア様と十字架に変わり、その向こうで歌うyasuの姿。一曲目はMariaでした。そのあとはcord name【JUSTICE】、楽園、in the Mirror、などわりとアップテンポな曲が続きました(余談なのですが、私楽園のコーラス好きなんですよね(´△`*))。私個人としてはABCを知るきっかけになったジグソーを聞けたのが嬉しかったですね。MCでは、yasuが「5周年記念ライブにようこそ!! Acid Black Cherryです!」と挨拶。ツアータイトル"Elect"にひっかけて、「今日は、Electやぞ!俺らがお前らを立たせるのか!お前らが俺らを立たせるのか!」っていう言葉もとびだしました(笑)サポメン紹介は、YUKI→淳士→HIRO→Shuseの順番でした。YUKI「こんばんは!ギターのYUKIでーす!」YUKIはアイメイクについての話をしてました。「僕ら、ライブのときはがっつりアイメイクとかするんですけど、メイクとるとあっさりしてるんです。ライブ終わった後、シートで自分でふき取るんですけど、メイクさんに言われたんです。『あらーシンプルな顏!』あと、僕メイクさんによく遊ばれるんですよね。この前、『YUKIを二重にしてやろう』ってなって、ゴムみたいので二重にしてもらったんですよ。二重になったーって喜んだんですけど、僕一重なので、それが飛んでっちゃったんですよ!」淳士さんもそれにのっかって、アイメイクの話。「俺はYUKIと違って自分で言いますからね。『薄っ!』アイライン、描いても描いても消えるんですよね。目ぇ開けたら、あれ、ない!みたいな。俺夢でもみてたのかなーって。奥二重なのかな?」yasu「いや、一重ですね!」ナイスツッコミでした(笑) 「でも、YUKIは俺の希望ですよ!一重でもイケメンって言われ続けるっていうね。」そして、HIROさん。「代々木ーーー!!どうもこんばんは。ギターのHIROです。今日ははりきりすぎて、アイラインが太くなってしまって。下から見るとちょっと凄いんであんまり見られたくないんですよ(笑)あと、今日はメイクさんの髭剃りをかりて、上半身をジョリジョリしたそうです。yasu「えー僕それ知らないですよ!?」「yasuが来る前だったしな」yasu「どっちかっていうと、そういうの見たいタイプなんですよ僕」そのあと、髭剃りはYUKIが使ったそうです。最後はSHUSEさん。「いえーー!こんばんは、SHUSEです。よろぴこ。僕は逆に変に顏が濃いんですね。東南アジアで道聞かれたときは凹んだ…(笑)だから僕はメイクで顏を薄くしています」SHUSEさんは初期からABCに関わっていたので、その話もしていました。「yasuから『僕、ジャズやります!』って聞かされた時、『えー僕、ジャズはできない!』って思ったんだけど、そのとき聞かされたのがBlack Cherryで。「おーかっこいい」って思って。それから5年が経ちました。」そのあとは愛してない。その前にyasuがタイトルについて語っていました。「よく、この曲は『どうしてこのタイトルにしたんですか?』と聞かれるやけど、これは自分に言い聞かせてるんです。なんかそういうこと考えながら聞いてもらえると、ちょっと違って聞こえるかもしれません。」そして、Bit Stupid、チェリーチェリー。この2曲ってなんか可愛いですよね!笑前者は浮気が彼女に見つかる歌。後者はわがままな女の子に振り回される男の子の歌。なんか、対照的。チェリーチェリーのときに銀テープが飛びました(もちろんげっとです!)。長さがあるので欲しい人は切り取ってあげれますけど……リアルで交流のある人で、ここを見てて、銀テ欲しい人ってかなり少ないような……。チェリーちゃんはSHUSEさんでした。そのあとは暴れる感じの曲が多く、頭を振りすぎてくらくら。本編ラストのSPELL MAGICのときにはもうだめだーってなってました(笑)でも、スペルマラスト安定ですね。友達が好きな曲だったので、なんか思い入れがあります。さて、アンコールではメンバー全員マフラータオルを持って入場。1曲目はSIAM SHADEの1/3の純情な感情でした。「意外と、カヴァーをやってくれって言う声が多くて、じゃあやろうかとなってやらせていただきました。淳士さん、ありがとうございました。」とyasuの一言。そのあとはso…good night。この曲はハンドクラップがあるのですが、yasuが皆で参加できるようにとのことでそういう風にしたらしいです。アンコールラストはBlack Cherry。えと、完全に個人的なことになるのですが、私はこの曲が始まる時のSHUSEさんのベースがもう大好きで。SHUSEさんはベースにトーキングモジュレーターっていうエフェクターをかけているのですが(マイクの横にある、あのピンク色のパイプです)、私はこのエフェクターが大っっ好きなんですね!えと、これ以上はやめておきます。そして、Wアンコへ。その前に5周年のこと、そして、ステージに立つことについてMCをしてました。「今回、2012がデビュー13年にして初めての1位を取らせていただきました。いや、本当ありがとうございます。いつも、いくつ売れたかではなく、何回再生してもらったかが大事って言ってきましたが、なんか、それが皆のおかげで、信用性を増したというか、なんというか。今まではなんか負け惜しみ!みたいな感じだったんですけど(笑)僕ね、よくステージに立ってる人が『みんなにパワーをもらっている』って言ってるの、意味が分からなかったんですよ。なんで、パワーをもらうんやろ?って。でも、こう立つ側になって、その意味が分かるようになりました。僕が歌うからみんなが聞くっていうんじゃなく、みんながいるから、僕が歌えるやと思います。本当にありがとうございます。」そして、Prologue End、シャングリラ。シャングリラってなんなんだろう?って思って調べたんですけど、これはイギリスの小説、「失われた地平線」に描かれている、ユートピアからきた言葉だったんですね。転じて今は理想郷を指すみたいで。私たちにとって、やっぱりライブっていう空間はそういう場だなって思います。皆で作るユートピア。きっと曲そのもの意味は違うんでしょうけど、そういうふうに思うんです。だからこの曲が最後なんだろうなって。最後、手をふって、答えてくれたyasu。そしてサポメンのみなさんに本当感謝です。いつまでも名前を呼ぶ声がやまないのはきっと皆そう思ってるんだろうなって感じました。ライブの一体感は本当に大好きです。さて、つたないレポではありましたが、見ていただいてありがとうございました。セトリはhttp://setlist-live.com/tag/acid-black-cherryを参照させていただきました。

      2
      テーマ:
  • 01 Dec
    • MERRY@赤坂BLITZ

      セトリ愛国行進曲ロストジェネレーションハライソ愛国弐~BURST~首吊りロンドビニ本2丁目八千代館月食演説~シュールレアリズム~[human farm]Midnight Shangrila不均衡キネマ絶望夜光final皆殺しのメロディー(THE BLUE HEARTSカバー)妄想randez-vous閉ざされた楽園EN【collector】CarnivalオリエンタルBLサーカスEN2群青バイオレットハレンチセトリはこちらのサイトを参照→http://www.livefans.jp/events/110624----------------行ってきました!MERRY黒い羊!とっても楽しかったです。赤ぶりは初めてのライブハウス。とっても綺麗だったし、1000人収容のわりにコンパクトで見やすかった。赤坂駅直結ってのも素敵。ライブは一曲目が愛国。あがりました。「万歳」や「敬礼」のフリが楽しい。そして、私がMERRYを好きになるきっかけになった、首吊りロンドを生で聴くことができたのも本当に嬉しかったな。Wアンコールもあり、とっても濃いライブだったんじゃないかなと思います。メリーからMERRYになって、10周年を迎えて、変わった部分も多いけど、変わらない部分も沢山あって、そんなMERRYが大好きだなってすごく思った('-'*)余裕ができ次第、ファンクラブに入会しようと思ってます\(^o^)/じゃね!

      2
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 羊さんのイベント

      今日はMERRYさんのベスト盤発売記念イベントに行ってきました\(^o^)/行く途中、おなか痛いし、気持ち悪いし、私大丈夫かなーなんて思いながら行きました(笑)なんとか生きて帰ってこれて幸せです(゜-゜)セトリ1六本木ジャジー喫茶2チック・タック3哀しみブルートレイン4ハライソ5木漏れ日が僕を探してる…6群青7不均衡キネマネロ、MCめっちゃ頑張ってた。カホンの上に立ってMCやってました。遊園地とMERRY……なんか似合う。夜のライトアップされた遊園地でライブやったら素敵だなーなんて思った。最後の不均衡キネマでタンバリンを持ったネロが客席乱入で楽しかったです\(^o^)/ネロかわええ。普段、そこそこ激しいライブなMERRYですが、こういうアコースティックもいいですね。これからもインストとかでやってほしいなぁ。群青とチック・タックがお気に入りです。さて。握手会。これもさ、並んでるとき結構具合がえぐかったのね^^;本当一旦抜けて並びなおそうかなーってくらい。でも、ちょっと耐えたら平気になったので、よかった。最近唐突におなか痛くなったり、気持ち悪くなったりが多くて嫌になるなぁ(゜-゜)話は戻り。握手会、メンバーさんとしっかりお話できて、すごく嬉しかった。3往復くらい会話できたよー!ネロは、ファンの子の話にしっかり耳傾けてくれて、優しいなーって思った。手ぇ暖かい(´艸`*)テツは、「赤坂行きます!」って言ったら「えらい!」って言ってくれました。姉さんのぶんもMERRY楽しんできます!!!!・゜・。・(つ□`)゜・。・゜・本当姉さんと参戦したかったです。健一さんは、優しかった。ほんわかした。健一スマイル拝めました(>_<*)結生も笑顔で優しかった。てか、間近で見ると本当イケメン。そして、前の人がなかなか進まず、結生の前でなんか立ち止まることになり、お互い照れるし、困るっていう。その表情が可愛かった(照)ガラはクールだったなー。でも、丁寧で。「声が大好きです」って言えた。本当ガラの声が好き。思った以上にしっかりメンバーさんとふれあえたのが本当に幸せでした。MERRY好きだ!!!またインストとかあったら行こう。帰りもあんまり本調子じゃなかったから、喫茶店でお茶。でも、ここ雰囲気は悪くないし、食べ物もそれなりに美味しいし、全面禁煙なのに、紅茶があんまり美味しくないのが残念な喫茶店です(笑)新宿でお手頃な値段で紅茶の美味しい喫茶店あったら教えてください(゜-゜)あ、そういえば、「白と黒の部屋」っていう私の個人サイトから飛んできてくれてる人ってまだいるのかな?あっち、この10月いっぱいで消すつもりなので、このアメブロの「幾何学模様」の方を再登録お願いします。じゃーね!

      テーマ:
  • 14 Sep
    • -MUCC 15th Anniversary year Live(s) -『97-12』@仙台

      行ってきました!仙台!!mixiにも同じタイトルであげてるけど、内容はちょこちょこ違うから、よかったらこっちも見てね。ドキドキわくわくの初遠征です。初遠征なのに、12日の夜行(バス)で行って、14日の早朝に同じく夜行で帰ってくるという、0泊3日(?)のハードさ。私よく頑張った。本当なら、高3のときのシド@横アリが初遠征、初ライブになる予定だったんだけどねー……地震で延期からの中止。ま、結局ライブ処女は愛しの大佑に奉げました←←まぁ、そんなんどうでもよくって。仙台Rensaはキャパ700ほどのハコです。Zepp Sendaiが今年の7月に営業を終了したので、おそらく仙台で一番キャパのでかいハコはこのRensaになると思われ(自己調査の結果)。そんな、Rensaは商店街の中にあるのです。見ての通り、一階は薬局と小さな雑貨屋さんみたいなお店、二階は百均、地下には業務用スーパーオープン予定な感じ。Rensaは7階。整番順に並ぶときは、7階の非常階段からA-1で1階が最後尾になるよう並んだ。階段だったため、ハコ側の配慮からか給水ポイントがあった(笑)ありがたい配慮です。実際に入ってみると、キャパ700とは思えないほどの小ささ。左右に大きな柱があるせいかな?700というと恵比寿のLIQUIDROOMが同じくらい?(今調べたら900くらいみたいです)比較的最近できたみたいでとっても綺麗だった。一曲目は会場別投票で仙台の1位だった黒煙。真っ赤な照明の中で歌い上げた後の2曲目に大嫌い。やっぱり大嫌いはあがるね。頭上を沢山のダイバーさんたちが転がってた。茫然自失から、「初めての曲やります」とFUZZ – Thunder Groove Ver. - 。普通のファズも好きだけど、Thunder Groove Verもかっこいいよね。ファズの前かな?逹瑯はMCで「仙台久しぶりだね!ここは初めてのハコで、やる前から暑くなりそうだなーって思ってたけど、あっついね!皆が自由に暴れてるからだね。」と言ってた。本当に暑かった。今回、逹瑯も言ってたけど、こんな感じの暴れ曲もあったけど、「投票にすると歌もの多いよね」と。うん、そんな気がする。暁闇とか。すごく好きだけど。そんな数少ない(?)暴れ曲の中でも、定番の蘭鋳は楽しかった。この曲、音源で聞くよりも、ライブで聞いた方がかっこいいなって思った。蘭鋳のとき、途中でみんなを座らせてSATOちのドラムで一斉にジャンプするっていうのが定番なんだけど、そのとき逹瑯が「結構余裕あるよね。このハコ、柱があるからいっぱいっぱいまで入れられないんだよね、見えなくなっちゃうから。だからさ、皆でこのハコ壊そうよ。新しくできたハコだけど、壊して、柱のない、見えやすい新しいハコ作ってもらおうぜ!」と煽ってた。ばかかっこいい。そして本編最後は仙台投票で死生3位の流星。流星はイントロが始まる前に数十秒~数分程度あるSEの部分も含めて好き。この曲が始まると涙が自然とでてくる。周りのお客さんも泣いてる人がいた。アンコールの前では、ミヤくんの提案で、今度のニューシングルMOTHERのカップリングのネガティブダンサーのコーラス部分をお客さんの声で取ることに。ミヤ君曰く、「今までのyukkeの曲のなかで一番アッパー」な曲になるらしい。てか、これ本当に嬉しかった!誰が誰の声とか判別はできないけど、でも自分の声がそのコーラスの一部を構成してて、ムックのCDになるんだと思うとすごく幸せ!これはもうMOTHERフラゲしなきゃだね(笑)アンコール最後でそのニューシングルのMOTHERを披露。発売が楽しみです\(^o^)/毎度のことながら拙いライブレポですみませんm(__)m最後にオフィシャルでも発表されてたセトリをペタ。01 黒煙02 大嫌い03 茫然自失04 FUZZ – Thunder Groove Ver. -05 月光06 ブレアラビット07 燈映08 娼婦09 気化熱10 心色11 暁闇12 九日13 家路14 ニルヴァーナ15 風と太陽16 フォーリングダウン17 名も無き夢18 蘭鋳19 流星EN1 優しい歌EN2 フライトEN3 青き春EN4 MOTHERじゃーね!

      テーマ:
  • 25 Aug
    • MERRY【collector】Tour EXTRA ~謎の日~

      セトリ(自分の記憶と人様のレポを照らし合わせた結果)1.群青2.final3.Carnival4.絶望5.夜光6.スカル7.stupid×cupid8.[human farm]9.演説~シュールレアリズム~10.躊躇いシャッフル11.ザァーザァー12.青春ノイローゼ13.モノクローム14.悪の華15.ハーメルン16.不均衡キネマ17.【collector】EN1.消毒2.T.O.P3.ジャパニーズモダニスト4.バイオレットハレンチ5.赤い靴EN21.オリエンタルBLサーカス昨日8月24日は大好きなMERRYに会いに行きました\(^o^)/4月30日ぶり二度目のMERRY。4か月も経ったんだなってびっくり。今回は軽音部のキャンプからのライブ。めっちゃ疲れた。会場着く前からもうすでに疲れてるし、眠い←←でも、24日は私の二十歳のバースデイ。そんな日に大好きなバンドがライブやるならば、死んでも行くよね('-'*)整番は950番というびっくりするぐらい遅い番号/(^o^)\今回は照明・PAブースの隣で見てました。でも、Zeppやコースト(キャパ2000ほど)ばっかよく行ってた私にとって、リキッド(キャパ700~800)は小さく感じました。もう本当にメンバーの顏がよく見える!!近い!!幸せ!!いきなりスタートが群青からのfinal!この流れは俺得だわ。最初は【colletcor】から始まると思ってたので、びっくりです。Carnivalでタオル回したかったんだけど、周りに振ってる人いなかったからやめといた。前の方では回している人もいたね。んで、何気に今回わりと楽しみにしてたのが、stupid×cupid皆、パンツ振り回してて楽しそうだった(゜-゜)うちはパンツ持ってかなかったので、次は“真っ赤なパンツ”持っていこうと思います(笑)演説ではネロさんが右手掲げて、左手でドラム叩きながら、ドラムスティックを咥え(?)てた。2番では増やして落としちゃうっていう。可愛い。ネロさんドラム叩いてるときはただの野獣だけど、本当かわいいと思う(笑)ガラさんは途中、ウエストからマイク突っ込んで、股間からだして歌うっていう。間奏中いじくりだしたときは吹いた。ガラさん安定の気持ち悪さ\(^o^)/ハーメルンや不均衡キネマでも暴れて本当楽しかった。アンコールでは、ガラが後ろから出てくるって演出に興奮して、階段おりて、一つ前に出てきました(笑)てか、もう不均衡キネマのあたりでモッシュに加わりたくてたまらなかったんだけどね。今回はメンバーの姿をガッツリ拝みたかったので、後ろでおとなしくしてようって決めてたから。バイハレからの赤い靴も嬉しかったなー。どっちも好きな曲です。バイハレはフリ覚えようって決意。そして、MERRYのベスト盤ツアー開催の告知。赤坂ブリッツ行きたいです。本当謎の日行けて良かった。メンバーさんのお顔拝めたし、なによりガラの笑顔が素敵でした。4月30日でガラの笑顔が可愛すぎて、また見たいって思ってて。見れてよかった。ますますMERRYが大好きになりました。あと、姉さん、グロスキットとチークのプレゼントありがとうございました(*^_^*)大事に使います。最近、ID-S(シドのファンクラブ)、朱ゥノ吐(ムックのファンクラブ)に入ろう入ろうってずっと思ってたけど、朱ゥノ吐とCORE(MERRYのファンクラブ)でもいいななんて思ってる。まぁ、理由は単純で、シドはあまり会員限定イベントがないから。COREは結構CORE限とかあるし、いいなぁなんて。でも、シドも昔の曲は本当に会員限定でしかやらないから、それはちょっと聞きたいんだよね……。まぁ、色々考えます。次はムックのライブ!!仙台Rensa!!初遠征だよわっしょい!!\(^o^)/夜行で行って、夜行で帰る、弾丸ツアーの決行です。私は元気です。じゃあねー

      2
      テーマ:
  • 27 Jun
    • 6月9日はムックの日!

      写真は第3部のyukke待ちに待ったムックの日。6月9日は、ムックの日ということで、幕張メッセでのライブに行ってきました。今年は15周年というアニバーサリーイヤー。ムックの今までの15年の歴史は三部構成で振り返るライブでした。実は今回のムックの日が、私にとっては初ムック。高校生の頃から好きだったムックにとうとう会えると非常に楽しみにしてきました。まず、一曲目は輝く世界。逹瑯のゆったり静かに歌い上げる歌声にすっかり飲まれました。重くて綺麗なサウンドに思わず涙が出てきました。「あー本当に私今日ライブに来たんだな」ってこのとき始めて実感したように思いました。そして、スクリーンに表示された、「死生」の文字。第1部は2002~2007年までの振り返りからスタートです。2曲目はライブ定番の蘭鋳。逹瑯の「死んじゃおうか」という煽りが本当にかっこいい。スクリーンに演奏をするメンバーも映し出され、ムッカーもヘドバンにモッシュに大暴れ。メンバーは黒字に白いペイントのつなぎ姿でした。サトチのドラムのカウントでの一斉ジャンプも本当に気持ちよかったです\(^o^)/そして3曲目に茫然自失。暴れる曲が続きます。メンバーもステージを駆け回ってて、パワフルでした。でも、そうかと思えば、はりぼてのおとなでしっとりとしたムックも見れて。はりぼてのおとなの時、逹瑯が手の動きが綺麗。そして、すごく好きな神の星。ムックで初めて手に入れた音源が「6」で、その中でもすごく好きな曲だったので、神の星のイントロが流れた瞬間に思わず叫びました。次は名も無き夢。「後半に体力残してんじゃねーぞ!!」とのミヤ君の煽りに答えるように大暴れするムッカー。サビ中のモッシュや間奏でのジャンプ。みんな本当に楽しそうな笑顔でした。大サビ前の大合唱も綺麗で、逹瑯さん満足そうだったのが遠くからでもわかりました^^死生、最後の曲は大嫌い2006。大嫌いはもうもみくちゃになってました。激しいギターに激しい逹瑯さんのボーカル。最後SATOちによるドラムソロで死生が締めくくられました。その後はムックのメンバーはお色直し。スクリーン上にはアーティストさんからのお祝いのビデオメッセージとムック幕張というハッシュタグのツイッターのつぶやきが映し出されました。沢山の人からのメッセージを見て、ムックはいろんな人に愛されているバンドなんだなぁと思いました。幕間中はみんな携帯片手にスクリーンに夢中で、「トイレにいけない!」「ムック最高!!」と沢山のつぶやきとメッセージで楽しい時間を過ごしました。そして、SE「―――――――――。」が流れる中、浮かび上がる密室の文字。第2部は1997~2002までの密室のスタートです。真っ赤な照明の中、アカで始まりました。おどろおどろしい独特の雰囲気は本当あの頃のムックそのものだなと感じました。逹瑯さんは頭は包帯ぐるぐるで、黒い着物のような衣装。ミヤ君は学生服みたいな。学ランみたいな衣装で、yukkeはフリル付きのシャツで、SATOちは全身真っ黒でした。yukke可愛いよう(´△`*)続く絶望、娼婦にムッカーは大暴れ。ヘドバンに折りたたみ。もみくちゃになり、どんどん会場が熱くなっていくのが伝わってきました。3曲目はイタイ手紙。イタイ手紙も本当に好きな曲の一つ。どれもこれも大好きなんですけど、特に好きな曲が流れたときは嬉しくて叫びますよね\(^o^)/スクリーンに歌詞が映し出されて、その演出で詞の狂気がとても伝わってきて、ぞっとするくらいでした。そのあとはなんだか切ないナンバーの夜、ジャジーな嘘で歪む心臓と続きました。yukke曲大好きな私はたまらなかった(゜-゜*)そしてMC。たつろー!!たつろー!!という声に対して、「TATTOかもしらんなぁ?」と。「ニルヴァーナからムックを知った人はびっくりするかもしれんが、これもムックかもしれんなぁ」とも言ってました。確かに雰囲気は全然違いますからね。そんなとこも大好きです\(^o^)/そして、昔よくやっていたという、ムック三カ条。お…推さない か…書けない し…真剣白羽どりということで、SATOちが前に出てきて真剣白羽どり。わざとはずして笑いをとるSATOち可愛かったです(笑)でも痛そうでした。そして、「昔は曲数が少なくて、カバーをやらせていただいてたんですけど…今日は特別に一曲カバーをやろうと思います」と、BUCK-TICKのトリビュートアルバムで歌っていたJUPITERを披露。その後は九日、前へ、スイミンと続いていきました。九日は一部歌詞を変えて歌っていたようです。「いつか殺してやる……ラスト……」という逹瑯の一言から最後の曲、ズタズタへ。スクリーンには真っ赤な炎が浮かび上がり、禍々しく重苦しい雰囲気の中力強く歌い上げる逹瑯。ミヤ君のコーラスも綺麗でムッカー全員が静かに聞き入っていました。第3部は2007~2012までの鼓動。緑色のレーザーとミラーボールが回るきらびやかな雰囲気の中、フォーリングダウンでスタート。シンセサイザーのピコピコしたサウンドと激しいバンドサウンド。ムックのこういう曲も面白くてすごく好きです。自由に踊れてまた違った雰囲気での盛り上がり方だなと感じました。サイリウムを振る人もいました。オズ、梟の揺り籠、ゴリゴリでどことなく和風な極彩と続き、暴れるところでは暴れ、踊るところは踊る。もうすでに何時間も経ってるのに疲れとか感じなくて、とっても楽しく暴れました。続いて最新シングルのカップリングバルス、そしてニルヴァーナと明るい曲が続いていきました。MCでは「『密室』と『鼓動』のこの素晴らしい落差!」と逹瑯さん笑ってました。3部構成4時間の長丁場のライブですが、逹瑯さんすごく声の調子が良かったみたいで「まだまだいけるよ!」と言ってました。2部ではちょっと辛かったみたいですが、3部で本当に持ち直したみたいで、ライブ終了後、ツイッターかな?でも3部の声の調子がよかったと言ってましたね^^そして定番のファズ、咆哮、謡声と続きます。咆哮、謡声はみんなで声を上げたり、合唱したりと一体感を感じました。数万人の声本当に大きくて気持ちよかったです(>_<)最後の曲は流星。これも本当に綺麗な曲ですよね。流星を聞きながら今までのライブを思い出して、そしてムックを知ってから今までのこと思い出して、涙が止まりませんでした。止まらない拍手と声援の中ムックのメンバーがステージから去っていきました。アンコールでメンバーが登場したとき、一人一人MCがありました。なんか、「ステージ上からの景色がすごくいい」とか「見せてあげたい」とか「ありがとう」とか、本当いいライブだったことを感じられるMCでした。きっと気持ちのいい景色なんだろうなぁ。SATOち曰く、ドラムから見る景色は他のメンバーよりも一段高い分一番いい景色なんだそうです。そして、優しい歌。さっきのMCでミヤ君がネタバレしたんですけどね(笑)今回のグッズで優しいウタリウムックを売るあたり、もう優しい歌はやるつもりだったのでしょうけど。「ラララーラララー」とみんなで最後の大合唱。逹瑯は「携帯でもなんでもいいから光らせて!」と言ってたので、携帯振ってました。ウタリウムック買えばよかった……。最後に「15年間俺たちを応援してくれる人も、今日初めて知った人も、皆で年を取って行こう。一緒にクソジジイ、クソババアになろうじゃないか!」と締めくくってました。逹瑯らしい。本当今回行ってよかったと思います。逹瑯の重くてよく通る歌声も、ミヤ君のかっこいいギターとコーラスも、yukkeが楽しそうに弾くベースも、SATOちの力強いドラムも、本当に生で見るとかっこいいの一言で、それだけで。あぁ私ムッカーでよかったって改めて思いました。15周年おめでとうございます。20年、30年とずっとずっと続いていくバンドでいてください\(^o^)/私もずっと追いかけます!拙いライブレポではありましたが、読んでくださってありがとうございました。MUCC 15th Anniversary year Live-「MUCC vs ムック vs MUCC」 「2002~2007 - 死生 -」セットリスト1.輝く世界 2.蘭鋳 3.茫然自失 4.我、在ルベキ場所 5.商業思想狂時代考偲曲 6.最終列車 7.はりぼてのおとな 8.神の星 9.モンスター 10.名も無き夢 11.大嫌い2006 「1997~2002 - 密室 -」セットリスト ―――――。 1.アカ 2.絶望 3.娼婦 4.イタイ手紙 5.夜 6.嘘で歪む心臓 7.JUPITER 8.九日 9.前へ 10.スイミン 11.ズタズタ 「2007~2012 - 鼓動 -」セットリスト 1.フォーリングダウン 2.オズ 3.梟の揺り篭 4.極彩 5.バルス 6.ニルヴァーナ 7.アルカディア 8.ファズ 9.咆哮 10.謡声(ウタゴエ) 11.フライト 12.流星 EN.優しい歌

      テーマ:
  • 26 Nov
    • SID Thanksgiving Tour 2011 for Members@Zepp Toky

      11/24にあった、シドのモバイル会員限定ライブのライブレポです。セトリ 1 モノクロのキス 2 NO LDK 3 妄想日記 MC 4 2℃目の彼女 5 ワイフ 6 いつか MC 7 sleep 8 御手紙 9 日傘 MC メンバーコール 10 循環 11 プロポーズ 12 眩暈 En 1 落園 2 エール 3 one way 4 dummy 5 涙の温度 昨日はZepp Tokyoでシドのモバイル会員限定ライブでした。 今回はチケットがオークションで転売されてた関係で、IDチェックがありわりと押しました。1時間くらいかな? なんか、チケット取った人と来ている人が一致しないと駄目らしく、友達に取ってもらった人や身内に取ってもらった人は、整番関係なく入場が一番最後になったらしいです。以後、こういうイベントの際は気をつけたほうがいいかも……。 ちなみに、オークションで落札したチケがどうなったかは私は知らないです。 んで、入場。 私は1600番代でPAの近くの一段あがったところで観てました。 メンバーが出てきた瞬間、泣いた(゜-゜) 周りのお客さんも感極まってる人ちらほらいましたね。 曲始まって、みんなも一斉にフリをして。私ももちろんやったけど。 後ろから、みんなが一斉に手扇子とか拳やってるのが良く見えて。凄く良い景色でした。 そして、3曲目の妄想日記の時、ゆうやがミスりました(笑) これ、ラストのサビの前で演奏が止まってお客さんがメンバーの名前を呼ぶのが定番なのですが…ゆうやが、サビが始まる瞬間がわからず演奏ストップ。 マオ 「ごめん、一言いい?」 客 「いいよー!」 マオ 「俺じゃありません」 マオ 「あ、あと、もうひとついい?」 客 「いいよー!」 マオ 「多分、ゆうやです笑」客 「ゆうやー!!(笑)」 その後、マオが『仕切りなおすよ』と再びお客さんを煽り、妄想日記は無事終わりました。 1回目のMCでも、ゆうやはマオにいじられてました(笑) マオ 「ゆうや君一言。」 客 「ゆーやー!!」 ゆうや 「えー…ゆうやです。覚えられない人は、『さっき間違えた人』で覚えてください」 客 「(笑)」 マオはいつも歌う前一呼吸あるらしいですが、今回は無く、それで「今回のマオ君は読めませんでした」とゆうやは言ってました(笑) そして、MC後一曲目は2℃目の彼女。玉アリ以来だそうです。 ここからミドルナンバー、MC挟んでバラードが続きました。 御手紙の時に明希が「紅を引こうか悩むのは~」の歌詞の部分で、紅を引く仕草をしたのが印象的でした。 二回目のMCでは恒例の下ネタ。マオとShinjiによる、下ネタトーク。 マオ 「ねぇ、Shinjiはいつごろからエロ本読んでた?」 Shinji 「俺、必死で知らんぷりしようとしてたのにさー!」 マオ曰く、下ネタと言えばShinjiらしいです。Shinji 「駐車場にもうカッピカピになったエロ本落ちてるじゃん?あれが最初だよね」 マオ 「それ何歳の頃?」 Shinji 「んー…幼稚園の頃かな」 マオ 「幼稚園!?早っ(笑)」 以後、下ネタMCが続きました。家族でテレビ見てるとき、ちょっとしたエロシーン気まずいよね。みたいな(笑) そして、こっからは結構盛り上がる曲ばかり。 メンコからの循環は本当に楽しい! みんなでくるくる回るの楽しかったです。 プロポーズでは、マオが一番前のお客さんの手を舐めてました。 さすがライブハウス。メンバーもお客さんも本当にはっちゃけてます。 アンコールでは、落園でキーボードの小池さんがミスるアクシデント。 イントロはキーボードが目立つ部分なのですが、そこがグダグダに(笑) 小池さん、傷付いた顔してたらしいです(笑)ツイッターでも謝ってたしね。 そして、one wayが終わったあと、マオが「あーdummyやりたい」と言い出しました。お客さん狂喜乱舞。 マオ 「メンバーも知らないだろうけど、dummyやりたい。 シド、いけるか?」 というわけで、dummy。 アンコールは首がお亡くなりになりました。 ラストの涙の温度はみんなが静かに聴き入ってました。 私的にはもう、素晴らしいセトリだったと思います。…昔の曲ももう少し聞きたかったけど。それはまた次回に期待。 最後に2012年のツアーの会場や日時が発表されましたが、一般むけにはまだ発表されてないので、ここでは控えておきます。 一般への発表は12月1日かららしいです。 モバイル会員さんはサイト見ればわかると思いますよ。ID-S会員さんも多分サイト行けば…?自分FC会員ではないのでわからないですが(;´△`) 私は絶対行こうと思います。素敵なライブでした。本当に(^^)お疲れ様でした!シド大好きだ!じゃあね。

      2
      テーマ:
  • 24 Jul
    • Acid Black Cherry FREE LIVE 2011

      1.冬の幻 2.楽園  -MC1- 3.少女の祈り3 4.罪と罰~神様のアリバイ~ 5.1954 LOVE/HATE -MC2- 6.愛してない 7.Bit Stupid 8.チェリーチェリー -MC3- 9.cord name【JUSTICE】 10.Re:Birth 11.Black Cherry 12.SPELL MAGICencore この青空の向こうに(アコギ) Maria(アコギ) ピストル W encore DRAGON CARNIVAL 20+∞Century Boys昨日は、山梨 富士急ハイランド・コニファーフォレストにて、ABCのフリーライブだった(^0^)/これ抽選で三会場計4万人招待のライブなんだけど、チケット当選したのが信じられなくて、めっちゃ周りに語ってた(笑)そのライブが昨日でした。ABCはこれが初。私はC9ブロックにいたよ。遠かったけど、みんなより高い位置だったから、全体を見渡せた。生中継されてたんだけど、見た人いた?yasuのMC、エロかったね(笑)さすがです←アンコでは、まさかの20+∞Century Boysで嬉しかった。他の会場では、DRAGON CARNIVALだけだったみたいだから尚更。ただ、アンコの声が小さかったのが残念だったかな。手拍子とかアンコールって言ってるのとかがなんか場違いみたいな感覚になるくらいだった。でも、今回で更に好きになった。いつかまた行きたいな。じゃあね。

      テーマ:

プロフィール

性別:
女性
誕生日:
1992年8月24日
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
Twitter お菓子、フィギュアスケート、音楽が大好き。 よろしくお願いします

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 0

読者になる

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。