戦況

テーマ:

 今のところ終えた教科は構造、家庭、施工、基力の四つ。いずれも殆どが工業系の教科。



 なかなかいい感じの好スタートで(それは前回もそうだったのだが)で、良くて四つの平均点は70点以上は行きそうな予感。でもテスト自体帰ってくるわけではないので、あまり嬉しくはないのだけれど。

 そして、遂に明日が来る。三教科暗記物殺人コンボフルコース。教科は英語、基盤、現社。普通教科の暗記物が二つに工業系の暗記物(今日やった施工よりは幾分楽)と殺人的。これで普通教科の英語か現社が明後日にある数学と入れ替えてくれただけでも、幾分違うのに。世の中上手くいかないものです -ぶ-)-3


 しかし明日の三教科暗記m(以下略)は、よくよく見るとそんなに範囲も広くなく、英語と基盤は前回のテストと同じ物が出題されるのが確認されているので、この二つは一時間弱で勉強を終えたいところ。

 問題は現社。一応重要語句は纏めたものの、なんと四ページにも及ぶという。鬼かこんにゃろ現社ティーチャー。けど最後の問題にテスト前に見た裁判員制度についての感想文を書く問題があるので、それで恐らく15~20点。後は暗記物で最低20点30点取れればどうにか赤点は逃れれる筈。



 明日を乗り越えれば、明後日は殆ど楽なので今日の夜の徹夜が執念場。頑張れ自分、粉砕滅殺一撃必殺だ三教科暗記物殺人コンボフルコース。

AD

習うと慣れと決戦前夜

テーマ:

  学年末テスト決戦前夜。最高にやる気が無くてもやんなきゃやらなきゃ駄目という萎える今現在。その前に一つ済ませなきゃならないことが。


 それは住むところ。前に書いた記事「変更・その2」でも書いたように、急遽宿舎に住むことになった俺。そこで心配になったのか親父は「会社に宿舎のこと聞くのどーだべ」と母を通じて俺に聞いてきた。

 んが、このように(どのようにかは置いといて)性格がアレな俺は面倒くさく、ついでに合格通知には3月21日に集まってもらう前に、後日連絡しますと書いてあったので俺はそのときに宿舎のことも聞かれるだろう、と反論。

 んがしかし、母はびみょ~に納得しないような顔で納得したものの、親父は「ばっか、おま、良いから聞いとけ」と聞け聞けコール。確かに後から部屋が空いてません南無ー、とか言われたらホームレスしながら働く羽目にならないけどなるかもしれないので、今日学校から帰ってきて聞くことにした。


 …けどまぁ、アレなんです。俺は人見知り兼口下手兼上がり症な訳で、これからお世話になるであろう会社に電話するのにドッキドキ。最初に親父と母から電話しろと言われたにも関わらず、しなかったのもそれが原因。

 でも結局は電話することになり、一度目は偶々外出していたらしく一時間後戻ってきますのでと少しだけ落ち着かせてくれる女性の声で癒されつつ、一時間待って再度テレフォンコール。そして担当者Iさんに宿舎のことを聞くことに。

 まぁとくに書くこともないのだけれど、あっちもこちらのことを君付けで呼んでくれて、結局俺の予想通り後日連絡するってことで、二月八日に宿舎のことを含めて連絡するとのこと。


 長きに渡る電話を終え、その後父に今回のことをメールで報告。ついでに電話する際めちゃくちゃドキドキしたんだぞコンチクショァと八つ当たりもとい愚痴り、こんなメールが帰ってきた。



「おいおい、今から電話で緊張してどうすんねん。「習うよりは慣れろ」、けんちゃん(俺のことだ)たのんまっせ」



 大変今の俺に響いたお言葉を受け取った今日本日。明日からテスト頑張ろう。


 てゆーかおみゃーさんはメールで俺をちゃん付けで恥ずかしくないんですかてゆか俺が恥ずかしいわい。

AD