ようやく

テーマ:

待ち焦がれてた通知が来たウヒョー
運が良い事に不採用でなく採用ウヒョー
なんで一週間近く遅れたけどいいやウヒョー
これで後は残った学生生活を過ごすだけウヒョー



明日まで書かなきゃならん礼状が面倒だよ固羅。



とりあえず一安心したので、おもくそ昼寝しまくろうお休みグンナイ。

AD

通知が

テーマ:

来ない、もう土曜は過ぎてるのに来ない。何故に。



同級生の奴等には「落ちたんじゃねー?」とも言われるが、それならそれで不採用通知が来てくれてもおかしくない。ぶっちゃけ不採用ならとっとと来て欲しい。じゃないと次のに進めないし落ち着きもしないw;


今現在は通知が来ないから某所のキャンペ以外は極力遊ばないようにしてるけど、人によっては気ぃ張りすぎだの気にし過ぎだの言われたり。確かにごもっともだけども。少しくらいパァーっと遊んで、もしくはちょこっと顔出してもバチ当たらんかなぁ。結局某所のお祭ごとにも気にして顔出せなかったし(ほんとすいません)。



別の友人には気長に待て、とも言われたので少しリラックスしようかと思った今日此の頃。

AD

ナンクルナイサ

テーマ:

昨日放映したBLOOD+。遂に第50話で最終回を終えました。あっと言う間だったなぁ。



機動戦士ガンダムSEED DESTINYの次に放映された物で、俺の第一印象はあんまりよろしくなかったり。案の定最初から今一わからなかったけど、話が進むごとに段々と謎が解けてゆき、自分でネットで調べたりしてBLOOD+の奥の深さを知ったり。


昨日やった最終回は種運命(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)とは比べて、しっかりしたもので満足。大体予想していたものとほぼ同じ終え方だったけど死んだ筈のネイサン(らしき記者?)が居たり、ハジの安否など謎は残りもしたり。


ふと第1話を思い返してみると小夜もカイも凄い大人びたのが印象的だったり(途中で第二部に入った際一年の歳月が経ったから当然だけど)。特にカイに関しては最初は荒れていたけど、様々な体験で成長し、徐々に死んだ義父のジョージに似てきたところはとても微笑ましかった。俺もこんなキャラをTRPGで作ってみたいもんなぁ。


ちなみに俺のお気に入りのキャラはハジ、カイ、ネイサン。前文でも言ったけどこのような男キャラを作れるよう俺も精進したいところ。来年から上京して忙しくなり、完全にパソコンから遠退く生活が始まるのでそれもどうかなぁとは思ったりもするけど。




何はともあれ、BLOOD+のスタッフの皆様、一年間お疲れ様でした!

AD