母者帰宅

テーマ:

一週間近くあった母者の横浜ウハウハ旅行。それも昨日終え、ようやく俺は家事から解放されることに。


終えてからいえること、正直に言おう。家事はまぁ出来なくは無い、が。今回やってみて思ったこと。



一、二人分の炊事は凄まじく疲れる。
一、素で三人分の(親父が居たら四人分)家事をやっていた母者が凄い。
一、もう少し手伝ってよ弟。買い物では助かったが。



まぁ言おうとすればまだまだあるのだけれど、特に大変だったのは炊事。最初の頃は疲れながらも楽しい、と思ってはいたものの日が経つにつれ作れるものがどんどん減っていき(俺も正直色んなものを作れるわけではない。材料も限られてたし)、弟からもピーチクピーチク飯の事で言われる羽目に。すまん、力不足の兄ちゃんで。


そして今日は久しぶりの母者の作った晩飯を口に出来ることに。献立と言うと



茄子の揚げ物
鮭の塩焼き
鯨の刺身
つくぜ煮(漢字わからん)
大根と油揚げの味噌汁



こう見れば普通の献立に見えるけど、一週間やってみてわかったこと。参りました(平伏)、ちなみに刺身は俺が希望した物。焼き魚は弟が希望。


あまったれな息子たちなのでした。



余談。少年ジャンプ今週号の銀魂の九ちゃんがツボった。滅茶苦茶イイ。


余談その2。つくぜ煮→筑前煮(ちくぜんに)だったことが判明。俺アホス。

AD

Brothers Shopping

テーマ:

明日は母が帰ってきて、今日は最後の家事日和。今日も昼間から洗濯やら掃除やら頑張りやした。



昨日は久しぶりに弟と外出をすることに。最初に弟の髪がうざったいだの言っていたので美容室に付き合い、その後デッカイ本屋でホビージャパンを購入し、その後昨日と今日の分の昼飯や飲み物をスーパーマーケットに行くという感じだった。


今思えば弟と二人で出かけるのはかなり久しぶりで、しかも食料品を買いに行くのは恐らく初めてだと思った。だからこんな会話もしたり。




弟「あ、兄貴。それよりもこっちの方がなんぼか安いからこっちにしようよ」
俺「んぁ…ああ、そうなんだ。お前詳しいんだなぁ」
弟「伊達にお母さんに買い物に付き合ってないからね(えへん」



後はこんな会話も。



俺「そういや明日で飯作るのも最後だよなぁ。パーッと焼肉でもするか」
弟「そうだね……って駄目駄目。それ高いじゃん。安売りのときなんか凄い安いんだよ」
俺「マジで?」
弟「マジで。店側が肉が痛むと困るから夕方頃になると20%オフ、30%オフ…て感じに安くなるんだよ」
俺「…マジで詳しいな、お前」
弟「お母さんの付き添いで荷物運びだけしてるわけじゃないですから(ふふり」



そんなこんなで買い物をし終え、昼飯に調理パンを幾つか買う事に。昨日はちょびっとだけ弟が神々しかった。口には出さんが。でも飲み物を買うときに俺はポカリの缶を3本。弟は50円くらいのを6本近く。セコイというか賢いというか…。


でも行く前から「甘い物…甘い物…!」と言ってたくせに買い忘れるアホな弟が微笑ましかった。そんな昨日でした。

AD

炊事

テーマ:

晩飯



月曜:スパゲッティ(俺は塩スパ弟は納豆スパ)&クリームコロッケ
火曜:ヤキソバ&炒飯
水曜:ドライカレー&ペペロンチーノ
木曜:炒飯&あんかけラーメン



写真は月曜に作った塩スパゲッティとクリームコロッケ。クリームコロッケは知り合いのオバさんから差し入れて貰い弟と仲良く分け合ってご馳走に。見た目(写真写り悪いが)どおり滅茶苦茶美味く、良いオカズでした。感謝多謝。


そして上にあるのは今週作った晩飯を並べてみたけど…見ての通り日が経つにつれ手抜き物ばっか。実際スパゲッティとドライカレーと二日目に作った炒飯以外、全て市販で発売されてる物で、5分か10分で出来ちゃう物だったり。


母が横浜に行ってから明日で一週間経つけど…二人分作るだけでもこんだけ疲れるとは思わなかった。これに普段なら三人分の食事の準備に洗濯に掃除、これが毎日続くとなると考えたくも無い。再度感謝感激。


まぁソレは兎も角として(ぁ)、そろそろ焼き魚が恋しいと弟と呟き始めてる今日此の頃。刺身も食いたいなぁ。

AD