DAILY NEWS HIROSHIMA

広島県内で起こった、犯罪、事件、事故のニュース記事や、野球シーズンには主に広島カープの公式戦の試合結果等をニュースの記事と共に、お伝えするブログです。


テーマ:
カープでも現金やりとり

     

 プロ野球の4つの球団で明らかになった、試合前の円陣で声出しを担当した選手に祝儀として現金を出す等の慣習がカープでも行われていました。

    
 これは今月17日、東京都内で開かれた臨時理事会に出席した鈴木球団本部長が明らかにしました。
    

 それによると野手が4・5年程前から5連勝以上がかかる試合で拒む選手を除き、勝った場合は1人あたり1,000円を試合前の円陣で声出しを行った選手に祝儀とし出していたという事です。
    

 去年は、前年まで5連勝以上する事が少なかった為、1人あたりの金額を1万円に引上げていたという事です。
    

 去年は5連勝が2回、6連勝が1回でした。
    

 また守備練習でミスをしたり、練習に遅刻した選手同士でルールを決め、守れなかった際にも、選手が「罰金」として1回あたり1,000円を出し選手の懇親会費や、障害者を球場に招待する為のチケットの費用に充当していたという事です。
    

 鈴木球団本部長は「祝儀の慣習については法律にも野球協約にも違反していないが、野球賭博の温床になる可能性もある行為という事で現在は禁止している」と話していました。
     

 こうした慣習が明らかになったのは5球団目となります。
    

山陽道トンネル事故2人死亡

    

 今月17日朝、広島県東広島市の山陽自動車道のトンネルで渋滞中の車の列にトラックが突っ込み車5台が炎上しました。
    

 この事故で2人が死亡し67人が怪我をしました。
   

 今月17日午前7時半頃、広島県東広島市の山陽自動車道八本松トンネル下り線で、渋滞中の車の列に後ろから走ってきたトラックが突っ込み5台の車が炎上しました。
    

 この事故でトラックに追突された車に乗っていた1人が死亡し軽自動車を運転していた広島県竹原市の会社員、丸岡節枝さんが(65歳)死亡しました。
    

 丸岡さんが死亡した原因は頭を強打した事によるものという事です。
    

 事故直後トンネルからは大量の黒煙があがり、トンネル内で消防が消火活動にあたった結果およそ2時間半後に火は消し止められました。
     

 警察によるとトンネルから避難する際に煙を吸い男女67人が怪我や喉の火傷をしたという事です。
    

 山陽自動車道八本松トンネルは、片側2車線の全長840mで事故が起きたのは広島方面に向かう下り車線の入口から600m程、進んだ場所という事です。
    

 NEXCO西日本によるとトンネル内にスプリンクラーは設置されておらず警察が事故原因や出火状況について詳しく調べています。

    

中国電力ベア決着

    

 中国電力の労使交渉は今月16日、決着しました。
    

 組合側の月額2,000円のベア要求に対し経営側は来月から電力小売りの全面自由化が始まる電力業界をめぐる環境が変化し、経営状況は厳しいとしてベアは行わないと回答しました。
    

 またボーナスは今年度黒字を確保する見通しとなっていることなどを考慮して、去年とほぼ同じ年間136万8000円で決着しました。

    

三江線の利用増目指す委員会

 

   

 廃止が検討されるJR三江線の利用者を増やす為、広島県三次市で商工会議所や住民の代表が参加しての委員会が設置され今月16日設立総会が開かれました。
    

 三次市役所で開かれた委員会の設立総会は三次市の商工会議所や観光協会、住民自治組織連合会の代表など7人が参加しました。
    

 はじめに三次市の瀬崎智之副市長が「まずは市民の皆様に乗車してもらい、課題や現状を認識したうえで市民全体の問題としてとらえていくことが存続に向けた第一歩だと考えています」と挨拶しました。
    

 この後、事務局を務める三次市が来年度、沿線の観光スポットをめぐる日帰りツアーの実施や、三江線の歴史や現状を紹介する冊子を作成する事を説明しました。
   

 参加者からは三江線の利用促進での地域の活力を取戻したい等、意見が出されていました。
    

 実行委員会ではJR西日本と協議をした上、早ければ今年5月上旬からツアーを実施し参加者にアンケートを実施し意見や要望を募るとしています。

    

外相会合会場でテロ対応訓練

    

 来月開かれるG7を前に、広島県広島市南区のメイン会場となるホテルで化学テロを想定した対応訓練が行われました。
    

 訓練には消防署員やホテルの従業員50人余りが参加、会場のホテルロビーにボトルに入った液体が撒かれ男性客3人が倒れたという想定で行われました。
    

 通報を受けた消防の救助隊員達は防護服を着て駆けつけ負傷者を担架に乗せ、検知器で液体の成分を確認し、ボトルを特殊な容器に入れて回収しました。
    

 そして負傷した人達を駐車場に設置したテントまで運び、体に付着した化学物質を水で洗い流した後、病院に搬送しました。
    

 広島市消防局では外相会合に向けて様々な事態を想定した訓練を今までに16回行い、今後は具体的なスケジュールにあわせた態勢づくりも進めていくという事です。
   

 また外相会合の期間中は消防局に「警備本部」を設置し署員を増員して不測の事態に備えるとしています。
    

 広島市消防局の久保富嗣警防課長は「これまでの訓練の見直しを行い、万全の態勢で外相会合の本番を迎えたい」と話していました。

   

府中町のスナックで強盗事件

    

 今月15日未明、広島県安芸郡府中町の飲食店で男が経営者の頭を蹴るなどして飲食代金を支払わずに逃走する強盗事件が起きました。

    

 午前1時半頃、広島県安芸郡府中町本町のビルにあるスナックで酒を飲んでいた男が女性経営者を押倒し頭を蹴る暴行を加え飲食代金を支払わずに逃走しました。

    

 当時、店内には女性経営者と男の2人だけで飲食代金5千円を求めたところ男が「支払いなんかしない」と腹を立て犯行に及んだという事です。

    

 女性経営者は軽症です。

    

 男は身長約165cm、50歳から60歳位で黒いジャンパーを着て現場から北方向へ走って逃げたという事です。

    

 警察は強盗事件として男の行方を追っています。

    

鞆の浦護岸整備で検討会設置へ

     

 広島県は広島県福山市鞆に整備する計画の護岸について周辺の歴史的な景観に配慮した構造とする為、再来月にも有識者らによる検討会を設置します。
    

 架橋計画が撤回された広島県福山市鞆の浦について広島県は新年度の平成28年度予算に12億3,000万円余りを計上、道路の拡幅等の渋滞緩和と共に護岸の整備を進める計画です。
    

 このうち海沿いの護岸の整備は景勝地として知られる鞆の浦の景観への影響が大きい為、広島県は再来月にも有識者らによる検討会を設置し、周辺の歴史的な景観に配慮した構造にできないか検討を始めるとしています。
    

 検討会は大学教授等、専門家ら10人前後で構成される見通しで広島県では今年9月までに検討会を3回開き、新年度の平成28年度中に着手する護岸の設計に反映させるとしています。
    

 広島県港湾漁港整備課の担当者は「検討会での意見を踏まえた上で地元とも協力しながら整備を進めていきたい」と話しています。

    

来月の電気ガス料金 値下げ

    

 来月の中国電力の電気料金と広島県内の都市ガスの料金は原油や石炭、LNGの輸入価格の下落が続いている為、値下げされる事になりました。
    

 来月の中国電力の電気料金は使用量の標準的な家庭で7,329円と今月よりも74円値下げされる事になりました。
    

 これは火力発電所の燃料に使う原油や石炭などの輸入価格の下落が続く為で電気料金の値下げは5か月連続となります。
     

 ただ5月以降は再生可能エネルギーの買取り制度による上乗せ額が一段と増える為、電気料金は値上がりとなる可能性があります。
    

 一方、広島県内の都市ガスの来月の料金はLNGの輸入価格が下落した為、使用量が平均的な家庭で広島ガスが今月より67円安い5,838円、福山ガスが今月より73円安い5,510円と3か月連続で値下げされる事になりました。

    

彼岸の入り 家族連れ墓参りに

    

 彼岸の入りの今月17日、広島県内の寺には朝早くから多くの家族連れが墓参りに訪れました。
    

 このうち「圓龍寺」でも朝早くから家族連れや高齢者が線香や花を携えて次々に墓参りに訪れました。
    

 訪れた人達は墓の回りを箒で掃いたり墓石に水をかけたりした後、菊や菜の花等、春の花や線香を供えて静かに手を合わせていました。
    

 広島県広島市東区から家族連れで訪れた女性は「彼岸にはいつもお参りに来ています。亡くなった祖母は花が好きだったのできょうはたくさん花を供えました。祖母も喜んでいると思います」と話していました。

    

スタジアム絞りこみ先延ばしも

    

 広島市の松井市長は会見で新スタジアムを建設する候補地を絞りこむ時期について、独自案を発表したサンフレッチェとの協議次第で今月中としていた予定を先延ばしにする可能性もあるという認識を示しました。
    

 広島市での新スタジアムの建設は中心部にある「旧広島市民球場跡地」と、海沿いの「広島みなと公園」の2か所が候補地となっています。
    

 これに対しサンフレッチェは今月3日、球場跡地に建設するとした独自案を発表し、みなと公園になっても本拠地としては使用しないと表明しました。
    

 これについて松井市長は今月17日の会見でサンフレッチェが示した独自案について「収容する人数の前提が異なり、整備費の基礎となる仕様の内容も明示されていない。そういった点の確認や比較が必要だ」と述べ、サンフレッチェ側と事務レベルでの協議を進める考えを示しました。
    

 そのうえで松井市長は、候補地を絞りこむ時期について「協議がうまくいかない場合は目標の日程をどこかで調整しなければならなくなるかもしれない」と述べサンフレッチェとの協議次第では今月中としていた予定を先延ばしにする可能性もあるという認識を示しました。

    

担任 面談の記録書類で残さず

     

 府中緑ヶ丘中学校で3年の男子生徒が自殺した問題で校長は会見で、亡くなった男子生徒の担任が進路指導の面談の際のやりとりを一切、書類に記録せず学校側の内部調査にも自らの記憶のみで答えた事を明らかにしました。
    

 中学校が作成した調査報告書では、男子生徒と担任との進路指導の面談は、去年11月から生徒が亡くなる当日までに5回行われ、万引きの有無の確認が行われたとされており生徒の遺族は「担任との面談の会話が本当にこの通りだったのか疑念を持っている」とコメントしています。
    

 坂元校長は今月17日の会見で担任が今月16日の学校による電話での聞き取りに対し面談の際のやりとりを一切、書類に記録しなかったと話した事を明らかにしました。
    

 坂元校長は「記録する事は当然必要と思っていたので、正直がく然としている。遺族の疑念は承知しているが、どうすれば疑念が解消出来るのか思いつかない」と話しています。

    

 今日はここまでにします

 また明日

 それでは

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

HARVESTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。