起立性調節障害(OD)の子供が不登校を解消する方法 

起立性調節障害(OD)不登校の悩みを解決するカウンセリング/大阪

OD不登校を解消するには、『治療』+『お母さんの心』が大きなカギです。
OD不登校に悩むお母さんのためのカウンセリングです。

NEW !
テーマ:
●自分に意識を向けたという話にとても共感いたしました

こんにちは。前川陽子です。

今日も、起立性調節障害(OD)ママが笑顔になるアフタヌーンティー会のご感想を、ご紹介しますね。

ご感想は掲載許可をいただいています。

本当に楽しく、有意義な時間を過ごさせていただきました。

前川さんのおっしゃった、

「ご自分に意識を向けられて資格取得の勉強などをされた…」

というお話にとても共感いたしました。
 


他の皆さんのお話も興味深いものでした。

とても良い出会いをさせていただき、悪天候でしたが頑張って、大阪に行った甲斐がありました。

また機会がありましたら、勉強会などに参加したいと思っております。

色々ありがとうございました。



うれしいご感想ありがとうございました。

お茶会の中でもお話ししましたが、子供ではなく、自分に意識を向けることが大事なんですね。

ともすると、子供のことを思うあまり、子供の気持ち=自分の気持ちになりがちです。

つまり、どこまでが子供の気持ちで、どこからが自分の気持ちか分らなくなるんですね。

それが、子供の気持ちと同化してしまうということ。

そうなってしまうと、すごく苦しくなるんです。

でね、「子供が学校に行けるようになると、この苦しみがなくなるのに。」って感じたりします。



そうではなくて、まず、子供と自分を切り離すことが大事ですよ。 

でね、お母さんはとりあえず自分のために、何かやってみるといいのです。

私の場合は、資格取得の勉強だったけれど、ホントになんでもいいんですよ。

そうすることで、気がまぎれるし、子供のことばかり考えなくて済みます。

それはね、子供にとってもプラスなんですよ。

子供からしたら、いつもいつも自分に意識を向けているお母さんって苦しいのですよ。

見守る じゃなくて、見張る になってしまってないですか?

圧がすごいっていうのかな。

見えないプレッシャー、すごく感じていると思いますよ。


・・・・

お茶会ではこういった、私の体験もたくさんお話ししています。

お茶会で、心で感じたことを大事にしてくださいね。

そして行動してみてください。

お母さんの気持ちが前を向くことが、お子さんにもいい影響を与えていきますよ。


10月からは、お茶会は、本格的なグループセッションの形で、開催しますね。

お子さんのOD不登校で悩んでいるお母さん、まずあなたから前を向き、元気を取り戻していきましょう^^

個人セッション『自分軸を取り戻すセッション』でも、あなたが前を向くお手伝いをしています。
 


OD不登校を抜け出すためには、まず自分に意識を向けることから ですよ。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●私が私に大きな丸をつけれた感じでした

こんにちは。前川陽子です。

先日の、起立性調節障害(OD)ママが笑顔になるアフタヌーンティー会 のご感想をいただいています。

順番にご紹介させていただきますね。

ご感想は掲載許可をいただいています。

ODという繋がりがあるからか、前川さん始め、皆さんと初対面なのに、すっかりリラックスしている自分が居ました♪

色々なODや不登校、心の事等のブログ等を見ていると、

ふと『私はまだ何を手放せてないんだろう?』という思いがしていました。

そんな自分自身の事を、

『あー、これは私、今回は確認しに行く感じやなぁ』

とどこかで分かりながら参加したように思います。



『学校へ行く事がゴールではない』

『そうですよ』

と言って貰えた時、

私が私に大きな丸をつけれた感じでした。
 


他の皆さんのお話を聞く中でも、ずっと

『あー、間違ってなかった、おかしくもなかった。』と丸つけをしている感じで。

多分、今の私は『自信』を持つ。という事がテーマのようです♪


あっという間の時間でしたが、

昨日、あの場に参加出来た事で

『今日来れて良かったです!』と言ったあの瞬間、


私の中でこれからやって行くだろう事が

『やろう!する!』

に変わった感じです。



あのような場で、これからやりたい!と思っている事を話したのは初めてなんですよ!

全くどのようになるのか見当もつきませんが、きっと、近々小さいながらも第一歩を踏み出して行こうと思っています。


『自信』と『勇気』きっと子供達にも今、必要な事なんでしょうね。。。

親子でどんな世界が待っているか、とってもワクワクします♪


前川さんも新たな展開をお考えのようで、とても楽しみです。

今、ほんとうに世の中が変わってくるんだなぁと感じる事、たくさんありますよね。

これから、子供達のために、私も勇気をもって動き出したいと思います!

ほんとうに参加させて頂きありがとうございました!


嬉しいご感想ありがとうございます。

今回のお茶会は、場のエネルギーもすごくて、熱いお茶会でした。

その分、それぞれに気付いて、感じたことも多かったのではないかなと思います。

ご感想をくださったこの方も、心が大きく動いたんですね。

私の方が、感動しました。




お母さん自身が、自分のやりたいなぁと思っていることが「やろう!する!」に変わったんですね。

行動し、感じて、気付くことから、どんどん加速度がついて、人生が変わっていきますよ。

そして、親である自分がそれを体験した時、

人生って変えていけるよって、子供に伝えていけるのだと思います。



今がどうであれ、未来は自分の思いの分だけ変えていけます。

行動することで、必ず道は開けていきます。

親の自分が身を持って感じたことが、子供に伝わっていきますよ。



私の開催するODママのお茶会は、ODの悩みや相談、共感だけでは終わりません。

お茶会に参加することで、「気持ちが楽になった」といっていただけることが多いです。

そしてママの行動が変わり始めると、お子さんが動きだせるようになったという報告もいただいています。 

お母さんの心のあり方が変わると、子供も変わっていきますよ。

親も子も、幸せにOD不登校を解決していくことはできます❤

10月からは、お茶会は、本格的なグループセッションの形で、開催させていただきますね。

楽しみにお待ちくださいね^^

 「10月まで待てない!」という方は、こちらの個人セッションをご利用くださいね。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●ODで学校に行けずに悩んでいるあなたへ「で、ほんとうはどうしたい?」

こんにちは。前川陽子です。

少し前に記事で、「で、ほんとうはどうしたい?」って、自分の本音に気付くことが大事って書きました。

今日の記事は、OD不登校のお子さん本人に向けて書きますね。

必要なあなたに届きますように。



~ODで学校に行けずに悩んでいるあなたへ~

「で、ほんとうはどうしたい?」

これってよく言われる「やりたいことをやる、やりたくないことをやめる。」と似ていますね。

これをね、OD不登校のあなたとの、一問一答として、やってみますね。


OD不登校のあなたに、「本当はどうしたい?」って聞いてみるとね、

「学校に行きたいのに行けない。」がでてくると思うの。


そして、これが、「で、ほんとうははどうしたい?」の答えなんじゃないかと思うと、落とし穴にはまってしまうの。

つまり、それ、あなたの本音じゃないよね?ってことです。


ハラの声、自分の本音ってね、もっと単純で、もっと原始的なものなの。

食べたい、寝たい、歌いたい、しゃべりたい、そういうまずは五感を満たす感じなのね。


疲れていたら? → 寝たい、だよね?

体がしんどいなら? → 休みたい だよね?


じゃあね、「で、ほんとうはどうしたい?」→ 学校に行きたい 

の、前に、もっともっと単純に何がしたいか?ということなの。


「学校に行きたい」のも、嘘ではないだろうけど、

その中には、学校に行かなければならないとか、みんなから遅れる、とか、学校に行けない自分はだめ、自分を責めるとかだと思うのね。

そういうごちゃごちゃしたものはいらないの。

そういうのを頭で考えているから、苦しくなるの。

それが当たり前、そうするべき、常識って思っていること、は

頭 で考えていること= 思考 だからね。 



いったんわきに置いておく。

考えるんじゃなくて、心 で感じていることは何かな? って感じてみる。


>心ではどんなふうに感じる?どんな気持ちになる?

  遅れていくのは嫌。

  みんなと同じにできないのがつらい。

  とりあえず体がしんどい。

  分かってもらえなくてつらい。



>だとしたら、今のあなたは、本当はどうしたいの?何がしたいの?

  ・・・学校に行きたくない

  休みたい。



>だったら、休んだらいいんだよ。

>その休みたいが、ハラの声、自分の本音なんだよ。

   けど・・・周りが気になるんだよ。

   勉強も遅れるし、親もうるさいし、学校に行きたいし、

   何より自分自身でこんな自分はだめだって思っちゃう。



>そっか~そう思うんだね。でもね、考えてみてほしいの。

今、何らかの原因で体が、これ以上無理、って強制終了かけているから、ODを発症しているわけじゃない?

じゃあ、いま大事なのはどうすること?

体はどうしたいんだろう?

体が強制終了かけてまで、教えてくれていることってなんだろう?

そのまま頑張り続けたら、壊れてしまうよってこと教えてくれているんじゃないかな?

あなたの、ハラの声、本音の部分はなんて言っているの?


自分の本当の声に気付いてみてね。



大事なのは、自分の本音に向き合うことなのね。

そうして、自分の本音に気付いて、一つづつ自分を満たしていってほしいの。

休みたい、寝ていたいなら、罪悪感なくそれを堂々とやっていいんだよ。

そうしてみること(=行動すること)で気付くことが必ずあるから大丈夫!!

必ず感じること、気付くことがあるから、そこでまた「本当はどうしたいの?」って自分に問いかけたらいいの。


考えるじゃなくて、感じることを大事にするの。

誰が何と言おうと、「自分が自分を満たす、自分が自分の一番の味方でいること。」をしてほしい。


私は子供の頃、ODではなかったけれど、ぜんそくでいつも体が苦しかった。

学校に行くのがしんどい時がいっぱいあったの。

運動も、人並みにできない自分を責めて自信がなかった。

そんな自分に自信がなくて、自分のことが大嫌いだったの。

今、ODのあなたは、もっともっとしんどいかもしれない。


でも、そのしんどさに負けて、自分を責めて、自分を嫌いにならないでほしいの。



「で、ほんとうは、どうしたい?」で出てくる答えはね、上っ面な、きれいごとはいらない。

ただじっくりと、自分の本音に向き合うだけでいいの。

自分の本音に向き合うことは、自分を大事にすること。

自分を満たし、自分を大事にできるようになった時、きっと、体からの悲鳴も、心のしんどさも、なくなっているよ。 



ODになったことも、今、学校に行けないことも、今は苦しいと思う。

でもね、人生で起こることに意味があるとしたら、

「ODも、自分を大事にすることに気付くために起こっている」と考えてみない?

あなたが自分を大事にして生きられるようになった時、ODも無駄な経験ではなかったな、と思える時がきっと来るよ。


あなたの未来は、苦しい経験の分、同じくらい楽しい幸せな経験が待っているはず。

だから、あなたはあなたを大事にしてほしい。

「で、ほんとうはどうしたい?」を自分に問いかけ続けて、そして勇気を出して行動してください。

あなたの未来もきっと開けていくはずだから。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●メルマガついてお問い合わせくださったF様へ

こんにちは、前川陽子です。

お問い合わせフォームより、お問い合わせくださったF様、メールが返ってきておりますので、こちらでお返事させていただきますね。

========================

メルマガ登録を何度しても、メルマガが届かないです。

お茶会や、シェア会に、メルマガ以外で申込できますか?

=========================


といった内容でお問い合わせいただいております。

メルマガも登録したけれど、届かないとの事ですね。

せっかく登録していただいたのに、申し訳ありません。

またお茶会や、シェア会に興味を持ってくださってありがとうございます。




まず、メルマガについてですが、

PCからの受信設定、迷惑メールフォルダを確認していただいても、届いていない場合、サーバー等の都合によるものかもしれません。

私からは何が原因か分からないのですが、メルマガを楽しみにしてくださっている方に、申し訳ないと思っています。


これからは、メルマガ配信後、ブログでも同じ内容をシェアさせていただきますね。



そして、お茶会・シェア会の募集について、ですが、

今後、ブログのお申し込みフォームからと、させていただきますね。




貴重なご意見ありがとうございました。


ご意見や、また、こんなお茶会・講座をやってほしいなどの、ご要望がありましたら、お問い合わせフォームから、お気軽にメールしてくださいね。

これからもよろしくお願いします。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●9/20ODママが笑顔になるアフタヌーンティー会開催しました

こんにちは。前川陽子です。

先日、ODママで集まるお茶会(アフタヌーンティー会)を開催しました。

台風が迫る、悪天候の中ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。

会を重ねるごとに、内容の濃いランチ会、お茶会になっていくなぁと感じています。


私のランチ会・お茶会では、

思いを吐き出す、共感する、OD不登校の情報を交換するそう言ったことだけではなくて、

お母さんの心のあり方や、子供のココロについてのお話しもさせていただいています。

ODや不登校の情報ではなくて、心にフォーカスしての話が多いです。


そして、私、出し惜しみはしたくないので、いつも全力でお伝えしています。

お茶会というよりも、プチセミナーのようかもしれませんね。



・不安の先取りをしないで、今できていることに目を向けるということ。

・子供を見ていて感じる気持ちは、子供が原因ではなくて、自分(親)が持っている不安、心配を映し出してみているということ。

・親が、子供ではなくて、自分に意識を向けること。

まだまだあるけれどこんなお話しをしました。



前回、今回と感じたのは、集まってお互いの思いや不安をシェアすることで、とても大きな気付きが生まれますね。

お互いに思いをシェアし合う、グループセッションという形で、進めたほうがより大きな気付きが生まれるのでは?と感じています。

今後、グループセッションという形でもセッションを考えていきますね。



あ、今回は、時間いっぱいまでお話ししていて、写真を撮るのをすっかり忘れていました。汗

相変わらずの私です・・・。

参加くださった皆様ありがとうございました。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●岡田哲也さんの「自分が自分のセラピスト」セミナーからの私の体験

こんにちは。前川陽子です。

岡田哲也さんの「自分が自分のセラピスト」セミナー@大阪 その1

岡田哲也さんの「自分が自分のセラピスト」セミナー@大阪 その2 

の続きを書こうと思いましたが、

感想ではなくて、岡田さんの伝えていることと、私が息子のODと向きあってきた体験が、とても似ていることに気付きました。

今日は、私の思いもこめて、体験をシェアしますね。



今まで、私自身、心のことを学んできて、いろんな方のセラピーやセッションを受けてきました。

思考の書き換えや、潜在意識のブロック解除する、思い込みを手放す、インナーチャイルドを癒す、いろんな方法を試したし。

それぞれに、効果はあるし心が楽になる。

でも、癒されて、楽になって・・。

それで、次は・・・?

また苦しくなったら、セッション・セラピーを受け続けるの?



人にしてもらうセッションやセラピーって、いいんだけど、永遠にその人が必要なわけじゃない?

それって、ある意味依存になっちゃうよね?

私はセラピーも、カウンセリングも、依存になっちゃいけないと思うの。



でもさ、悩んでいるときって、

「次に、私はどうすればいいの?」って、思うわけよね。

そんな時

やっぱり、自分に向き合うことでしか前に進めない。と思う。

それは、自分のハラの声、本音に気付くことなのよ。 

そこに、「で、ほんとうはどうしたい?をプラスすること」で、次の道が見えてくるの。



でね、息子がOD不登校から、抜け出せたのも、私がこの「本当はどうしたいの?」をやっていたからだと思う。

あ、もちろん当時は岡田さんのことは知らなかったですよ。

でも、当時私がカウンセラーゆうさんから教えてもらったことは、

できるかできないかじゃなくて、やりたいか、やりたくないか?で行動する。

本当はどうしたい?を自分に問いかけ続ける。

ピンと来たこと=直感を大事にする。


だったの。

これって、岡田さんの言ってることとても似ている。


不登校の子供を持つ、お母さん、まずあなたが

「本当はどうしたい?」を自分に問いかけてみてほしいの。


するとね、たぶん出てくるのは、「学校に行ってほしい。」だと思う。違うかな?

私もはじめはそれしかない!!って思ってた。

でもね~これが本当の望みだと思っていることが、勘違い、しくじりなのよ。


そういう、大きな目標、どこに出しても恥ずかしくないこと はだいたい違う。笑

もっと細分化、日常で思っている、本音の部分を見つけることなのね。

もっともっとハラで思ってる本音の部分は、そんな立派なことではないよね?



「本当はどうしたいの?あなたの本音は何?」



私はね、


毎朝起こすの嫌だよ~。

とか、

旦那にやいやい言われたくない。

とか、

学校に毎日遅れる電話連絡をするのがいや。とかでした。

大きな声で人には言えない、いいお母さんはそんなこと思っちゃダメみたいなこと。ね。

でも、思ってるよね?

そういう自分の思い、本音に気付いていくことが大事なんだと思うの。

まずそこを認めること。


私はね、子供のことも心配だったけど、それに伴う

起こすの嫌、

旦那にうるさく言われるの嫌、

電話が嫌。だったの。



だから、「こうしたいこと」をしました。

起こさないでもいいやーと思って起こさなくなりました。

旦那には私が思うことを言いました。

(今まで、もめるのがいやで、言いたいこと言えなかったのです・・)

学校は電話連絡しなくても良くなりました。

(なぜか学校から、登校出来る時だけ連絡してという提案がでてきたんです。)

するとね、自分が楽になりました。

ホントはどうしたいに気付いて、気付く、そして行動するんです。→ここ大事!


どうしたいが分からなければ、とりあえず行動する事も大事ですよ。



それでもって、「子供の本当はどうしたい?」も聞いてみたとする。

あ、実際に聞かなくていいですよ。

たぶん子供は、「学校に行きたい」って言うと思うのね。

それは、嘘じゃないだろうけど、本当の本心か?ハラの声か?魂の声か?というと疑わしい。


もっともっと小さな欲求、したいことって、今はそこじゃないやろ?って想像ができる。


今、学校に行けない子供は、

(起きれないから)寝ていたい。

とか、

ゆっくりしたい。

とか、

ぼーっとしていたい。

なのじゃないのかな?


じゃあ、その、ホントの望みをやればいいのよ。

とりあえず、それをやってみたらいい。


ただ、それをみている親は「こんなんでだいじょうぶ?」っていたたまれなくなるから、なんとかしたくなるし、何か言いたくなるんだよね。

いたたまれなくなるから、このままじゃ問題だ~!と思うという構図。



子供が自分のココロを満たさないで、親が学校に行かそうとしたり、病院に連れて行こうとするから、長引くってこともあるんじゃないかと思うのね。

だってね、自分を満たせば次に何をしたいか、何をやりたいかって、自分の中からわいてくるものだから。

それが心のエネルギーをためるってことでもあるんじゃないかと思う。



「で、ほんとうはどうしたい?」

これって、自分のハラの声、魂の声、自分の本音に気付く、すごい質問なんだと思う。


私はODも不登校も、子供が「このままの苦しい生き方はちょっと違う」って出しているSOSだと思ってます。

だから、表面的な治療とか、ノウハウじゃなくて、

子供自身が「自分が何をしたいのか。自分がどうしたいのか?」

そこに気付くために起こっていること、と思うのです。

そんな魂レベルで気付きが起こり、自分らしく生きられるようになると、子供は動きだします。

そのためには、親の私達も、自分の「本当はどうしたい?」に気付くのが大事かなと思います。


岡田さんのセミナーの感想ではなく、私の体験シェアになってしまったけれど、OD不登校で悩むお母さんに、何か気付きにつながればうれしいです。


~~~~~~~~~~~

岡田さんの「自分が自分のセラピスト」セミナーでは、「本当はどうしたい?」に気付く、ワークと、理論も盛りだくさんでした。

その「自分が自分のセラピスト」のお話しシェア会を10月に大阪市内で開催します。

どなたでも、参加OKで~す。



「で、本当はどうしたい?」を、ワークをやりながら、楽しくシェアできたらと思っています。

もっと話を聞きたい~実際どんなふうにしたら、自分の本音に気付くの?などなど、

興味をお持ちの方、メッセージなどでご連絡頂けると嬉しいです^^

リアルに、変わり続けている私のお話しもさせていただきますよん。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●2学期に入って欠席は2日。遅刻しながら学校に行くことができています

こんにちは。前川陽子です。

このところ、バタバタしていてブログ更新できていなくてごめんなさい。

岡田さんのセミナー感想も書きたいことがたくさんあるんだけれど、今日は、こんな嬉しいお声をいただいたので、先に、ご紹介させてくださいね。

この前のランチ会にも参加させていただき、少し考えを変えて、

子供に気になることはあるけど、できるだけ気にしないようにし、仕事を休んでいるし、

自分に意識をむけてしたいことをしてみました。

少し気が楽になり、自分のことも考えるようになってきました。

そのせいかどうか、(子供は)夏休みに補習にも行けなかったのに、2学期に入って欠席は2日。

遅刻しながら学校に行くことができています。
 


ほとんど送り迎えですが。

授業時間のカウントダウンが始まったこと、楽しみにしていた行事があったということもあると思うので

まだまだ安心はできないけど、見守っていきたいと思います。

ランチ会に行ってよかったです。

またぜひ、いきたいです。


とっても嬉しいご感想ありがとうございます❤

前回のランチ会から、みなさんの気持ちを吐き出すだけではなく、

それについて、私から思うこと、感じることをお伝えさせていただいています。

お話しするのは子供についての悩み、なんだけれども、

結局は「お母さんがどう感じるか?どう思うか?」

お母さんが、自分に意識を向けるようになるだけでも、お子さんに変化が現れることもあるんですよ。


ODも不登校も子供の問題だけど、親の意識、心のあり方が大きく関係しています。


岡田さんのセミナーで感じたことも、私がお伝えしていることも核は同じです。

「自分の本当の思いに気付くこと」

OD不登校に悩む子供も、親も、それぞれが自分の本当の思いに気付いた時、現実を変える第一歩が見つかります。

これはホントに大事なことで、ODから抜け出すためにも、「本当はどうしたい?」ということがカギなんですよ。 

どんな問題(に見えることも)結局は、自分の心に向き合うことで解決していくことができます。

親も子も、みんな、楽に生きていっていいのにな~と思う私です。

明日もODママで集まります。

気持ちが楽になるきっかけづくり、そんなお茶会にしていきますよ!







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●岡田哲也さんの「自分が自分のセラピスト」セミナー@大阪 その2

こんにちは。前川陽子です。

前回の 岡田哲也さんの「自分が自分のセラピスト」セミナー@大阪 その1 からの続きです。

岡田さんいわく、



『悩みとは、

でごちゃごちゃ考えているか、

もしくは、そのことで、

がいたたまれないか。

のどちらか。』
 


 

うんうん、頭=思考 心=感情 ですよね。

多くの問題は、「考えることで、答えを見つけよう」とするけれどそこには答えはないんです。

通常のカウンセリングやセラピーでは、心=感情を見ていくことが多いですよね。

でも、岡田さんのセッションのやり方を見て、めちゃめちゃ腑に落ちたのは、一番大事なのは、

感情を開放することではなくて、(それも大事だけど)

魂の声=自分の本音、「で、本当はどうしたいの?」に気付くことだったの。



感情は「あ~こういう感情出てきたな~」って、感じて、いったんわきに置いておく。

そして、自分の「本当はどうしたい?」に意識を向けることが大事。


私は、今まで、「感情の解放」と、「本当はどうしたい?」を別々のものととらえて、それぞれ別々に向き合っていました。

ここが、まず大きなしくじりだったのね~。

この悩みを、頭(思考)→心(感情)→魂(自分の本音)に落としていく『順番が大事』なんですよ。


でね、このほんとうはどうしたい?だけをやってもダメなのね。

よく夢を語る、目標を語る、をやるセミナーとかあるでしょ?

あと、夢が実現しているイメージをする、とかね。

こういうのって、その時は、気持ちがいいのよね。

一時的にテンションも上がるし。ね。

やりたいことを語る、こうなったらいいなぁの目標を見つける、それは大事だけど、でも、それだけじゃ夢見る夢子さんのようになってしまう。

言ってるだけじゃ何も変わらないし、一歩が踏み出せないのね。




ここで大事なのは動く決意!!

そして行動することでいろんな感情がでてくるの。

もう、ありとあらゆる負の感情がでてきますよ。

もう、こんなの感じるくらいなら今のままでいいよ~とか思っちゃうくらいエグいこともあります。

そりゃもうね~、怖いとか恥ずかしい、とか、やっぱりやりたくないとか。そういう感情ね。

私もそんなことの繰り返しですよ。

あと、本当にうまくいくの?とか、このままでいいんじゃないの?とか、そういう思考(エゴの声)も出てきますよ。



でも、

だからこそ、

「本当はどうしたい?」

って、自分に問いかけ続けて、自分の魂の声を信じるしかないの。


魂の声を信じるというのは、自分の本音に向き合うということ。

自分自身を信じるということ。

自分を信じて行動し続けるということ。 

どれだけ自分を信じているか?

を何度も試されているような気がする。

でもね、自分の本音で生きられるようになると、確実に現実は変わっていきます。

少なくとも、私は他人の顔色が気になる人生から、自分がやりたいことをやる人生に変わりましたから。


ただね、この本当はどうしたいにも、落とし穴がある。

実は私はこのセミナーに参加して初めて、この「本当はどうしたい?」の落とし穴にはまっていたことに気付いたんです。

まだまだ続きます。



【満席御礼】
9月20日(火) 起立性調節障害(OD)不登校ママが笑顔になるランチ会


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●岡田哲也さんの「自分が自分のセラピスト」セミナー@大阪 その1

こんにちは。前川陽子です。

8月の終わりに、岡田哲也さん の「自分が自分のセラピスト講座」を受けてきました。

あれから、私、どんどんバージョンUPしています。

レポにまとめようとしたけど私が書くより、内容はこんな感じ~というのは、岡田さんのブログ読んだ方が分かりやすいので、こちらをどうぞ。

http://ameblo.jp/iyashiya1848/entry-12137718002.html   

私なりのレポを、と思ったけれど、体感しないと伝わらないというのが正直な感想です。

もっと知りたい方は、人のレポ読むより、てっとりばやく、岡田さんの講座、受けに行ってください。


ということで、私個人の感想をUPします。

この講座を受けて、今まで私が、断片的に学んでいたことがつながった~!と衝撃を受けました。

私の今までの学びって、「一言で言うと、これやったんや!!!!」

というショックと興奮、です。



でもって、それは、息子が不登校から受け出した方法と、

私自身が癒されて、生きづらさを手放した方法とに共通するものだったんです!!
 

「私が、ODママや、子育てが苦しいママ、生きづらいって思ってるママにに伝えたかったのは、これやったんや~!!!!!!!」

(若干コーフンしております。笑)

と、気がつきました。

ということで、今さらながらですが、岡田さんのセミナーのシェア会を10月にやります!!

また改めて告知しますね。



ではでは、このセミナーで伝えている事って何だったのか?

さらっとお伝えしますね。

岡田さんのブログに内容は全だしされていますが、その核はとてもシンプルなものです。


================


【思考】「悩み・問題」
  ↓
【感情】・自分はどう思っているか?
    ・そのことで自分がどう扱われていると感じるか?
  ↓
【魂】 ・その悩み・問題がなければ本当はどうしたいか?


そして、行動していく、というもの。


=================


悩みを思考から、感情そして、魂の声にまで落としていくのです。

それが本当の自分の望みだから。



つまり、

悩み・問題そのものを解決するのじゃなくて、

本当の魂の声は何か?に気付くことにポイントがあるんです。

多くの相談は、悩み・問題を解決しようとそこを掘っていきますよね。

だけどなんかすっきりしないということが良くありませんか?

それは多くの悩み・問題は、表面的なもので、ダミーだからです。


ほんとはそれ、問題じゃないのよ。

本当の魂の声が分かると、問題は問題でなくなります。

あ、言ってておくけど、これODも不登校もそうだからね。

自分の魂の声=本音 に気付くための表面的な問題に過ぎないから。



魂の声 なんて書くと一気にアヤシイ雰囲気ですが、

魂の声とは、自分の本当の気持ち、本音のことです。 


ここが分からないから、いろいろと迷走してしまうのよね。

あと、常識では~とか、こうあるべきとか、いろいろ考えちゃうから分からなくなってしまう。

でも、「じゃあ、自分はほんとうは、どうしたい?」そこに気付くだけなんだよね。



それと、本音に気付いてから、どれだけ行動するか?

ということ。

行動しないと現実は変わらないからね。



私が息子がOD不登校を解消していく過程では、私が変わっていったことが、とても大きかったのだけれど、

今考えてみると、それは自分の魂の声=自分の本音 に気付いたからだったのね。



それと、当時のカウンセリングの先生に教えていただいたことも、

「本当はどうしたい?」と自分に問いかけ続けることだった。

今の私が、こうしてカウンセラーをして活動しているのも、この「本当はどうしたい?」を自分に問いかけ続けたからです。


でも、私が自身に問いかけていた「本当はどうしたい?」よりも、岡田さんのメソッドは、さらに強力だったんです。


長くなるので続きます。





【満席御礼】
9月20日(火) 起立性調節障害(OD)不登校ママが笑顔になるランチ会


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●起立性調節障害(OD)に似た病気

こんにちは。前川陽子です。

先日、ODかと思っていたら、副腎疲労だったという方からメールをいただきました。

こちらの内容はメルマガ配信しているものですが、ブログでもシェアしますね。

========

以前ブログを読んで、ODと診断されたけど、

自分がやりたいことに直ぐにリタイアしてしまうのは何故か

と思ったのがホルモン検査を受けたきっかけでした。


●●の△△内科で診断を受けました。

原因がわかったから治るよと言っていただきましが、

直ぐに結果を求め、全く変わらない体調に苛立っている子供です。


まあ治療のサプリをきちんと飲めていないのも問題ですが。

ODと診断を受け、なかなか採血だけでは副腎疲労の診断が難しいようなので

そこに至る方も少ないのかと思ったりします。


前川さんが、何か情報をお持ちであれば、

ブログでもいいので教えて頂けたらと思い、今日はメールさせていただきました。

===========

ODかと思ったら違っていた、というお話はよく聞きます。

ODとはまた違う病気であれば、それはそれで心配になりますね。

病院にかかられれているので、不安は担当のお医者様に相談されるのが一番だと思います。


私は心についてが専門で、お医者様ではないので、病気や治療については、はっきりと申し上げることができません。

ですが、私自身、個人的にいろんな情報を集めていた時に出会ったサイトがあります。

http://susumu-akashi.com/category/sickness/adrenal/  

また、このサイトは、副腎疲労以外にも、子供の疲労・睡眠障害についても詳しく書かれています。

参考になることがあるかもしれません。

ご覧になってくださいね。



ただ、私は、病気や不登校と言った、どんな問題でも、

まずはなんでも、今、できることをとりあえずやってみる。

という姿勢が大事だと思っています。



この場合は、もちろん、治療もやるだけのことはやってみる、ですよね?

少なくとも、

・サプリメントをきちんと飲む 

・結果がすぐに出ないとあきらめるのではなく、いいと思ったらとことんやってみる。

ということ、ですよね。


「でも~分かっているんだけど、子供が薬もちゃんと飲まないんです。」

というのなら、お子さん自身が、

治療を信頼していないか、

今、なんとしてでも治したいと思っていない。

つまり、「今のままのほうがいい。」というメリットがあったりします。 


その場合はまず、心のほうを見ていった方がいいと思いますよ。

お母さんが、なにか、情報を・・・いうお気持ちもわかりますが、情報探しの前に、今できることをまずやる!

心の面を含めて、どこで引っ掛かっているのかを探ることも大事ですよ。 


でないと情報ジプシーになってしまいます。

情報は情報としてうまく利用する。

もちろん治療は良いと思うことはやってみる。


それと並行して、心の面を見ていくということが大事。

それが、OD不登校を解消していく近道だからです。

そのことを忘れないでくださいね。

病気について心の面からみた時に、思うことがあります。

長くなるので続きは今日のメルマガでお伝えしますね。

【無料メルマガ】不登校から未来の幸せをゴールにする方法








いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)