―つながるブログ―『∞』
2013-01-18 19:57:31

【1月】インタビュー:アズマカナコさん《電気代500円?!》PART1

テーマ:インタビュー
どうもーくろですーKURO-R1
みなさん!やっと!インタビュー記事公開ですよーう!ラブ

今回のインタビューイーはアズマカナコさん



アズマさんを知ったきっかけは8MUGEN編集員まり女の子4が東京新聞を見た時だったそうです。

その記事とは・・・

『わが家は電気代500円』 (東京新聞 2012/07/01)

毎月500円の電気代で生活している方が東京にいると?!びっくり
是非インタビューしたい!え゛!

と思いブログから連絡をし、くろKURO-R1とまり女の子4インタビューに向かったのでした走。
(最近の8MUGEN編集員は行動力があるでしょうへー




―何故今のような節約生活をされるようになったんですか?

子供の頃に大正生まれの祖母が(実家の)隣でそういう暮らしをしていたんですよ。
祖母は若い頃、戦争の空襲にあい家も焼けて、食べ物もない、電気もない、水もない、何もない状況を体験していました。

その経験からか、私が小さい頃も、洗い物をするときの水も無駄にしないし、
照明も新聞の字が見えなくなる位暗くなるまでつけなかったりしていて。
子供の頃はどうしてそんなことをしているのかなと不思議に思っていました。



―他に周りにそういった方は少なかったんですか?

そうですね。
実家が都内なので、周りはお洒落なイマドキのおばあちゃんも多くて、
なんでうちのおばあちゃんだけこんなに変わっているんだろうと思っていました。

友達が来ても庭で井戸水を汲んでいたり、土に生ごみを埋めていたり。
友達に見られるのが恥ずかしくて。

だけど私はすごいおばあちゃんっ子で、よく一緒にいたりお手伝いもしました。



―おばあさまの影響が強いんですね。ご両親はおばあさまの影響は受けてなかったんですか?

親は物がなくて不便だった時代の苦労を知ってるんですよね。
冷蔵庫とか便利なものが出始めた時代で、憧れもあって。

知り合いに話を聞くと50、60代くらいの人は洋風な暮らしへの憧れがあって、
そういう(物が少なかったり手間のかかる)暮らしは嫌だっていう人が結構多い。
ネガティブなイメージを持ってるのかも知れません。


私は祖母の影響で環境問題とかエコとかに興味があって東京農大に進学しました。
大学に行って環境に良いことは何かなって勉強をしたり、
農家にホームステイしたり、山に植林をしに行ったり、色々ボランティア活動もやりました。

ボランティア活動もいいけれど、毎日できることではないですよね。
そう考えたら小さいことでも祖母みたいに毎日続けるのが一番良いのかなと思って。
毎日なるべく電気を使わないとか、水を使わない、っていうのが大事なんじゃないかなと気づきました。

それから、私も祖母みたいに暮らそうと思うようになりました。

また、大学時代に山登りやキャンプもよくやりました。
何もない無人の山小屋で、電気もガスも水道もない、火も自分で起こしてご飯炊いたり、寝泊りをして。
なんでもある時代に生まれているので、“あ、すごい、こんなにできるんだ”と思って、とても新鮮でした。
あと、大学の時にモンゴルの留学生の家にホームステイをさせてもらいました。
当時のモンゴルの家は物がとても少なかった。
みんなそれで当たり前に暮らしてて。物の少ない暮らし方もいいなと思いました。


まさかこんな暮らしをするなんてその頃は思っていませんでした。
今まで経験したことが全部繋がっていて
結果的にそれらが活かされているんだなと感じています。



―就職もなさったんですよね。それは環境に関係のある仕事で?

それが違うんですよ。
当時は、そういう暮らしをするなら“東京じゃ無理だ、田舎に暮らしたい”と思っていました。

でも先立つものがなかった。
そこで、移住資金を貯めるために3年働いて300万貯めれたら移住しようと思ったんです。
その頃は、田舎に行かないと鶏を飼うとか野菜を作るとか自給自足の生活はできないと思ってて。


そして、就職と同時にはじめた一人暮らしで、できることから実践しはじめました。
仕事をしていたのでいきなり全部はできませんが、
最初は、ほうきで掃除をするとか、ご飯もお鍋で炊くとか、そういうところからはじめて。

その時はまだ洗濯機も冷蔵庫もありましたが、電気の契約も10アンペアにしてみました。
一人だったというのもありますが、少ない電気でそれに合わせた暮らし方をしてみようと。
それで、洗濯機も回すのは週に一回と決めて、小さい物はなるべく洗濯板で手洗いしたりしていました

今は冷蔵庫も使っていませんが、それもいきなり止めたわけではありません。
それまでに年配の方からやり方を聞いたり実践しながら準備をしていました。

冷蔵庫がなかった時代はどうしていたのか聞くと、漬物や乾物にして保存をしていたそうです。
そこで自分で漬物や干し野菜を作るようになりました。

ある程度できるようになって、“もう止めても大丈夫かな”と思っていたときに、
ちょうど震災があって冷蔵庫を必要としていた人がいたので、良いタイミングだと思い、送ることにしました。



―やり方とはどういう方々に聞いたんですか?

近所にいる年配の方々ですね。
戦前生まれの人だと、祖母と同じような生活をしていて、いろいろ教えてもらいました。
本を探しても知りたい情報がなかなか見つからないので、聞いたほうがはやいと思って。
色んな人に聞いてメモして試して、もう取材みたいな感じですよね(笑)。

++++++++++
余談

今回インタビュー時にアズマさんは「電気代500円」の証拠を持ってきてくださいました!
それがこちら!!!


ひゃーえ゛!別に疑ってはいませんでしたが、普段自分が受け取る電気代請求書と同じものに
500円以下の数字が並んでると
「なんだこりゃ!?あんぐり
って気持ちになりますね…。


インタビューに戻ります…ペコリ
++++++++++

―ご家族と一緒に暮らしていらっしゃるということでしたが、旦那さんとかお子さんとかは反対されないんですか?

夫とは会社で知り合って結婚することになって、仕事を続けるのでそのまま東京に住むことになりました。
田舎暮らしの夢は叶いませんでしたが、“じゃあ東京でどこまでできるかな”ってそこで発想を変えて。
祖母も昔、東京でそういう暮らしをしていた訳だから、東京でもそういう暮らしできるんじゃないかなと。


夫は元々あまりエコには興味がなかったので、最初は私が一人で勝手にやっていました。
夫は最初はよく文句を言っていましたが、普段仕事で家にいる時間も短いし、慣れちゃうんですよね。
毎日のことだから、それが当たり前になっちゃって。

でも、やり過ぎると辛いと思うので、私はテレビの無い生活をしていましたが、夫はテレビは見たいと言うので、
お互いの妥協点で、普段は押入れにしまって、見たい時だけ出すということに決めました。

冷蔵庫を止めるのも最初は驚いていましたが、主に料理は私がしているし、近くにお店もあるので、
欲しいときは帰りがけに冷たいビール買ってくることもできるので、特に問題ないようです。

私が子育て中で家に長くいるからこそできるのかもしれないですが、共働きで仕事をしていたころは、
家にいる時間も短かったので、ここまではできませんでした。



―お子さんは?

今6歳と3歳ですけど、生まれた時からこの環境だからこれが当たり前と感じているようです。
もともとエアコンもないから別に熱いとか寒いとかそんなことは言わない。
子供はよく動くので、冬でも暑くなるとよく服を脱いで半袖になったりしています。



―元々冷房とかなくても生きてける身体になってますからねぇ…・

それこそ慣れもありますし、昔の知恵にならって、夏は体冷やすものを食べたり、
冬は体を暖めるものを食べたりという工夫
もしています。

小さい頃からずっと冷暖房の快適な環境で過ごしていると、
環境の変化に弱くなって、すぐ風邪をひいたりすると聞いたことがあります。
子どものためには、快適な環境よりもちょっと不便ぐらいの方が、鍛えられて良いのではないかなと思っています。

子供におもちゃをなんでも買い与える人もいますが、自分で考えて遊ぶことができなくなるような気がします。
我が家はなるべくおもちゃを与えないようにしていますが、そうすると自分で遊びをみつけるんですよね。
家の中で段ボールとか風呂敷とか引っ張ってきて遊んでます(笑)


+++++++++++


今回はここでおしまい!
次回はアズマさんが本を出版されるまでのお話しなどなど!
お楽しみに!


+++++++++++++++ 
8MUGEN 
"∞"ブログTOPへ→http://ameblo.jp/8mugen0909/
8MUGENへメール→8mugen0909@gmail.com 
Follow us on twitter→@8mugen0909
いいね!募集中のFacebookページ→http://www.facebook.com/8mugen0909/
+++++++++++++++

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

8MUGENさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■私も出来ることから始めます

クロワッサンでアズマさんの家の写真を見て、
「私のおばあちゃんの家みたい!」と懐かしくなりました。
余計な物のないスッキリした家!
心に爽やかな風が吹き抜けるような気がしました。
私も、鍋でご飯を炊いたり、ほうきを使ったり、
できる事から楽しんでやり始めてます!

1 ■はじめまして。

初めてお邪魔しまして、コメントさせていただきます。
今、発売中の「クロワッサン」でアズマカナコさんのインタビュー記事を読み、(お若いのに)こんな方がいらっしゃるのか~!とがぜん興味を抱き、こちらのブログにたどり着きました。
「ご主人の反応は?」「お子さんはどうしているの?」などの素朴な疑問も、こちらのブログのインタビューを拝読して納得。
早速、ご本を拝読したいと思います。
貴重なインタビューをありがとうございました。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。