3月23日 満月

テーマ:
3月23日は23時01分天秤座での満月です。

今回は月食で
空に月が出ている時間と食の最大時刻が重なるので観察はしやすいそうです。

ぜひ9時ごろの空を見上げてご自身の浄化とブレス等の浄化をしましょう。


今回は月食で通常の満月より大きなことが成就したり
先の新月での見直しが明らかになり
天秤座らしくバランスの取れた人間関係や美意識にフォーカスします。

又自身の潜在意識にも真摯に向き合って
手放すものは手放し
不調和なものを見直して
新しい風を吹き込んでください。

天秤座の悪い特徴は
物事の持続が出来ない・八方美人でなんでも顔を出す・表向きと違い自分に自信が持てない等です。

自分をしっかりした人間に見せたくて
背伸びして人に意見したりせず
今一度
美しく穏やかに生きる人の過ごし方を手本にするようにすれば
持っていきどころのない妬むような怒りを捨て去ることが出来ます。

桜の季節がやってきましたね。

咲く花、散る花を見送って
美しい時を過ごしてください。


AD

3月9日・新月と皆既日食

テーマ:

太陽暦で3月9日は魚座で新月をむかえます。 

この新月は太陽・月・地球がピッタリと一直線に並びます。 
皆既日食が観測できるのはインドネシアです。
日本でも部分日食が起こり太陽の25パーセントほどが欠ける状態が日本時間の10時50分くらいに観測できます。 

この新月は
不必要な人や物事が突然あなたから離れていくかもしれません。

人間はおかしなもので不必要な事柄、人間関係かな?・・と思っていても
執着や思い入れがあり
それが長い付き合いだったり
思い出が大きければ少し難があっても離れがたいものなのです。

それはそれで人生なのですが
パッと頭に浮かんだ他人の(こんなところがあったのか・・・)って言う感覚は
それが負のものであれば
それ以降長く続く関係の中でクローズアップされることが多いものです。

そのような関係を今まで通り続けるか
時間をかけフェードアウトすることを選ぶか
それはどちらでもいいのですが
上手く離れる事が出来れば又違う意味で最良の人生の方向へと歩めます。

上手く出来ない時には、
また同じ不必要な事が繰り返されるので
良く言う「こんなところがある人なんだ。」と納得して付き合うことです。

ここで大切なの事は
変化を恐れないで
現状にしがみつこうとする自分の心の中を見直すことです。

貴方が思っているほど
困った人や自分本位の人は貴方を必要としていません。

魚座の支配星は海王星で
想像力、幻想、神秘、直感、霊性、夢、無意識などを支配します。

又2つのものの境界を曖昧にすることも象徴しています。
自分と他人、現実と非現実などで
いかに両者を融合するかが今後の生き方にかかわってきます。

さぁ~別れと出会いの季節です。


ほかに星の気になる動きは
お彼岸が終わりひと段落して
4月~8月下旬には火星は蠍座のアンタレスに接近します

火星が蠍座のアンタレスという明るい赤い星とランデブー状態になります。
アンタレスとは火星の対抗者・・・の意味でスリリングな展開です。
 
戦いの星である火星の赤と蠍座のアンタレスの赤、二つの赤色の星の戦いのような展開になります。


花画像より
AD