2013年12月16日(月) 13時40分00秒

●過去にはこだわらない

テーマ:思考心理
過去の過失を、

いつまでも後悔している状態にあるよりは、

将来の失敗をいち早く予防する方がまだいい


過去は、どんなに反省してみても、
さかのぼって修正するわけにはいきません。

反省すること自体は別に悪くありませんが、
よりよい未来を求めての反省にしてください。

前を向いて歩くという目的があってこそ、
過去に学ぶことが意味を持つのです。

未来を向いて考えるなら、
過去はすべて学びの対象となります。

逆にいえば、過去にどんな出来事があっても、

すべて未来への糧(かて)にすることができますから、

過去については一喜一憂することはありません。

過去にこだわるより、むしろ、

これから起こる未来に目を向け、何が必要か、

どんな備えをすればいいか
それを見定めることに注力すべきでしょう。



菜根譚より抜粋
AD

[PR]気になるキーワード

QLOOKアクセス解析 メールはこちらから!
気軽にどうぞ!
$☸-ڿÜῤ †ὅ ᎽὅЦ ☸-