蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院:溜池山王

いつも鼻づまりがあると、つらいですよね。
蓄膿症(副鼻腔炎)に伴う、鼻づまり、鼻水、頭痛、首の痛みを、耳鼻科以外で改善する方法がありますよ。
「抗生物質を飲むことがなくなった。」
「手術をしないですんだ。」
そういったお声を沢山いただいています。

NEW !
テーマ:
● 「ペットボトル温灸」のことを「あさイチ」で紹介されていましたが鼻水にはここです! 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

今朝、9月27日のNHK総合『あさイチ』では、「ペットボトル温灸」のことが紹介されていましたね。

お友達の書道家の太田真采世さんが「ペットボトル温灸を『あさイチ』でやってますよ〜」とメッセージくださいました。

「お灸といえば・・・!」と橋本を思い浮かべてくれて、こうして連絡をくれるって、嬉しいです。^^


さて、「ペットボトル温灸」というのは、鍼灸師の若林理砂さんが考案した「火をつかわずにツボを温める方法」です。


安心のペットボトル温灸/夜間飛行

¥1,620
Amazon.co.jp


具体的な方法は、

1.ホット専用のペットボトルを用意して、80°Cのお湯を入れる。

水100mlを入れてから沸騰したお湯200mlを入れると70〜80℃になります。
先に水を入れることです。

2.温かいペットボトルをツボにあてる


手軽な湯たんぽのツボ版といった感じでしょうか。


今日の番組では、肩こり、不眠の方法を主に紹介していたようですが、鼻水、鼻づまりにオススメな場所をお伝えしますね。


息苦しい鼻水・鼻づまりに


肘の内側で親指側をコリコリしたあたり「尺沢(しゃくたく)」




「尺沢(しゃくたく)」から、前腕の内側を親指側に向かってゴロゴロ転がす




風邪の引き始め、冷えを感じるとき、たらーっと垂れる鼻水に


「大椎(だいつい)」「風門(ふうもん)」




温度に気をつけて使えば、お子さんにもできますよね。

くれぐれも水漏れと、火傷には注意してくださいね。

風邪を引き始めたり、のどが痛くなっている方が増えているので、ぜひやってみてくださいね。

ほかにもこちらで鼻づまり、副鼻腔炎の回復にオススメの方法をお伝えしていますよー!






赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 好酸球性副鼻腔炎でお悩みの方の為の座談会

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。


・「副鼻腔炎がなかなか治らない」と思っていたら、耳鼻科で「好酸球性副鼻腔炎」と診断されました。

・好酸球性副鼻腔炎は、手術しても根本的には治らないし、ステロイド治療しか方法はないと耳鼻科で言われて、この先どうしようか困っています。

 
この言葉は、当院にいらっしゃる患者さんからよく聞く言葉です。

「好酸球性副鼻腔炎」に関する情報は、インターネットで調べても、


・鼻茸(鼻ポリープ)ができて、鼻づまりを起こす
・嗅覚障害があり、進行すると全くにおいがわからなくなる
・鼻粘膜や血液中に、白血球の「好酸球」の増加が見られる
・気管支喘息、アスピリン喘息を合併する
・一般的な副鼻腔炎の薬が効かず、ステロイド内服しか効果が見られない
・手術で鼻茸を摘出してもすぐに再発する

 
と、同じような内容しか出てきません。

なぜなら、「好酸球性副鼻腔炎」は難病と指定されていて、原因不明、治療方針が未確定とされているからです。

そうは言っても、他の方は

・鼻づまりや喘息の症状の波はどうなのか
・薬の量はどのくらい増減しているのか
・改善されることはあるのか


皆さん知りたいですよね。
 

illust328
 





続きはこちらです。







赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 余計な力が入らずに必要な力で歩くために「正しい靴選び」が大切です 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

昨日の記事では、「まっすぐ立ててないことで、鼻の通りが悪くなっている」とお伝えしました。

そのために靴選びも大切なので、今日は靴のお話です。

17年前、わたしは鍼灸師になる前に、ジュエリーの販売員をしていました。

その頃も、今とそんなに変わりませんが(笑)、きれいな制服とヒール靴を履いて毎日お店に立っていました。

足は痛かったです。

「ヒール靴は痛いもの」「痛みに慣れるしかない」と思って履いてきていました。
  
「足に優しい靴」を探し歩き、柔らかい、幅広の靴を選んできました。
  
でも、でも・・・

そもそも、それが間違っていたんです!!!

西村 泰治さんにシューフィットをお願いして、目からウロコでした。


image


「足にぴったりってこういうことだったんだ」

と、健康に携わるわたしも、驚く内容でした。
 
日本全国、海外からも西村さんのシューフィットを求めてやってくる意味がわかります。





西村さんにアドバイスしていただいてオーダーした靴は、5センチヒールでも少しもグラグラしないです。

ちなみに、10センチヒールでも、グラつかなかったって驚きですよね。

しっかり立てること、余計な力が入らずに必要な力で歩くこと、とても大切です。

西村さんの伝えたい靴選びのエッセンスが詰まったご著書

『その靴、痛くないですか? ――あなたにぴったりな靴の見つけ方』

で、正しい靴選びの秘訣を知ってくださいね。


その靴、痛くないですか? ――あなたにぴったりな靴の見つけ方/飛鳥新社

¥1,300
Amazon.co.jp








赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● まっすぐ立ててないことで、鼻の通りが悪くなっているって気づいていますか? 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

ふだんの施術の中で、ときには姿勢指導をしています。

なぜかというと、姿勢によって、鼻の通り方が悪くなるからです。

とくに「鼻づまり」には、首の骨「頚椎」が重要です。





でも、頚椎に問題がある場合は、たいてい腰の骨「腰椎」にも問題があります。

ですので、施術のときに、

「お尻の筋肉をゆるめて〜」

「太ももの裏側をゆるめて〜」


ってわたしから指導されている方もいます。

でも改善方法は、簡単ですよー!

「テニスボールをお尻の下に置いて乗る」

です。

「テニスボールをお尻の下に置いて乗る」ことで、自分の体重の力で、じわ〜っとゆるめられます。


image


ふだん私は、「やわこ」をオススメしています。

「やわこ」と「かたお」と、あるうちの「やわこ」です(笑)


La・VIE(ラ・ヴィ) MAXやわこ 3B-4707/La・VIE(ラ・ヴィ)

¥価格不明
Amazon.co.jp



ボールってコロコロ転がっちゃうけど、2つつながっていると、いろいろと使いやすいです。

この方は、テニスボールをこんなふうに使うことを勧めていました。テープで止めて使う方法より、ずっと良い。ナイスチーフ!







赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 自分の体の状態を感じる時間 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

今日は定期的なわたしの大事な時間、整体師の宮崎先生のところへ行ってきました。





このところ大事な打ち合わせがあったりで、脳が働きっぱなしの日々だったため、連動して体も緊張状態にありました。

なので、施術をしていただいて体が緩んでも、脳の高ぶりが収まらないという感覚を初めて体感しました。

今まで、どんなに神経が高ぶっていても体が緩むと、脳の高ぶりは、多少ならず落ち着くものだったので、連動しないときもあるものだなあと。


「いつ空襲警報が鳴っても、飛び出せる状態ですね」

なんて宮崎先生と話してきましたが、それだけ緊急事態のときは、必要があって、脳も高ぶっているのですね。

でも、脳の緊張状態をマックスにする必要はなく、ほどほどにできると、自分がラクですよね。

1日の終わりに脳も休めて、弛緩と緊張のメリハリを持てるのがベストですが、そうできなかったとしても、

「それだけ今の自分が緊張状態に置かれている」

と理解するだけでも違います。





自分の体で体感すると、施術しているときに描ける景色が増えてきます。

描けているから、患者さんの状態が、鍼灸治療をすることで、どう変わり、また患者さんがどう感じているかがわかります。

わたしに見えていなかった、感じていなかった景色が増えていくことは治療家として嬉しいことです。

明日からの治療に、また誠意を込めてまいりますね!!





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 10月のご予約を開始しています 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

今日も雨でしたね。

わたしは冷えが出ているので、大事なポイントの保温とお灸生活を送っています。





さて、10月のご予約を開始しています。

10月は日曜日の施術がありません。

9月25日(日)は一枠空いています。

乾燥しやすい秋冬は、のど・鼻の状態が悪化しやすいですので、10月からのケアが重要になりますよ!





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●レッグウォーマーやタオルを首に巻いても、「改善されないよ」というときは、厚さを増やしてみて〜

 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

 

このところ、朝晩はかなり冷え込みますよね。

 

鼻づまりや鼻水、風邪の初期に、

 

「首にタオルを巻いてください」

 

とお話しています。

 

同様に、お腹や腰、下半身に冷えを感じるとき、おしっこが近い時には、

 

「レッグウォーマーで足首を保温してください」

 

とお話ししています。

 

わたしが足の冷えを感じてレッグウォーマーをはくときは、冷え度合いでレッグウォーマーを使いわけています。

 

 

image

 

 

ちなみに昨夜は、一番左の分厚いダウンのレッグウォーマーをはいて寝ました。

 

レッグウォーマーをはいたときに 、「冷えを感じない」「暑くない」が、ちょうどいいってことです!

 

レッグウォーマーやタオルを首に巻いても、「改善されないよ」というときは、厚さを増やしてみてくださいね!!

 

ほかにも鼻づまりに効果のある方法をこちらでお話ししていますよー!

 

 

 

 

 

 


赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「10年ほど前から、声が低くなった」とお問合せくださった方へ

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

携帯メールから当院にお問い合わせをくださった方は、

info@hashimotoshinkyu.com

からのメール受信を許可に設定して、再度ご連絡くださいませ。

こちらにもお問い合わせいただいた内容とお返事を書かせていただきますね。


初めまして、「椿鬼奴 声 治せる」の検索で、先生のサイトにたどり着きました。

現在41歳で、10年ほど前から、声が低くなり鬼奴さん状態のまま現在にいたります。

最近、更に低くなってカラオケで歌うのは男性曲になってしまいました。

原因はたばことお酒だと思いますが、こういった例でも改善するのでしょうか?

御審査、よろしくお願いいたします。


橋本より

Yさん、はじめまして、この度は、お問い合わせありがとうございました。


・10年ほど前から、声が低くなり鬼奴さん状態のまま現在にいたる

・その原因が、タバコとお酒



となりますと、声帯が慢性的に炎症して、変形していること考えられますね。

変形しているものは、元に戻りませんが、現在も炎症が続いている可能性もあるので、それはケアしてあげた方が良いです。

炎症が起こっているときに、タバコとお酒は、治癒の妨げになってしまいますので、少しの間お休みして、声が少しでも改善されてきたら、まだ改善する余地はまだありますよ。

よかったら、一度受けにいらしてくださいね。


施術・ご予約に関してのお問い合わせには必ず返信していますので、再度ご連絡いただけると嬉しいです!!





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● アレルギー疾患を引き起こすたんぱく質を特定、アレルギー症状を起こさないことに成功 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。


昨日のNHKニュースに、


ぜんそくなどのアレルギー疾患を引き起こす鍵となるたんぱく質を特定し、マウスを使って、アレルギー症状を起こさないことに成功したと、千葉大学の研究グループが発表しました。

ぜんそくやこう原病などの新たな治療法の開発につながると期待されています。


とありました。





どういうことかと言うと・・・


ぜんそくなどの病気は、アレルギーの原因となる物質に反応した病原性の免疫細胞が血管の外に出て、肺などの組織に入ることなどで発症します。

研究グループがぜんそくのマウスを調べたところ、「Myl9」と呼ばれるたんぱく質が血管の内側に付着して網のような構造になり、病原性の免疫細胞を取り込んで、血管の外に出る手助けをしていることがわかったということです。

そして、この「Myl9」の働きを妨げる物質をマウスに投与したところ、ぜんそくの症状を起こさなかったことが確認された



ということです。

NHK ニュースの全文はこちらです。

ぜんそくやアレルギー症状が重症化しないために、新たな治療法は注目したいですね。

体そのものの免疫力を高めていくことが大事ですが、虚弱な段階の場合には重症化しないことが先決です。

免疫力を高めるのにはこちらの鍼灸治療がおすすめです。






赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● 「ずんと重かった歯の奥の痛みが和らいできたような感じです」 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

急性副鼻腔炎で2日前から歯の奥の痛みと頭痛でお悩みの藤田裕子さんがご来院されました。

裕子さんは、青山や石神井での天然酵母のパン教室レッスンでお忙しくされていて、体調が落ちてきているのを感じていながらも、いらっしゃるタイミングがなかったそうです。

そんな裕子さんが教えてくださるパンが美味しいのと裕子さんの人柄で、橋本も通っているほどなんですよー!


image


まず、裕子さんには、現在の状態を模型や資料でご説明して、鍼灸治療をすることで副鼻腔炎がどう良くなっていくのかお話しました。

その後、ベッドに移動していただき、お着替えしていただいてから、お体を拝見していきました。

裕子さんは日々の疲労からも「気」が不足して力がなくなっていましたので、「気」を補うツボに鍼をしながら、手でもマッサージをしながら「気」を補っていきました。

「気」が充実してきて、皮膚に弾力が出てきたところで、横向きや仰向けで、本格的に鍼やお灸をしていきましたよ。





「副鼻腔炎の悩み改善の鍼灸治療」を終えて、裕子さんはこんなふうにおっしゃっていましたよ。


2日前から副鼻腔炎で歯の奥の痛みと頭痛でお悩みの藤田裕子さんからいただきました


由紀子さん、今日は急な予約にもかかわらず対応していただき、ありがとうございました。

連日の疲労がたまったのか、1週間ほど調子が悪く、2日前からの歯の奥の痛みと頭痛に耐えかねて、かけ込ませていただきました。

以前にも副鼻腔炎で、耳鼻科と歯科をはしごした経験があり、副鼻腔炎にはもう、こりごりでした。

橋本先生のブログやメルマガを以前から拝見しており、またそのお人柄(根っからの癒し系!)も承知しておりましたので、安心しておまかせできました。

鍼は、高校時代に少し痛い経験をしたことがあり、少しこわごわだったのですが(笑)、橋本先生の鍼は痛くない!さされているのに気付かぬほどでした。

場所によって、ちくっと感じる場所もありましたが、ホントにちくっ程度。

むしろ橋本先生が直接コロコロしてくださるお灸と、温かな手でほぐしてくださるマッサージが、本当に気持ちよかったです。

私は普段誰かに触れられることに抵抗があったのですが、橋本先生は、施術前に病状の解説もしてくださり、リラックスして施術していただきました。

クリーム色で統一されたやわらかな雰囲気のサロンなのもよいですね。

橋本鍼灸院の扉を開けると、建物の古さを感じさせない、やわらかな癒しの空間が広がってました(笑)

施術直後は、まだ痛みもありましたが、6時間後の今、ずんと重かった歯の奥の痛みが和らいできたような感じです。

一回の施術で、これはすごいです。

今までは、副鼻腔炎になると複数回通院して、時間と手間がかかっていたので、忙しい私には大変ありがたいことです。

家でのセルフケアについても、詳しく伺ったので、実践してみますね。

また病状がどうなったか、ご報告させてください。

本日はありがとうございました!

またつらいときには、よろしくお願いします(^-^)

藤田裕子より



橋本より

裕子さん、ご来院ありがとうございました。

当院の入っている建物は古いので、初めての方が少しでも不安にならないようにと思っていますが、「やわらかな癒しの空間」と言っていただけて嬉しいです。

急性副鼻腔炎で歯の奥が痛いと、お辛いですよね。

急性副鼻腔炎は初期にしっかり対応すれば治りやすいので、首の後ろとほほ、眉間(みけん)のあたりをホットパックなどで温めてくださいね。

そして、鍼灸治療中に、何度も「気持ちいい」と言ってくださった裕子さん。

まさに「気」が不足しているからなんですよ。

ハードワークなお体を休めにいつでもいらしてくださいね。


裕子さんのようにお忙しい方は、体調の低下を感じてもご自身の体調を後回しにしがちですが、すぐ治療をすると回復がとても早いです。

いったん副鼻腔炎が慢性化すると、治るまでにかえって日数がかかります。

副鼻腔炎で悪化する前に橋本にご相談くださいね。





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)