蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院:赤坂

いつも鼻づまりがあると、つらいですよね。
蓄膿症(副鼻腔炎)に伴う、鼻づまり、鼻水、頭痛、首の痛みを、耳鼻科以外で改善する方法がありますよ。
「抗生物質を飲むことがなくなった。」
「手術をしないですんだ。」
そういったお声を沢山いただいています。


テーマ:
● この時期、皆さん鼻の調子が低迷ぎみです 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

今日も天気は雨で、湿気が多かったですね。

皆さん、体調がいまいちではないですか?





当院に定期的に通われている患者さんも、この時期は一進一退、むしろ悪くなっている方もいるくらいです。

そして、今まで調子が良くてお休みされていた患者さんからのご予約が増えて、毎日満席続きです。

でも、多くの方がそうなので、安心してくださいね。

湿度が高いこの時期は、発汗しきれず、湿気が体内に溜まりやすいのです。

そのため、鼻づまりや鼻水、喘息も出やすいです。

逆に、今の時期に、すごく悪化していなければ、全体的に体調は上向きになっているってことですね。

日常で気をつけることは、

・冷たいものを飲みすぎない
・足首を冷やさない
・お腹を冷やさない

の3つが、簡単で、大事なことですね。

ということで寝るときに、レッグウォーマーや腹巻をしておやすみくださいね^^




鼻水が辛くて、夜眠れないという方はすぐにお越しくださいね。





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● 気温差で鼻水が出てくる「寒暖差アレルギー」の症状でご来院されました 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

先日、副鼻腔炎で、ほほの痛みと鼻声でお困りの小田順子さんが「副鼻腔炎の悩み改善の鍼灸治療」にお越しくださいました。





小田さんがお越しくださったのは、当院の患者さんのひとみさんのfacebook投稿からのご縁でした。

皆様、ご紹介してくださり本当にありがとうございます。

小田さんに、症状をお伺いすると、「気温差で鼻水が出てくる」とのことでした。






気温差で鼻水が出てくる症状を「寒暖差アレルギー」と言いますが、アレルゲンはありません。

一般的なアレルギーとは、体の中に細菌やウイルスなどの異物(抗原=アレルゲン)が侵入すると、それに対抗する物質(抗体)が出来て、無害化して体外へ排除しようとする反応が起きることです。

「寒暖差アレルギー」は、医学的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれていて、7℃以上の気温差による刺激が、鼻粘膜の血管を拡張して、むくむことによっておこっています。

自律神経のバランスや抵抗力が低くなると、「寒暖差アレルギー」を起こしやすくなります。

小田さんには「寒暖差アレルギー」を起こしにくくなるように、自律神経を整えて、抵抗力をあげる鍼灸治療をおこなっていきました。





小田さんは、ほかにも

・肩こり
・左膝の外側


の痛みもお持ちでした。

膝の痛みは、大腿部(太もも)の前面の筋肉の過緊張が原因でしたで、そちらは、1~2分の治療で痛みが消失しましたよー!

全身の施術を終えて、小田さんからはこんな感想をくださいました。


小田順子さんからいただきました

relaxさせていただきました~。

ありがとうございました。

お陰様でお鼻もスッキリ‼

更に、靭帯を痛めてから、膝の調子が悪かった箇所も、痛みが和らぎました。

これからもよろしくお願いします♪


橋本より

小田さん、鼻がスッキリになってよかったです。

膝の痛みも、原因がわかると、不思議なくらい痛みがなりますよね。
 
小田さんとお話していたら、なんだか私も英語の勉強がしたくなっちゃいました。

ぜひまたお待ちしていますね!


「気温差で鼻水が出てくる」というお悩みをお持ちの方はとても多いです。

気温差があっても、鼻水が出てこなくなるように、あなたも体を整えていきませんか。





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 7月の予約受付をスタートしています。 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

今日の午前中は、子育て中のお母さん、Uさんのご自宅へ往診へ伺ってきました。

Uさんもそうでしたが、

「授乳中のために、弱めの抗生剤を半年近く飲んでいるのだけど、治りきらない」

っておっしゃっていました。

耳鼻科医の指示で出されているお薬のことに意見を言える立場ではありませんが、抗生剤を短期間飲んでも改善しないときは、別の方法も考えた方がいいと思います。


さて、先日より7月の予約受付をスタートしています。

予約表の◯、△のところはご予約いただけます。

×のところでも調整可能な場合もありますので、お問い合わせくださいね。

夏休みに入る前に、鼻の調子を整えておくと、飛行機やダイビングで頭痛の心配をしなくて済みますよ。





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 好酸球性副鼻腔炎で手術する病院をネットで検索していたところ、当院を見つけてくださったようです 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

今日は朝から3名の新患さんがお越しくださいました。

Oさんは、耳鼻科で好酸球性副鼻腔炎の手術を勧められていて、手術する病院をネットで検索していたところ、当鍼灸院を見つけてくださったようです。





もし手術をなさるにしても、手術前に鼻の状態も含めて、鍼灸治療で体調を良くしていくことが、術後の回復に役立ちます。

Oさんは、

・好酸球性副鼻腔炎
・アスピリン喘息
・匂いがしない
・鼻水
・鼻づまり
・頭痛

というお悩みをお持ちでした。

Oさんは、

「わたしの周りでは、好酸球性副鼻腔炎やアスピリン喘息の症状を持っている方と出会わない」

とおっしゃっていました。

当院に通われている患者さんには、同じような悩みをお持ちの方が多くいらっしゃるので、皆さんがお話しできるような場を作りたいな、と思いました。

今の時期は周りの湿度が高まって、症状が悪化しやすいですよね。

好酸球性副鼻腔炎でお悩みの方は、橋本にご相談くださいね。






赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● 「昨日は食事の時に点鼻を使わずに済んだのです!」 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

昨日はファッションコンサルを受けてきました。

プロに見ていただくと、世界が広がりますね~。





さて、先日、「ここに来るのが楽しみで、今朝は早く起きちゃいました!」 と言ってくださったSさんが副鼻腔炎改善の鍼灸治療を受けられて、こんなご感想をくださいましたよ。


Sさんからいただきました

昨日は久しぶりにゆったりとした気分を味わう事が出来てほんとうに感謝しております。

あれから、色の濃い鼻水が出てきて、なんだか身体が軽くなったようでした。

なにより額の痛みが消え、視界が広がったような感覚になりました。

まだ鼻詰まりはしているものの、昨日は食事の時に点鼻を使わずに済んだのです!

さらに、寝る前も心地の良い疲れで、朝まで熟睡出来ました。

もちろん、首のタオルもやっていましたが、夜中に出る咳が一切なかった事が驚きでした。

早朝に目覚め、溜まっていた黄色い粘り気のある痰がどんどん出ました。

それを排出する為の咳は出ましたが、いつもの苦しい咳とは全く違いました。

首から上が軽くて、昨日の朝の肩こりも消えています。

たった一回の施術でこんなにも嬉しい変化が起きて、正直大変驚いております。

どうしてもお伝えしたくて、朝早くにメールさせていただきました。

必ず、匂いも戻る!と信じています。

先生と会えて本当に嬉しかったです。

気持ちの上でも、続けたい!と心底思いました。優しいお人柄が身体にもしっかり伝わりましたよ。

次回も楽しみにしています。

取り急ぎご報告まで。


橋本より

Sさん、先日はご来院ありがとうございました。

すっかりお返事した気になっていました。

本当にすみません。

「気持ちの上でも続けたいと思った」だなんて、とても嬉しいお言葉をありがとうございます。

前回の施術後から膿の排出が行われたのですね!

「食事のときに点鼻薬を使わないと、食事できない」って、おっしゃっていましたから、点鼻薬なしでお食事ができるようになって、本当に良かったです。

今は日にちが経過したので、また少し戻ってきたのではないでしょうか。

また、土曜日に底上げしていきましょうね!!





Sさんもそうですが、「点鼻薬を使わないと食事ができない」ということありますよね。

薬を使わなくても、ゆっくり食事を楽しめるように鼻の通りを良くしていきましょうねー!





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 【無料】今すぐわかる副鼻腔炎チェックシート

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

このブログをお読みくださっている皆さんは、「ひょっとして、副鼻腔炎かも」ってお思いになっているかもしれませんね。

そんな皆さんのために、この度、「副鼻腔炎チェックシート」を作ってみました。

「重症度が今すぐわかる!副鼻腔炎セルフチェックシート」を、こちらから無料にて差し上げていますよー!



赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 抗生剤を使い続けたことで崩してしまったもの 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

副鼻腔炎になると、耳鼻科では抗生剤を処方されますよね。

急性期でしたら、抗生剤で完治して治療終了ということで良いと思います。

ですが、慢性化しても抗生剤を使い続けたり、何度も副鼻腔炎を繰り返すようだったら、抗生剤を使い続けたことで崩してしまったものがあります。

それは、常在菌のバランスです。




抗生剤は、悪い菌だけをやっつけるのではなく、良い菌もやっつけてしまいます。

抗生剤を使い続けることで、通常は悪さしない菌が悪さをするようになってしまいます。

ここで少し、わたし自身の話をしますね。

わたしは高校生の頃からアトピー性皮膚炎でよく皮膚を掻いていました。

ところが20代の多忙でストレスも強かった時期に、搔いたところから菌が入り込み、蜂窩織炎(ほうかしきえん)になりました。

蜂窩織炎とは、菌が筋肉層まで入り込み、パンパンに腫れ上がる状態のことです。

30代には、2~3カ月ごとに蜂窩織炎を繰り返すようになり、抗生剤も塗り薬や服用だけではなく点滴もするようになりました。

感染を広げない為の抗生剤は必要だけれど、何度も再発していると、薬ではない、自分の免疫力を高めることが大事だと心底思いました。

そこで、その一つとして、鍼やお灸で自分の免疫力を高めることをしました。





その他に、常在菌を意識するようになりました。

シャンプー、乳液など皮膚につくものを、常在菌のバランスを崩さないものへ。

そして、酵母菌などの発酵食品を摂取することです。

なかでも、こちらで教わった天然酵母液を自分で作って飲むようになって1か月以上たちますが、非常に腸の調子がいいです。


image


裕子さんのところは、天然酵母のことも学べて、美味しいパンも作れちゃう教室ですよー!





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
● 「ここに来るのが楽しみで、今朝は早く起きちゃいました!」 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

今週は、子どもの小学校入学に向けての学校公開や説明会と、鍼灸院を往復する日々でした。

「初めて」は、なんでも大変ですね。

そんな今日、初めてご来院のSさんが

「ここに来るのが楽しみで、今朝は早く起きちゃいました!」

っておっしゃってました。

鍼灸院に来るのが楽しみで早起きしちゃったって、どんだけワクワクしてくれたんですかー!

その言葉に、私も嬉しくなっちゃいましたよ。





さらに、Sさんは

「ここに来たら絶対に良くなるって気がしたんです!」

ともおっしゃっていました。

Sさんは、好酸球性副鼻腔炎(こうさんきゅうせいふくびくうえん)と診断されて、耳鼻科では手術を勧められていています。

Sさんは、今まで他で鍼灸治療を受けられていたにも関わらず、そんな気持ちになって臨んで下さることが、ありがたいです。

Sさんのその気持ちが、周りの全ての見えない力を味方にしているのだと思います。

「気持ち」って「気のせい」ではなく、「体」にも作用してきます。

休日は自然界のパワーをもらって、体を動かすことで気を発散し、充電してきてくださいね。^^





赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「鼻づまり」と「喉の詰まり感」のお悩みでご来院されました

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

先日、60代のHさんがご来院されました。

Hさんは、

・鼻づまり
・鼻茸(鼻ポリープ)
・副鼻腔炎
・のどの詰まり感
・睡眠時無呼吸症候群

の症状でお困りでした。

そこで、お体を拝見して、「副鼻腔炎の悩み改善の鍼灸治療」をおこなっていきました。

Hさんは、「鍼は苦手」とのことでしたので、お灸とマッサージでおこない、ここだけは欠かせないポイントだけ鍼治療をおこないました。

Hさんは最初、「呼吸をすると息苦しい」とおっしゃっていましたが、よくよく拝見すると「鼻づまり」と「のどの詰まり感」の両方から起こっていました。

治療を進めていくと、

「鼻づまりはなくなって、のどの詰まり感だけがあります。」

と、Hさんはおっしゃっていました。





Hさんの「のどの詰まり感」の原因のひとつに「ヒステリー球」がありました。

ちなみに、「ヒステリー球」とは、咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)のことで、ストレスで、のどに何かが詰まっている感じがする症状のことです。

鍼灸では、「ヒステリー球」は「気の滞り」が「のどに溜まったもの」とみています。

そこで、のどに溜まった「気の滞り」を流す治療をしていきました。





するとHさんは、

「さっきより、のどの詰まり感がなくなってきた。」

とおっしゃっていましたよ。

最後に、のどに関係する「頸椎」とのど周りの筋肉を緩めて終了としました。


橋本由紀子 副鼻腔炎改善の鍼灸治療


Hさんは、しばらく通われることになりました。

Hさん、「睡眠時無呼吸症候群」の変化を教えてくださいね。

睡眠時無呼吸症候群の原因が「のど」と「鼻」どちらにあるのか、「副鼻腔炎の悩み改善の鍼灸治療」をしていくと浅い原因の方から解消していきますよー!






赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● はじめてのパステルアートに癒されました 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩みが手術しないで回復する鍼灸院の橋本由紀子です。

先日、初めてパステルアートを体験してきました。

わたしは先日まで、子どもの保育園の父母会の役員で会長をやっていました。

5月末で会長の任期が終了し、晴れ晴れとしています(笑)

役員の最後の仕事として、親子で参加できる講演会があったので、パステルアートを企画しました。


image

年長の娘が描いたパステルアートです。


image

わたしが描いたパステルアートです。


例年の3倍近い参加者で、親子合わせて70名近くの大賑わいでした。

パステルは、茶こしで粉状にして指で描いたり、そのまま描いたりして、傘の絵を描きましたよ。

image


実はパステル、以前持っていたのですが、粉が飛び散るので捨てちゃってました。汗

お絵描きした後に、固定するスプレーをすればよかったのですね。

パステルの淡い色合いや、色の重なりが、楽しくて、眺めていても癒しになります。


image

パステルアートの講師の押田和子さんありがとうございましたー!




赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)