Powerd by gotospace

ジオターゲティング
2008年12月25日 12時01分02秒

2008年 総括

テーマ:市場考察


2008年の予想だよ(‐^▽^‐)


 2008年だからだね 注意





2008年 日経平均予想 [東京 21日 ロイター]ヒアリングは12月17日―20日


市場関係者30人に対しヒアリングした2008年の日経平均レンジ予想では、

高値の平均値が1万8300円(端数切り捨て)
安値の平均値が1万4400円          

関係者の多くは、来年もサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)
問題が尾を引くとみているが、年央から年末にかけては景気回復、
堅調な企業業績を背景に株価上昇を予想している。予想の最高値は2万1000円、

最安値は1万2500円だった。

第一生命経済研究所・主席エコノミストの嶌峰義清氏
モルガン・スタンレー証券ストラテジストの神山直樹氏
草野グローバルフロンティア・代表取締役の草野豊己氏
東証の斉藤惇社長は18日の定例会見
ちばぎんアセットマネジメント専務の安藤富士男氏
リーマンブラザーズ証券・チーフストラテジストの宮島秀直氏
日興コーディアル証券・国際市場分析部長の馬渕治好氏
興銀第一ライフAM・シニアポートフォリオマネジャーの宮田康弘氏
コスモ証券・エクイティ部副部長の清水三津雄氏
<政策対応に遅れ>

市場関係者の間では、サブプライム問題が簡単には解決しないとの見方が広がっている。
信用収縮に対する不安と景気減速が足かせとなり、年前半の株価はさえない展開になるとの見方が多い。
「日本のバブル崩壊や米S&L危機など過去の似たような事例と比較すれば、
今回の問題でも積極的な利下げや金融機関救済策は必須と思われるが、
現状ではそうした危機感は低く、政策対応はやや遅れるリスクが大きい」

(第一生命経済研究所・主席エコノミストの嶌峰義清氏)

「米連邦準備理事会(FRB)はFFレートを最終的に3.5%まで下げるとみているが、
利下げペースは後手に回りそうだ。米国の経済成長率が下がり、円高が日本株の上値を圧迫する」

(モルガン・スタンレー証券ストラテジストの神山直樹氏)

「インフレ懸念が高まったことで米金融政策の手足が縛られる可能性がある。
小出しの政策対応のなかで問題は長引くことになるだろう。
米国経済の低迷は中国など新興国にも影響を及ぼす見込み。
輸出依存度の高い日本にとっては米国向け輸出、新興国向け輸出がともに圧迫されるため、
日本株への悪影響は免れない」とコメントしている。
 
草野グローバルフロンティア・代表取締役の草野豊己氏
対岸の火事とみられたサブプライム問題が長期化すれば、日本経済にも影響を及ぼすとみられている。
 <過剰流動性の効果> 

サブプライム問題が厳しい状況にあるとの認識を示したうえで、
「世界の中央銀行は流動性供給を続けざるを得えない。そのツケはインフレ圧力だ。
来年は流動性が行き場を求めた動きになる」とし、金融相場的な色彩が強くなるとの見方を示した。
「流動性を受け止める第1の候補は米国市場、次は日本とみている。金融のプロから見れば日本は安定した市場だ」と自信をみせた。
 
東証の斉藤惇社長は18日の定例会見

「米利下げや各国中央銀行の流動性供給策などが効果を発揮し、
日経平均は6―7月に2万円近辺の高値を付けるとみている。
日米とも1―3月ごろまでの経済指標は悪いとみているが、過剰流動性の効果で不況期の株高の様相を呈するだろう」との見方を示す。

ちばぎんアセットマネジメント専務の安藤富士男氏

「サブプライム問題はイベントリセッションであり、循環的な景気後退という本当の意味でのリセッションではない。
このため金利引き下げなどマクロの対策で対応が可能だろう」宮島氏は来年の日本株の需給が大幅に改善するとみている
「外国人投資家が2四半期連続で売り越したのは過去10年、例がなかった。
かつ株価収益率(PER)も歴史的な低水準に到達し、2つのボトムシグナルが点滅している。

来年はこれまでの日本株のアンダーウエートをニュートラルに戻す形で、

年金など国内機関投資家が3─4兆円、
ソブリン・ウエルス・ファンドが1.3─1.4兆円、
ゆうちょ銀行が1.5─2兆円

買ってくる公算が大きい」と分析している


(リーマンブラザーズ証券・チーフストラテジストの宮島秀直氏)

国の不良債権処理で保有している株券の市場売却の話はどうなったんでしょうね
 

「米利下げや政府の対策など個別をみると影響力が弱いように考えられるが、全体で効果を発揮してくるだろう。
日米とも年央以降景気が持ち直す。
企業業績はもともと堅調だが、日本の内需にもようやく回復の兆しが出て株価を下支えする」という。

日興コーディアル証券・国際市場分析部長の馬渕治好氏


「4─6月期の景気底打ちを前提に1─3月期に日経平均は1万4000円程度の安値を付け、
夏場にかけて景気改善を織り込む形で1万8500円程度まで上昇する」と予想している。

みずほ投信投資顧問・執行役員の岡本佳久氏
 <イベントリスク>

2008年は8月の北京五輪、11月の米大統領選など大型イベントが予定されている。
日本でも08年中に衆院解散、総選挙が濃厚とみられている。
岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏は「北京オリンピック後の中国経済に対して不安感が台頭する可能性もあり、
順調に推移している企業収益にも水を差しかねない」と警戒する。半面、「五輪による中国のGDP押し上げ効果は1%程度に過ぎない。
これがはく落しても高成長の中国経済に与える影響は軽微だ」
 
(日興コーディアルの馬渕氏

米大統領選については、「民主党のクリントン上院議員が選出されれば、ドルがさらに売られる可能性がある」

(興銀第一ライフAM・シニアポートフォリオマネジャーの宮田康弘氏)

「新しい米国トップが示す新しい世界観が次のシナリオをつくりあげていくことになろう。
新興国を中心とした世界経済拡大が再びクローズアップされ、それに大きくかかわっている日本企業に注目が集まる」

コスモ証券・エクイティ部副部長の清水三津雄氏
(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム;編集 石田仁志)



株だよスイングしなけりゃ損が少ない?-2008-12-25-1

まあ 当然誰も 2008-12-24現在の株価との乖離が惨いですが


 私も 当然 ここまで 悪化するとは思っていませんでした

 今更 ですが


 自戒の念を込めて

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

8941さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。