Powerd by gotospace

ジオターゲティング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年07月31日 23時52分49秒

明日は勝てるのか

テーマ:明日の注目予定

"図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて"

一応 読みました。

まず、この本を買って読んだとしても

トレード勝利出来ることは 出来ないと思います。


理論であり やはり理論は 実態に合わせて構築され

それを 実証されべき 理屈でしかないのです。


実際に 証券会社の投資部門に居る人にとっては

投資動機を より明確に説明するためには 

有用な裏打ちかもしれませんが


私の様な 弱小な トレーダーには過ぎた理論だし

文中に 理論武装すればするほど 

その収益は悪化する と言うような内容も有ったし・・・。


私が 充分に 内容を咀嚼してないことも 有りますが

明日からの トレードで勝てる為の ヒントはほぼ無いと思います。


ただ、株式市場の 実態を有る仮説(理論)で成立させようとしたとき

ファンダやチャートより 説明がつきやすい部分は有ると思います。


しかし、株式市場は やはり 実体経済の動向を色濃く反映したもので有り

そこに 実が有ってこその市場である事は 何ら変わりなしでしょう。


そんなわけで もう少し 市場と付き合い 悩まないと

この本の本当の有用性が 私には理解出来ないかも知れませんが

今のところ株式市場との付き合い方になにも変化は無いでしょう。


多分・・・。


な訳で 銘柄自体は 色々見ましたが

これはて 銘柄も特に無いので

月曜日の 寄付きの 株価動向と

売り超の銘柄に注目していこうかと思っています。

このまま 相場が上がるとすれば

リスクも少なく 買戻しの上昇 (少し)に乗れるような気がするんですが

無理なのかなあ・・。


て所が 今のところの明日の戦略です。


 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年07月31日 14時18分45秒

アマゾンから本到着

テーマ:市場考察

早い・中部在住なので 僻地では無いが

到着早いなあ。


早速 読んでみます。

バラパラと読んで 見たけど

実感として 理解するのには 時間を要しそう

取り敢えず 読んでみます。


でも、読売テレビで放映されている

番組が 最近こちらでも放映されるようになり

これが また 面白い。

たかじんのそこまで言って委員会
「全面対立”悪者は主婦か夫か”&郵政反対議員は18人だ発言…」

http://www.ytv.co.jp/takajin/index_set.html


キー局と違って きわどい発言も有るのね。

7-31


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月31日 00時36分17秒

投資バランス

テーマ:トレードについて

来週の投資バランスを考えて。

このまま 日経が上局面であると想定して。


銘柄別に 投資金額を振り分けてみたい


値動きを監視していた 良く解ってる株

1部銘柄に 資金振り分け 50% 待ち伏せ買い


決算銘柄で気になる銘柄に 30%

こちらも 指値買いの待ち伏せ

朝寄り買い もしくは 寄りを見て少し下値での差し買い

後場寄りぐらいでの手仕舞いぐらいの想定で望みたい。


残り 20%で 値動きの荒い材料系の銘柄を

2回転ほど 回してみたいと思っている



気になる銘柄については 賃借倍率0.5%以下の銘柄と

好決算銘柄当りから ピックアップしたいが

資金の問題 単元の問題も有るので

候補としては 400円上限位迄の株価

5円*10円の呼値になる 2000~4000円ぐらいまでの

100単元の銘柄

1000円の呼値になる

10~40万程度までの銘柄で 絞り込みしたい。


値動きの激しい株は

浮動株に対する 取引量に応じてランク付けすべきかと思っている

取引量と株価の動きの相関関係 この当りに着目した相関関係。

注文した 行動ファイナンスの検証もしたい。


これは 朝のランキングから抽出と

前日のストップ高銘柄 もしくは下落上位銘柄当りから

株価条件に合う物を選ぶことにする。


値上がりのパターンとしては

一気高で天井は貼り付き

上昇しての上値で揉み合い

その後は 下落 元値戻り

押目を作りながら上昇する銘柄

に分類するされると思うが

その いずれのパターンに分類され

その分類される条件が何かを もう一度シッカリ研究したいと思う。


昨年の 傾向と若干 違いが出てきている気がするからだ。

まあ・昨年から 本年まで 殆ど新興銘柄を手がけてないため

新興を見るようになったことで

自分の中に 今まで感じていた経験則による勘と

新興の動きが一致していないから そう感じるだけで

実は 新興の市場の動き自体は それ程変ってないかもしれないが・・。

何せ まだ経験不足なのでその辺を克服するためにも必要だろう。


何せ 新興の動きは大きいし 値幅の取れるのは大きな魅力だ

しかし 被爆したときの 怪我も大きいので 充分気を付けないとね。


チキンで結局 入れない事も考えられるが

基本は コツコツ 負けないこと 

これが 負けないためには一番重要だと思う。


そんなこんなで 8月は やっていきたい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月30日 15時14分18秒

本を注文してみました。

テーマ:市場考察
"最強のファイナンス理論―心理学が解くマーケットの謎"
真壁 昭夫; 新書; ¥ 714

"図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて"
田渕 直也; 単行本; ¥ 2,520

の2册 行動ファイナンスの本は高いので

2册欲しい所を 1册で我慢しました。


http://blog.livedoor.jp/shozo_1964/


田淵さんの方は 上のMBAさんお勧めでしたので1册

比較として 一番安い本を選択。


一応 日本人の著を選びました。


考え方としては 日本市場の 参加者の多くは日本人。

日本人の心理は 日本人に聞くのが一番かという

単純な理由。


でもね 日本の市場も 海外の資金が無いと上がらない

と言う事実もあるわけですから


上記の 2册が為になったら 外人の著作も購入しようかと

考えています。


アマゾンで注文したので 内容は全く不明。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月30日 14時43分02秒

郵政民営化法案の行方。

テーマ:市場考察

色々取り沙汰されている郵政民営化法案

その行方が 株式市場にも大きな影響を及ぼすという論調が多。


折しも 日経平均は 12000円を目指す強い動きとの論調が多い。


この2つに 因果関係があるのか

そして 本当に 郵政法案が可決しなければ

解散総選挙 政治が混迷するのか。


政治混迷すると本当に

株価は下がるのか。


まず、法案通る・通らないについて 解りません

否決 解散総選挙 これも解りません。


しかし、いずれにしても 実態経済に与える影響は

特に無いと思っています。

上がる下がると 話題にしているのは

結果を後付する言い訳が 出来るようにと

考えて、どちらの論調をダしている程度と私は思っています。


確かに 今後の日本経済考えていく上で

郵貯の資金は かなり大きな問題では有るが

将来の経済がどうなっているかも解らないのに

10年後の 民営化の事実だけを元に将来を

予想しても データーが少なすぎますし。

その時の 経済状態など誰も解りはしまん。


それに 政治家など1ヶ月位いなくても 

経済に何の影響も無く それは過去からも 解っている事実。


否決・総選挙無しも 考えられるしね。



とは 言っても 8/5 の国会は


株価を動かす キッカケとしては 充分なインパクトは有るわけだから

通過したからと言っても 下げる理由に使われることも有るわけです。


郵貯の潤沢な資金が 市場に出回って 銀行の業績が危ないとか

言ってね。


市場心理としては 下げたがっている様にも取れる

発言が多く感じますが


上げたい派が少数なんでしょうか・・・。

それとも 下げる心理を煽っておいて 漁夫の利を取ろうとしているのでしょうか。


いずれにしても その辺は 誰にも解らないことで

上げたい心理派と下げたい心理派の資金力で

その状況は動くのかなあとも思っています。


いずれにしても 日経平均は 上がった方が 全ては当面

ハッピーな訳で 上に行けるときに逝っときましょうて事では

大多数の 勢力が一致した意見なのかと思っています。


しかし より多くの 利益を出すためには

一旦 下げておいた方が より大きな利益になるのも事実であり

その流れに 上手くついていくことが 勝利へのシナリオでしょう。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月30日 01時17分13秒

辞めて貰えませんか

テーマ:ブログ雑記

投稿完了後に ポカリスエットの コマーシャル入れるの。

投稿記事完了画面て かなりプライベートな空間。


一番 多く目にする画面だが

却って 反発買うと思うが・・。


この辺に デリカシーの無さ感じますが。

やはり サイバの アメブロの管理責任者の

馬鹿さ加減に 呆れます。


こんな物入れるなら とっとと 不具合改善しろよ。

事前告知もしろよ。

スキンの変更のお知らせだけかい。


私の サイドバー 何故下に下がたままだし。(怒)


と書いて ブログ確認したら 治ってました。m(_ _)m


 


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月30日 00時44分33秒

ドコモ

テーマ:市場考察

NTTドコモ<9437.T>:05年度 第1四半期連結(SEC)、当期22%増2078.60億円、06年3月見通5330億円

2005年 7月29日(金) 15時0分


こちらは 先のクラリオンと違って 好意的な見出し


NTTドコモが新料金導入へ、実質値下げで100億円減収も

2005年 7月29日(金) 18時55分


返す刀で上の タイトル

何処かの証券会社かファンドからクレームが出て

悪材料を書けとか言われたのか。


[東京 29日 ロイター] NTTドコモ<9437 >は29日、「FOMA」と「mova」の料金プランを統一するなどの新たな料金制度を導入すると発表した。料金体系をわかりやすくすると同時に、長期契約者への割引率を手厚くし、囲い込みを図るのがねらい。
 新料金制度で「いちねん割引」を利用した場合、契約2年目以降の基本使用料の割引率を拡大。さらに、「ファミリー割引」と合わせると、10年超の場合、基本使用料が最大5割の割引を受けられる。
 新制度導入は11月1日。事実上の値下げで、中村社長は、8割の顧客が新制度に移行した場合、2007年度に100億円程度の減収要因になる、とした。
 これによる2006年3月期業績への影響は、織り込み済み。同日発表した4―6月連結業績は、営業収益が前年比2.8%減の1兆1871億円だった。


ドコモ、4―6月期の営業利益4%増=減収をコスト削減で補う

*NTTドコモ <9437> が29日発表した2005年4―6月期連結決算(米国会計基準)は、売上高が前年同期比2.8%減の1兆1870億円、営業利益が4.0%増の2876億1400万円となった。昨年導入した携帯電話の通信料金値下げの影響で減収となったが、営業費用の削減で補い、増益を達成した。
 最終利益は、保有する英国の携帯電話会社の株式売却益620億円を計上したことなどから、22.0%増の2078億6000万円だった。
 携帯電話の新規販売台数は減少。ただし、解約率が0.26ポイント低下の0.80%と過去最低を記録したため、4―6月期の契約純増数は約20%増の60万5000台となった。 


ドコモ、11月から新料金制度=実質値下げ、07年度に100億円減収


(時事通信) - 7月29日20時2分更新


決算内容読む限りでは 悪い内容では無いと思うが

シェアーが 微減していたが これも数字のマジック的なところもあり

どちらかというと 悪いと言われながら良く頑張った数字


100億の減収を厭わず 顧客の囲い込みと

後追いのドコモが先に仕掛けたことは評価できる。

まあ・営業利益が2000億以上有るのだから

100億の減収は 加入増加で何とでもなる数字と読むことも出来る。

それに 営業利益の進捗状況も悪くないから

業績は概ね 好調と読んで良い気がする。


まだ 業績面では 余裕を感じるのは私だけかな

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月30日 00時15分56秒

クラリオン

テーマ:市場考察

見出しに注意 恣意なのか(怒)


クラリオン、4―6月期連結営業益3.9%減=開発費増加などで

(時事通信) - 7月29日20時2分更新



クラリオン<6796.T>、2005年度第1四半期連結決算=当期利益4.54億円、前年比-50.0%

[東京 29日 ロイター]


この見出し 見ると 凄く悪化したように感じますが

良く決算書を見れば 四季報の業績予想と変化無し


*クラリオン <6796> が29日発表した2005年4―6月期の連結決算は、国内カーナビゲーション販売の拡大で、売上高が前年同期比8.4%増の457億円と増収になったものの、開発費の増加や積極的な販売促進活動を行ったため、営業利益が3.9%減の19億6400万円となった。経常利益は有利子負債の削減による支払利息の減少などにより、16.2%増の17億1500万円と増加したが、減損会計の適用で最終利益は50.0%減の4億5400万円となった。 

(時事通信) - 7月29日20時2分更新


と 内容と 決算書を読むと 事前情報に 変化無し

減損会計処理の為に -50%で 実質 前年と大きな変化はないと思うが


見出しだけ読めば 凄い悪い決算内容に感じてしまう

情報は正確に書いて欲しいな


経常利益17億1500万で 16.2%増加と


書けば 印象違うよなあ。


て 結果は 事前の情報通りに進捗

可も不可も無い無いよう

ただ デジタル放送というポイントが有るから

それ程 業績の心配は無いかとも思うし


日経の上昇次第かな

後は 日立との業務提携 効果かな


私的には 株価中立

損切りするかの 問題も・・・


ちなみに


ドリームテクノロジーズ<4840.OJ>、2005年6月中間連結決算見通=当期損失は29.25億円、上方修正

[東京 29日 ロイター]


て よく見ると 30億の赤字を 29億2500万円に修正したのみ

で・売上高が 70億で 予想が 59億

安く納品して 数字を何とか上げたのかなあ

利益率の低い機器の販売と有ったけど・・・。


非常に 恣意的


ドリテクニ 何の恨みも・持株も有りませんが

たまたま 目についた記事でしたので 詳細を見て感じました。

クラリオンのタイトルと比較して頂ければ幸いです。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月29日 22時14分40秒

7月最終週

テーマ:週別収支
7月25日 13,995
7月26日 3,568
7月27日 27,961
7月28日 13,115
7月29日 6,200
合計 64,839

吹けば飛ぶような 利益ですが 負けてないので良しとしましょう。

地合いに助けられただけかも知れませんが・・。

日経の流れを読めたと言うことで 満足しておきましょう。


利確・持越しの・利確価格の判断で収益は大きく違う事に

取引金額も週間で2700万となりました。

片道にして 1350万 1%利益なら 13500円ですが

1円抜きでは 0.5%以下になってしまいます。

ここは やはり 課題でしょうね。


月間では 20万のトータル利益

取引総額 7400万円

信用建て玉平均 480万とかなり厳しく持越ししてます。

1日平均収益は 1万円ジャスト

目標2万円/日には 遠く及びませんでした。


月前半 建て玉 600万で身動き取れず

細々とやっていた事にも 利益に繋がらない原因が有ったと考えます。


また、7/21より ドコモ株を 移管して 余力が増えたこと

そこら 地合いが改善したことも 少ないながらも

利益を積み重ねが出来た要因でしょう。


課題で有る 値動きの軽い株への取組みを

引き続き考えていきますが

材料で上下したり 突然買い上がられる銘柄は

やはり かなり集中しないと失敗も多と思いますので

自分のタイミング 監視銘柄を絞り 

値上がり率上位の中から 金脈を見つける 工夫をしたいと思います。

この辺の 銘柄の絞り込みも 事前準備によって その結果は

大きく変化すると思います。


急増したから 飛び乗る この単純な行動心理では

動かないよう 気を引き締めたいですが

やはり、隣で上がる 爆上げ銘柄を見てしまうと

心中穏やかではないのですが

根拠のない 上昇銘柄には 手を出さないようにしたい物です。


損切りについても 基本はしないで ここまで 来ていますが

高地合で有るために その反動も有ることから

損切り・空売りも考えないと逝けないのは

6月から 引き続きの注意点だとおもっています。


8月も引き続き 決算銘柄・材料銘柄に注目が集まり

勝ち銘柄・負け銘柄の明暗がハッキリしてくるだろうし

今日の負け組は明日の勝ち組と言うことも有るし

この辺の 楽しみな 銘柄にも注目したいし

短期で考えれば 中間配当銘柄の注目したい。


なお 上記金額は 手数料・金利を全て除外してあります。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年07月29日 15時11分42秒

7月も終了

テーマ:株取引

高地合の内に内に 7月が終りました。

チビリ・チビリと利益を重ねて 何とか乗り来ることが出来ましたが

それにしても ショボイ利益です。

0.5%積み重ね チキンの本当にチリツモ作戦で乗り切った

7月 ハッキリ言って もう少し 派手に 値幅取りたいです。

苦労多くて 実り少なし。


8月の相場環境がどうなるかは解りませんが

(きっと強いと思います)

上へと向けて 発進して欲しいと思っています。

そして 8月こそは 50万の利益を目標に頑張りたい

そんな 気持ちを新たにして 明日・明後日は戦略の見直しです。

自信を持つこと これさえ出来れば もう少し利幅取れると信じます。


注目のドコモの決算発表


減収・増益 2000億の利益 4-6期


CNBCで解説者のデブの方が 歯切れの悪い解説をしてました。

何処かで 業績不調とか 言っていたんでしょうか。


ナンバーポタビリテイーがどうとか

新機能とか色々 言い訳めいて事言ってました。

ホビーとしての 携帯

道具としての携帯の機能。

いずれは 大きく2極分化していくかも知れませんが

それ程 悲観的に数字を見る必要は無いと思います。


何処でも使えてこそ 携帯電話 この一点が重要であり

PHSが駆逐されていった背景にはこの 問題が一番大きいと思います。


無線ランの 市場規模が どの程度有るかは解りませんが

KDDIが ツーカー 売却を 否定した時点で

ソフトバンクの携帯事業への 参入はほぼ失敗だと思います。

それは 投資に対すする リターンが多くを望めないと私は見ているからです。


商社各社が好決算

三井物産は今日下がってましたが 月曜日は要注目。


その他の 決算も 続々。

週末は 決算内容の流れを考えたいと思います。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。