1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

最終回

2014年10月11日 08時31分23秒 テーマ:ブログ

おはようございます、

先週の今ごろは土浦花火当日でした、最高のパフォーマンスを最高のコンディションで堪能することが出来ました。

今日は東京都赤羽で「北区花火大会 」、来週18日は九州での花火大会「第27回やつしろ全国花火競技大会 」、11月23日に当方花火納めの「長野えびす講煙火大会 」が開催され今年の主要な花火大会も終了となります。

 

お伝えどおり、ここでの今期の更新も今日が最終回です、108日間の長い間ありがとうございました。

 

今後は毎日の更新ではなく、不定期で更新できればと思います。

カウントダウンは来年の土浦花火も、第84回土浦全国花火競技大会100日前から再開する予定です。

 

多くのメッセージ・コメント、連絡などありがとうございました。

  

  

当方へのご意見・お問い合わせ、問題点・苦情などがありましたら下記までお願いします

vot8888@y3.dion.ne.jp  竹内 亮(VOT)



公式発表はまだですが

第84回土浦全国花火大会まで あと 357 

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

土浦花火 今後の期待

2014年10月10日 06時40分56秒 テーマ:土浦全国花火競技大会

こんにちは、

ここでの更新もあとわずかです、土浦花火当日までのカウントダウンを100日前から毎日続けてきましたが、明日でひと区切りとなります、4か月近くありがとうございました。


毎年のことですが、土浦全国花火競技大会実行委員会への希望です。今年は総じてレベルアップしたように思います。

毎年審査の内容が注目されています、片寄ではとの意見も多く見られます、レベルもひじょうに上がり個人の好みも分かれますが、より透明・公正さを希望します。

・花火大会終了後のエール交換、大会の一体感がほしい

・パンフレットの充実(各スターマインに使われる曲名の掲示、大会ルールの明確な掲示)

・点数の公開がない(すべての点数を公開してほしい)、競技前半の作品の点数が伸びない

・審査員の採点で最高点・最低点を省き中心点で評価、危険玉の減点分の公開

・審査員には肩書のない一般や花火の専門家も加わえる

・内閣総理大臣賞に加え、天皇賜杯が授与されるようになれば最高です

・開催可否の基準を明確にすること

・当日までの期間の花火会場の動画・画像を定期的に公開してほしい。

・土浦花火のテーマソング(既存の曲でもオリジナルでも)、これを聞けば土浦花火というもの


希望はいろいろで、意見もさまざまと思います。



公式発表はまだですが

第84回土浦全国花火大会まで あと 358 

AD

反省

2014年10月09日 09時19分50秒 テーマ:土浦全国花火競技大会

おはようございます、

今年も土浦花火が終わり脱力感から抜け出せないでおります。11月にえびす講を控えており、年々快適になっているユーチューブでおさらいです。

今年の反省は、移動についてでしょうか。

昨年一昨年と他県の有志の方へ便乗させていただき帰路には不自由しませんでしたが、今年は当方の車を土浦保険センターへ駐車しました。人出の多さに想定以上の渋滞となり浅はかな見通しに反省です。13時から駐車場解放とのことでしたが、実際は午前中の段階で多くが埋まっていたことも計算外でした。

荷物の調節(キャリーバック、マット、テーブル)トイレの回数の削減は功を奏しております。

特に基本となるアルコールをワインとしプラスチックのワイングラスも準備したこと、後半は運転することを踏まえ温かいスープとしたこともトイレ対策に有効でした。

また、天候はもちろんのこと、例年以上に予習し資料をまとめたこと、タブレットを使用することで暗がりの中のパンフレットを見る必要もなく快適な観覧となりました。

花火大会としては実行委員会の努力が感じられます、審査結果では今年も不満が残りますが、十分楽しむことが出来ました。


当方へのご意見・お問い合わせ、問題点・苦情などがありましたら下記までお願いします

vot8888@y3.dion.ne.jp  竹内 亮(VOT)

公式発表はまだですが

第84回土浦全国花火大会まで あと 359

AD

土浦花火 振り返り

2014年10月08日 09時30分40秒 テーマ:土浦全国花火競技大会

おはようございます、

満足のいく第83回土浦全国花火競技大会は終わり、問題が無く順調ですと10月第一土曜日(2015年10月3日)に次大会が開催されます。



公式発表はまだですが

第84回土浦全国花火大会まで あと 360 日 



今年も来年の為に忘れないように今年の当日の行動を記しておきます。


10月4日 

02:15 横浜市より土浦市へ到着

07:00 起床

09:00 朝食

11:00 近所のスーパーへ買い出し 

13:00 駐車場を確保(土浦市保健センター)

      荷物のチェック(シート2枚・キャリーバッグ1個)

14:20 出発 

     (タクシー)

15:00 花火会場到着

15:10 花火弁当受取

15:30 宴会開始

     (他県の有志の方、桟敷席券を忘れた為助け舟)


17:30 トイレ

17:45 第83回土浦全国花火競技大会スタート


21:30 帰路 予想以上の渋滞

     (自動車)

23:15 帰宅


総勢4名

土浦花火 評

2014年10月07日 07時02分41秒 テーマ:土浦全国花火競技大会

おはようござます、

土浦花火が終わり今年も当方は脱力感に覆われています。来年の土浦花火までの361日を待ちわびております。

ただ、今年も当方は11月にえびす講(長野)が控えておりまだまだ花火モードです。


土浦花火の審査結果の評です、

今年は最高のコンディションで文句なしの運営です、レクチャー花火の要不要論もあるようですが、花火師登場は感動でした。


10号玉の部は、五重芯の小松煙火工業と山崎煙火製造所が圧倒しておりました、芯入りの花火は多くがはっきりとした芯が確認でき完成度が高く、芯無しの花火も大きく広がりのあるもので尺玉の破壊力を存分に堪能できました。マルゴーの事故はひじょうに残念です、曲導を含め最高のテクニックだったはずです。


創造花火の部は、完全に外してしまいました。桟敷席の歓声度合からも田畑煙火と北日本花火興業で間違いなしと考えましたが当方にとって創造花火の予想が一致しません。


スターマインの部は今年もハイレベルでした、野村花火工業・紅屋青木煙火店・山崎煙火製造所・斎木煙火本店はどこが優勝しても文句なしです。当方予想も甲乙付けることが出来ませんでした。他の煙火業者との差もなくなってきております、やや危険玉が多く減点対象となったケースも見られましたが、テクニック・個性が前面に出ておりました。

気になる点は、山内煙火店の和火は毎年評価が低く納得できません、華やかさ至上でしょうか。


内閣総理大臣賞は今年も野村花火工業の出来レースでしょうか危険玉がなかったのがポイントです、10号玉は小松煙火工業がゆるぎないものであり、スターマインは山崎煙火製造所が歓声度合から一歩リードと考えますが、大曲同様の紅谷青木煙火店は省かれたようです。個人的にはプログラムの打ち上げ順からも山崎煙火製造所が減点が小さければ最適かと。できれば他県の有力煙火業者(14回中2度のみ)へのチャンスを広げてほしいものです。



毎年のことで今年も審査結果に大きな疑問・不審感もありますが、来年こそは改善してもらいたいものです。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>