いつもセトモノ

テーマ:
セトモノとセトモノと
ぶつかりっこするとすぐわれちゃう

どちらかがやわらかければだいじょうぶ
やわらかいこころをもちましょう

そういうわたしはいつもセトモノ


最近CMでも流れされている相田みつをさんの詩です。

当たり前のことですが、その通りと思わさせるのは何故でしょうね?
一体やわらかいこころとはどんなこころでしょうか?


大きな桶の中に満々と注ぎ込まれている水のようなこころを持ちたい。
どんなセトモノでも包み込めるそんな水のようなこころがほしい。

でも、そういうわたしはいつもセトモノ





AD
マスターズ開幕と言えばオナラリースタート。
野球で言うところの始球式であるが、
このところはアーノルド・パーマーとゲーリー・プレーヤー、
そしてジャック・ニクラスの3人で行なうのが恒例であった。

しかし86歳になるパーマーさんはご高齢ということで今年から辞退することになった。
介助者に付き添われて来場する姿にかつての精悍さはないものの、
いるだけその存在の大きさを感じるのは、きっと彼の培ってきた人徳なのであろう。

驚きは80歳のプレーヤーであった。
現役時代から小柄体型のハンディーを補う厳しいトレーニングで有名だったが、
スピードこそ落ちたものの、当時と全く変わらないスイングであった。
パトロンの歓声の大きさがフェアーウェイ中央を捉えるグッドショットだったことを教えてくれた。

帝王と呼ばれた史上最強のゴルファー・ニクラスも今年76歳になる。
癌との闘病から復帰し、数年前からこの舞台に戻ってきてくれてはいるが、
その姿を見れるだけでも幸せなことである。
100年先でも語り継がれるであろう伝説のゴルファーなのだから・・・

全盛期を思わせるアップライトなスイングは依然健在ということで・・・・
それでもやはり歳をとったな~と思いました。
間合いやタイミング、仕草は全く当時のままなのですが・・・

思えば86年マスターズ、ニクラス奇跡の大逆転優勝から今年で30年が経つのです。
当時流行ったデカパターを天に突き上げるバーディー奪取の光景は
19歳の私の脳裏にしっかりと焼き付き、その感動と共に今なお蘇ってくるのです。

目映いばかりに輝きを放っていたあの時のニクラスが・・・・ なんと・・・

時間が過ぎたんだな~  本当に過ぎ去ったんだな~
 
今現在から30年後、我ら同年代は皆・・・・人生の終盤を迎えているはず・・・
その時になお、フェアーウェイの中央を打ち抜けるような生き方をしておきたいものだと、
今日のオナラリースタートを見ていて感じた次第です。




AD

一生不悟

テーマ:
一生不悟とは、”いっしょうふご”と読むようですが・・・

先日相田みつをさんの美術館に行った際に見つけました。

一生燃焼
一生感動
一生不悟

という作品の中の言葉です。

最近テニスの錦織圭さんがこの作品に感動したそうで・・・・

ただ、1行目、2行目の意味はよく分かりますが、
3行目との繋がり合いが、どうもピンとこないのです。

不悟・・・・悟れない? ・・・・学び続ける。


こんな解説をしている人がいました。

この作品は逆から読むと意味が分かりやすいと・・・

一生悟れなくてもいいから、一生感動しながら、命を燃やし続けていたい。

なるほど・・・

とかく人は歳を重ねるごとに、物事を理解し迷いのない境地に達したいと思うものである。
しかし、迷いのない世界とは、命を燃やし続けるような感動のない世界なのかもしれません。

彼の作品の中には『一生青春』という言葉もありますが、
生涯において1つとして納得出来る作品がなかったそうで、
それも命を燃やし続けるために、あえて納得しなかったのかも知れませんね。



この作品、私にはこのように感じ取れます。

日々の生活の中にある、迷うこと、悩むこと、苦しむこと、
それらを天から授かった自身の課題と受け止めて、
あえて正面から立ち向かい、乗り越えようと必至に生きること。
それこそが、その人なりの輝きある人生の過ごし方なのだ・・・・と。。

そして、今この時、迷い、悩み、苦しんでいる人たちへの
彼からの熱いメッセージなのではないかと・・・・・









AD