87年会 〜同世代で日本を元気に〜

1987年4月2日~1988年4月1日生まれの「同い年(同世代)」で日本を元気にしよう!という趣旨で運営しております。

公式HP:http://87nenkai.net


テーマ:

松浦1


松浦 拓平
映画会社 映画マーケティング担当

1987年生まれ。中央大学経済学部経済学科卒業。 現在は松竹株式会社映像統括部映像戦略室に所属しマーケティングを担当。働く傍ら有名放送作家の元でバラエティ番組企画、竹下通りの店舗デザイン、無料カフェランキング1位を獲得したiPhoneアプリの開発など現在も数多くのプロジェクトに携わる。




自分の名前で仕事がしたい。


「やりたいことをやる」ためには、起業するしかないのだろうか。いや、企業に属することで得られるものも必ずあるはずだ。もちろん会社にもよるが、勤めることでむしろ夢を実現しやすくなる場合もあるかもしれない。今回取材した松浦さんは、現在某映画会社に勤めている。そして同時に、カフェやシェアハウスのデザインなど、個人で10以上のプロジェクトを展開している。「会社にいようがいまいが、とにかく自分の名前で仕事をしたいです。自分をかってくれる人と働きたい」とても精力的に活動する松浦さんを奮い立たせるもの。それは意外にも【偉人】だった。




納得できる、COOLなことを。 

 「とても多くのことに挑戦されてますが、その軸は何ですか?」

 「そもそも、自分がCOOLと思えることしかやりません。自分が楽しい、カッコイイと思えて、みんなもイイネって思ってくれること。自分が納得できて、自信をもって紹介できることだけ、それが前提です。さらに具体的には、『場』を完成させて、『場』を通して人と人を繋いでいきたいと考えてます」松浦さんの特徴は、判断基準がとても明確で、すばやく決断できるところだ。この決断力が、彼の意欲的な活動を支えている。新しいことを始めるときこそ、ふつうなかなか動き出せないものである。彼はどうやって、自信をもって決断できるようになったのだろうか。

松浦2





 1,200人以上の偉人の存在。 


 「どうすればそんなにズバッと決断して、パパッと行動できるようになれますか?」

 「読書のおかげかもしれません。大学生のとき、3年間で1,200冊以上もの本を読みました。3時間かけて大学に通ってましたからね(笑)司馬遼太郎、太宰治…本は人の人生を表していて、ぼくの中には大量の偉人や文豪たちの生き方が入っています。読書を通して、成功する人たちがとる行動の共通点というか、最大公約数みたいなものが見えてきた気がします」1,200冊、これは並大抵のインプット量ではない。「大学1年のときは、ちょっと遊んでましたね(笑)読書どころじゃなかったです。でもある日親父に『目ぇ覚ませ!』って怒鳴られて、覚めました(笑)」

本当にユニークな人で、これを機に真剣に本を読み始めたそうだ。「ぼくは自分の直感を信じています。なぜならぼくの決断や行動こそ、今までインプットしてきた考え方の集約だと思うからです」彼の決断力は、読書に裏づけられたものだった。【偉人】の生き方に刺激を受けた松浦さんは、若いうちにさまざまなことに挑戦しようと決意した。

松浦3





 まずはとことんやってから。 

-「最後に、同世代の25、26歳の方へのメッセージをお願いします」

-「あえて失敗をとりにいくくらいの意気で、どんどん行動してほしいと思います。もちろんぼくも同じです」松浦さん自身も多くの失敗をしてきたが、とにかく立ち上がるのが早い。「落ち込みそうなときこそ、すぐ次の行動を起こします。考えてるヒマがあるなら、動いたほうがいい」松浦さんは、やると決めたら徹底的に取り組む傾向がある。「とことんやれば、自分に向いてるかどうかすぐにわかります。向いていないと思ったら、すぐにやめる。悔しいし勇気がいるけど、時間を割くのがもったいないので」

本気で取り組むからこそ、彼はやめるという決断も早い。だからこそ、自分がやりたいことに向かって、次に自分はどう行動すればよいかを、すばやく判断することができる。「たとえばぼくもアプリ制作とかしたかったですけど、何度やってもすぐエラー出しちゃうんですよ(笑)エラーが出たら何も進まないんで、もうアプリ開発の場合はデザイン面だけで関わるって決めたんです」限られた時間で、何をするか。時には失敗したり諦めたりもしながら、自分ができることを全力で模索していく。ひとりで実現できないときは、仲間を探し、補い合って成し遂げていく。周りの人や環境のせいにせず、ひたむきに行動を積み重ねる姿勢こそ、松浦さんの強みではないだろうか。





編集協力/勝野 小百合
撮影協力/永山 史弥 




松浦5


 (編集後記)

松浦氏発言録。「読書以外には、簿記の勉強を始めましたね。結果的にその道には進みませんでしたが。受験勉強? もちろんとことんやりました。昼メシ注文するときの『カツカレー』以外しゃべらなかったですね。カツカレーすら噛んで言えてませんでしたね」…悩む前に徹底的にやってみるという姿勢がにじみ出ている発言でした(笑) 




松浦6


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

87年会〜同世代で日本を元気に〜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。