• 01 May
    • あと1ヶ月?!

      こんにちは。今日から5月!GWが土曜日から始まりましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?今日明日は私も旦那もお仕事の為、私たちのGWは水曜日からとなりそうです。さてここ最近のお話と言っても、今は産休のため、生徒のレッスンにしか行っていない私なのですが…先週、久しぶりに母校にお邪魔し、大好きな体育の先生に結婚と妊娠の報告をしてきました。本当は担任の先生にも会いたかったのですが、残念ながらこの日は出勤日ではなかったようで…ですが大好きな先生とお話しでき、そして沢山の思い出の詰まった高校の空気を吸え、また若さ溢れる芸高生(見知らぬ私にみんな挨拶をしてくれる礼儀正しさ!私そんなのしてたっけなぁ…)を見る事ができ、パワーを貰えた気がしました。無事に出産したら、また担任の先生にも今度は会いたいので、春になるまでにお邪魔できたらなぁ…なんて。そしてこの日芸高に訪れるキッカケをくれたえりちゃん!学校に訪れる前に久しぶりに一緒にランチを食べ、その後芸高に出勤するえりちゃんにノコノコと付いて行ってしまいました。中学から仲良くして貰っていますが、今や奥さんになり、オケで働き、母校でレッスンもして…羨ましい限りです!えりちゃん、時間をつくってくれてありがとう!そういえば先日、私たちの住むところが主催する両親学級に行って来ました。出産までのビデオを見たり、沐浴の説明を受けたり、お人形さんで服の脱ぎ着の練習をしたり、旦那さんの妊婦体験をしたり、出産後の説明を受けたり…ととても充実した両親学級でした。どんなパパママが来るのかな?と行く前は不安だったのですが、ほぼみんな同年代で、優しい方ばかりで、何よりみんな初めての事なので(当たり前ですが)、一緒に悩んだりアタフタしたりして、私だけではないんだ!と少し安心できました。我が旦那はというと、出産までのビデオを見て1人ウルウルしていたらしく、更に妊婦体験ではこんなに重かったのか…と苦しい顔をしていました(笑)この歳になって、新しい知識を入れたり、初めての事を体験したり、色々と勉強するのは大変ですが、こうやって旦那と一緒に頑張れるのは心強いものです。出産もついに来月、早ければ今月末にも産まれてもおかしくない我が子。今は陣痛って?出産ってどれだけ痛いの?無事に産まれるかな?ひとりの人間をちゃんと育てられる?と不安不安不安…でいっぱいです。ですが、私の母も、祖母も、なんなら今電車に乗っている人も通った道なので、母は強い気持ちで、我が子を迎えてあげたいと思います。もう9ヶ月後半になるのですが、お腹はどうやら小さめの様です。今まで24年、色んな本番・舞台を経験してきた私ですが、出産は未知すぎて、本当に世の母親達には頭が上がりません。とブログを書いてある間も、元気に私の肋や横っ腹を蹴ってくれています。笑まずは後もう少しの妊婦生活、風邪など引かず元気に過ごせる様にしたいと思います!皆さんにとって素敵なGWになります様に!

      12
      テーマ:
  • 28 Mar
    • 2月・3月のおはなし。

      こんばんは。そしてご無沙汰しております。2月3月は披露宴準備やコンクールなど、色々あり、あっという間に3月28日です。気付けば我が子も8ヶ月になり、着々と大きくなってきています。さてさて、2月はというと、特にヴァイオリン面では何もなかったのですが、3月の友人だけの小さな披露宴を行った時に、姉さんこと伊藤亜美、石田の紗樹さん、さりちゃんにお願いして、一緒にチャイコフスキーの弦セレの2楽章を演奏してもらいました!更にこの日は旦那の誕生日という事もあり、途中からハッピーバースデーの曲に移り、そしてまた弦セレに戻るというサプライズも一緒にしてもらえ、何よりこんな豪華なメンバーと演奏でき、本当に嬉しかったです!また高校からの友人の作曲家の坂東くんに、パソコンなどを使ってその場で一曲作ってもらい、その後即興で坂東くんと私で演奏したりと、これまた超豪華でとても嬉しかったです!みんな本当にありがとう。そして3月10日にはさくら草に久しぶりにお邪魔し、演奏してきました。前半は日本の春の歌を中心に演奏したのですが、やはり良いですね〜。ヨーロッパの人も春を今か今かと待っていた様に、日本人もやはり春が大好きなんだな〜と。もちろん私も虫さえいなければ、春が一番大好きです!笑そして後半にはモーツァルトのソナタを演奏させてもらったのですが、同じ曲で先日、この日もピアノを演奏してくれた岩下真麻ちゃんと、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクールに出場し、特別賞を頂きました。妊婦になるとこんなにもバランスが取りづらく、疲れやすいのかと実感すると共に、演奏していてもお構いなしの我が子の激しすぎる胎動に、なかなか苦労させられましたが、本番はモーツァルトの音楽の美しさ、楽しさにどっぷり浸かって演奏する事ができました。1位には先ほど披露宴でも演奏してくれた、石田の紗樹ちゃんのカルテットが入っていて、聴きたかったな〜と。そのカルテットでヴィオラを弾いている樹神有紀ちゃんと、昨年沢山共演をしたピアノの向田さん、本当に優秀な後輩の齋藤澪緒ちゃん、大学の同期の田辺くんと共に、7月にコンサートをする事になりました。これまた豪華すぎるメンバーな上に、産後1ヶ月程での復帰に、今は戸惑いと不安しかないのですが、産後初めてのコンサート、どんな音になったのか聴いて頂けると嬉しいです!「若手演奏家による室内楽の夕べ〜メンデルスゾーン170年・ブラームス120年 没後に寄せて〜」2017年7月26日(水) 18:30開場 19:00開演ミレニアムホール(台東区生涯学習センター2階)全席自由 3,000円 高校生以下1,500円(未就学児入場不可)皆様お時間ありましたら、是非とも宜しくお願い致します。さてさて、プライベートの方の話を少しだけ…2月末には、留学時代いつメンとして仲良くしてくれていた、弥生ちゃんの披露宴が大阪であり、お祝いをしに行ってきました。本当に綺麗で、本当に素敵な式で、関西人ならではの笑いの溢れる幸せな時間でした。ゆりなちゃんにも久しぶりに会えました!そしてその1週間後には、表参道のbambooにて、お互いの友人合わせて40人ほどで、私たちの小さな披露宴を行いました。自分たちの大好きな友人たちに囲まれた、なんとも幸せな時間を過ごすことができました。ケーキカットもしたのですが、bambooさんのお食事が本当に美味しく、バタバタしながらもしっかり口に入れて味わいました(笑)二次会にも沢山の友人が残ってくれており、最後までにこにこハッピーな1日でした!そしてホテルに移動してから、旦那のお誕生日を2人でお祝いしました。こちらのケーキはホテル側が用意してくれて、これまたとても美味しい美味しいケーキでした。私からのプレゼントとして、この日はアパートメントホテル神楽坂のスイートルームに宿泊し、のんびり2人で翌日のお昼まで過ごしました。と、プライベートのお話はこの辺にしておいて…出産まであと77日、我が子が無事に産まれてくる様に、無理せず、しかし次の本番に向けて準備もしっかりして、残りの妊婦生活を楽しみたいと思います。

      11
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 2017年は色々初経験!

      こんにちは!気づけば1月も最終日、皆様に新年のご挨拶をするタイミングをすっかり逃してしまいました…2017年が始まり、生徒のレッスンや、家族と親戚だけで行った挙式、祖母のお葬式、3月に行う友人だけの披露宴の準備などなど、バタバタしていました。さてさて、前回のブログからの日々ですが、年末年始は初めて主人の実家にお世話になり、お義父さんとお義母さんに沢山甘えてしまいました。本当に優しい両親で、楽しくて幸せな3泊4日を過ごさせてもらいました。東京に帰ってからは、自分の両親が姉の家に集まっていたので、そちらに顔を出しに行き、主人が初めて我が家の愛犬の散歩に挑戦していました。散歩に行く前に、私たち夫婦の来訪を喜びすぎて床におしっこしたのを、しっかり踏んでしまった主人は、とても悲しそうな顔をしていました。笑そして1月8日は、ユヴェントスの定期演奏会で、ブラームスのアヴェマリアと、ヴォルフの妖精の歌、マーラーの交響曲第3番を演奏しました。共に頑張った2ndのみんなと!本番までなかなか上手くまとまらず不安でしたが、本番は今までで1番素晴らしい演奏だったと思います。また沢山の方からもお褒めの言葉を頂戴し、とても嬉しかったです。ただしかし!2ndはとても良い仕事をしているにも関わらず、なかなか気付いて貰えないのが残念でした。大好きな同い年女子たち♡今回は初めてゆうちゃんにも出会え、更に楽しい+華やかな同い年女子でした!本当、何でこんなにみんな綺麗で優しいのでしょう…みんないつもありがとう♡打ち上げでも大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごせました。暫くユヴェントスには参加できなくなるのですが、またちょくちょくみんなに会いに行きたいな!と思っています。そして1月21日には、奈良ホテルにて前撮り、神前式、家族親族のみの食事会を行いました。奈良ホテル入口の階段にて。前撮りでは、テンション高めなカメラマンさんに沢山色々なシチュエーションで撮って頂き、また朝早くから駆けつけてくれた義両親と、記念にチャペルで撮って頂きました。そして奈良ホテル玄関前にて両家記念撮影。白無垢ですが、なんとまあこんなに重いのですね!髪は地毛で結い、色んなものを頭に乗せて…と、バランスを取るのが非常に難しかったです。寒い寒い外でも沢山撮影してもらいました。お食事会では、最後に2人からのお礼ということで、ヘンデルのヴァイオリンソナタを2人で演奏しました。これがまた、打掛で演奏したので、打掛が重くて腕が上がらない、頭も重い、背中も重い…の最悪な状況で、両腕プルプルの中弾ききりました。今後こんな過酷な状況での演奏はないと思うので、良い体験になりました!笑何よりこの素晴らしい奈良ホテルで行えたことが本当に幸せでした。また色々な私の我儘を聞いてくれた主人、そして遠方から駆けつけて下さった親戚の皆様、祝福してくれた義両親、両親には感謝の気持ちでいっぱいです。とこんな幸せな結婚式の前日に、祖母が急逝してしまい、この日を迎えられたのも、親戚の皆様のお陰でした。私の我儘で日取りを変更しなかったのにも関わらず、お通夜やお葬式ではおめでとうと声を掛けて下さったり…本当に優しい親戚の皆様には頭が上がりません。年末に主人と会いに行った時には、元気な姿を見せてくれ、別れ際にはさきちゃんも元気でな!と言ってくれたのですが…本当にいつも明るくて可愛くてムードメーカーな祖母でした。まさかこんな急に、と家族皆思っていたのですが、最後の祖母の顔はにっこりしていて、ああ、良かった…とホッとしました。おばあちゃん、いつも笑わせてくれてありがとう。いつも気にかけてくれてありがとう。おばあちゃんが空から見てくれてると思うと、とっても心強いです。と、こんな話の後に何なのですが、実はこの度赤ちゃんを授かり、今年の6月上旬に出産予定です。祖母の分もお腹の子には元気にスクスク育ってもらいたいと夫婦で願っています。今年になってから、胎動も感じられるようになり、毎日元気にお腹をぼこぼこキックしている我が子に、毎日不安と幸せを感じています。何より体重管理が難しく…年末年始を乗り越えた筈なのに、それから急にぶくぶく太りだし…最近の1番の悩みです。涙ということもあり、実は昨年12月から東京室内管弦楽団の方では産休に入らせてもらっています。今後はオーケストラとソロのお仕事も暫くお休みさせて頂き、生徒のレッスンや小さなコンサート、レコーディングなどがメインになりそうです。今年の7月末には、また素晴らしいメンバー達とカルテット、ピアノクインテットのコンサートで、復帰をする予定ですので、是非とも宜しくお願い致します。2017年は、新しく生まれる命、始まる母親業、産休、復帰、などなど、初めての事ばかりで、不安になったり、落ち込むことも多々あると思いますが、これからは家族3人になりますし、主人と手を取り合って、色々な壁を乗り越えて行きたいと思います。何より、我が子が産まれる事によって、自分の演奏にどう反映するのかとても楽しみなのですが、また、その音を聴いて頂ける機会をしっかりつくれるように、母になっても励みたいと思います。慣れない事ばかりで、また沢山の方にご迷惑をお掛けしてしまうかと思いますが、どうぞ今後とも宜しくお願い致します。2017年も気ままにブログを更新していきますので、花岡沙季をどうぞ宜しくお願い致します。花岡沙季

      13
      テーマ:
  • 28 Dec
    • 2016年も有難うございました。

      こんばんは。2016年も残すはあと3日!私は今日で仕事納めでした。帰りには一年頑張った自分にご褒美で、美味しいチョコケーキを買って、おやつの時間に堪能しました。さてさて、12月は日フィルの定期演奏会に参加させて頂き、とても有意義な一週間を過ごしました。飯守泰次郎先生の指揮のもと、湯浅譲二さんの始原への眼差しIIIと、シューマンのラインを演奏しました。実は私、シューマンのラインには沢山の思い出があり、大好きな交響曲のひとつなのですが、今回日フィルさんで演奏させて頂き、更に勉強になりとても嬉しかったです。私は降り番だったのですが、千葉清加さんと辻本玲さんのブラームスのドッペルコンチェルトは言うことなしに本当に素晴らしく、舞台袖で聴いていても迫力がとても伝わってきました。また同期も同じく2ndでのっていて、久しぶりに会えてとても嬉しかったです!翌週には東京交響楽団さんにお邪魔し、聖徳大学にて第九を演奏してきました。第九も大好きな交響曲のひとつなのですが、ベートーヴェンはどの曲も何回弾いても恐くて恐くて…そこがたまらなく好きなのですが(笑)その翌週には、さくら草にて今年最後の演奏をしてきました。クリスマス前だったので、クリスマスの曲も入れて演奏しました!また来年もどうぞ宜しくお願い致します。クリスマス当日は1日がかりでユヴェントスの練習だったので、イヴの日に主人とケーキを堪能しました。主人にはナイキのスニーカーをプレゼントしたのですが、何故か私は欲しいものが思い付かなかったので、後日にまたプレゼントしてもらう事にしました(笑)昨日は主人の親友がタイから帰国早々我が家に遊びに来てくれ、沢山の和食をおもてなししました。とても美味しい!と言ってくれ、帰る時にはご飯余ってませんか?美味しかったんで持って帰りたいんですが…と嬉しいお言葉を!喜んでタッパーに詰めて渡しました(笑)そしてこんな素敵なお土産を頂いてしまいました。タイの王室御用達だそうで…!写真では上手く伝わらないのですが、とても綺麗で早速食器棚に飾らせてもらいました。と、最近のお話はこのへんで…2016年も本当に色々な事があり、振り返ると入院したり体調を崩す事が多かった反面(つい先週も胃腸炎になり、今も喉と頭が痛いのです…笑)、ベルリンフィルのフックスやハンガリーから来てくれたマリアンナとの共演など、演奏面では嬉しいお仕事や演奏会をたくさん頂け、とても充実し、勉強になった一年でした。1月のユヴェントスでは2ndトップとしてブルックナーの8番と牧神の午後を演奏。2月には、大好きなえりはちゃん、中村くん、主人とモーツァルトの不協和音を演奏。4・5月には阪急文化財団さんのマグノリアホールと、サロンテッセラで真麻とデュオコンサートを。8月には、マリアンナと兵庫芸術文化センターと雑司が谷音楽堂にてデュオリサイタルを。9月には、向田成人さんとミタホールとサロンテッセラにてデュオリサイタルを。同じく9月には兵庫芸術文化センターにて、ミュージックグランプリに出演。また同じく9月には、ベルリンフィルのクラリネット首席奏者のヴェンツェル・フックスさんと向田成人さんでバルトークのコントラスツを白鷹で演奏。11月には東京文化会館でヴィヴァルディの二台のヴァイオリンのための協奏曲を演奏。と、他にも沢山演奏の機会を頂き、本当に皆様に感謝しております。またいつも応援して下さっている皆様には、今年は特に力を貸して頂き、心からお礼申し上げます。来年はまた少し環境が変わる予定でして、また詳しくは来月の記事にでも書かせて頂きますが、今からドキドキワクワクハラハラしております。2017年も変わらず前進あるのみで頑張りますので、どうぞ応援宜しくお願い致します。そして、残り僅かな2016年が素敵な日々でありますように…!皆様、良いお年をお迎え下さい。(先日入院中の祖母に夫婦で会いに行った時のものです。元気にピースをしてくれて、思わず大爆笑な私たちでした)

      20
      1
      テーマ:
  • 24 Nov
    • ご報告。とコンサートたち。

      おはようございます。東京は11月にしてまさかの雪。寒い中満員電車に揺られ、今日は朝から東京室内管弦楽団で清瀬市にて音楽鑑賞教室のコンサートでした。さて、まず初めに私事ではありますが、11月15日に入籍しました。完全帰国してからお付き合いしていた方なのですが、本当に優しい方で、私の仕事のこともきちんと理解してくれています。つい先日のいい夫婦の日も含め、毎日何やかんやありながらも楽しく過ごしております。ヴァイオリンを演奏する際は、変わらず「花岡沙季」で活動しますので、今後とも応援宜しくお願い致します。さて、そんなこんな事があり、ブログがご無沙汰になってしまいましたが、何となく振り返りながら書いていきたいと思います。10月13日には、サントリーホールのブルーローズにて、平日マチネコンサートとして、物集女純子さんのモーツァルトのヴァイオリンコンチェルトを含め、モーツァルトを数曲演奏してきました。平日のお昼にも関わらず、沢山のお客様にお越し頂き、またとても綺麗なホールで演奏ができ、とても嬉しかったです。大好きな純子さんと!そして15日には、芸術家(美術)の森口ゆたかさんの新しくオープンしたサロンにて、オープンコンサートで30分ほど演奏させて頂きました。色々な分野のスペシャリスト達が集まった素晴らしい会で、普段関われない様な方達ともお話ができ、とても良い1日となりました。21日、22日には、日本フィルハーモニーさんにお邪魔し、定期演奏会に参加させて頂きました。鈴木秀美先生の指揮のもと、ハイドンのマーキュリーとベートーヴェン4番とシューベルトの悲劇的という、マイナーでありながらマニアックなプログラムを演奏しました。この度初めて日本フィルハーモニーさんに伺ったのですが、皆さんとても優しくして下さり、演奏ももちろんですが、雰囲気も凄く良いオーケストラでした!また12月にお邪魔するので、しっかりさらわなくては…!!27日には、荒川区の功労者表彰式にてハイドンのひばりと、モーツァルトのアイネクライネナハトムジークをカルテットで演奏させて頂きました。最近はカルテットのお仕事が長らくなかったので、久しぶりに室内楽ができ、とても楽しかったです。そして29日には、八ヶ岳音楽堂にて歌手の秋川雅史さんのコンサートにて東京室内管弦楽団で演奏させて頂きました。宿泊した八ヶ岳高原ロッジ。朝はオフだったので、ゆっくり八ヶ岳を1人でお散歩して、秋の訪れを楽しんでいました。秋川さんのファンの方々もとてもあたたかく、本番は異常気象で大量発生したカメムシと共に演奏しました。今回ヴィヴァルディの春の1楽章のソロも演奏したのですが、久しぶりの春のソロに少し緊張しましたが、楽しんで演奏できました。こちらは本番前日の夕食にて、今回のっていた団員の皆様と!11月6日には、TAMAフォーラムにて、長尾春花ちゃんとバルトークのデュオで、今井信子先生のレッスンを受けました。他にも3グループ出ていたのですが、最後はみんなで44曲目を演奏しました!自分の留学先であるハンガリーの作曲家であるバルトークを、日本で取り組むのはとても面白かったです。また春ちゃんの素晴らしい演奏に助けられ、心地よく演奏する事ができました。何より、ハンガリーものになると血が騒ぐ自分に驚きました。笑 やはりハンガリーが大好きです!13日には、いつもお世話になっているさくら草の桜丘ケアセンターまつりにて、主人(アマチュアでチェロをやっています)と共に演奏をしてきました。顔馴染みの利用者さんも沢山いて、いつも通りのあたたかい雰囲気の中で演奏ができ、更に沢山の拍手を頂き、幸せな時間でした。19日には、東京室内管弦楽団で東京文化会館小ホールにてヴィヴァルディ特集のコンサートがありました。この日私は、高木聡さんとヴィヴァルディの二台のヴァイオリンの為のコンチェルトa minorを演奏しました。何度か東室で東京文化会館の小ホールには立ったことがあったのですが、ソロで立ったのは初めてで、このホールの響きの良さに感動してしまいました。当日はほぼ満席で、今1ヶ月ほど藝大に客員教授でハンガリーから来ている、私の大好きな恩師のペレーニ先生も聴きに来て下さり、また両親もはるばる神戸から駆けつけてくれ、沢山のパワーをもらいました!お陰様でのびのび楽しく演奏でき、ペレーニ先生からも凄く褒めて頂けました。20日には、東陽町のとあるマンションにて、クリスマスツリーの点灯式の後に30分ほど演奏してきました。子供から大人まで沢山の方に聴いて頂け、またとても気持ちの良い響きの中演奏でき凄く幸せでした。さて、来週から3週間は休みの日は1日だけで、後はずっと仕事です。笑今日の急な雪もありますし、体調を崩さない様に、しっかり体調管理をして乗り越えたいと思います。皆さんも風邪など流行っているので、お体大切になさって下さいね。

      13
      2
      テーマ:
  • 04 Oct
    • 9月のコンサート、フックス氏との共演。

      皆さんおはようございます。そしてご無沙汰しております。夏の最後の大詰め本番ラッシュも無事に終わり、夏休みもしっかり4日間も取り、気付けば10月、またいつもの日常生活を送っております。今日は先月に行ったコンサートについて書いていきたいと思います。まずは、9/11(日)に三軒茶屋にあるサロンテッセラにて、花岡沙季・向田成人 デュオリサイタルを行いました。向田さんのお友達さんと、その後輩さんたち。終演後にお話でき、とても嬉しかったです!ハンガリーもの盛りだくさん、そしてヴァイオリンイジメの様な曲ばかり盛り込まれ(全て向田さんチョイス)、それをトークを交えながら皆さんに必死に伝えてきました。笑サロンテッセラの良い響きに助けられ、とても気持ち良く演奏する事ができました。9/17(土)には、庄内にあるMITA HALLにて、11日と同じプログラムで向田さんとデュオリサイタルを行いました。急遽駆け付けて下さった母の友人たち。いつも有難うございます。東京公演とは曲によって微妙にお客様の反応が違うものの、やはりフバイのラルゲットと、ドホナーニのルラリアフンガリカの反応はとても良かったです。私の大好きな作曲家を皆さんにも好きになってもらえると、とても嬉しいものですね。こちらはリハーサル中。細長いスペースなのですが、窓からは飛行機や阪急電車が見え、弾いてる最中も何度かチラッと見てしまいました(笑)今回は、マリアンナとのデュオリサイタルとは全く違う曲で、前回から20日程での本番でしたので、10曲の暗譜は記憶力が悪い私にはリスクが多く、楽譜を見ながらのコンサートとさせて頂きました。見た目は悪かったかもしれませんが、余計な心配なく、伸び伸びと演奏できました。そして18日(日)には、兵庫芸術文化センター神戸女学院ホールにて行われた、ミュージック・グランプリ・フェスティバルでドホナーニのルラリアフンガリカを演奏してきました。このコンサートは、兵庫県出身の活躍する色々な楽器の方8名が選出され、その1人にこの度選んで頂き演奏してきました。ピアノの浅井久視子ちゃんと。彼女とは、第59回全日本学生音楽コンクールにて、楽器は違いますが、お互い中学生の部で1位をとった仲なのです。そして、その時以来の再会で、何だかとても嬉しくなってしまいました。もちろん、終演後にはLINEを交換し、今度ご飯に行く約束をしました!このコンサートでお世話になった足立先生には、感謝の気持ちでいっぱいです。同じ日、兵庫芸術文化センターの大ホールではPACの演奏会があり、お互い本番前にちょこっとだけ会う事ができました!大好きなさりちゅ♡そして翌日は、夕方からついにあの、ベルリンフィルハーモニーのクラリネット首席奏者のヴェンツェル・フックスさんとのリハを、コンサート会場である白鷹の禄水苑ホールで行いました。最初は恐い人かも…?と思っていたのですが、すぐに打ち解け、気付けばフックスさんと、向田さんの音楽の世界にどっぷり浸かっていました。9月からさらい始めたばっかりに(←自分の計画ミス)、全く自信がなかったコントラスツでしたが、そんな事も忘れるくらい、2人との音楽に夢中になっていました。そしてリハは軽く1回通すだけで終わり(笑)、その後白鷹さんで日本酒の利き酒を5杯ほどさせて頂き、そのまま和食の美味しいお店で日本酒を浴びる程飲み…本番当日、フックスも向田さんも私も第一声は、「昨日は飲み過ぎたね。笑」でした。汗20日(火)は、まさかの台風直撃で、このダサい青い長靴を履かなくてはならない程の雨風でした。けれども夜には雨も止み、流石フックスだな〜と。バルトークのコントラスツは、本番直前までフックスが会場にいないというハプニング(ホテルで寝てました)、私のカデンツァ前で楽譜が飛ぶハプニング(私は弾き続けていたので向田さんが拾ってくれました)があり、それはそれはとてもハラハラものでしたが、それも含めて生きた音楽ができた気がします。本当に楽しい本番で、終始こんな事やってみようかな?こんな音がきたぞ!とワクワクしながら演奏する事ができました。そしてアンコールには、モンティのチャルダッシュをこのコンサートの出演者の皆で演奏しました。小鼓の久田さんにも参加して頂いたのですが、和と洋の不思議なコラボのチャルダッシュで、出演者もお客様も大爆笑でした。この日の出演者の皆さんと。左から、サックスの野原朝宇さん、チェロの有梨瑳理さん、私、ヴェンツェル・フックス、ピアノの向田成人さん、能楽大倉流小鼓方の久田舜一郎さん。楽屋にてフックスとさりちゃんと。この後、久田さんのお勧めのお店で打ち上げだったのですが、とても美味しい和食を沢山食べる事ができ、これもまたとても幸せな時間でした。そして翌朝、フックスは浜松へ、私と向田さんは東京へ向かう為新大阪で待ち合わせをしたのですが、新幹線が出発するギリギリまでみんな出会えないという。このトリオは本当にハプニングがつきものです。笑26日(月)には、久しぶりにさくら草へお邪魔し、クライスラーの愛の喜び、愛の悲しみ、美しきロスマリン、パガニーニのカンタービレを演奏しました。夜はフックスが主催の小さなパーティーがあり、フックスが演奏した後に私も、フバイのラルゲットとクライスラーの愛の悲しみを演奏させて頂きました。アンコールには、チャルダッシュをフックスと向田さんと私で即興演奏しました。その後はまた美味しいご飯とお酒を沢山頂き、とても楽しい夜を過ごしました。この夏のリサイタルやコンサートラッシュはこれでやっとひと段落つきました。9月のコンサートでは、向田さんに大変お世話になり、心から感謝しています。久しぶりに、ああしてやろう!こうしてやろう!と、色々仕掛けながら仕掛けられながらの、活きた演奏をする事ができた気がします。また今回のプログラムはどれもハードでしたが、人間無理をしないと、ひとつ皮を破ることができないと私は思うので、今回のハードなプログラムのお陰で、小さな一歩をまた進めたように思えました。本当に刺激的な1ヶ月を有難うございました。また、この夏の演奏会に足を運んで下さった皆様に、心からお礼申し上げます。さて、今月からはまたソロの本番やオーケストラのお仕事で、気付けば年末までいっぱいになりつつあります。この夏自分の体を酷使しすぎたので、その反動が出ない様に気をつけつつ、しっかりと励み、皆さんに聴いて頂けるよう、また頑張りたいと思います。本番後に大好きな日本酒を白鷹さんから頂き、ご満悦な私。

      24
      2
      テーマ:
  • 03 Sep
    • 8月のコンサート報告。テレビ放映告知。

      おはようございます。今日は7時にお家を出て、現在東室のお仕事の為龍ケ崎市へ向かっております。蝉の声も段々と少なくなり、秋を感じられる様になったかと思いきや、先日の大きな台風。テレビで放映される現場の姿に、胸が痛むばかりです。さて、書くのが大変遅くなってしまいましたが、8月19日、21日の花岡沙季 トート・マリアンナ デュオリサイタル、28日のMOGAJOGAダイニングでの演奏に足を運んで下さった皆様、本当に有難うございました。8月19日の兵庫県立芸術文化センター 小ホールでのリサイタルは、有難いことに213名の方に聴いて頂くことができました。最後のリヒャルトシュトラウスが、エネルギー切れで、思う様に弾けなかったのがとてもとても悔しかったですが、終わった後に沢山の方からお褒めの言葉を頂戴し、それはそれはとても嬉しかったです。祖父母も来てくれました。いつも応援ありがとう。母の友人、私の幼稚園の同級生のお母様方も駆け付けてくれました!お母様方、私が幼稚園の頃見ていた姿と何も変わらないという。凄いです。また、写真にはありませんが、可愛い可愛い私の生徒も聴きに来てくれました。Sくん、ありがとう!そして次の日のお昼に、お互いどすっぴんで新幹線に乗り込み、ポッキーを食べながら東京へ向かいました。21日の雑司が谷音楽堂でのリサイタルは、私の大好きな方ばかりに来て頂き、とってもアットホームな雰囲気の中、伸び伸びと演奏することができました。本番前に寒いから!とマリアンナにくっつく私。この日駆け付けてくれた、私の大好きな人たち♡えりはちゃん、まっちょさん、かほりさん、ゆうなさん♡19日、21日と、お忙しい中、そして暑い中お越し下さった皆様、本当に有難うございました。まだまだな部分も沢山ありましたが、今出せる自分の音楽を精一杯出し切りました。終わった後の皆様からの嬉しいお言葉に、マリアンナと共に幸せを噛み締めておりました。今後とも、花岡沙季、トート・マリアンナを宜しくお願い致します。そして次の日は、マリアンナと台風の中東京観光へ!こちらはスカイツリーの340mから…!この後、浅草でマリアンナご希望のお土産をゲットし、東京駅へ送りに行きました。彼女が帰国したのは火曜日だったのですが、私が仕事がある為、ここでさようなら。彼女のお陰で今回の演奏会が成功した訳ですし、彼女と過ごした日本での一週間はとても貴重で、充実したものでした。毎日朝から夕方まで一緒にいても、ずっとずっと話し続けるマリアンナですが(笑)、お互い嫌になる事も勿論なく、寧ろもっともっと大好きになりました!滞在中、彼女と音楽の話をしている時に、「さきはね、日本人が持っていない、いや、ヨーロッパ人でもなかなか持っていない、ヨーロッパボイスというものを持っているの。エステル門下でも持っているのは、さき含めてほんの3人。さきの歌い回し、さきの音楽は本当に日本人とは思えないわ。」と言ってくれて…とっても嬉しかったです。普段、私の演奏について深くは何も言わないマリアンナだけに、この言葉はとても嬉しく、これを自信にもっと頑張りたい!と思えました。マリアンナ、ブダペストでも沢山お世話になったけれども、日本に来てくれてありがとう。Nagyon nagyon köszönöm szépen!!!!そして、先週の金曜日は、この秋からテレ朝で放送予定のアニメのOPのレコーディングに行ってきました。そこで偶然会った高校からの同期と!まだ情報解禁できないのですが、OKになり次第こちらに書きますね!先週の土曜日にまた実家へ戻り、久しぶりに地元の親友みぃと再会♡車でぷんっと迎えに来てくれ、そのまま王将へ。笑 彼女とはもう20年くらいの仲ですが、小1で出会った時と変わらず、とても心優しい、本当に素敵な女性です。お仕事大変やろうけれども、頑張ってね!日曜日は、枚方市にあるMOGAJOGAダイニングでピアノ+ヴァイオリンデュオのコンサートでした。こちらは昼の部。ピアノの安達さんとは初めましてだったのですが、とってもおっとりしていて、休憩時間にはたこ焼きデートしたりと、萌さんのことが大好きになってしまいました!笑弥生ちゃんのファンの方が本当に素晴らしく、昼も夜も来て下さったり、皆さん明るくて元気な方ばかりで、いつもそんな素敵な方々に応援してもらっている弥生ちゃんが、とても羨ましかったです!さてさて、9月に入りましたが、9月もコンサートラッシュです。今月の本当の末にやっと夏休みが少し取れそうですが、それまでは過酷なものとなりそうです。まずは…明日の題名のない音楽会に横浜シンフォニエッタの一員として出ます!あさ9:00からテレビ朝日です!皆様チェック宜しくお願い致します!私は2ndヴァイオリンでデブです!周りがスリムさんばかりなので、きっと見つけやすいと思います!!そして、一時帰国中の向田さんとのリサイタル、まだまだチケットありますので、お待ちしております!!!「リスト生誕205年、没後130年に捧ぐ花岡沙季&向田成人デュオ・リサイタル」9月11(日) 13:30開場 14:00開演 会場:サロンテッセラ チケット:3,000円ベートーヴェン:スプリングソナタリスト:エレジー2番、3人のジプシードホナーニ:ルラリア・フンガリカ、他。9月17日(土) 13:30開場 14:00開演会場:MITA HALL チケット:1,500円そしてこの度、兵庫県出身のスターに選ばれ(笑)、こちらに出演致します。「ミュージック・グランプリ・フェスティバル」9月18日(日) 14:00開場 14:30開演会場:兵庫県立芸術文化センター 小ホール入場無料(要整理券)ドホナーニ:ルラリア・フンガリカそしてそして、あのベルリンフィルの首席クラリネット奏者、ヴェンツェル・フックスさんとの共演はこちら。「ドイツ、ハンガリーと日本をつなぐ熊本震災被災者支援チャリティ演奏会」9月20日(火) 18:30開場 19:00開演会場:白鷹禄水苑 宮水ホールバルトーク:コントラスツブラームス:クラリネット三重奏、ほか。どれも曲がまにあっておらず、もう毎日ストレスと焦りとの葛藤で、精神崩壊を度々しておりますが、自分に負けず、二度とない機会の演奏会ばかりですので、一回一回を大切に、悔いのないようにしたいと思います。私の夏はまだまだ終わりませんが、どうか皆様、応援宜しくお願い致します。

      26
      テーマ:
  • 15 Aug
    • 来日リサイタル。

      こんにちは。皆さま素敵な夏休みをお過ごしでしょうか?お盆休みなど、全く関係ない仕事の私は、世間一般では一体いつからいつまでがお盆休みなのか、把握できていません。さて、世間はリオオリンピックやSMAP解散、色んな話題で毎日盛りだくさんですね。オリンピックでは、小さい頃からコツコツ努力した事が、大きな舞台で花開く選手たちの活躍を見て、何だか自分のやっている事と重なり、毎日感動しています。特に、体操選手たちの演技の美しさ、卓球やテニスの粘り強い試合、水泳選手のほんの数分で決まる試合には、凄く学ぶものが沢山ありました。何事においても、あれだけの集中力とパワーをあの場で出し切れる(出しきれなくても結果に繋げられる)精神力はみんな素晴らしいなぁ、と。目指す舞台は違えど、私も頑張らなくてはな、と思いました。最近本番前というのもあり、情緒不安定な日が多い中、珍しくとっても笑顔な写真をここで。さてさて、いよいよ今週の金曜日、日曜日は、マリアンナとのリサイタルなのですが、現在それに向けて仕事をセーブ中です。そんな中、やはり大好きな東室の仕事には参加したく、8/6に日立市にて家族で楽しめるオーケストラに参加してきました。とーーっても暑い日だったのですが、たくさんのお客様が来て下さり、途中のリトミックのコーナーでは、小さい子供さんも一緒に踊ったり、本当に楽しいコンサートでした。終わった後は、海の見えるカフェでお茶を。隣で、団員さん達がビールをクーーッと飲んでいて、本番に向け禁酒中の私はそれを指をくわえながら見ていました。そしてそれを見て、余計に自慢してくれる皆さん…笑電車に乗る前にパシャリ。電車の中でも宴会が始まり、みんなが美味しそうにビールをぐびぐび飲んでいました…羨ましい。翌週、藝大同期のぷち同窓会&ゆいちのベイビーのハーフバースデー会があり、ちょこっと顔を出しに行ってきました。もうベイビーは可愛過ぎますし、みんなが幸せな気持ちと笑顔になれるゆいちのベイビーは、天使くんだなぁ、と♡久しぶりに集まる同期達は、みんな活躍していて、とても刺激になりました。そしてまた別日に、みゆきとゆいちとベイビーと4人で会いました。私の日焼けの凄さ!昨年福岡で会った時は、まだお腹の中にいたのに、その子がもうここにいるなんて、本当に不思議な気持ちと共に、まるで甥っ子の様に可愛くて仕方ない気持ちでいっぱいでした。2人ともメロメロです。この子になら何をされても良いです、ほんとに。そして帰り際には4人でパシャリ!今度はさりちゃんも一緒に、新しい千カルのメンバーを迎えようね!さて、本番に向けて現在新幹線で大阪に帰省中なのですが、今日の夕方、ついにマリアンナが来日します。無事に到着するのを願うのと共に、本番までのあと数日で、リハを重ねて良いものにしたいと思います。花岡沙季 トート・マリアンナ デュオ・リサイタル日時:2016年8月19日(金) 19:00開演(18:30開場)場所:兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール料金:前売2,500円 当日3,000円 プログラム:バルトーク:ヴァイオリンソナタ BB.28ゾルト・ナーンドル:ワルツカプリースリヒャルト・シュトラウス:ヴァイオリンソナタ、他。チケット取り扱い 芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255花岡沙季 トート・マリアンナ デュオ・リサイタル日時:2016年8月21日(日) 14:00開演(13:30開場)場所:雑司が谷音楽堂料金:前売2,500円 当日3,000円プログラム:バルトーク:ヴァイオリンソナタ BB.28ゾルト・ナーンドル:ワルツカプリースリヒャルト・シュトラウス:ヴァイオリンソナタ、他。お問い合わせhanatekkamen@gmail.com両日とも(特に東京)、まだチケットはありますので、お時間ありましたら、是非とも宜しくお願い致します。そして、8/29にはヴァイオリンデュオ+ピアノのコンサート、9/11には三軒茶屋にてデュオリサイタル、9/17にはミタホール(阪急庄内駅)にてデュオリサイタル、9/18には神戸女学院小ホールにてグランプリコンサート、9/20にはベルリンフィルのクラリネット奏者のフックスさんとの、バルトークのコントラスツの本番があります。皆さまお時間ありましたら、どれもとても面白いプログラムですので、どうぞ宜しくお願い致します。*フルートではなく、ピアノの間違いです。*13:30開場、14:00開演です。ホールの関係上、小学生以下の方の入場はご遠慮下さい。というわけで、私の夏休みはまだまだ先になりそうです。譜読みが間に合っておらず、今から心配と不安しかないのですが、逃げることはできないので、しっかりひとつひとつ向き合って、良いコンサートにしたいと思います。それでは皆様も夏バテに気を付けて、素敵な夏休みをお過ごし下さい。

      16
      4
      テーマ:
  • 29 Jul
    • ハンガリー旅行記

      こんにちは。関東は昨日梅雨明け発表されましたね!それと同時にとてもとても暑い…窓から見える夏雲と、1日中元気に鳴く蝉の声に、夏を感じられずにはいません。世間の子供たちは夏休みに入りましたね。私の生徒たちも夏休みに入った様で、毎週少しずつ日焼けしていっている様に思います。最近は、ラジオ体操なんてあるのでしょうか?私は毎年嫌々ながら、姉と6時半前に近所の公園へ行った記憶があります。さて、今回は先月末から今月頭まで行った、ハンガリーのお話を書こうと思います。7/7で、早いもので完全帰国して1年経ちました。なので、ブダペストを訪れるのは約1年ぶり。今回は、我が東京室内管弦楽団の物集女さんの娘さん(なんと18歳!若い!)も一緒に行く事になり、いつもより少し緊張感のある旅となりました。これで、緊張感があるというのか…?笑6/26に成田空港を出発し、今回はモスクワ経由でアエロフロートを利用しました。初めてアエロフロートを使ったのですが、うーん…時間は特に遅れたりしなかったものの(寧ろ早く到着しました)、ご飯も含め椅子も液晶も、なんだかとっても快適でないという…ですが、ブダペストまで14時間という短さ故だと思うと、グッと堪えるしかないですね。それにしても、帰りの飛行機のご飯は更に酷かった…涙その日の夜にブダペストに着き、今回もさくらんぼという、宿泊施設を利用しました。かれこれ4年前から、さくらんぼさんにはお世話になっておりハンガリー旅行記~出会い編~その1、オーナーさんは変わったものの、ここの自由なシステム、そして練習もきちんとでき、駅近という、好条件ばかりのさくらんぼが大好きで、今回もこちらに決めました。さくらんぼがある、Benczúr utca。本当に静かで、大好きな通りです。この日の夜は、飛行機で散々寝たくせに、また爆睡という…(笑)そして次の日には、お昼に弥生ちゃんとご飯に行き、そのあとバラ型アイスを食べ、イシュトヴァーン大聖堂に行ってきました。大聖堂の中。ここによくブダペストに遊びに来た友達を連れてきたなーなんて思いながら、見ていました。そしてその後弥生ちゃんと別れ、ボギーとお茶へ行きました。いつも気にかけて、完全帰国してからもメッセージのやり取りをしていたボギちゃん。この日も、音楽の話からお金の話、仕事に恋愛の話まで幅広く、熱く語り合いました。それにしても、彼女、私より2歳年下ですよ?見えませんよねぇ。本当に美しいです。ボギちゃん、köszönöm szépen!そして火曜日には、エステルのレッスンに行ってきたのですが、再会をとてもお互いに喜んだあと、さらりとエステル「今日はこの後予定が立て込んでるから、明日レッスンに来て欲しいのよ。だから今日はレッスン無しで!」と言われました。いやいやいや、先生!それはないでしょう〜と思いながらも、流石海外!これぞ海外!笑その後は、さやかちゃんと再会し、Vianでお茶をしました。そんな事件の直後のため、若干顔がお疲れ気味の私。笑そして木曜の朝は、セーチェニ温泉へ朝風呂しに行ってきました。7時過ぎからの〜んびりとお湯に浸かり、日差しを浴びながらのほほん。最高でした。これぞ幸せです。この後にビールを飲むともっと幸せだと思いますが、それは頑張った時のご褒美なので、今回は辞退しました。笑その後は、英雄広場に行き、朝早くから沢山の観光客で賑わう中、私も負けじと写真を撮ってもらい、その後はSzamosで少し遅いモーニングを。そして夕方にエステルのレッスンがあり、バルトークのソナタの1番を見てもらう予定で、いざ弾き始めると…エステル「は?何弾いてるの?私はこの曲なんて言っていないわよ!もっと初期の作品よ!もう〜。さきは大バカ者ね。はぁあ。楽譜を明日持ってくるから、土曜日までに仕上げなさい。」と言われました。私は内心、「え?!聞いてない聞いてない。この楽譜しか日本では売ってないし!というか、木曜に楽譜もらって、土曜にはもうピアノと合わせなんて鬼!」と大焦りでしたが、冷静に「OK、分かった、仕上げてきます。」と言ってしまうという(笑)そんなハプニングのレッスンの後は思い出のLiszt Térへ。ここは、私が住んでいた場所でもあり、大好きなゆりなちゃんとの、いつもの待ち合わせ場所でもある、とーーっても思い出深い場所です。ゆりなちゃんとは「じゃ、リストさん前で!」というのがいつものお決まりで、このリスト像が目印でした。その後は、大好きなレストランにてハラースレーを食べ(また後ほど、滞在中の食だけ集めた記事を書きます。)、夜景を見に行ってきました。こちらはくさり橋。ブダペストのドナウ川沿いの景色は、世界遺産に登録される程、本当に美しいものです。ブダペストに住んでいた頃は、行き詰まったり、日本が恋しくなったり、嫌なことがあった時は、この夜景をふらりと見に行き、また頑張ろうと気持ちをリセットしていました。くさり橋でゆりなちゃんと。ゆりなちゃんとっても痩せて羨ましい!!!今月、ゆりなちゃんも完全帰国をしたので、これからは日本で会えるんだと思うと嬉しくてたまりません。そしてブダペストの夜景といえば、こちら。国会議事堂です。summer vacationということもあり、普段はない、国会議事堂を見る為の船がブダ側に止まっていて、国会議事堂だけを撮ることができず、とても残念でしたが、それにしても本当に美しい。国会議事堂にくさり橋に王宮という最高のショット。この夜景を見て何度ため息を漏らしたことか。この夜景を見て、何度ここに来て良かったと、幸せに感じたことか。これは、マルギット橋から見える夜景です。皆さんも是非、フランツ・ヨーゼフ橋(自由橋)から、エルジェーベト橋を通り、くさり橋を渡り、そして王宮、国会議事堂と見て、マルギット橋を渡ってみて下さい。きっと何度もため息が漏れることと思います。冬の寒〜い、雪の降る前日、乾燥シイタケを持って、この橋を歩いた仲のゆりなちゃん。そして次の日は、楽譜を受け取りに行き、弥生ちゃんとマムートでお買いものをした後、フォーを食べに行ってきました。相変わらずの弥生ちゃんで、ずーっと笑っていました。関西弁で話せるのが本当に心地よく、ブダペストにいた頃は、恋から人間関係まで、幅広く相談にのってもらっていたなぁ、なんて。いつでもズバッと言ってくれる弥生ちゃんが、Mな私にはぴったりです(笑)イシュトヴァーン大聖堂に行った時の写真です。弥生ちゃん、ありがとう!弥生ちゃんとは、8/28に大阪にてバイオリンデュオ+ピアノのコンサートを行うので、また宣伝させて頂きます。そして金曜日は、本当は弥生ちゃん、ゆりなちゃんでバラトン湖に行く予定が、私の勘違いで急遽新しく2日で曲を仕上げなくてはいけなくなった為、泣く泣く諦め、代わりに中央市場にてお土産と果物を買い、その後、セール時期のwest endにて大量に服と靴を購入しました。そして土曜日は、やっと、やっと!きちんとしたエステルのレッスンを受けられ(汗)、その後マリアンナとピアノ合わせをしました。日曜日はマリアンナのピアノとエステルのレッスンに行き、今回の滞在中のレッスンが何とか無事に終わりました。夜は、ゆりなちゃんとまた会い、大好きなレストランでフォアグラなど、贅沢ディナーを楽しみました。そして月曜日の朝にブダペストを発ち、火曜日のお昼に日本に無事帰国しました。今回ハンガリーに行ったのも、実はこの演奏会の為でした。花岡沙季 トート・マリアンナ デュオ・リサイタルバルトーク:ヴァイオリンソナタ BB.28 ホ短調ゾルト・ナーンドル:ワルツカプリースリヒャルトシュトラウス:ヴァイオリンソナタ op.18他。8月19日(金) 19:00開演(18:30開場)兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール8月21日(日) 14:00開演(13:30開場)雑司ヶ谷音楽堂入場料 前売/2,500円 当日/3,000円チケット取り扱い (8/19)芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(8/21)hanatekkamen@gmail.com暑い時期ですが、是非とも皆様、ハンガリー人が奏でるハンガリーの作曲家の演奏を、聴いて頂ければと思います。東京公演では、演奏終了後に同じ会場でマリアンナとの交流の場を設ける予定です。そちらも併せて宜しくお願い致します。さてさて、今回もレッスンでは、容赦なく沢山怒られ、怒鳴られ…でしたが、これぞエステルのレッスンであり、愛なので、あ〜これが受けたかったんだ!と思いながら、先生のレッスンを受けていました。先生の出す一音一音が本当に魅力的で輝いていて、あの音を手に入れたくて、あの音に少しでも近付きたくて、リスト音楽院に留学しましたが、先生のもとを離れ日本で活動する今、だんだんと色々なことを忘れてしまっているのではないかと、いつも不安でした。ですが、そんな不安を先生のレッスンが始まった途端に忘れ、気付くとエステルの世界に引き込まれ、必死にレッスンを受けていました。「さき、あなたはそれでもマスター卒業生なの?!」と言われたり、ため息をつかれたり、散々でしたが、それでも丁寧に教えて下さる先生には、感謝の気持ちでいっぱいです。そして「あなたは、私の生徒。old studentだけどね。でも私の生徒よ。」と言って下さった時には、嬉しくて嬉しくて仕方なかったです。先生に出逢ってはや4年。先生に出逢わなければ、今の自分は絶対にいないですし、何より自分らしさを取り戻せたのも、更にそれを活かして成長できたのも、全て先生のお陰です。先生、こんな出来の悪い私に、時間をつくって下さり有難うございました。先生、どうかこれからも元気で、少しでも少しでも長生きして下さいね。花岡沙季、ペレーニ・エステル

      26
      2
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 26歳になりました。

      こんにちは。ハンガリーへ行ったりなんだかんだしており、ブログがまたまたご無沙汰になってしまいました。先月末から今月頭まで10日間ほど、ハンガリーへ行っていたのですが、それはまた別の機会に書こうと思います。前回の記事はまだ25歳の花岡でしたが、6月23日に無事に26歳を迎えることができました。お誕生日当日は朝から東京室内管弦楽団で音楽鑑賞教室のリハーサルだったのですが、チューニングを終え、一曲目のカルメンを弾き始めようと構え、指揮を見た瞬間(ん?何か緩い?!どうやって入るんだ…?)と咄嗟に思ったその直後、急にみんながハッピーバースデーの曲を演奏し始め…なんと、東室から私にサプライズプレゼントとして、フルオケでハッピーバースデーの曲を演奏してくれました!もう涙が出そうになるとと共に、本当に私の為なのか急に不安になったり、わちゃわちゃしてしまいましたが、凄く凄く嬉しかったです!こんなサプライズは初めてで、企画してくれた我らのコンミス物集女さんはじめ、優しい優しい東室の皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございました。次の日の音楽鑑賞教室で物集女さんと、物集女さんから頂いた可愛いくまちゃんと♡そしてそんな素敵な先輩、仲間で溢れた東京室内管弦楽団ですが、明日、2016年7月17日(日) 18:30開演  会場: 東京芸術劇場コンサートホール GAME SYMPHONY JAPAN17th ConcertSEGA Special 2016GAME SYMPHONY JAPAN × SEGA昨年ご好評いただいた「GSJ SEGA Special」さらにパワーアップして再演! ◆ プログラム祝!「ソニック」25周年歴代の「ソニック」シリーズ より「ぷよぷよ」シリーズ より25周年を祝して、興奮がよみがえる名曲をメドレーで演奏!「スペースチャンネル5」より“あらかた15周年”を記念して、うららが衛星中継でGSJに再登場!「サクラ大戦」 より「シェンムー」 より「デイトナUSA」 より「NiGHTS into dreams…」 より前回好評を博したシンフォニックなアレンジで20周年を祝う!というコンサートを行います。昨年は大変盛り上がり、奏者もお客様も一緒になって楽しめ、今年も是非のりたい!と思っていたので、つい一昨日あった、怒涛の8時間半リハーサルもなんとか乗り切れました。(と、言いながら全く乗り切れていない私。笑)色んなサプライズゲストありの、充実したコンサートですので、是非皆様お越し下さい。7月11日には、The ファンタジーオブクラシックpart.14を紀尾井ホールで行いました。東京室内管弦楽団団員でもあり、作曲もアレンジもする、トランペットの三澤さんの合唱作品「夏」を始め、ベートーヴェンの田園、ブラームスの悲歌、モーツァルトのアヴェヴェルムコルプス、シベリウスのフィンランディアを演奏しましたが、どれもとても素晴らしい作品で、皆様から沢山の拍手と歓声を頂けました。今回初めて田園を演奏したのですが今回取り組み、ベートーヴェンのシンフォニーの中で、田園が一番大好きになりました。ベートーヴェンの作品は、何度やっても何度やってもこれだ!という風に手に入らないのが、私にはとても面白く、奥が深いなぁ、と思います。しかも、歳をとれば取るほど、色んな面が見えてきて、自分の演奏する歳によっても感じ方が違い、飽きがなく、そして技術面も相当難しく、一生かけて取り組めるところがたまらなく好きです。と、私のそんな話は置いて…この日もお越しくださった皆様、どうも有難うございました。そういえば先週、ユヴェントスのチェロパートの女子+いのっちさん、亀井さんで集まり、ご飯を食べてきました。あかりさん、はるなさん、まっちょさんは3人ともとても美しくて大人な女性で、亀井くんはとても落ち着いていて、いのっちさんはいじられていて(笑)…みんな本当に本当に優しくて、居心地がとても良いのほほんとした会でした。あと、出てきた料理がどれも美味しく、ここをサラリと見つけて予約してくれた女性方には脱帽です。何故か男性2人は婚姻届を持った新婚夫婦ごっこ。そうそう、一昨日の凄い集中豪雨、皆さんは大丈夫でしたか?私は東室のリハ後にばっちり引っかかり、傘をさしていても何の意味もなく、地面はくるぶしまで雨水が溜まっていて、ジェラシックパーク以上の雨、水のかかり方をした結果、全身、なんならバイオリンケースまでびしょ濡れになり、急遽まりこさんと川崎駅のショッピングモールに入り、お揃いのお洋服を買いました。実はこのサンダル、まりこさんが買ってくれたんです!!欲しかった形の物ですし、大好きなまりこさんから貰えるだなんて、嬉しすぎました!大切に使いたいと思います。それにしても、髪ももちろんびしょ濡れで、帰りの電車はクーラーがよく効いて、本当に寒かったです。その日の晩は、久しぶりにお風呂のあったかさに喜びを感じました。さてさて、ハンガリーに行ったのも実は、これに向けてのレッスンと合わせの為でした。花岡沙季 トート・マリアンナ デュオ・リサイタルバルトーク:ヴァイオリンソナタ BB.28 ホ短調ゾルト・ナーンドル:ワルツカプリースリヒャルトシュトラウス:ヴァイオリンソナタ op.18他。8月19日(金) 19:00開演(18:30開場)兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール8月21日(日) 14:00開演(13:30開場)雑司ヶ谷音楽堂入場料 前売/2,500円 当日/3,000円チケット取り扱い (8/19)芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(8/21)hanatekkamen@gmail.comこの度チラシと曲目が一部変更となり、日本ではほとんど演奏された事のない、普段出回っている1番のソナタより前の、バルトークが22歳の時に作曲した、調性もあるとてもロマンチックな作品になりました。日本初演とまではいかなくても、滅多に聴けない作品、しかもハンガリー人の作品(バルトーク、コダーイ、ゾルト・ナーンドル)をハンガリー人のピアノで聴けるチャンスですので、皆様是非ともこの機会をお見逃しなく!さてさて、26歳になった私ですが、26歳は健康第一で、必要以上にストレスを溜め込みすぎない様にしたいと思います。そして周りの皆様の助けあっての今の自分ですので、常に感謝の気持ちを忘れずに、横柄な態度は取らず、常に謙虚でいたいと思います。あとは、7/7で完全帰国して1年が経ちましたが、日本での音楽生活もだいぶ慣れてきたので、しっかり励み、日本での自分のスタイルを築き上げ、皆様に少しでも素敵なひととき、思い出をプレゼントできる、ヴァイオリニストを目指したいと思います。どうぞ、これからも応援宜しくお願い致します。何故か変顔で締める。花岡沙季

      10
      2
      テーマ:
  • 20 Jun
    • 25歳ラスト。

      こんにちは。ムシムシジメジメ、梅雨の季節になりましたね。来月で完全帰国して丸一年、今月が「久しぶりに感じる日本の季節」の最後の月となりました。またまた長らくブログの方がご無沙汰になってしまいましたが、一昨日25歳最後の本番を無事に終える事ができました。振り返っていくと、5/29には阪急文化財団のマグノリア・ベストコレクション2016で、池田市にあるマグノリアホールで、真麻と演奏してきました。(本番前の気合いの入った一枚)ホールのスタッフ始め、関係者の皆さんにとてもよくして頂き、気持ち良く本番に向かうことができました。ですが、私の水分摂取不足で後半はずっと、左手と右足がつり、動かなくなった指を弾きながらどうやってほぐすか、そんな事ばかり考えてしまいました。そうならない様にきちんと準備し、起こってしまったどんなハプニングにも、冷静に対処しなければいけない、と新しい課題も見つかりました。(終演後、譜めくりの望ちゃんとマグノリアホールにて)この日足を運んで下さった皆様、どうも有難うございました。そして6/2には、初めて自分たちで企画したデュオリサイタルを、真麻と三軒茶屋のサロンテッセラで行いました。沢山の方の協力、そして何よりお客様のお陰で何とか無事に終える事ができました。演奏の方は、まだまだ反省点の多い演奏でしたが、5/29と同プログラムで臨んだので、余裕を持って演奏する事ができました。また、皆さんにハンガリーの作曲家の良さを知って頂きたく、アンコールにはフバイのプレギエラも演奏しました。やはり、ハンガリーものは、自分にとって思い入れが強く、本当に大好きです。5/29、6/2の演奏会は、帰国してから初めて、ハンガリーものを封印したプログラム(ベートーヴェン、ストラヴィンスキー、サンサーンス、ブラームス)だったのですが、どの作品もつくり上げながら、頭の中にハテナばかりで、これで良いのか?どうすればハンガリーものと変えられるのか?と悩んでばかりでした。お陰で、両日とも本番前に睡眠障害や目の下の痙攣が止まらない、など色々と自分を追い込んでいた様です(笑)ですが、やはり私の音楽は私の音楽、そして何より真麻とつくり上げる音楽で、「私たちの今」を表現したい!と思い、本当に真麻には迷惑をかけてしまいましたが、2人で話し合いながら「今の私たちの音楽」というひとつの形にして、演奏する事ができました。真麻とは高校2年生から、ずっとパートナーとして演奏してもらっていますが、だからこその息のぴったりな部分を、沢山感じてもらえたのではないかと思います。まあちゃん、本当にありがとう。そして何より!今回足を運んで下さった皆様、本当に本当に有難うございました。大好きな教習所のバスの運転手さんと弟さん、いつもお世話になっているさくら草の皆さん、ひょんなきっかけで仲良くなったKさん、東京室内管弦楽団の関係者の皆さん、ユヴェントスの大好きな皆さん、いつも私を応援して下さる優しい皆さん、そして初めましての方、心から感謝致します。はるなさん、まっちょさん♡辛い時はいつも夢に出てきてくれるえりはちゃんー♡♡えりはちゃんの存在に、助けられてばかりです。更にこの日は、ご両親様も来て下さいました。感謝感謝です。そして聴きに来てくれたユヴェントスのみんなが、終演後にご飯に誘ってくれました!嬉しすぎー涙。みんな、本当にありがとう!!!そして一昨日は、大好きなユヴェントスフィルハーモニーと舘野泉さんとヤンネ舘野さんとの演奏会でした。今回はコンサートミストレスを務めさせて頂いたのですが、3曲とも初演揃い、更に苦手な現代曲。何度も嫌になり、何度も諦めそうになりましたが、みんなと少しずつ解読していき、何より舘野泉さんとヤンネ舘野さんの素敵な人柄、そして素晴らしい音楽に救われ、本番では今までで1番良い音楽ができました。(ヴァイオリンパートのみんなと。)楽しみにしていた打ち上げでは、なんと舘野泉さんのお隣の席に座らせて頂き、音楽の話からヨーロッパの話など、沢山お話させて頂きました。(最近また太って肉の塊化している私)緊張したら?など、音楽家としての悩みも沢山聞いて下さり、アドバイスを贅沢にも沢山頂戴してしまいました。有難うございました。また写真はないのですが、息子のヤンネ舘野さんにも沢山お世話になり、ヤンネさんの本当に純粋な輝く音に何度も心打たれ、そしてその音の様なヤンネさんの人柄に魅了されました。有難うございました。そしてチェロトップとして、色々と助けて下さったまっちょさんと♡(私の腕がハム以上の肉の塊で写真をカット。)いつもお姉さんの様に優しく、そして変顔をし合ったりと面白いまっちょさん、大好きです♡いつもながら、ユヴェントスの打ち上げではビールと日本酒を飲みまくり、帰る頃にはベロベロでした。顔のお肉~。またユヴェントスに呼んで頂ける様に、しっかりと励みたいと思います。皆さん、本当に有難うございました。そうそう!5/29の演奏会直後に帰京し、その足でユヴェントスの定期演奏会の打ち上げに参加してきました。これまた大好きな同期女子4人組。この3人に出逢えた事が、私の大きな財産で、同期でこんなに仲良く、そして優しくしてくれる、えりはちゃん、ゆみこちゃん、みずきちゃんが、心から大好きです。日本で過ごす梅雨は久しぶりで、この湿気と雨は本当に嫌ですが、紫陽花の綺麗さにうっとりさせられる毎日です。今週後半にはついに26歳。25歳も残りわずかですが、最後まで有意義な日々を送りたいと思います。最後になりましたが、いつも私を応援して下さる皆様、演奏会に足を運んで下さった皆様、本当に有難うございます。また演奏を聴いて頂ける様にしっかり精進致しますので、今後とも宜しくお願い致します。花岡沙季(25歳)

      13
      2
      テーマ:
  • 20 May
    • 日本で過ごしたGW。

      こんにちは。すっかりブログの方がご無沙汰してしまいました。ずっと楽しみにしていた、日本で過ごす久しぶりのGWもあっという間に過ぎ去り、気付けば幾つかの本番も風の如く終わり、5月も残り10日程となりました。4月の半ば辺りには、久しぶりにユヴェントスフィルハーモニーの練習に参加させて頂きました。有難いことに、6月18日の舘野泉さんとの演奏会で、コンサートミストレスを務めさせて頂ける事になり、新曲が沢山で不安で仕方ないのですが、1回目のリハーサルを無事に終えました。また、今回ヴァイオリンソロとして、ヤンネ・舘野さんをお迎えしているのですが、人柄もとても良く、また色々とアドバイスを頂け、本当に嬉しかったです。まだまだ不安な所だらけなので、しっかりと勉強して、本番に臨みたいと思います。4月末の1週間は、東京室内管弦楽団の音楽鑑賞教室ウィークで、リハ含め、毎日めぐろパーシモンホールに通いました。小学生用にと、中学生用にとで、プログラムが若干異なり、勿論本番の反応も全く違い(流石中学生!反応がとても薄かったです。笑)、とても勉強になりました。何より、モルダウの難しさに何度も心折れそうになりました(笑)今回トラで来ていた高校からの友人と、空き時間はずっとお喋りしたり、ふざけていて、その中で撮ってもらった恐ろしい1枚。おお、恐っ。笑タイトルは、「私の残してあった大好きなカントリーマアムを食べた人は誰ですか?」といったところです。そして5月7日には、東京室内管弦楽団のChamber Music Style op.4の公演がありました。今回は、須山暢大さんをコンサートマスター、ソリストに迎えてのコンサートでした。須山さんはとても落ち着いていて優しく、更に細かい所まできちんと周りを見て下さり、とても良いリハーサル、本番を迎える事ができました。(営業スマイル全開の私。笑)本番後は、この度東京室内管弦楽団の楽団員が新たに構成されたという事で、ヴァイオリンパートの懇親会がありました。大好きな、まりこさんとゆうなさん♡まりこさんには、いつもいつも自分のお姉さんの様に甘えてしまい、今回のリハ中もずっと金魚の糞の様にくっついて周り、更に色々とご馳走になったり、本番の髪やメイクもしてもらったりと…お世話になりっぱなしです(汗)まりこさん、本当に有難うございます♡この日の懇親会では、お二人の他にも沢山の先輩方とお話し、美味しいお酒とお料理をたらふくお腹に入れ、本番疲れもあってか、駅に着く頃には、久しぶりにベロベロになっていました(笑)(ゆうなさんが面白過ぎて、まりこさんと大爆笑♡)東京室内管弦楽団の団員さんは、親しみやすく、休憩時間にはいつもお菓子を下さったりと、本当に優しい方ばかりです。東京室内管弦楽団のリハーサルに行くと、あ~ほっこり。と何故か、落ち着きます。これからも団員として、恥じない演奏をして行きたいと思います。皆様これからもどうぞ宜しくお願い致します。そして先週の日曜日には、TOMONOホールでの、Regalino della Musica 4th Concert~Il fascino della musica spagnola スペイン音楽の魅力 にて演奏してきました。今回は苦手なサラサーテに挑戦し、前半はなかなか苦戦しながらの演奏でしたが、後半は大好きなサンサーンスのハバネラを、少し余裕を持って演奏できました。この日聴いて下さった皆様、そして終演後にお声掛け下さった皆様、本当に有難うございました。さて、ついにマグノリアホールでのコンサート、サロンテッセラでのリサイタルも間近になり、リハーサル漬けな毎日です。とてもとても濃いプログラムですが、最後のブラームスまでしっかりと弾ききりたいと思っています。同じプログラムでの東京公演はこちら。花岡沙季・岩下真麻 デュオリサイタル日時:2016年6月2日(木) 19:00開演/18:30開場場所:サロンテッセラ(三軒茶屋)料金:3,000円プログラム:ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番「春」ストラヴィンスキー:イタリア組曲サン=サーンス:ハバネラブラームス:ヴァイオリンソナタ第3番サロンテッセラのチケットのお問い合わせは、870ke.s@gmail.com(花岡)に宜しくお願い致します。どちらもまだチケットはありますので、気軽にお問い合わせ下さい。さてさて、前回の記事からプライベートの方もとても充実しており、4月半ばには、関西に戻り、祖父母のお墓の入魂式を行い、その後ゆっくりご飯を食べました。(祖母と手を繋ぐ私)大好きな祖父母に会え、更に久しぶりにゆっくりと沢山お喋りでき、とても嬉しい1日でした。どうかどうか、これからも元気に、少しでも長生きして欲しいものです。4月末には、越後湯沢へ行ってきました。この日はかなり寒く、服装も一気に冬に逆戻りでしたが、美味しい日本酒とお米を堪能し、良いリフレッシュになりました。越後湯沢駅にある、利き酒コーナー。500円で5種類の日本酒が楽しめました!5月の連休半ばには、2月の室内楽のコンサートの打ち上げをやっとできました!みんなでご飯を食べたり、初見大会をした後は、近くの河川敷でバトミントンをしました。(私、いのっちさん、中村くん、えりはちゃん)この日は風がとても強く、思った様にできなかったのですが、それがとても面白く、大爆笑な時間でした。何よりも、私にとっては、久しぶりに大好きなえりはちゃんに会えた事が、とてもとても嬉しく、ずっとくっついていました(笑)やはり、このメンバーは凄く落ち着く上に、とても面白く、音楽の話もとても合い、一緒にいてラクでいながら、かなり楽しいです。きっと私が大好きな人ばかり集まっているからなんだろうな~、なんて。この個性バラバラな感じが、特に大好き!笑またみんなでカルテットができると良いね、と話しながら、この日はお開きになりました。また暫くえりはちゃんに会えないのかと思うと、とても寂しいものです。と、プライベートもお仕事も充実した毎日ですが、お仕事の方は有難い事に、オーケストラだけでなく、どんどんソロの方のお仕事も頂いているので、どの本番も全力で取り組み、しっかりと弾ききりたいと思います。本当に、プライベートもお仕事も、皆様の支えあってのことだと実感する日々です。どうか、これからも応援、宜しくお願い致します。

      14
      テーマ:
  • 14 Apr
    • ご報告。

      こんばんは。いつの間にやら葉桜の季節となりましたね。皆さん今年の桜、沢山目に焼き付けましたか?私は久しぶりに日本で春を過ごしたので、桜を見る度に嬉しくなり、パシャパシャと写真を撮っていました。さてそんな今年の春から、嬉しい事に、いつもお世話になっている、東京室内管弦楽団のレジデントメンバー(楽団員)として、活動していく事となりました。このオーケストラは、1954年から始まり、とても歴史の長いオーケストラで、団員の中には、藝大卒などの優秀な先輩方が沢山います。また、マネージャーなども本当に優しくて良い方ばかりで、いつも練習に行くのが楽しみでした。そんな大好きなオーケストラの団員として、これから活動できるのは、本当に嬉しく有難い事です。レジデントメンバーとして恥じない演奏を、これからもして行きたいと思います。さてさて、そんな嬉しい報告とは反対に、先月の末に、急に嘔吐が止まらなくなり、そこから過呼吸になり、過換気症候群で救急車で病院に運ばれてしまいました。救急車とは無縁な健康な人間なんだと思っていたので、凄くショックと恐さで、グーに握った手が解けない程、呼吸が浅く、病院に着いた時には全身硬直状態でした。病院に着くとすぐに、鼻にチューブを入れて酸素を注入し、眠り薬入りの筋肉注射で、強制的に落ち着かせ、気付くと眠っていました。そして、原因はウイルス性の胃腸炎と判明し、そこから3日間程入院しておりました。入院は初めての経験で、いつも自分が元気に生きている事は、なんて幸せな事なんだろうと、身に染みて感じました。それと、どんな患者さんにも優しく分かり易く、そしてどんなに朝早くても、夜遅くとも、テキパキと行動する、看護師さんやお医者さんに凄く感動してしまいました。命に関わるお仕事って、本当に素晴らしい反面、とても大変なものですね。健康第一と言われる意味が、25歳になって初めて分かった気がします…でも、今回入院をして、色んな事を考える事ができて、良い時間と経験を与えられた様な気がしました。そして、入院ついでに胃カメラや、心電図など、沢山検査をしましたが、良性のポリープが沢山見つかった以外は本当に何もなく、ホッとしました。また、入院中に同じ病室や、他の病室のおばあちゃま達と仲良くなり、色々なお話を聞け、とても嬉しかったです。おばあちゃま達からは、「自分の体を過信しちゃだめよ!若いからってもう!」と何度も怒られましたが(笑)お世話になった先生、看護師さん、本当に有難うございました。話が前後してしまいますが、入院する前の日曜日には、友人の企画するアマチュアの室内楽のコンサートがあり、聴きに行ってきました。アマチュアでもこんなにレベルが高く、更にこんな曲も弾けてしまうんだ!と本当に驚きました。それと共に自分も頑張らなくては、と改めて思いました。あと、活き活きと楽しそうに演奏する友人を見て、色々と悩んでいた時期もあっただけに、涙がほろりと。本当にお疲れ様でした。おめでとう。4月に入ってからは、今年初めてのさくら草での演奏に行きました。今回は1人で伺ったのですが、皆さんの優しさに包まれながら、楽しく演奏する事ができました。いつも伺う度に本当に皆さん喜んで下さり、こちらが幸せな気持ちを沢山頂いて帰っています。また来月も伺うので、楽しみです!今月から、5月29日・6月2日のコンサートの合わせが始まり、真麻と共に頑張っております。いつも合わせは藝大でしているので、上野公園の桜をパシャリ。今年は曇りの日が多かったですね。残念。こちらは勤めている音楽教室のご近所の桜並木です。これは、風で落ちてしまっていた花びらを拾って、コップに入れたものです。もう一週間前に拾ったのに、まだ元気に咲いていますよ!そしてこちらは休日に見た、お神輿と桜の写真。この後、みんなで踊っていました。賑やかでとても見ていて楽しかったです。こちらは食の桜さん。美味しかったです。幸せ~そしてこの前の土曜日には、GSJ(東京室内管弦楽団)として、ファイナルファンタジーの曲を演奏してきました。黄色の蛍光色のニットを着ているのが私です。今回はロシア人のジェーニャさんも一緒に参加して頂きました。色々な演出ありのコンサートですが、皆さん本当に楽しんで聴いて下さっていて、とても嬉しかったです。次のGSJは、7月17日です。今度は昨年大好評だった、SEGAシリーズ等です!さてさてここで、今後の演奏会の予定をざっと載せたいと思います。①「Chamber Music Style op.4」日時:2016年5月7日(土)19:00開演会場:東京文化会館小ホールプログラム:ベートーヴェン:交響曲第7番 他東京室内管弦楽団指揮:橘 直貴②「Regalino della Musica 4th Concert~Il fascino della musica spagnola スペイン音楽の魅力」日時:2016年5月15日(日) 13:30開場 14:00開演場所:TOMONOホール料金:2,000円(全席自由)プログラム:サラサーテ:ツィゴイネルワイゼンサン=サーンス:ハバネラカサド:愛の言葉 、他。ヴァイオリン:花岡沙季チェロ・ピアノ:田上茉里花ピアノ:大滝俊お問い合わせ:regalino.della.musica@gmail.com*まだまだチケットあります!是非お越し下さい!!③「花岡沙季ヴァイオリンコンサートin Magnolia(Magnolia Best Collection 2016)」日時:2016年5月29日(日) 14:00開演場所:マグノリアホール(大阪府池田市)料金:2500円プログラム:ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番「春」サン=サーンス:ハバネラブラームス:ヴァイオリンソナタ第3番、他。ヴァイオリン:花岡沙季ピアノ:岩下真麻*関西在住の方、是非是非宜しくお願い致します!!④「花岡沙季・岩下真麻 デュオリサイタル」日時:2016年6月2日(木) 19:00開演/18:30開場場所:サロンテッセラ(三軒茶屋)料金:3,000円プログラム:ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番「春」サン=サーンス:ハバネラブラームス:ヴァイオリンソナタ第3番、他。ヴァイオリン:花岡沙季ピアノ:岩下真麻お問い合わせ:870ke.s@gmail.com*こちらも絶賛チケット販売中です!⑤「舘野泉 3つのピアノ協奏曲 初演~80歳を目指して~」日時:2016年6月18日(土) 14:00開演場所:第一生命ホール料金:プログラム:平野一郎:二重協奏曲<星巡ノ夜 舘野泉に捧げる>(東京初演)ルネ・シュタール:ファンタスティック・ダンセス(世界初演)ヒンデミット:左手のためのピアノ協奏曲 作品29(日本初演)、他ピアノ独奏:舘野 泉ヴァイオリン独奏:ヤンネ・舘野指揮:坂入 健司郎演奏:東京ユヴェントス・フィルハーモニーお問い合わせ:東京ユヴェントス・フィルハーモニー事務局tokyo.juventus.orchestra@gmail.com⑥「GSJ 17th Concert SEGA Special」日時:7月17日(日) 18:30開演 場所:東京芸術劇場コンサートホール料金:全席指定S席8,500円  A席7,500円 B席6,500円プログラム:祝!「ソニック」25周年歴代の「ソニック」シリーズ より「ぷよぷよ」シリーズ より25周年を祝して、興奮がよみがえる名曲をメドレーで演奏!「スペースチャンネル5」より“あらかた15周年”を記念して、うららが衛星中継でGSJに再登場!「サクラ大戦」 より「シェンムー」 より「デイトナUSA」 より「NiGHTS into dreams…」 より前回好評を博したシンフォニックなアレンジで20周年を祝う!⑦「Theファンタジーオブクラシック Part.14」日時:2016年7月11日(月) 19:00(開場18:30)場所: 紀尾井ホール料金:全席指定一般 S席 5,000円 A席 4,500円 プログラム:・三澤 慶 :≪委嘱作品≫日本の唱歌主題による 管弦楽と合唱のための日本の四季組曲より『夏』・ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調「田園」 op.68指揮:橘直貴東京室内管弦楽団東京混声合唱団⑧「花岡沙季デビューリサイタル(仮)」日時:2016年8月19日(金) 19:00開演場所:兵庫県立芸術文化センター料金:未定プログラム:リヒャルト・シュトラウス:ヴァイオリンソナタ、他。ヴァイオリン:花岡沙季ピアノ:トート・マリアンナ⑨「花岡沙季デビューリサイタル(仮)」日時:2016年8月21日(日)場所:雑司が谷音楽堂料金:未定プログラム:リヒャルト・シュトラウス:ヴァイオリンソナタ、他。ヴァイオリン:花岡沙季ピアノ:トート・マリアンナ⑩「花岡沙季&向田成人デュオリサイタル~リスト生誕205年、没後130年に捧ぐ~」日時:2016年9月11日(日) 開演14:00(開場13:30)場所:サロンテッセラ(三軒茶屋)料金:3,000円プログラム:ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番<春>リスト:エレジー1番、3人のジプシーフバイ:ラルゲットドホナーニ:ルラリア・フンガリアパガニーニ:カンタービレパガニーニ/クライスラー:カンパネラヴァイオリン:花岡沙季ピアノ:向田成人11. 「花岡沙季&向田成人デュオリサイタル~リスト生誕205年、没後130年に捧ぐ~」日時:2016年9月17日(土) 開演14:00(開場13:30)場所:ミタホール(庄内駅すぐ)料金:未定プログラム:ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番<春>リスト:エレジー1番、3人のジプシーフバイ:ラルゲットドホナーニ:ルラリア・フンガリアパガニーニ:カンタービレパガニーニ/クライスラー:カンパネラヴァイオリン:花岡沙季ピアノ:向田成人ざっと載せてしまいましたが、この他にもまだ色々とあり、きちんと決まり次第、プロフィールのフリースペース欄、ブログのサイドバーにあげていきます。気になるコンサート等ありましたら、870ke.s@gmail.comにまでご連絡下さい。今年度も沢山のコンサート、更に東京室内管弦楽団でのコンサートがあるので、どのコンサートもしっかり励み、1回1回の本番を大切にしていきたいです。皆さま、今年度も花岡沙季、並びに東京室内管弦楽団を宜しくお願い致します。花岡沙季

      25
      2
      テーマ:
  • 22 Mar
    • 沢山学べた1週間。

      こんばんは。桜も少しずつ咲き始め、気候も穏やかになり、春を感じられる様になってきましたね。さて、今月は演奏会続きで少しバタバタしていたのですが、やっと落ち着く事ができました。3月頭にはある大学の教会で、挙式の演奏をしました。本当に綺麗な新婦さんに、とても優しそうな新郎さん。演奏しながら、沢山の幸せを頂いてしまいました。お幸せに。そしてその次の日には、ハンガリーのいつメンの1人でもある、弥生ちゃんが一時帰国という事で、新宿でランチをしてきました。最近のブダペストの様子や、学校の様子を聞き、ブダペストにまた行きたくなってしまいました。そして、弥生ちゃんの話を沢山聞くはずが、何故か私の話でほとんど時間を使い果たすという…ついつい優しいお姉さんの弥生ちゃんに甘えて、マシンガントークしてしまいました(笑) 弥生ちゃん、どうも有難う!ディプロマ頑張ってね!月曜日には、丸の内のOLさんに紛れて、姉と久しぶりに平日ランチを楽しみました。ランチの後は、姉のオススメの昔の郵便局長室に連れて行ってもらい、初めて新しくなった東京駅を、外から一望しました。この日は雨だったのがとても残念…週末には、高校からの付き合いで、千カルでもおなじみのさりちゃんが、宝塚から東京にコンサートに出る為に来ていたので、さりちゃんの演奏を聴きに行ってきました。何故かとても冷たい視線を送るさりちゃん。いや、これでも本当に仲良しなんですよ!(笑)ソロを聴いたのは、高校の卒試以来だったのですが、さりちゃんらしい演奏で、聴いていて元気になれました!さりちゃん、お疲れ様でした!先週の月曜日の朝早くに神戸に戻り、神戸市室内合奏団のリハーサルに参加しました。こちらは初日。神戸室内の練習は、本当に本当に勉強になり、リハーサルの最初の一音目から、何だかヨーロッパを思い浮かばせる様な、素晴らしい音色で、実り多きリハーサルと本番でした。何より、団員の皆さんがとても優しく、そして何よりとても上手い上手い上手い…あと、関西弁の現場は久しぶりで、自分も関西人の筈なのに、クスッと笑ってしまう時が何度かありました(笑)この度トラで一緒に頑張った、いしだん、こがちゃん、みわまりちゃん。みんな優秀で素晴らしかったです。リハの後は、宝塚にいる藝大同期と集まりました。ひかるくんとゆりあちゃんは、藝大卒業以来初めて会いました。ゆりあちゃんは何だか大人っぽくなり、ひかるくんは相変わらずで、ホッとしちゃいました(笑)みんなで話が弾み過ぎて、ご飯の後はにしむら珈琲にて、22時過ぎまでぺちゃくちゃと、思い出話に花を咲かせていました。にしむら珈琲の、コーヒーゼリーがとっても美味しかったです!帰国してからは、なかなか同期に会える事がないので、こうやって活躍している同期と会って話せて、とても刺激を受けました。さりちゃん、ゆりあちゃん、ひかるくん、ありがとう!リハ2日目は、チェリストの石坂団十郎さんも加わっての練習だったのですが、石坂さんの魅力あふれる音色にすっかり引き込まれ、何度も落ちそうになりました(笑)リハ後は、母と待ち合わせし、一緒にお買い物を少しだけして帰りました。リハ3日目は、神戸文化ホールでのリハーサルだったのですが、最後にここに立ったのはもう3年も前の事なので、何だか懐かしい気持ちになってしまいました。リハ後は、実家で両親とゆっくりご飯を食べ、食後の散歩にも行き、実家を満喫しました。我が家の愛犬、ぴっきーこと、ちどちゃん(笑)神戸公演の日は、午後からGPだった為、朝はゆっくり自分のしたい事をしました。本番は、本当に本当に素晴らしく、久しぶりに自分に合った、良い音楽をできた様に感じました。凄い集中力で弾いたので、ベト7の最後の方は、半分魂が抜けた状態でしたが、沢山の拍手とブラボーを頂け、本当に嬉しかったです。本番後の交流会にて。美味しいワインを頂きました。次の日の夕方頃に東京に戻り、土曜日には新吉田地域ケアプラザにて、春のあったかコンサートを行いました。ユモレスクやチャルダッシュ、スケルツォタランテラなどの本格的なクラシックから、日本の春の歌、さんぽなどを演奏し、休憩後にはヴァイオリンの体験コーナーを設けました。この日は生憎の雨にも関わらず、満員のお客様(入りきらない程でした!)に来て頂き、更にとても真剣に皆さんに聴いて頂けて、嬉しい限りでした。また、職員の方がとても優しい方ばかりで、とても良い雰囲気の中で演奏する事ができました。体験コーナーでは、子供と大人合わせて3人の方に体験してもらい、エトピリカを演奏してもらいましたが、皆さん本当に飲み込みが早く、とても良い音が出て驚きました!終わってからも、体験コーナーに出た子供だけでなく、他の子供達と一緒に写真を撮ったりと、子供達と沢山ふれあえ、私は終始ニコニコ笑顔でした。この日一緒に演奏したまあさと。ニコニコし過ぎな上に、前髪が東西向いています。この日聴きに来て下さった皆様、有難うございました。この日の様子を書いて下さった、新吉田地域ケアセンターのブログです。日曜日には、神戸室内の東京公演が紀尾井ホールでありました。神戸文化ホールとは響きが全く違い、GPでは戸惑ってしまいましたが、素晴らしい先輩方がしっかり引っ張って下さり、本番ではどっぷりと音楽の世界に浸る事ができました。神戸室内にお邪魔したこの1週間は、本当に充実していて、日々勉強が沢山でき、更に白井さん、石川さん率いる、素晴らしい音楽に参加でき、なんとも贅沢で幸せなものでした。東京公演に来てくれた友人も、「神戸室内は仕事が終わって疲れていても、聴きに行きたいと思える。」と言ってくれて、自分の大好きな神戸室内を分かってくれる人がまた1人増えて、とても嬉しかったです。また神戸室内にお邪魔させてもらえる様に、日々精進したいと思います。そして今日は、浜松町にあるお店で、少しだけクラシックを演奏してきました。とてもキビキビした格好良い女将さんで、お客様も良い方ばかりで、お話も含め楽しんできました。何だか3月は、活躍する同期や後輩に沢山会い、自分の今の環境と比べてしまい、1人焦ったり、もやもやしたり、落ち込んだりしてしまいましたが、やっと本番も落ち着いた事ですし、自分の人生は自分のもの、自分の人生は自分にしかつくれないので、周りに振り回され過ぎず、きちんと自分と向き合っていきたいと思います。次回関西には、5月29日のマグノリアホールでのコンサートの為に帰省する予定です。大好きなハンガリーものを封印してのプログラムになっています。ピアノは、もう10年の付き合いになる、毎度お馴染みの岩下真麻です。お時間ありましたら、是非お越し下さい。そして6月2日の演奏会のチラシが完成しました。こちらは、5月29日と同じプログラムで行います。マグノリアでのプログラムを、是非東京の皆様にも聴いて頂きたく、このコンサートを企画しました。平日の夜で忙しいかと思いますが、お時間ありましたら、是非お越し下さい。お問い合わせは、870ke.s@gmail.com(花岡)まで。最後に、実家に帰った時に見つけた、中学の卒業文集で見つけた嬉しいランキング。みんなありがとうなぁ。(今更。笑)

      4
      テーマ:
  • 28 Feb
    • あっという間の2月。

      こんにちは。明後日からはもう3月。気候も春に変わり、花粉症の私には、久しぶりに辛い時期がやってきました。この前テレビを見ていると、「卒業の歌特集」というものがやっていて、ああ!今はそういう時期なのかと。日本で学生だった頃は、卒業・入学といった言葉に敏感だったはずなのに、いつの間にやら学生ワードに疎くなってしまっている様です(笑)先週の土曜日には、昨年夏のユヴェントスの演奏会で、トップをしていた4人で組んでいるカルテットの本番でした。モーツァルトの不協和音を演奏したのですが、やはりモーツァルトは難しい…練習していてもなかなか、これ!といった所に辿り着かず…ですが、この4人が思う不協和音を、この日は楽しんで演奏する事ができました。完全プライベートなミニコンサートだったので、御家族の方がいらっしゃったりと、とてもアットホームで優しい雰囲気のコンサートでした。何よりこの日、ずっと会いたかったえりはちゃんのお父様、お母様にも会う事ができ、それはそれはとても嬉しかったです!大好きなえりはちゃんのママとパパですもんね、本当に優しそうなご両親様でした。ブログもいつも見て下さってるとかで…!有難うございます。そんな大好きなえりはちゃんに、この日の出演者の集合写真にてくっつきまくる私。そしてみんなの乱れ具合が凄い(笑)こちらはまともな写真。他のグループは、ベートーヴェンやヤナーチェクを演奏していたのですが、みんな平日はバリバリ働いているのに、いつこんなに練習する時間があるの?!と思う程完成度が高く、私も頑張らなくては、と良い刺激を貰えました。終わった後の打ち上げでは、沢山飲んで美味しいお料理を沢山食べて、何より沢山お喋りして良い気分でお家に帰りました。皆さん、お疲れ様でした!そして何より、今回一緒に演奏した、えりはちゃん、中村くん、いのっちさん、有難う!いつもこうしてああして、と色々注文を付けても、嫌な顔ひとつせず、うんうん、と聞いてくれるみんな、そして色々とお互いに意見を言い合えて、本当に良いメンバーでした。何より居心地が良い!本当に誘ってくれて有難う!次はハイドンとかロマン派やろうね!私、えりはちゃん、中村くん、いのっちさん。私、とっても腕が逞しい!今年は日本の冬を満喫して、調子に乗って食べ過ぎたので、それが原因でしょうね…えりはちゃんは同い年なのに自分のお姉さんみたい♡このほんわかふんわり感がたまらなく好きです♡オフショット。よもぎ大福を頬張る私と、楽しくお喋りしてるえりはちゃんといのっちさん(と言いながらもよく見ると、いのっちさんはイヤホン着。一体どういう図なんでしょうか。)ちなみに遅刻で中村くんは不在(笑)そういえばこの前、帰国してから初めて焼肉を食べに行きました。牛肉を焼く豚さん。笑生ビールと焼肉、最高ですね!食べ放題にしたのですが、以前より食べられる量がかなり減り、ちょっと勿体無かったなぁ、と。でも美味しかったので良しと!そしてこの前の金曜日には、東京室内管弦楽団で、紀尾井ホールにてドヴォルザークのチェロコンチェルト(小澤洋介さんソロ)と、ドヴォルザークの交響曲7番を演奏してきました。ドボ7は初めて演奏したのですが、むむむ…難しかったです。なかなかのハイポジションが多く、音程が決まらない決まらない。ですが、曲はドヴォルザークのチェコくささが凄く残っていて、演奏しながら何度も、チェコを訪れた時のことを思い出していました。小澤さんのチェロコンチェルトは、本当に素晴らしく、練習中には何度も聴き惚れすぎて、入り遅れてしまう事がありました。小澤さんの優しさがとても滲みでていて、ヴァイオリンのソロとの掛け合いは涙モノでした。今回の演奏会では、大好きなお姉様方も一緒で、休憩時間には沢山お喋りして、美味しいご飯に連れて行ってもらってたらふく食べ過ぎたり(笑)、当日には髪の毛やドレスのセットをしてもらったりと…(ドレスに関しては、他の団員さんにもお手伝い頂きました)本当に甘えっぱなしの3日間でした。まりこさん、ゆうなさん、有難うございました♡さてさて、3月の17日の19時から神戸文化ホールの中ホール、20日の14時から紀尾井ホールにて、神戸市室内合奏団の定期演奏会にお邪魔させて頂きます。留学前にお邪魔させて頂いた以来なので、今から練習も本番もとても楽しみです。プログラムは、L.v.ベートーヴェン:序曲「コリオラン」op.62、R.シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 op.129、L.v.ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 op.92となっています。チェロのソロは石川団十郎さんで、指揮は石川星太郎さんです。皆様是非お越し下さい。3月19日には、新吉田地域ケアプラザにて、岩下真麻とクラシックとポピュラーな曲を混ぜた、春のあったかコンサートを行います。ヴァイオリン体験もありますので、お時間ありましたら是非。小さなお子様も大歓迎です!今日は、いつも教えているお教室の発表会があったのですが、まだまだ小さな子達が、堂々と演奏する姿にとても驚きました。今回は残念ながら、私の生徒さんたちはまだ始めて間も無い為、参加する事ができなかったのですが、また今年の秋に発表会がある様なので、その頃にはしっかり弾ける様にサポートしたいなぁ、なんて思いながら見ていました。今日頑張ったみんな、おめでとう!それにしても今日の風は、もうすっかり春で、何だかとても気持ちの良い日曜です。またまた、今年1月に行われたユヴェントスの演奏会での写真をぺたり。最近、何だかイライラして怒った顔をしている事が多いので、できるだけいつもにこにこ、元気ハツラツでいたいものです。これは、爆笑っていうやつですね(笑)3月も花粉に負けず、健康第一で頑張ります!

      1
      1
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 恋しきブダペスト。

      こんにちは。この前の日曜日は、まるで春の様な陽気で、ゆっくりお散歩をした後、窓を開けながら風を感じ、うとうとお昼寝という、最高に幸せな時間を過ごしました。愛猫のbabaも、お天気が良いと窓際で日向ぼっこしているので、抱き上げるとホッカイロの様にぬくぬくです。さて、すっかり報告が遅くなってしまいましたが、1月29日には大阪倶楽部にお越し下さり、本当に有難うございました。まさかの大雨で、足元が悪い中、沢山の方に聴いて頂け、更に頼もしい先輩方と、ひとつのコンサートをつくりあげることができ、幸せな1日でした。仕事の関係で、どうしてもこの日の最終の新幹線に乗って、東京に帰らなくてはいけなかった為、終わった後にご挨拶がきちんとできず、本当にごめんなさい。終演時間が20:50、最終電車が21:23。我ながらよく間に合ったな…と。久しぶりに猛ダッシュをして、寒い日だったのに、額からは汗が止まりませんでした(笑)このコンサートでは、尾池を始め、安達さん、内田さんという、クラシック界で大活躍の先輩たちと演奏する事で、沢山の良いアドバイスと刺激を受け、私にとってとても良い経験となりました。素晴らしい機会をくれた尾池亜美こと姉さん、本当に有難う。次の日は、朝早くお家を出て、つくばのノバホールにて、みのり幼稚園とわかば保育園のニューイヤーコンサートがありました。可愛い可愛い子供たちが歌う、花の歌メドレーやLet's search for tommorowは本当に天使の様で、後ろで演奏しながら、自然と笑顔になってしまいました。先週の木曜日の祝日には、レクサスオーナーさん向けのコンサートをレクサス深川にて行いました。(左から、チェロの袴田先輩、ビオラのえみさん、私、同じくバイオリンのくみちゃん)ポピュラーなクラシック曲から、ディズニーや映画音楽など、いろんなジャンルの曲を、袴田先輩の素敵なお喋りと共に約1時間、午前と午後に1回ずつ演奏しました。お客様もとても楽しんで下さり、午前も午後も演奏終了後にはブラボー!と嬉しい声が聞けました。そういえば、日本で迎えるバレンタインは久しぶりだったので、ちょっと気合を入れて今年は作ってみました!と言っても、先週は忙しかったので、土曜日1日だけで、チョコパイ、トリュフ、生チョコ、レーズンバターサンドを作るという。そして出来立てのお菓子たちを、夜のカルテットの練習で集まったメンバーに早速渡しました。美味しかったら良いな…!カルテットの練習の後は、初めて4人で飲みに行き、沢山話して盛り上がり、その流れで〆のラーメンを食べに。すする3人(笑)本番はついに来週なのですが、とても居心地の良いメンバーなので、来週で終わってしまうのがとても寂しいです。こちらは姉からのバレンタイン。とーーーっても美味しかったです。有難う。今朝、ハンガリーから一時帰国しているさやかちゃんと東京駅で再会し、果実園へモーニングを食べに行ってきました。完全帰国前に会った以来、初めて会ったので、積もり積もった話と報告をお互いして、あっという間の2時間半でした。昨日は、ハンガリーで教えていた生徒さんと再会し、何だか2日連続でハンガリーの空気に触れることができ、ちょっぴりハンガリーが恋しくなってしまいました。そして意外とハンガリー語の単語を覚えている自分にもびっくりでした。またあの大好きな3人と会いたいな~なんて。どの写真も懐かしい!こうやって見ると、留学していたのが夢の様です。この夢の様な留学を、夢で終わらさない為にも、来週、そして3月の本番などなど、しっかりこなして行きたいと思います。先月のユヴェントスの本番での写真です。気温の寒暖差が激しいので、皆さん体調など崩されぬ様、お互い気をつけましょうね!

      3
      2
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 明日は大阪倶楽部へ!

      こんばんは。早いもので1月も間もなく終わりですね。寒い日があったと思うと、何だか着る物を一枚減らしても良い様な日が来たり、気温が安定しませんね。それで体調を崩しているのか、予防なのかは分かりませんが、電車の中でもマスクを付けている人が、いつもより何となく多い気がします。さてさて、前回お知らせした東京室内管弦楽団の本番は、本番用の靴を家に忘れた以外、とても良い演奏会となりました。そして、コントラバスの高杉さんが、本当に本当に素晴らしかったです!今回はとても短いリハーサル時間での本番だったので、不安な箇所が沢山あった上に、コンミスの物集女さんのお隣で弾く事が、とてもとても緊張感のあるもので…ですが、物集女さんはとてもとても優しくて、安心して楽しんで演奏する事ができました!今回一緒に演奏した、女性の方々には、本番用の靴を貸して頂いたり、一緒にランチをさせて頂いたり、人生相談にのってもらったりと、オフの時間にもとてもお世話になりました。本当に有難うございました。そして同じ週の日曜日には、尾池亜美のニューイヤーコンサートの譜めくリストとして、またまた東京文化会館に立たせて頂きました。芸大の先輩や後輩たちに囲まれて、学生に戻った様な気持ちでした。かっこ可愛い後輩のあきよ。髪型つくってあげる~と言って、スーパーサイヤ人の様にぐっちゃぐちゃにしたにも関わらず、このキラキラ目のあきよ。本当に可愛いです。久しぶりに芸高からの後輩とお話できて、とても嬉しかったです。あきよ、ありがとうね!そして明日はついに、尾池率いる素晴らしい先輩方との、大阪でのコンサートです。先週からリハが始まり、月曜日に最終リハがあったのですが、みんなとってもパワフルな凄くエネルギッシュな演奏で、気を抜くとすぐに圧倒されて、飲み込まれそうになってしまいます(笑)みんなそれぞれとても個性が強く、それが明日どういう形でひとつになるのか、今から凄く楽しみです。そういえば先日オフの日に、姉と久しぶりに2人で日帰り旅行として、箱根へ行きました。お昼前に到着したので、まずはお蕎麦やさんで腹ごしらえを。その後、箱根登山鉄道に乗り、彫刻の森の美術館へ向かいました。途中橋などを見て、切り替えポイントへ。ドキドキしちゃいました(笑)駅に着くと、前日の大雪で雪がたんまり積もっていました。彫刻の森の美術館では、本当に沢山の彫刻があり、どれもとても魅力的で、姉とあーだこーだ言いながら、楽しんで見てまわりました。雪が積もったので、写真を撮ると何だか更に素敵な作品に?!笑こちらのステンドグラスの塔の頂上(風がびゅーびゅーで吹きっ晒し)にいる時に、仕事の電話が入り、そこから身動きが取れず、本当に本当に寒かったです…体が冷えたので、外にある足湯で手を温めました。レモンやカリンやオレンジが入っていて、とても爽やかな柑橘の香りがしていました。その後は、建物の中に入り、美味しい美味しいソフトクリームを食べました。写真を撮ると、虹が写りこみました!その後はピカソ美術館に行き、また彫刻を沢山見ました。「いっせーのーでっ!」というゲームで戦う私。ともかくあたりは一面雪、ゆき、雪。彫刻も太陽の光を求めているみたいに見えちゃいます。この後は、一瞬強羅に寄り、すぐにまた箱根湯本駅に戻り、お土産を買い、温泉に1時間半ほど浸かり、体を温めた後新宿に帰り、新宿でご飯を食べてお家に帰りました。姉との旅行、とっても寒かったですが、それ以上に本当に満喫していて凄く凄く楽しかったです。この前、カルテットの練習の前に、大好きなえりはちゃんとお茶をしに行くと、なんと花束とクッキーとお手紙のプレゼントが!本当に可愛い花束に、美味しいクッキーに、そして何より嬉しいお手紙♡えりはちゃんのお陰で、この後1日るんるんで過ごす事ができました!ありがとう、えりはちゃん!そして、ついに5月29日のマグノリアホールでのコンサートのチラシが出来上がりました!大好きな阪急主催のコンサートです。プログラムは、ベートーヴェンのスプリングソナタ、サン=サーンスのハバネラ、ブラームスのヴァイオリンソナタ第3番、他、となっております。初めて人前で演奏する曲ばかりで、今からとてもドキドキしていますが、もしお時間ありましたら是非、お越し下さい。それでは明日19時に大阪倶楽部でお会いできるのを楽しみにしています。(笑)

      7
      1
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 2016年スタート

      皆様、明けましておめでとうございます。2016年になってからずっとバタバタしており、新年のご挨拶が、すっかり遅くなってしまいごめんなさい。2016年も早いもので10日以上経ちましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私はというと9日に東京ユヴェントスフィルハーモニーの第11回定期演奏会があり、2016年最初の本番を無事に終えました。(共に頑張った2ndのみんなと)そして明日は、2016年最初の東京室内管弦楽団での本番です。な、なんと、今回は東室のコンサートミストレスの物集女さんのお隣で弾いています。しかも、1stはたったの3人!とてもとても小さな編成ですが、昨日も今日も、凄く楽しくそして濃いリハでした。何より、コントラバス協奏曲を演奏される、高杉健人さんが本当に本当に素晴らしく、あんなに素敵なコントラバスの演奏は、初めて聴いた様な気がします。是非皆さんに聴いて頂きたいコンサートです。もしお時間ありましたら、急な事ですが、是非明日の19時に東京文化会館の小ホールへお越し下さい。 と、話は前後しますが、今回の年越しは、また家族みんな集まり、それぞれ見たいテレビを見て過ごしていました。私と姉は今年もぶれずに2355でしたが(笑)そして家族みんなで新年をお祝いし、のんびりと過ごしました。そして2日に東京に戻り、今年の仕事始めは、3日にあったユヴェントスフィルの練習でした。先週、久しぶりにえりちゃんと会い、おしゃれなクレープ屋さんでクレープを食べながら、あれやこれやとお話してきました。お友達とお茶に行くのも久しぶりで、沢山お喋りしてスッキリしました!そして土曜日はユヴェントスの本番でした。(リハの休憩中です)すみだトリフォニーの大ホールで演奏する事ができ、それはそれはとても嬉しかったです。本番では、練習の時よりも3倍くらい良い演奏で、どっぷり音楽に浸かる事ができました。本番後はユヴェントス恒例の、とても賑やかな打ち上げで、本番が成功した事に皆と沢山乾杯してきました。大好きな同い年女子4人でも記念に写真を!左から、ゆみこちゃん、みずきちゃん、私、えりはちゃん。いつも一緒にご飯に行ったり、仲良くしてくれて本当にありがとう。何よりえりはちゃん!2ndの1プルで、いつも大笑いしたり、分かんないなど私がブツクサ言っても、優しく聞いてくれるえりはちゃんは、本当に頼もしい2ndのフォアシュピーラーでした。ありがとう。今度の登山、楽しみにしています(笑)さてさて、ついに明日は東京室内管弦楽団の本番ですが、有難いことに今年も毎月、オーケストラだったり、ソロだったり、室内楽だったりと、いくつか本番があり、成長できる機会が沢山あります。新年早々色々な方面で問題が沢山あり、乗り越えられるのか不安で仕方ないですが、不安になるよりも、それを乗り越えられる努力をしたいと思います。色々悩みを抱える事は当たり前ですし、そこにクヨクヨせず、前を向いて、今年は後ろばかり振り返らず、もっともっと進んで行ける様にしたいと思います。あと、少しでも深く物事を考えられる様にしたいです。勢いだけでなく、頭の方もしっかり使える様にします。たまには自己中心な時も必要でしょうが、すぐに感情的にならず、相手の気持ちになって考えられる様に。そしてもっと素敵なヴァイオリニストになれる様に、日々精進したいと思います。それと、今年で歳も20代後半になりますし、柔らかな女性になりたいと思っているので、そちらも日々精進で。2016年も皆様、花岡沙季の応援を宜しくお願い致します。今年もちょくちょくコンサート案内や、近況報告など書きたいと思いますので、お時間ありましたら、ブログの方も覗きに来て下さい。そしてコンサート会場でお会い出来るのを、心から楽しみにしております。もし何処かで見かけたら、気軽に声をかけて下さいね!(1/29に一緒に演奏する、ヴィオラの安達さんと、ユヴェントスの本番後に)2016年が皆さんにとって素晴らしい一年になります様に!!

      7
      1
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 2015年も有難うございました。

      こんにちは。ついに2015年大晦日!皆様如何お過ごしでしょうか?私は昨夜実家に帰省し、のんびり過ごしたいが為に、大掃除とおせちのお手伝いから、なんだかんだ理由をつけて逃げています(笑)さてさて、2015年の事は、2015年のうちに書いてしまいたいと思います!まず先日、今年一年お疲れ様という事で、お友達と三島と伊豆長岡に行ってきました。水がとても綺麗で、公園内もこんなに美しい風景でした。三嶋大社に行き、今年一年元気に過ごせた事にお礼を言い、そして来年も頑張る事をお約束してきました。その後は、お向かいのお店で鰻を食べて、伊豆箱根鉄道に乗り、伊豆長岡駅へ向かいました。伊豆長岡では、世界遺産に登録された韮山反射炉を見に行きました。帰りは歩いて伊豆長岡駅まで出たのですが、途中富士山がお顔を見せてくれました。そして旅館に帰り、ゆっくり温泉に浸かり、美味しいご飯を食べ、飲んで、お部屋でお友達と夜遅くまでお話して、この日は寝ました。次の日は、ロープウェイに乗り山の上で絶景を見る事ができました!本当に美しく、何だか心が洗われた様な気がしました。一泊二日と短い旅でしたが、とても楽しい旅で、リフレッシュできました。一緒に行ってくれたお友達さん、ありがとう。良い思い出できましたね。クリスマス当日は、まあさと朝から平和島にある、アスレチックに遊びに行き、25歳女2人、本気(マジ)で遊んできました(笑)40個のアスレチックがあり、これは遊び終え着替えた後の写真で笑っていますが、実際はヘトヘトになっていました。その後は近くの定食屋さんでお昼を済まし、品川まで出て、お茶をして帰りました。そして夜はお花とケーキでクリスマス気分に。次の日は朝からユヴェントスのホール練習で、前日のアスレチックが原因の筋肉痛と戦いながら弾いていました。夜はユヴェントスの忘年会で、今回は二次会までお邪魔し、普段なかなか話せなかった人達とも、沢山良いお話でき、とても幸せな気持ちで帰宅する事ができました。今回のプログラムは、本当にハードですが、あともう少し皆で頑張り、素晴らしい演奏会にしたいと思っています。まだまだチケットはあるそうなので、皆さんのご来場を心待ちにしております。さてさて、今年も残り3時間程となりましたが、今年はハンガリーから日本へ完全帰国、という大きな節目の年でした。帰国するまでは、自分の限界にまで挑戦し、ディプロマコンサートでは悔いなく演奏ができ、今では本当に夢の様ですが、留学生活を気持ち良く、胸を張って締め括る事ができました。完全帰国してからは、まあこれでもか?!というくらい、バイオリンもプライベートも上手くいかない事だらけで、落ち込む事の連続でしたが、その中でも沢山の新しい素敵な出逢い、再会があり、今では帰国して本当に良かったと思っています。ですが、まだまだ励まなくてはならない事ばかりで、自分の力不足を感じずにはいられない事も多々あります。2016年夏には完全帰国して一年になりますし、来年は今までよりもっともっと努力せねばならない年になると思いますが、どうか、バイオリンもプライベートも、少しでも良い方向へ進む事を願うばかりです。まだまだ自分の目指すバイオリニストには、程遠く道のりは長いですが、自分のペースで一歩一歩、進んで行きたいと思います。2015年も花岡沙季を応援して下さった皆様、本当に有難うございました。2016年もしっかり励み、精進致しますので、今後とも応援宜しくお願い致します。皆さんにとって、素晴らしい新年の幕開けとなります様に!花岡沙季

      11
      テーマ:
  • 24 Dec
    • クリスマスイブです。

      こんばんは。今日はクリスマスイブですね。ハンガリーでは今日明日は、きっと街中静かで、みんなお家で家族とゆっくり過ごしているんだろうな~、なんて朝からハンガリーを思い出していました。(クリスマスという事で、サンタさんの帽子を被って、今日は演奏してきました!)さて、2015年も残り10日を切ってしまいましたが、流石師走と言われるだけあり、いつもより街で人とぶつかる事が多い様な気がします(いや、私が不注意なだけ?)。そんな師走、皆さんは如何お過ごしでしょうか?私は、2015年を締めくくる為、そしてクリスマスというイベントの為、今月はなんだかんだで飲む機会が多い1ヶ月で、更に1年を振り返った為に考え事が増え眠れなくなったり、今の自分に風邪菌が入り込めば一発で駄目になりそうな気がします。(笑) と言っても、今はとっても元気なので、このまま2016年を迎えたいところです。さて、今日までの事を振り返ると、12月5日には下妻市民文化会館で、東京室内管弦楽団のリクエストコンサートがありました。今回は、サックスの本田雅人さん、歌手の岩崎宏美さんと共演したのですが、感動の1日でした。本田さんはリハも本番も、ソロの部分は毎回違うアドリブ演奏をしていたのですが、本当に素敵なメロディーと美しい音色で、自分が入るのも忘れそうになる程、うっとり聴き惚れてしまいました。あと、あのF1テーマ曲で有名な、「TRUTH」を一緒に演奏できたのは、とても嬉しかったです!岩崎宏美さんは、トークもとても上手くて、凄くお茶目で可愛くて(失礼かな?)、歌はもちろん凄く凄く上手くて、何より中学時代、我が家の車内のBGMは岩崎宏美さんだったので、ずっと聴いていた岩崎さんと、共演できた事が嬉し過ぎました。特に、大好きな「好きにならずにいられない」、「思秋期」を生で聴けた事、一緒に演奏できた事は、凄く凄く嬉しかったです!帰りは東室の貸切バスで帰って来たのですが、団員の皆さんと車内でお酒を沢山飲んで、普段話せなかった事など沢山お話できて、とても良い時間を過ごせました。その後は、友達に急遽誘われ、友達と友達の友達とほんの少しの間、飲みに行ってきました。私の友達の周りには、本当に素敵な友人ばかりいて、この日も疲れていたのに、みんなに会ってホンワカした良い気持ちになりました。そして次の週の金曜日には、いつもお世話になっている、さくら草の忘年会にお邪魔しました。さくら草の職員の方のお家で行われたのですが、到着すると、大好きなおでんが!今でもこの写真を見るとヨダレが…笑この他にも、皆さんの手作りのキッシュや、サラダや美味しい物だらけで、ついつい食べ過ぎてしまいました。途中から何故かカラオケ大会に変わり、私もしっかり赤いスイートピーを歌いました…汗歌に合わせ、みんな踊り出したり、大笑いな忘年会でした。12日には、ユヴェントスオーケストラの、バイオリンパート練習に、トレーナーとして、参加してきました。トレーナーなんて格好良い名前のお仕事は初めてで、しかもいつも一緒に演奏している仲間達に、指導するのはとても緊張しましたが、一言二言アドバイスすると、途端に音色が変わるみんなに本当に驚かされました。ですが、いつも小さい子を教えているのとは違い、同年代を教えることの難しさを知りました。終わった後は、時間がある人達で飲みに行き、みんなの色んな話などを聞け、楽しい時間でした!先週の月曜日には、急遽レコーディングのお仕事がなくなったので、姉さんこと、尾池さんのお家に遊びに行ってきました。そして人の家で踊り始める私。沢山積もり積もった話をして、美味しいお昼ご飯を食べて、1月29日のコンサートの合わせをしました。18日には、今年最後の東京室内管弦楽団のお仕事で、立川市民文化会館にて、小学生に向けた芸術鑑賞会のお仕事をしてきました。この日は、クラシックの曲を始め、オーケストラの伴奏で小学生達が「翼をください」を歌ったりと、とても内容の濃い芸術鑑賞会でした。帰国してから、本当に東京室内管弦楽団さんにはお世話になり、またとても頼りになる先輩達ばかりで、いつも良い刺激を沢山受けています。オケ弾きのアドバイスをもらったり、いつも練習や本番に行く度に、色々な発見があり、団員の皆さんもとても優しい方ばかりで、声をかけて下さったり、ここに呼ばれて良かったと思う事ばかりです。有難い事に、来年も何度か一緒にお仕事させて頂けるチャンスがあるので、しっかり頑張りたいと思います。19日には、結婚式場のエントランスにて、ドレスで朝から夕方まで演奏、という過酷なお仕事だったのですが、もう寒くて寒くて…帰ってきてからは、銭湯に行き、冷蔵庫の残り物と、熱燗でグビッと疲れを飲み込みました。次の日はまたユヴェントスの練習に参加してきました。本番も近いので、沢山こうしたら、ああしたら、とアドバイスをすると、途端に良くなるこのオーケストラは、本当に素晴らしいと思います。1月9日のコンサートまであと僅かですが、みんなで協力し、良いコンサートをつくり上げたいと思います!今週の月曜日には、久しぶりに岡山先生のお宅へ行き、今後の話などをしてきました。ここの風景、かれこれもう11年見ていますが、いつ見ても何だか気持ちがホンワカします。大好きな先生に会いに行ける道だから当たり前ですね。笑その帰りには、またまた姉さん宅へお邪魔し、晩ご飯をしっかり頂いてきました。(姉さん変顔過ぎてハートに、ね♡笑)この日も合わせをして、途中バイオリンで虫や動物や日常音の真似をし、大笑いして帰ってきました。姉さん今年も本当に色々と有難う!いや、特に今年は有難う!大好きです。来年も私の姉さんとして、お付き合い下さいまし。そして今日は、いつもお世話になっているさくら草で、クリスマス演奏会をしてきました。クリスマスということで、いつもと違い、ドレスで演奏したのですが、後半はサンタさんの帽子を被りながら、超真剣に演奏。笑今日も皆さんにとてもとても喜んで頂け、私の方が逆に、とても良い気持ちで帰ってきました。このペアでさくら草に行くのも、来年で6年目です。早いものですね、本当に。さくら草の皆さん、利用者の皆さん、今年も本当にお世話になりました。また来年も素敵な演奏ができる様に励むので、宜しくお願いします!カメラのタイマー機能を使って連写で撮ると、こんなドヤ顔が入っていました。人前で演奏というお仕事は、今日のさくら草での演奏が仕事納めとなりました。まだユヴェントスの練習などが残っていますので、また今年を振り返るのは、次回にしたいと思います。皆さんにとって素敵なクリスマスイブ、クリスマスとなります様に!(帽子へしゃげバージョン。笑)

      10
      1
      テーマ:

プロフィール

花岡沙季

性別:
女性
誕生日:
1990年6月23日
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
初めまして! 気ままに更新していくので、皆さんお暇なときにでも覗きに来て下さい(^^♪ ~花...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。