好きな食べ物はスイカですか?

「いいえ、とくに」


テーマ:

『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』 2016年8月4・5・6日(金・土・日)東京 お台場・青海周辺エリア
http://www.idolfes.com/2017

― DAY 3 ―
2017年8月6日(日) ※時間はタイムテーブル準拠

予定ではスカイのオサカナちゃんから始めるつもりでしたが、皆さまご存じの腰が重い状態から抜け出すことができなくうだうだしておりました。昨日いいエンディングを迎えてしまったことだし、余計に。

<11:25~11:45 『lyrical school』 HEAT GARAGE>
予定が変わったことで三日全通。
メンバーが代わって新体制以前の曲はやってほしくないと思っていましたが、結局は慣れていくのね。
結局、リリスクの代わりはいないんだ。
とりあえずステージ上ではrisanoがバナナを食べて、himeに食べさせていました。

<12:15~12:30 『amiinA』 DREAM STAGE>
ここでは予想通り『Canvas』をやらず。『Avalon』『Atlas』が聴けました。
真昼の陽射しにぶっ刺されながらの『cosmos』は驚くとともにつらいものがありましたが、炎天下でのフェスで聴くバラードはめっちゃいいよね。風が吹いてくれればもっとよかったのだが。
一緒に見に行った初見の友人曰く、amiinAはアウトロがいいとのこと。確かに『Avalon』も『Atlas』もキマってる。『Canvas』を体験できなかったのは残念だっただろうし、ワンマンがあったら行きたがっていたので、新規候補一名獲得です。

<13:30~14:00 『アップアップガールズ(仮)』 HOT STAGE>
ダイバーシティ―での昼食はあきらかに無理だったのでコンビニ飯、を経て。
前方はチーム8待ちで埋まっていたので後方エリア柵最前で。去年のアプガHOTも確か無料エリアからだったような。後方は後方で一体感はないけれど自由に動けるのでめちゃくちゃ楽しいです。今回は前方エリアにまぎれこめても盛り上がり的には厳しかっただろうし、結果的に良かったかな。『アッパーレー』でスカダンスもできるし、『ジャンパー!』でも全力で跳べるし。
『お願い魅惑のターゲット』をやってくれなかったのが残念でしたが、それはワンマンで。

<14:25~14:40 『Negicco』 SMILE GARDEN>
アカペラでの『圧倒的なスタイル』からの『愛は光』の2曲という圧倒的なハードコアスタイル。
無音でのラインダンスは異空間に放り込まれたかのような、自分が今どこで何をしているのかわからなくなるような、眩暈さえおぼえるような不思議な感覚に覆われました。amiinAとはまた違う宗教的体験。これは本当にすごかった。
終演後には友人と「えぐすぎる」「ハードコアすぎる」「アナーキーすぎる」「どこよりもパンク」「一番攻めてる」などなど興奮が止まりませんでした。
重い腰を上げて三日目もお台場に来た甲斐がありました。

<14:40~14:55 『ゆるめるモ! 』 SMILE GARDEN>
あのちゃんがめっちゃ白かったです。

もっと見たいし、もっと聴きたい曲もあるので、またどこかでタイミングが合えばいいな。

 

<14:55~15:10 『寺嶋由芙』 SMILE GARDEN>
前の方で見ていたので後方の大盆踊り大会に参加できなかったのが残念です。

「水飲む姿も」「かわいいよー!」には参加できました。

ゆっふぃーももっと見たいし、もっと聴きたい曲もあるし、もっとやりたいこともあるので、あれ。


<16:20~16:50 『ベイビーレイズJAPAN』 HOT STAGE>
『夜明け Brand New Days』
絶対やらないと思っていたけれど、シンデレラを聴いているときに「あれ? これくるんじゃね?」という予感めいたものがあった。曲入りの愛夏の表情が、緊張なのか恐れなのか喜びなのか、泣きそうだった。そして熱く美しく歌いきった。「愛夏よかったなあ」と思ったら、おそらくアイドルライブを観てきた中で一番の号泣をしてしまって、涙が止まらなくなってしまった。本当によかったねえ。
今日はNegiccoのスマイルが一番だろうと確信していたけれど、この一曲で最高を更新してしまいました。
フェスではあまりにも夜明けばかり話題になってしまうけれども、やはりどうしようもなくこの曲は強い。
ただ、今回は大成功のうちに終わったけれども、@JAM EXPOではやらない方がいいと思います。

<16:55~17:25 『Negicco』 HOT STAGE>
スマイルでもかなり攻めていたけれども、HOTでもだいぶ攻めたセットリストでした。今のNegiccoを見せていく感じか。
ただ、こちらの攻めは上手くいかなかった様子だった。詰めかけている客が乃木坂3期生待ちであることを除いても、どうにもノリきれない中途半端な印象が残ってしまいました。

<18:25~18:40 『上野優華』 DOLL FACTORY>
スマイルのつりビットを喫煙所で休憩しながら3曲目まで音だけ聴いたのちにゲットレディ~をやらなかったので予定より早めにドールへ移動。
アイドルお宝くじで謎の勝ちまくりをしていた上野さん、現場でライブを観て、得心がいきました。めっちゃいいライブしよるやん。

<18:40~18:55 『バニラビーンズ』 DOLL FACTORY>
『ニコラ』が聴けて満足です。ああ、TIFだなあ。
ワンマンですか? あ、うん、ええ、はい……。時間とお金さえあれば、ええ、ホントに。

<18:55~19:10 『amiinA』 DOLL FACTORY>
『Valkyrie』『Avalon』『Canvas』『signal』
インストナンバー『Valkyrie』の舞踏からスタート。
amiinAのために今年もまんまと足を運んでしまったTIFの終わりを飾るのはここしかない。できればスマイルがよかったけれど、それはまた次回に期待しましょう。まだまだ先がある。
『Avalon』で(バニビから)立て続けに北欧の風を吹かせたあとは、大事なカッコいい場面で噛み倒すMCを仕切り直し、amiちゃんの「この曲歌いたいですよね?」からの『Canvas』。三日間を締めくくる大合唱。届かせたい。
そして、そこから最後は『signal』。熱すぎて泣ける。
いつどこであるかわからないけど、待ってるぞ、ワンマン。そして、来年はもっと大きなステージで。

外に出たらちょうどスマイルのトリを務めるアイルネのステージ。
一服しながら耳を傾けていると一曲目が『田園』。「おっ」と前のめりになる。これもシンガロングできるな、そのためにもってきたのかな。
そして、二曲目の『君の知らない物語』を芝生に腰を下ろしながら聴き終え、現場をあとにしました。
ZEPP DIVER CITYまで鳴り響く『前髪』を背にしながらの帰路はなんとも趣があって、余韻の深い、気持ちの良い後味を残してくれました。

昨年までの最悪の2年間のTIFを経て、今年からはもう行かないつもりでした。が、ようやく初出場となったamiinAのせいで決心は翻り、あまつさえ三日ともの出場ということで、全通待ったなしに。おかげさまで、楽しく充実した三日間を過ごすことができました。おつかれさまでした。ありがとうございました。
今年は運営のまずさも解消され、成熟したフェスへと変化した印象です。今回は初参加で何もかも目新しかった2012年と1、2を争うほどいいTIFでした。スタッフの皆さんもおつかれさまでした。とくにスマイルの最前ブロック誘導通路で押し寄せるヲタたちにも終始(こわばりながらも)笑顔で体を張ってがんばっていたメガネのスタッフの方が印象に残っています。リストバンドを盗まれるという間抜けなシーンもあったけれどね。
来年もまた同じように楽しめるかどうかはわかりませんが、ぜひともがんばっていただきたい。そして、19年、20年のオリンピックイヤーはどうなるのか。なかったりして。
TIFは我々ヲタクのお祭りでもありますが、アイドルたちのモチベーションにもなっている部分があると思うので、仮に俺が楽しめなくなっても、どうか続いていってもらいたいと思っております。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。