第三節

テーマ:
四国フットサルリーグ 第三節

連勝中の2チームが早くもぶつかりドロー。
徳島ダービーは、徳島VELODAが勝利。
昨季王者の徳島RAPAZは連敗。
placerは今季初勝利。
Leaogrossoは2連勝。


全勝チームがなくなり、
ここから先、混戦も予想される展開になりつつあります。

 


第1試合のLucha Brillo - disdard戦

前半、激しいぶつかり合いの中で
Luchaは時間を半分近く残し、5ファール。
その後、第2PKから
disdard #10 西内選手 が先制点。 0 - 1

後半 
1-0 のまま一進一退の攻防が続くも
#14 池田選手のシュート性のボールを
Lucha #18 川端選手が押し込み、同点。  1-1

後半残り2分を切ったところ、
CKから Lucha #12 野郷選手が押し込み
逆転に成功  2 - 1
 
その後、左サイドをスルッと抜けた
disdard #10 西内選手が同点弾 2-2 

終了直前に惜しい場面もありましたが
2 - 2 で ドロー。惜しくも勝点を分け合う形となりました。
首位攻防戦にふさわしいナイスゲームでした。


 

 

 




AD

第二節

テーマ:
四国フットサルリーグ 第2節

試合結果と順位表

高知勢が共に勝利し勝ち星を五分に。
徳島県勢は2チームがホームで手痛い1敗。

今回は香川ダービーということもあり徳島は池田にて観戦。
前半
Lucha #12 野郷選手
Lucha #11 河西選手
Lucha #12 野郷選手
で3点先行するも
placer #6   佐々木選手(FK)
placer #27 山家選手
がそれぞれ得点を返し
3-2とし、前半終了

後半
Lucha #3 丸野クリスティアン選手
Lucha #12 野郷選手(PK)
と突き放し
placer #14 谷川選手(PK)
で一点返すも、
Lucha #11 河西選手のダメ押し点が決まり
そのまま試合終了。

Luchaは 2連勝で次節首位攻防戦となるdisdard戦を迎え、
placerは連敗で立て直しを迫られる状態か・・。

 

 

 

 

  



AD

開幕節

テーマ:
四国フットサルリーグ2013が香川で開幕。

今年は以下のチームで争われます。

徳島PAPAZ(前年度 1位 徳島)
disdard(前年度 2位 徳島)
Leogrosso Futsal Club(前年度3位 高知)
Placer Futsal Club(前年度 4位 香川)
VERODA徳島(前年度 5位 徳島)
Lucha Brillo Futsal Club(前年度 6位 香川)
EL BLANCO(四国リーグ参入戦1位昇格 高知)
Pce(四国リーグ参入戦2位昇格 愛媛)

試合結果

第3試合 Lucha Brillo - Leogrosso 戦より

1点を先制される Lucha Brillo 
今季、新加入の#16 竹谷選手のゴールで同点に追いつき、
#56 岡田選手 の1点で逆転に成功。
同点に追いつかれるも
#3 丸野クリスティアン選手のゴールで突き放し、
#21 斎藤選手のファー詰めゴールで見事勝利。

一部主力選手の離脱でチーム力ダウンも懸念されるが、
新加入選手の活躍により2年連続 開幕戦勝利をモノにしました。

 

 

 

AD