一苦労

テーマ:
やっとできました。

って何がっていうと、MAC-Windowsのデュアルブート。

Mac-Windows間の共有ディスクを作りたかったのと、
各OS共にデータ領域とシステム領域をパーティション分けて作りたかったので、
BootCampを使用するのは断念。

以下の環境でやりました。
PC:MACBOOK
OS:MAC OS X Leopard 10.5.2
WindowsXP SP2

以下の手順で実施。
1.MAC OSX CDで起動。
2.ディスクユーティリティを起動
3.以下の内容でパーティションを分割
 #0:EFI 200MB(固定)→ディスクユーティリティのGUIでは表示されない。
#1: MAC OSX用システム領域 35G HFSフォーマット
#2: WINDOWSとMACのデータ共有用 32G HFSフォーマット
#3: WindowsXPのインストール用 32G FAT-32フォーマット
#4: MAC OSX用のデータ領域 残り HFSフォーマット

4.MAC OSをインストール
5.WIN XPをCD起動(optionキー押しながら起動)し、#3に対してインストール
→インストール時にNTFSクイックフォーマット
 (再起動時もoptionキー押しながら)
6.WinXPのセットアップ完了後に、MAC OSXを起動し#2をFAT-32でフォーマット

以下、作業手順でやっちゃいけないこと。(多分)
・WinXPインストール後に、パーティションをいじらない。
 (パーティションをいじると、Winが起動不可となる)
・3のパーティション分割時には、FAT-32フォーマットの領域は必ず一つにしておく。
 windowsインストール完了後に、他の領域をフォーマットする。
・Windowsで認識できるパーティションは#1~#3までである。
 6の手順時に#4以降をFAT-32でフォーマットとしても、Windowsでは認識不可。
 
 →つまり、1ディスクでWinとMACのデュアルブートを行う場合、
Windows側でのパーティション分割は、最大3つまでとなる?
  (#1,#2,#3をWin用に使用する場合)
以 上。

結局、セットアップするのに4日もかかった。。。
犠牲にしたもの→結婚式、新婚旅行の写真、メール、ブックマーク
こういうことするときは、バックアップをとらねば。。。


AD