何を今更、政治とお金。

テーマ:

森友学園の小学校建設に絡む疑惑。

 

連日テレビを賑わしておりますが、聞いててアホらしくなります。

 

こういう手合いと政治家との馴れ合いは、昔からやないですか。

 

支援者が支援(お金)の見返りに政治家に便宜を要求する。

 

今時、

「世の為人の為に働く政治家はいてません。」

「見返りを求めない支援者(国民)もいてません。」

皆さん何かをしてもらいたいから、特定の政治家を応援するのであります。

 

〇 公営住宅入れてくれ。

〇 就職、口利きしておくれ。

〇 補助金よろしく頼んます。

〇 病院(公営)手配頼んます。

 許認可よろしく頼んます。

 

しかしこの政治家の便宜供与、

行政への不当な働き掛け・企業への不正な要求、

一歩間違えば犯罪です。

 

「こんな無茶苦茶なこと、よう言うてきよんなぁ・・・。」

「頭おかしいのと違うか、〇〇先生。」

とかよくある話であります。

 

ただしこの先生の御頼みを、もし断ったらどうなるのか?

 

江戸の敵を長崎で討つの例え通り、

「長崎でも、網走でも、仙台でも、手痛いしっぺ返しがあるのであります。」

 

挙句の果てに上司には、

「豆大福君、〇〇先生の依頼断ったそうやけど、もうちょっと上手い断り方なかったんか?」

てなお叱りを受けたりします。

 

上手い断り方?

 

アホな頼みを聞けというのですか?

 

政治家の先生だけが悪いのではない、

昔からある地縁血縁お付き合い、全てこれが元凶なのであります。

 

やめなあかんよ! 口利きと毎日飲む晩酌は! うへー

AD

以前も書きましたが、

断酒しても、急にバラ色の毎日となる訳ではありません。

 

私も今年に入って、

親しい友人が大怪我し病気する、

仕舞には自分の病が悪化してしまいました。 バタ 病院

 

他にも色んな問題が起こって来ます。

(ホンマ鬱陶しい。) 猫村2

 

「何でやねん、静かに暮らしてんのに!」

「酒も止めたし、そっとしとってくれ!」 猫村2

とか思います。

 

友人の苦労は寝てても気になるし、

自分の体が痛むのは、外堀埋められてる思いです。

 

「イラ」として、言うたら不味い事も言ってしまいがち・・。 猫村2

 

何事も「堪忍・辛坊第一」、

歳往くってこういうことなんかとつくづく思います。

 

一つ一つやってはいきますが、

今倒れた母が置かれてるのと同じ状況、

「ああ! もうこれで終わりなんか・・・。」そう思う時がイズレやって来るのでしょう。

(子供もおらんし。)

 

その時、「もう良いわ。」

素直にそう思えるでしょうか?

 

ただしそれでも、お酒を飲もうとは全く思いません。 うへー

 

素面でも問題を処理するのが大変やのに、

飲んでたらもっと大変だったでしょう。

 

素面でトラブルと対面し、嫌がらずやっていく。

 

当たり前のことですが、断酒してるからこそ出来る状況に感謝なのであります。よっ

 

追記

もし以前のまま飲み続けてたら、今頃どうなってたんでしょう? 

 

それは、聞くだけ野暮であります。 うへー

 

 

 

 

AD

私は、アルコール依存症と共に過食も病んでましたから、

思いっきりお酒を呑んで過食(嘔吐)する。 酒 カスパー25

 

若い頃は、それでも平気でした。

 

胃痛も当然ありましたが、多少のことは、胃薬で誤魔化してました。

 

しかし、痛みとは体の警告音。 !

「そのぐらいで止めときや!」 の合図です。

 

今思えば胃薬飲みながらの飲酒は誤りで、

その時止める()べきでした。 うへー

 

暴飲暴食して20年気づくのが遅かったです、最近では常用の薬では効きません。 泣き1

(夜、胃の痛みで悶々とする。)

 

強い薬でも痛みが止まらない、

通院・内視鏡検査、お金もかかるし時間もかかる。

 

「実に愚かな話です。」  ガクリ

 

皆さん、断酒するのは若い内にやりましょう、

病気を抱えて止むに止まれずやめるお酒は、辛いのであります。

 

 

ただ苦痛も無いのに、お酒をやめますか? ひよざえもん がーん

 

やめれんからなるアルコール依存症、お約束なのであります。 うへー

 

 

 

 

AD

アル中が底つきし、断酒してもそのまま続くとは限りません。

 

そこで、「なぜ断酒は、続かないの?」。

 

理由は、簡単、

例えお酒をやめても、楽しい毎日とはならないからです。

 

だいたい一部の人を除くなら、

アルコール依存症になる方は、苦労なり何らかの悩みを抱えています。

 

だからこそ、尋常ではない量のお酒を呑む。 猫村2 酒

 

 

まあ言うたら痛み止めですね。 うへー

 

然るに痛み止めのお酒をやめて、現実に向き合う、

まずは、続きません。

 

何故なら、

〇 酒無しでは、生活リズムが作れない。(時間を持て余す。)

〇 断酒したら、最初寝つきが悪くなる。

〇 酒以外の楽しみを急には作れない。

〇 酒で誤魔化していた色々の問題が表面化する。

〇 イライラが出て来る。(禁断症状の一つ。)

 飲み仲間と疎遠になる。(孤独。)

 

その他諸々、断酒当初は問題が山積みなのであります。

 

しかしそれでもアル中は、断酒するしかありません。

 

 酒以外の楽しみを見つける。

 夜眠れるようにスポーツをする。

 食生活を改善する。

 身の丈に合った暮らしをする。

 出来ない事は、「出来ません。」という勇気を持つ。

 見栄を張らない。

 

この様にぼちぼちいくなら、少しずつ飲酒欲求も消えていくのであります。

 

「待てば海路の日和あり。」 はれ

 

これは断酒したアル中の事実であります。 うへー

 

私は、50歳を越えて酒をやめましたが、

大酒飲んでた後遺症が、歳取るにつれ少しずつ出てきました。

 

最近特に胃が痛い、 カスパー25

今までの薬では、痛みが取れなくなってきました。

(他にも膵臓の劣化等、色々ある。)

 

親の看取りに自分の病気、もし入院中に母が他界したらどうしたらいいんでしょう・・。

 

今までも一人で入院・手術したり、

おひとりさまやから、仕方ないとは思ってきましたが、

「病気の段取りするのもしんどくなってきたなぁ・・。」

とか思います。 うへー

 

人間歳取ると、呆ける・死にかけたら意識が無くなる、

しかしそれは死の恐怖と苦痛や痛みを感じない天の配慮かとも思います。

 

「断酒もしたし、ここらへんで・・・。」

こない思ったら、そこが寿命なのでしょうか。

(時々生きてる事がしんどくなる。)

 

しかしそれでも飲んでた時よりは、今の方がずっとマシやと思っています。

 

仕事の不安と抑鬱感、

先の見込みが立たないまま日が過ぎていく辛さ、

「誰か助けてくれ!」ホンマそういう気持ちやった。 ぐすっ

 

今大卒の三人に一人は、三年以内に辞めると聞きます。

(酷い話です!)

 

仕事に苦しんだけど、断酒出来て日々のご飯には困らない、

私の時代は、まだ運の良かった方かもしれません。

 

私もまもなく還暦です、

母も生きとるし、まだまだくたばる訳にはいかんのであります。 うへー