アルコール依存症と言っても色々ありまして、

昔みたいな酒乱タイプの方は少なくなりましたが、

今の世の中、隠れアルコール依存症の人が増えています。

 

お酒にマツワル問題は、少しあるけど、

日常生活において、「断酒せなあかん!」まではいってない人です。

 

いわば幸せなまま一生を終える軽度アルコール依存症、

そうなれなかった自分を、今は悔やむまでですが、

しかしアルコール依存症は、完治せぬ進行形の病、

例え軽度と言えども、やめた方が良いことに変わりはありません。

 

その意味で言うんなら、限度超えたからこそ断酒出来た私、

これはこれで良かったのかもしれません。

 

ところで本日のお題、「断酒後の養生。」

 

アル中として、好きなお酒をやめたのに、

以前と変わらぬ日々では困ります。 

 

確かにお酒に掛かるお金は浮いたし、健康状態も回復、

更に気分の変調、鬱の出る回数も減って来ました。

 

しかし毎日が楽しいわけではありません。

 

元々孤独な一人暮しのおっさんです、

老後の酒呑む楽しみが無くなった以上、

それに代わる何かを探さねばなりません。

 

(この課題は、定年後のおっさん全てに共通かもしれませんが。)

 

ということで、田舎ぐらし探索。 にんじん 白菜 かぼちゃ なすび(初夢) 玉ねぎ しいたけ

 

最近京都・奈良・滋賀へ候補地を見学に行っております。

 

昔夢見たような100坪以上(家屋・菜園用地込)、なんてことは考えておりません。

 

実現する気力も残ってない。 うへー

 

田舎暮らしと言っても、都会生活に疲れたから、

何の当ても無しに行って成功する訳ではありません。

 

実際に田舎暮らし出来る人は、その土地で描く理想があり、

夢を実現出来る能力がある人だけだと思います。

 

歳と共に断酒したとはいえ気力衰え、意欲も減退した私には、

トカイナカ(都会と田舎の中間)でせいぜいなのであります。

 

ということで地方の駅徒歩圏、

少しお花と野菜でも植える庭があればと考えています。

 

最悪場合によったら今の所にずっと、

或は地方のマンション暮らしも有り得ます。

 

なんか夢が萎んでしまったようで申し訳ありませんが、

既にアルコール依存症の後遺症による持病持ち。

(持病は何もお酒の影響だけでは無いが・・・。)

 

これが現実なのであります。 ○| ̄|_

 

しかし元々鬱があって仕事のストレスからアルコール依存症になり、

それでも断酒し回復しつつあるならば、これでも良く治った方だと思っています。 うへー

 

但しマダマダ実際には分かりません。

 

親を見送ったら、自棄になって(或は希望を持って)、

後先考えず、ど田舎暮らしを始めるかもしれません。

 

人間絶対安心な最後なんてありません、

自分さえ納得し、他人様に迷惑掛けなければ良いのであります。

 

断酒後の養生、この先どうなるのでありましょうか。 うへー

 

(不安も大分あるぞーー。) 猫村2

 

追記

お酒をやめた後のこと、皆さん悩むと思います。

 

お酒呑まんでも楽しく暮らせる人は、最初からアルコール依存症にはなりません。

(又これがあるからこそ、スリップする人が出てきます。)

 

試行錯誤、ひょっとしたら突発的、或は破れかぶれ、

断酒した後の暮らし方は、アル中にとって悩みと迷いの連続なのです。

 

誰か100点満点の答えを出してくれーー! 猫村2

「人間、真面目に生きなあかん!」

とか

「人生に近道無し!」

とか

若い頃は、「辛気臭いこというなぁ・・。」と思っていました。

 

特に親父とかにクドクド言われたら、腹立てていたもんです。 うへー

 

しかし普通に働いてたら定年を迎える歳となり、

「もし今も酒を呑み続けてたら終わってた。」と感じることが多くなりました。

(飲み友達にそういう人が出て来た。)

 

人間は歳取ると病気がちになりますし、気力も衰えてきます。

(アルコール依存症の場合は、なお更低下が著しいです。)

 

もし私が呑み続けてたら、今頃は地獄の八丁目、

にっちもサッチモ行かなくなって更に酒を呑む。

 

そないなってたと思います。

 

最近は株も乱高下し、北朝鮮の行方も定かではありません。

 

この先日本が安定した国である保証は、見当たらないのであります。

 

だからこそ私は、お酒をやめて地道に生きるしかない。

(時間は掛かるけど、回復するのを待つ。)

 

最近少しばかりのトラブルでも、

気持ちが落ち込んだりする自分を見つめ、そう思う昨今なのであります。 うへー

(但し私は、元々鬱の持病持ち。)

 

追記

「無茶しててもなんとかなる!」は幻想。

 

酒も含めて無茶な生き方は、後で大きな代償を払うこととなる。

 

自分と友人を見てて、最近感じることなのであります。

 

昔の仲間と集まれば(宴会)、

再飲酒の危険性が残るのか?

 

私の場合で言うならば、今の段階ではありません。

 

理由は、以下の通りです。

 

 呑んだら特に日本酒、美味しいと思う。

 旨い肴で呑んだら更に旨い。

 

 

私の場合其の後、何倍も嫌なことが起こります。

 

 体の不調。

   私の場合、過食があります、あの呑んでは吐くことを繰り返したくありません。

 精神的に不安定になる。

   精神的抵抗力が無くなり、脆くなります。

 

これだけでも、十分呑もうとは思いませんが、

私の場合次呑んだらノンストップ、止める自信もありません。

 

 

早い話飲んだ後の地獄、酒の誘惑よりそちらの方が怖いです。

(お酒をやめたいのに連続飲酒する恐怖、これが飲酒欲求を抑えるのであります。)

 

追記

それでも呑んだら、それは宴会のせいではなく、

私の弱さだと思っています。

 

宴会で酒を勧められ呑むならば、

いずれ呑んでいる。

 

結局は自分次第であります。

10数年ぶりに再会した、

元勤めていた会社の仲間との話 2 です。

 

酒宴も進むと、最初は「豆大福は、お茶でいいやん。」

 

そう言ってくれていた友人も、

「今日だけ呑んで、平素は呑まんかったらいいやん。」

「今の豆大福なら、それが出来る筈や!」

と案の定なりまりした。

 

最初は断っていましたが、

目の前に置かれたひれ酒。  顔「けけけ」 日本酒

 

旨そうでした。 

 

旨そうでした。 

 

旨そうでした! うへー

 

0.5合ほど入る、大きめの器(焼き物)に香りの良いひれ酒。

 

ぐらっ ときました。 うへー

 

頑なに拒んだら、場の雰囲気も壊れるし、

「今日だけなら・・・。」

 

しかし分かっておりました、

確かにしばらくは、機会飲酒でいけると思います。

 

家では呑まず、友人と会った時だけ酒を呑む。

 

 

いずれ呑みだします、切っ掛けは何でも良いです。

 

自治会の揉め事なり病気なり、なんでも良いのであります。

 

チョットした揉め事を言い訳として呑みだします、

それが完治せぬ病アルコール依存症。

 

酒を断る私に、最後は友人も笑っていました。

 

私に酒を勧めた友人は、逆に断酒出来ないでしょう、

彼ら(アル中)には生活に余裕があります。

 

酒だけは、ホント上手くいかないものであります。 うへー

 

 

アルコール依存症

音符 「どうにもとまらない」 音符  歌 豆大福

 

お酒を信じちゃいけないよ

私の心は 弱いのさ

何時でも楽しい夢を見て 呑んでいるのが好きなのさ

今夜は琥珀の瓶を抱き 

深みのある酒 煽ろうか

それともやさしい あの酒に

熱い心を あげようか

ああバカになる ああアホになる

乾いた喉は お酒しだいなの

ああ今夜だけ ああ今夜だけ

もうどうにもとまらない

 

先日10数年ぶりに、元の職場の仲間と再会しました。

(最近ようやくそんなことをする気持ちになれました。)

 

大半は飲み仲間でもありましたが、そのうちのAさん、

仕事の良く出来る気の良い人でしたが、少し呑み方が変わっていました。

 

彼は昔からお酒に強く、幾ら呑んでも芯はシッカリしている、

つまり崩れないタイプでした。

 

ところが久しぶりに再会した彼のお酒は、

もちろん楽しいお酒ではありますが、酒に呑まれている。

 

肴を食べず呑む一方、彼の酔い方は崩れておりました。 魂魂魂

 

彼は有能ですが、上司にモノ言うタイプです。 猫村2

 

仕事が出来る分、難儀な仕事ばかり任され、

苦労した割には出世しませんでした。(一番下の管理職。)

 

口には出しませんが、歯痒いのでしょう、

周りの上司もバカに見える。

 

彼の酒量は増えるばかりだったと思います。

 

彼が去り際、私に言った言葉、

「どうせ何時かは死ぬねん、好きな酒呑んで「ころっ!」といけたらいいやん。」 よっ 酒

 

しかし「ころっ!」と行くとは限りません。 うへー

(飲み過ぎは、脳卒中の元。)

 

彼が幸せなアル中のまま過ごせることを、願うばかりでした。 うへー