最近「深夜食堂」というドラマにハマっています。

 

主演は、小林薫さん。

小林薫さんは、昔から好きな俳優さんで、

NHKドラマ「イキの良い奴」以来のファンです。

 

「イキの良い奴」では、

すし屋の親方を演じておられましたが、

この方、地というか雰囲気が板前さんをやらせたらサイコーです。

 

人情あり、かと言って押しつけがましくもなく、

粋で渋みのある役をやらせたら、はまり役なのであります。

 

しかしこのドラマ「深夜食堂」、一つだけ難点があります。

(テレビドラマ以外に映画もある。)

 

のん兵衛の飲酒欲求をクスグル、

私は大阪京橋の飲み屋を思い出しました。 熱燗

 

狭い店内でガラスケースの小鉢物を好きに頂き、或は注文しお酒を呑む。

 

 

周りは常連の酒好きなおっさんばかりでした。(私もか。)

 

今考えたら偉くなれんでも良い、

出世せんでも良かった、

自分でこなせる仕事をして、

好きなお酒をチビチビ呑んで一日を終える。 酔っ払い 冷酒

 

これで良かった、

いやアル中としてこれ以上の幸せは無かったのであります。

 

 

しかし何故そう出来なかったのか? うへー

何故ぼちぼち生きることが出来なかったのか? うへー

 

未練でしょうか、

こんなことを考える私は、シミッタレテいるのでありましょうか?

 

そう私は、シミッタレテいる。

 

深夜食堂を見ながら、

今宵もこんなことを思う豆大福であります。 うへー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

アルコール依存症になり、

「断酒する人・しない人。」

(お酒をやめる人・やめれない人。)

 

この違いは、何でしょう?

 

自我だと思います。

 

アルコール依存症になる人は、一般的な話ですが、

我の強い人が多いです。

 

これは一般的に言われる自己中ではなく、思いの強い人

 

つまり「こうあるべき・こうせねば。」の思いの強い人であります。

 

こんな性格の人は、ストレスを溜め易いです。

 

自分で自分の能力を超えた目標値を決め、

越えるべき壁を高くする。(アルコール依存症予備軍)

 

あげく限界に来た時、焼き切れてお酒に逃げを打つのでありますが、

同時にこんなタイプの人は、否認を乗り越え酒害を認めた時、

あらゆる手段を使って断酒をやろうとするものなのであります。

 

ハッキシ言って、アルコール依存症の飲酒欲求はハンパと違います。

普通の人なら、まず「呑みたい。」という気持ちに負けてしまいます。

 

つまり断酒する必要無しと否認する。

 

しかし自我の強い(思い強い人)人は、それでもやめようともがきます。

 

 

私も30代からのアル中です、

物事に拘り過ぎてアル中となりましたが、

同時に「酒やめたい。」。

この一念がとうとうお酒を呑まない今に辿り着いたのであります。

 

そしてここからでありますが、

生き方に無理をしない暮らし方、先を読み過ぎず焦らない暮らし方。

 

つまりこの思いの無い人は、お酒をやめる必要も認めないし、

端から断酒などやらないのであります。

 

追伸

但し、単に酒好きでそれほど苦しむことも無くアルコール依存症になった人、

逆にあまりにも大きなトラウマで心の傷が深い人、

こんな人もやはり断酒は難しいのであります。(思い以外の要素。)     m(_ _ )m

AD

崩れる。(アルコール依存症)

テーマ:

崩れる!

 

最近異常気象・大雨による崖崩れが多いですが、

それまで普通に暮らしてきたのに、

一瞬にして全てが失われるとは、本当に恐ろしい話であります。

 

ところで私も間もなく爺と言われる歳となって、

つらつら周りの友人を見ると、

人格的に崩れてくるものが少しずつ出てきました。

 

そこで崩れる理由best4。

 

〇 酒。

 家庭不和。

 金銭的行き詰り。

 苦しく辛い人生経験。(男は仕事・女は恋・家庭。)

 

元々変な人ならいざ知らず、

実直・生真面目・誠実なあの人が!

 

約束すっぽかしたり、偏屈になったり、

順調にいった者でも、へんに名誉を欲したり。 勲章

(やたら、肩書に拘る。) 

 

「何でやねん?」とか思います。

 

老醜でしょうか? デーモン

 

「俺は、間違ってない。」 猫村2

「俺は、これで良いねん。」 猫村2

 

アルコール依存症ではこれを否認と申しますが、

自分の非を決して認めないことは、崖崩れの始まりなのであります。

 

(酒と同じく、やめれない・出来ないから認めたくない気持ちが根底にある。)

(苦しい現実・状況が誤りを認めることを拒みます。)

 

まあ私の様に分かってるのに15年以上も断酒出来なかったアホも考え物ですが、

 

愚なるを知る者は、真の愚にあらず。

愚にて愚を認めざれば、ホンマのアホなり。 笑

 

偉そうと思われるかもしれませんが、

40年以上付き合ってきて、

だんだん周りとの付き合いも無くなりおかしくなっていく友人。

 

これだけは見たくないものなのです。

 

そこで一言、

「アル中は、友と会うより酒呑みたい。」

「友人と、会って酒の小言を聞きたくない。」

 

こんな一人酒が進めば、

アルコール依存症は、正しくパイロットランプ点灯なのであります。 うへー 風鈴

 

 

 

 

 

 

 

AD

仕事に行き詰り、鬱になってアルコール依存症。

 

なんかこれだけ聞いたら最低な人間みたいですが、

還暦前にして、一概に悪い事だけでもなかったように思います。

 

だいたい考えたらポン助の私が、

三流大学を卒業し、そこそこ真面な会社に就職して、

仮に順調に行けたとしても○○まで。(あえて〇〇は言わない。)

 

それに所詮サラリーマンは雇われの身、

役員になったとしても生涯年俸は知れています。

 

なるほど名誉は付いて来るし、そこまで行ったという自負、

これはあります。

 

しかしこれとても、その出世に幸せが比例するわけでもありません。

 

それよりもアルコール依存症になって、

どうしてもやめれんかったお酒。

 

どうしてそこまでお酒を呑むのか? 猫村2

 

異常な呑み方の原因は何か? 猫村2

 

ハタマタお酒に囚われる元となるストレスの原因は何か? 猫村2

 

お酒をやめれない以上、自分の生き方・ものの考え方を振り返らずにはおれませんでした。

 

そして気づいたこと、

〇 自分のストレス溜め易い性格」

そこから何のためにこれから生きていくべきかも考えるようになりました。

 

アルコール依存症にも、

「捨てる神あれば拾う神あり。」 はれ

「人生、全てに無駄は無い。」

 

負け惜しみと言われるかもしれませんが、

人間、挫折した時の方が自分を振り返り、

未来をどう生きるべきか、より考えるものなのであります。

 

友人に出世した者もいてます、

社会的に名誉を手に入れ、裕福な暮らしをしてる者もいてます。

 

しかし彼らに断酒は出来ない。(飲み友達) 酔っ払い ビール

 

多少の酒害があっても、彼らは切羽詰まらないからであります。

 

 

もちろんアルコール依存症になって、良かったとは思っていません。

 

しかしそれでもアルコール依存症になった(挫折)意味はある。

 

こんなことを、つらつら思う夏の夜なのであります。 風鈴

 

 

アルコール依存症とは、生き急ぎ過ぎる病だと思いますが、

最近よく話題に上る不倫。

 

功成り名遂げて、社会的地位も出来たのに不倫する。

 

男の私の立場で言うならば、不倫は病気、

絶対治らない、好き者なのであります。

(浮気する人は、終生機会があれば浮気する。)

 

しかしながら、偉くなって社会貢献活動したり、

世間にも人格者として尊敬されてる人が、

痴漢したり浮気したり、アルコール依存症になったり。

 

私にはそれらの人が身の丈に合わない、背伸びした生き方をしているようにも思います。

 

立身出世して、叙勲されることがそんなに嬉しいのでしょうか?

(同じ人間に褒められるより、お天道様に褒められましょう。) はれ

 

確かに偉くなると人は寄って来るし褒められもする。

そして急に友達が増える。

 

しかし能力以上の無理をして内面はぼろぼろ、

ストレス満載、嫁に不満は無いけれど、

溜まったストレスをお酒で発散し、酒場で知り合った女性とHする。

 

糟糠の妻をないがしろにしたらあきません。

 

夫の下隅時代を支え、皺が増えオバはんとなったのに、

夫は世間にヨイショされだした途端浮気する。

(有名な映画人、気を付けなはれ!)

 

最低であります、気の緩みであります。

 

そんなことするぐらいなら、TSUTAYAでエロビデオ借りるおっさんの方がまだマシです。

 

幾ら偉くなっても人間として不道徳ならば、努力は全て消えて行くのであります。

 

無理したらアカン、一升の升に2升は入らない、

身の程を知り、出来ることからこつこつと努力する、

妻を大切にして子を慈しむ。

 

人間生きることを急ぎ過ぎたらアカンのであります。 うへー