ふじのくに映画祭2017という催しが開催されています。参照⇒⇒ コチラ
第一回目をスタートさせる、ご当地にスポットを当てた初の映画祭。
「静岡県で撮影された映画」をテーマに、
映画上映やゲストを招いたトークショーを開催。
また、県内で活躍する「映画人」や「クリエーター」も合わせてご紹介していくと云うもの。

何日間にわたって開催されますが、私の目的は、

ハンドルネームにもくっついています「青い青い空」の鑑賞です。

行って参りました。藤枝シネ・プレーゴビックリマークε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

あいにくの雨なんか気にしない。

上映は15時からの1回のみ なので、余裕をもって到着。

1時間以上前に劇場入り口をウロウロ。

(´ε`;)ウーン…   知っている人がおりません。(←当たり前田のクラッカー

 

とりあえず、ネット予約した指定席券を発券してから、腹ごしらえをしました。

 

その後、ふと思い立ち、買い物へ~~~。((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

少し時間を押してしまった買い物から戻る途中の劇場入り口で、

「青い青い空グルっぽ」のこ~めぃさんと遭遇。

挨拶もそこそこに、大慌てで車から土産など荷物も持ってくると、

今度は、太田監督や、グルっぽのfumiさんたちと逢えました。

開場が近かったので、終わった後でお話ししましょうとなりまして、

太田監督と私の間での、恒例行事を済ませ、 (∩・∀・) _旦ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

早足で、上映する劇場へと向かいました。

 

170205_171041.jpg

分かり辛いでしょうが、「お友達の特別席」と銘打って、

今日来られなかった皆様を、気持ちだけでも歓迎しようと思った次第。

 

・・・・・・。

なに勝手に席を余分に占有しているの??(。・ε・。)ムー

 

そう思いますよね・・・ふつう。

 

ところが、皆様、よくご存じのとおり、

この私は、普通とはちょいとかけ離れているのですよ。

Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

170207_205241.jpg

2名分の席を、お買い上げぇ~~~♪( ´θ`)ノ

 

文句は、「(私の)すすり泣く声が、うるさかった。」くらいなら受け付けますが、

それ以外は、ご勘弁願うとします。 ( ̄Д ̄;;

 

かくして、2010年の秋に浜松の先行上映に始まり、

2011年の東日本大震災での上映中止になるまで、多くの人に感動を伝えた作品が、

再びスクリーンに戻ってきたのでありました。

( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

 

ストーリーも、裏情報も、セリフも、ほとんど頭の中に入っていますが、
やはり泣ける。。゚+(σ´д`。)+゚・クスン…
 
 
思い悩む主人公に、「好きなモノの名前を書いてみぃ!(σ・∀・)σ」と、
波岡一喜さん演じる八代先生が促す。
主人公の書いたコロッケという「書」は、なぜか人に心をひきつけ、
    
         ......。(これは私の書いた模倣品)
食堂のおばちゃんの目に留まり、お店の売り出し広告のように、
【コロッケ】の書が複数枚、
食堂の軒先で、パタパタと風に揺れているのであった。
「今日のは特別おいしいよ!!」食堂のおばちゃんが、出来立てを売っている。
買い求める客が後を絶たない。
書道ガールたちも、買ってきて食べるが、
何やら言い知れぬ感動に、涙が頬を伝うのであった。(゚ーÅ)
 
この時に流れるBGMが、また、特別に秀逸なのである。(((uдu*)ゥンゥンうん
遠藤浩二さんの手腕が冴えます!!ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ
 
 

実際に、書道の特訓をしたと、当時の監督のブログに、

その様子が垣間見れますなー。⇒⇒コチラ

 


この映画で、何度見ても同じ場面で泣けるのは、

 

・・・・・( ̄□ ̄;)ハッ、

 

『条件反射』・・・・とは思いたくはないものです。 
 

AD