被爆者団体、安倍首相に 禁止条約に批准しない方針で


長崎への原爆投下から72年の「原爆の日」を迎えた9日、長崎市の平和公園で平和祈念式典が開かれた。平和祈念式典後に長崎市内で安倍晋三首相と面談した被爆者団体代表は、核兵器禁止条約に日本政府が批准しない方針を示していることに強く憤った。

(毎日新聞)


{1E026BEF-1FC3-45AD-BD9F-6580C15FF4EE}



体裁よく生きる人。

この人を見てるとそんな気がする。


細川元総理の妻であるご婦人が言っておられた言葉を思い出す。


「政治家なんて結局、自分のことしか考えていないのよ」


それにしても、核保有国と非核国が同じテーブルで議論しても乖離を生むだけだと言うその真意は?


北のミサイルが広島の空をつん裂き、72年間悲痛な思いで未来の子供たちの幸福を祈り続けた残り少ない被爆者の心を引き裂き、蒼く平和な南の海に憎しみの連鎖の波紋を拡げようとしているこの時。


アメリカファーストならぬ自己ファーストで対決を辞さないあの人は、そこに貧困に喘ぎながらも一つ屋根の下で肩寄せ合って生きる尊い命を巻き添え戦火の地獄に焼き尽くしても構わないらしいというこの時に。


{A796A5AC-DE7B-4B6A-832E-74620C2952C8}



一体何を第一に考えなければならないのか?


広島、長崎、そして平和を希求するすべての人たちの落胆はあまりにも大き過ぎる。


店のテーブルには、お客様が喜ぶ焼肉料理を置くことしかできないこの時。


{AA8870A2-96CD-42E6-A5A9-3A99E37B3673}