焼肉竹公式ブログ 笑売日記

焼肉屋の親父から見た今、世の中のありとあらゆるものを考察して行きます。
もちろん、焼肉を始めとするグルメについても。
脂滴る焼肉の七輪の煙の向こうに、私が見たものとは……。

三大宣言ビックリマーク


一、お客様の健康に貢献します。


一、お客様の食を媒体とした幸福を追求致します。


一、お客様に感動を与えられる仕事を創造して参ります。


長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2


お店の詳細右矢印食べログ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


焼肉ランキング


テーマ:
キラキラ輝く青春。
 
甘い悲しみや孤独に浸りながらも心はいつも大いなる海を見つめていた。
 
時に青く晴れ渡り、時には逆巻く怒涛の中、深海へと突き落とされる感覚もあった。
 
七月隆文さんのライトノベル『天使は軌跡を希う』。
物語の中、しらなみ海道を自転車の二人乗りで走る優花と健吾。
 
後席の優花の背中では天使の翼がバサバサ羽ばたいている。
 
潮風が二人を包み、太陽は微笑み、大橋から見下ろす町並みは遠ざかっていく。
 
そんなシチュエーションを頭の中に膨らませながら、遠い自分の記憶を蘇らせては重ねていた。
 
近江八幡の高校まで鮮やかな緑滴る田園の中、『カントリーロード』の曲が流れてくるような真っ直ぐ森へと続く農道を、自転車のペダルを踏み踏み一人走っていた。
 
{8CF652A8-7695-4E8D-8EC8-782FF1D9DF6E}

 
 
中学を卒業したばかりで新しい環境に馴染めず、学校や見知らぬ周囲の同級生に反抗し、謹慎を何度も繰り返しながら、青臭い孤独の中で自分の生き方を探していた。
 
強くなりたい。
ともかく強い男になりたい。
自分の弱さを隠すために、心に壁を作り、感情を押し殺し、表情を繕い、次第に周囲の何もかもを遠ざけてしまっていた。
 
優花のように、自分の命を投げ出してまで大好きな人の命を救う恋や、何かに夢中になることなんて無縁だった。
 
ただ、自分を愛して欲しい。
振り向いて欲しい。
いつも、自分、自分。
孤独の中は自分のことだけで目いっぱいだったのだ。
 
物語とは真逆の季節だった。
あの時に落とした名札を未来に飛ばしたい。
 
青春という枠組みで謀られた重圧感を解き放ち、新たな名前に書き換えたい。
 
夢を描きなおす。
 
もう一度辿らされたあの道から続くこの道に、もう奇跡は希わない。
 
夢に生きながら現実に変革を起こし、実現を引き寄せる時代。
 
もう幾許も残されてはいやしない道程のこの一歩一歩を丹念に味わいつつ、踏みしめるように歩んで行きたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「読書/日本小説」 の記事