銅像のススメ~めざせ次世代観光カルチャー~

観光名所は二の次、「銅像」主体の紀行をテーマにしたブログです。
男の観光カルチャーであった「歴史見聞」「鉄道」も今や 「歴女」「鉄子」が出現するブームになっております。
ならば、銅像好きの女性「銅女(ドウジョ)」が生まれるようなブームを作り出しましょう


テーマ:

映画「男はつらいよ」の定番のラストシーン。失恋し柴又から旅立つ寅さんを見送る妹さくら。
そのシーンをイメージさせる銅像が完成しました!!

京成線:柴又駅前の広場です。
改札口を出るとすでに警備員と観客が集合しておりました。

駅前やホームにこのポスターがありました。近隣の駅でも見かけましたね。

広場の中央には桜色の布が銅像に被せてあり、除幕式の開始を待っております。

ゾクゾクと関係者が集まり出し、いよいよ11時となり除幕式の開始です。

司会進行は柴又ゆかりの演歌歌手:徳永ゆうきさんです。
演歌はよくわからないのですが、若い演歌歌手さんです。

柴又区議会院長や都議会委員、柴又観光協会など関係者の挨拶と紹介。
寅さん像とさくら像を制作された彫刻家:吉田穂積先生も出席されてました。

五名ほどの政治家の方の挨拶に、後ろにいた年配の観客も少しうんざり気味(苦笑)
※気持ちはわかりますが、失礼ですよ・・・・。

 

さていよいよ除幕式のメイン。銅像お披露目式です。

 

山田洋次監督のトーク。

1999年の寅さん像建立から18年を経て 見送る妹さくら像が出来たことに感慨深げでした。

続いて倍賞千恵子さんのトーク。

さくら像建立の話を聞いたときに「私はまだ生きてますよ!」と発言したとか(笑)

山田洋次監督に倍賞さんの像ではなくて、さくらの銅像ですよと諭され、

「では、どうぞ」と言いましたと ダジャレも出ました(笑)

 

 

諏訪さくら(モデル:倍賞千恵子)

場所:東京都葛飾区 京成線:柴又駅
建立年月日:2017年3月25日

製作者:吉田穂積

台座には、山田洋次監督がこの銅像のために書いたシナリオが彫られております。
ぜひ現地でお読みになり、2人の銅像を鑑賞すると情景が沸いてくると思います。
左端には、倍賞千恵子さんのサインが書いてあります。

ちなみに このシナリオの反対側には山田洋次監督のサインもあります。


では フーテンの寅さんと 妹さくら の銅像 をご覧ください

 

        

 

旅立つ兄の寅さんを見送るさくら像

では行ってくるよと ぶっきらぼうに妹に挨拶する寅さん像。

 

寅さん像の左足の親指を触ると幸せになれるという噂がいつの頃からか

広まっております。

実はさくら像にも似たようなご利益があると 本日の倍賞千恵子さんのトークで

発言がありました!!

それは、 さくら像の左足のサンダルに 「さくら」と書かれている文字を触ると

何かしらのご利益があるというのです!

※この文字は倍賞さんが彫った文字ということです。

そして右足のサンダルにも 倍賞千恵子さんの「千」の文字が彫られているとのこと。
この隠れ文字も忘れずにご覧ください

せっかくですので さくら銅像建立記念乗車券というものを購入してみました。

 

撮影日:2017/3/25 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。