「信州彫英が何か言っています…。」刺青彫師 信州 彫英(ホリエイ)の刺青・タトゥー・あれこれ

刺青彫師 信州 彫英(ホリエイ)のブログです。仕上がった作品や経過、国内外コンベンションの模様や日々の刺青にまつわるお話を掲載しています。

NO TATTOO.NO LIFE.

テーマ:
先日、、、通常業務が終わってから数日後の大きな作品の下絵に取り掛かっていたところ、翌日の予約のキャンセルが急遽入ってしまいました。


ならば翌日に下絵を持ち越してジックリ仕上げても良かったんですが、良いペースで描けていた事もあり描き続けて描き続けて、結局仕上がったのは午前四時。


帰宅後にシャワーを浴びて、、、。


「そうだ、、、。京都い、、、。」
{47EC6E0F-1269-41A0-82A4-732F87E68CF2}

ではなくて、


「そうだ、、、。高山行こう!」


岐阜県高山市は飛騨地方の城下町。
松本市からはR158で上高地・高山方面に一時間半〜二時間程。


アクセスも良く以前もちょいちょい車で訪れていたんですが、今回は修理が終わったばかりのハーレーでブラリと早朝六時に出発。


まだオープンプライマリーにしたベルトドライブのベルトとロッカークラッチの馴染み、乾式クラッチと自分との馴染みが出てないので、その辺りの調整も兼ねていたり、16年使い続けたSUキャブとお別れして変更したS&Sとも仲良くなりたかったのでその辺りも織り交ぜつつ。


(塩尻市REMAINSの林さん、修理/整備サンキューです!)。



{CE93FD2B-D1A9-4409-B0D4-7F71E03FDD6F}

最近見つけた「水感」が売りのSPF50+PA++++日焼け止め(重ね塗りさえすれば日中でも半袖で問題なく過ごせます。しかもベタつかない)を塗りたくりバックパックに詰めて走り出すも、早朝の峠道の寒さに上着を持ち忘れた事を悔やむ16°C(体感温度は3.1°C、、、。)

計算は気温16°C・湿度65%・風速(時速80km走行)22.2m/s=3.1°C

更に標高が100m上がるとおよそ0.6°C気温は下がりますので、、、、考えたくない。。。



まぁ、、、


やっぱりね。

Tシャツ一枚で体感温度3.1°Cを走れば震えで歯はガチガチ、身体はギュっとちじこまって指先の感覚は無いどころか、しびれてましたもの。


完全に早朝の山道を舐めていました。


でも上高地線をひた登り続ける途中で暖は取れたんですよ。


それは休憩で止まった道からそれた道無きあぜ道を進んだ先の硫黄泉が噴出しているエリアで見つけた自然噴出していた温泉。


振り返ると山深さを見せつける渓流が。

{590296BF-5D7D-44CF-9E81-A303D8945B9F}



{6CEF7499-9756-4D3D-8D6E-BE3FA707CD1F}



ここで身体の震えと手の感覚が戻るまで少し休憩して、渓流のせせらぎを眺めて再び高山方面へ。






改めてバイクに乗る楽しさに浸れています。







散々寒いだなんだと走り出しから言っていますが、このライブ感こそバイク乗りの楽しみの一つなんだと思います。


この間にもトンネル内に漏れ出した水をフロントフェンダーを取っ払った前輪が遠慮なく巻き上げパンツもTシャツもびしょ濡れで寒さもひとしお。


この体感こそが「ライブ」です。


一部例外を除きますが車の楽しさとも違い、快適な密閉空間ともまた違う、五感を全開で味わう醍醐味です。


風に音もあればそれを含む景色も音も匂いも味も温度も出していますし匂いや熱、振動と音でバイクの調子も見ていきます。



昔、九州の高速道路上でマフラーに接触していたバッグが炎上した際にはすっごい匂いと熱でした(苦笑)




それに、分かってるんです。

寒いだけじゃない。



です。



その後、安房トンネルを抜けて高山方面。



およそ標高1,600mからようやく下り道。
朝日の暖かさで気温は下って行く標高と反比例して上がって行く。


この時の様な自然の温もり感がたまらず「幸せ」です。



早朝で交通量の全く無い山道を数時間走れているだけでも贅沢でしたが、さらっと到着した高山の「古い町並み」にも観光客のまだいない静かな朝が訪れていました。



遠目でエンジンを止めて、バイクを押して街並みを眺める

{2AEB9DD8-7434-4B13-BF33-B1FBAFF54834}



古い建物好きだな〜〜

江戸末期〜明治期の時代の染み出した出格子の軒先を眺めているだけで、ここから離れたくなくなってしまいます。


着物姿の御婦人なぞ見かけてしまったら滞在決定でしたが、早朝過ぎます。


{B00D6C10-7D63-413E-BD45-2F14E981C177}


高山に近付いた頃に目にした青看の「白川郷」


基本的には直感の旅。

もはや次の目的地は目処が立ちました。


「世界遺産・白川郷」



行った事ないし、冬の幻想的な写真しか見た事ないし。


言ったら何処にあるのかすら知らないし。


青看曰く100km弱だし。



行くしかないし



と、取り敢えずはここまでで。




また時間作って続き書きます。


興味があればまた読んでみて下さい。


では。




*あくまで半分記事、半分覚書です。


9/19まではスタジオにおります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ご無沙汰です。


少し前、東京渋谷でTOKYO TATTOO CLUB 主催の
INKERS NIGHT 2016にお邪魔させていただきました。

{55366F12-B595-41AE-8E30-E2EB742A84B5}


参加アーティストのアートワークの展示・販売とINKERS NIGHT物販、WIZARD TATTOO SUPPLYのマシン販売、山本芳美先生「イレズミと日本人」書籍販売、"save tattooing in japan"署名・募金等、個人的にもアートワークの展示をさせていただいていた事もあり夕方から参加させていただきました。


久しぶりにお会い出来た方々、初対面の方、また会ってしまった方々等、素敵な時間を過ごさせていただきました。


意外な話を沢山聞けた事で、積み重なっていたちょっとした疑問群が一気に解消出来たり。



素敵な集い。
良い夜でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{149EA3D9-59ED-406C-B53E-6305E8BF4BA0:01}


うっすら霜の降り始めた頃。


あんなに暑かった夏の記憶はとうに薄れてしまい、今は朝晩の冷え込みに憂鬱な頃合いです。


意外にもこの季節の好きな方が多くてそれを聞いた気分はB型の気分です。



嫌いでも、違ってもA型って言っちゃおうかな。




みたいな。





寒い寒い言ってるのは気分にも健康にも悪そうですし、聞かされる方も滅入ってしまいます。






じゃ、あっためようか。








温泉で。







お客さんや色んな方に聞かれます。


。。。刺青あって温泉入れるの?と。


特に外国人に。






逆に申したい。







入れない所なんてそんなにあるの?と。




健康ラ◯ドやら地元で言ったらお◯ぅとか、あんな屋根の付いた監視一杯の塩素くさい公衆プールみたいな施設を指して温泉って言ってません?




手頃に済ませたいなら家で風呂沸かしたら良い。


粉入れて。





一昔前だったら、混浴・露天・掛け流し。

この三拍子が揃わんと温泉だなんて声をあげて言えませんでした。




活火山大国です日本。



穴掘ったら温泉出る(比喩)。




でも時代はどんどん規制やら世論やら変態やらで混浴が無くなり始めて、覗きやら何やらで露天が時間制になる始末。




これだって守られるべき日本の本当に素敵な文化の一つ。





人に思いやりを持てないほど窮屈になってしまったんだろうか。









まあいいや。


露天に行こう。


四季を見て、感じて、触れ合ってあったまろう。







知っている人は知っているんですよ。





、、、言わないのかも知れない。






くれくれ君や、くれくれちゃんは自己中でマナー悪いの多いから。






ホントに。



マジで。





だからいつまでもあの看板が引っ込まないし、引っ込めたら群がるでしょう?







僕の知っている本当に特別ないくつかの場所は特別で大切な人にだけこっそり教えてるんです。




だって群がられてゴミ散らかしたり大騒ぎされたくないもん。





そこに来る人は皆そう思ってる筈です。





凄く落ち着きがあってお互いの空間と空気を大切にその場と湯と環境とそこに至る小さな物語を共有出来るんですよ。





きっとここもそんな場所の一つ。


{2667D225-6241-4512-9EF8-5E5F9B764A93:01}



紅葉が湯面を漂って視界の先には夕暮れと澄んだ新鮮な空気。



雄大な山々を何色にも染めながら沈む夕日をこんな風に見れたら、過ぎて行くこの瞬間にも一秒にもここに来られた今日の1日にも大きく感謝です。






そんでまた明日からバリバリ頑張れる天然のエネルギーを手に入れてその場を去ります。






お世話になりました。






今回お会いできた紳士。
佐久から毎週来ている湯治のおじさんと、自然の中でドライブしたいと走っていたら何だか辿り着いてしまった岐阜から来た刺青だらけの若者二人。
良い旅です。





また何処かで。





いやー


あったまった。






温泉最高♨️♨️♨️



鍋でもつつこうか。







★告知 

2016

1/18-2/26
Guest spot.
Melbourne,Australia.

3/2-3/22
Le Mondial Du Tatouage 2016
Paris,France

4/15-17
Taiwan tattoo convention 2016
Kaohsiung,Taiwan.

5/20-5/22
Napoli tattoo expo 2016
Napoli,Italy.



・全てのサイズとカラーのTシャツが売り切れとなりました。
ありがとうございます。

また今後もデザインや素材を新たに作製して行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


・おかげさまで全てのプリントが完売となりました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。