こんにちはー!

昨日の夜は、学生ヨル会議 のミーティングに参加してきました!
場所は同志社大学の寒梅館!
ゼミを終えて「さあ!京都に向かおう!」と思ったとたん、大雨に降られました。雨女の宿命でしょうか。。。笑


学生ヨル会議については、HPに載ってた「説明会資料」 にわかりやすく詳しく誕生の経緯やら目的なんかが書かれてるので参照してみてください。コチラ から。



自分がコミットしてる団体やチーム以外のミーティングに参加する機会ってなかなか無いですよね。
行ってみてもどことなく内輪のムードとかに呑まれそうですし。
でも、昨日は行ってみてすごく楽しかったんです。
帰り電車に揺られながら、「なんで楽しかったんだろー?」と考えてたらいくつか理由が浮かんできました。



①内容への興味・関心
ヨル会議では、毎月「○○ch(チャンネル)」という形でテーマを設けてUstreamで番組配信をしています。
先月は「医療ch」だったようなのですが、今月25日に行われるのは「ブックch」。つまり、本についてなんです。はい、私が興味をそそられるテーマですね。笑
ここに興味があるかどうかは、まず「参加をしようかどうか」を決める時点ですごく大事なことだと思うし、ヨル会議では毎月テーマが変わる分、別々の分野やフィールドで活躍する、違う感性や興味を持った方の出入りが盛んになるんだと思います。

あとは、元々誘われて25日の本番(チャンネルを配信する日)に参加することにしていたことも大きかったと思います。一参加者とはいえど、少しは当事者意識を持って臨めるわけなので。


②枠組みや目標設定の絶妙さ
昨日は大まかに言えば、自己紹介→好きな本の中のお気に入りのワンフレーズを紹介(25日の本番で行うワークを疑似体験)→ゲストで来てくれる方についてのお勉強→イベント当日に向けての流れ確認や打ち合わせ、というような流れだったんですが、大体のタイムテーブルを決めて「今は○○の時間」というのが明確になっているから、1つ1つに集中して楽しめました。


あとは、定期的に目標を設けることって大切だなあって思いました。
ヨル会議の場合だと、「毎月番組配信」のためにミーティングを重ねているわけですが、ゴール像が描きやすいから、自然と方向性も定まってきます。
だから、大きな企画になればなるほどその目標までのマイルストーンを置くことが難しかったりするんですよね。


そういう意味では、定期的に目標を置くことって大事だなあと思います。
これは、特に大学2回~3回生のときにかけて「本気の本読み」 という今は無き(かろうじてHPは残ってます。コチラ 。)当番制の書評ブログを書いてるときに実感しました。
私は火曜日担当だったのですが、それはつまり毎週本を読んで書評を書かなきゃいけないってことを意味していて。一人でやってることじゃないので簡単にサボれないという責任感も生まれますし。

なかなかのエネルギーが必要でしたが、毎週目標があるってことは頑張ればその分だけ達成感が得られるということだし(小さな達成感の積み重ねってホントに大事だと思うんです。。。)、体力と条件に左右されずに決めたことをやり切る力はあっこで少しは付けさせてもらったような気がします。


③舞台を用意してくれたこと
昨日のヨル会議に出席してたメンバーは半分以上が一度以上お会いしたことのある方だったので、その点はかなり大きかったなと思います。
あと、自分に注目の目を向けてもらえたことはかなり大きかったな、と。


というのも、今回のブックchにゲストとして来ていただく方の本を私が持っていたということで、コアメンバーのもっくんに「ぜひ、ミーティングの中でその本を紹介してほしい」と言ってもらえたんです。
まあこれは、私が「本が好き」で、「その本を面白いと思っていて」かつ「自分が面白いと思ったものを伝えることが好き」という3点があいまって私にとってすごくいい機会になったんだと思いますが。
そのおかげで、皆さんの前で話をさせていただくことができ、「ゲストの方への理解が深まった!」と言ってもらえたことがすごくうれしかったです。


あとは、以前ヨル会議コアメンバーのすずちゃん にインタビューをさせてもらったことがあって、皆さん私のことをよく知ってくれてて、もっくんや山川さんがすごく私を持ち上げてくれたこと。笑
いつも、私のつぶやきやブログ記事をお気に入り登録やRTしてくれたりと、本当に頭が上がりません。私が何をしてもらえたらうれしいかを全部悟られているかのようだ。笑

本当に、いつもありがとうございます。


また、初対面の方も「趣味でインタビューやってるとかめっちゃ面白そうじゃないですか!ぜひ今度読みます!」と私の活動に興味を持ってくれたこともあって、最初からフランクに話せてすごくうれしかったです。


私は今でこそ自分が前に出ず陰で支えることにも喜びを見いだせる人間になりましたが、昔は恥ずかしがり屋なのにすっごく目立ちたがり屋さんでした。(今でも舞台を見るとその衝動に駆られます。笑 そしてシャイなのは変わらずです。汗)


自分に興味・関心を持ってもらってうれしくない人はいないと思います。
そんな環境を本当に贅沢なくらい整えてもらえたことで、私も自然体でいることができました。


④空気感
これは参加する前からなんとなく感じていたことなんですが、ヨル会議の空気感がすごく合うんです。笑
もちろんどんなメンバーが集まるか、どんなテーマについて扱っているかによって毎回空気感は変わるんでしょうが、なんかこうお固くなりすぎず、ほわーんとしているんだけど、ゆるやかに着実に前に進んでいるあの感覚が好きです。

まあ、でも本当にこればっかりは言葉で説明できない何かなんです。そして一番「合う/合わない」「心地よい/落ち着かない」を左右するものだったりします。


そして、昨日は笑いが絶えなかった!
もうなんか色々と面白かったです!笑




そんな感じでヨル会議ファンになりましたー!
来週20日のMTGには参加できないので残念ですが、25日の本番が楽しみです^^

AD

コメント(2)