〜迷い そして…〜29

テーマ:
描写 あり
苦手な方は お避けください。


















































































こうしていられるのも あと少し…

お互い 淋しくなるのは 当たり前で…

時間のある限り お互いを慈しみ

忘れない様に 両手で型取るみたいに

しっとりと 指を 這わせた









あぁ"、、はっはっ んっ

    んっ  んっ はっ、、



お互いの モ.ノを重ね合わせ

上下に 擦る

ヌチャ.ヌチャと 張.りつめたモノが

終を 告げようとしている



くっ、、

    はっ あ、、



ベッドの上で 向い合せで

カズは 智の 両脚 に乗っかるように 座位 し

2人で 擦り合わせた モノ からは

弾けるように 互いの 腹に、、胸に、、

欲を 飛び散らかせた



はぁ はぁ、、と 途切れる息のまま

また 縺.れ合う

そのまま 智は カズに覆.いかぶさり

自身の 昂りで 一気に 貫いた


    あぁぁぁ、、っ、、!


赤く染まる 体を 

限界まで 揺さぶる

ギシギシと…

ユサユサと…

シン…とした部屋の中で 

その音だけが 響いていた



    ねぇ…今度は 俺に 抱.かせて  



傍から見れば

女を 抱くように 優しく 優しく…

だが 互いに 男しか 知らない故か

だから 余計に 大事に 大事に

智を 愛する

背を抱き キ.スしながら 貫.き続ける



ふっ  ン、、



イ.ヤらしく漏れる声は 

まるで 歌を 唄っているようだ



    忘れないで…

当たり前だ…



愛し合う 音だけが 

朝まで 響いていた、、、



























小説(BL)ランキングへ






AD