テーブルには 買っておいてくれた

スーパーの惣菜 を出してくれる

「ご飯、食べよって 言ったのに…」

と、ブツブツ 言ってる(笑)





『ねぇ、これ 作ったの?』

「作ったのも あるけど、これと これ以外は 惣菜だよ   
このお刺身は 切っただけだし、これは 焼いただけ 、、ふふ」

『めちゃめちゃ 美味しそうだけど 、、』

「もう いいから、食べよ」

『うん、食べよ 食べよ 』



『でさあ、智くんさぁ、聞きたい事あんだけど いい?』

「なっ、なに?」

『そんな 顔 しないでよ…聞きにくく なる』

「そんなに 聞きにくい事なの?」

『そんな事も ないけど…じゃぁ、聞くね
なんで 智くんは イ.ク  時、息止めんの?』



途端に 智の 顔は 真っ赤に なった












俺、なんか 地雷 踏んだ?














小説(BL)ランキングへ
AD